北ウェールズをぷらり

すっきり晴れ渡る秋空に誘われて、久しぶりに北ウェールズのスランゴスレン (Llangollen) 周辺へ出掛けました。もちろん、一番の目的は、この街を始発とするスランゴスレン鉄道(Llangollen Railway) を見ることでしたが、何といっても、美しい自然だけでも十分、満足できるのが北ウェールズの魅力♪ Aロードをひたすら北へ車を走らせていると、放牧されている羊群に岩肌が見える山と、大好きな景色が目の前に広がって来てワクワク、何だか里帰りしたような懐かしい気分になりました。

洗礼
c0172202_07525.jpg


そして、ウェールズといえば、道路の標識をはじめ至る所に出現するウェールズ語と英語の二重表記 ^^; これを運転中に瞬時に拾うには、上段を無視して、下段を読めばOKなのですが、最初にウェールズに入った時には、その要領がつかめずに 
Rhybudd...??何じゃこりゃぁ??と、ただでさえヨコモジに弱い私の頭はパニック \◎◎/、思考回路がショート寸前になってしまったという、今だから笑える思い出が。と言いつつ、今でも、この恐怖の二重表記を見ると、ちょっぴりビビリモードに切り替わってしまうのです・・(なかなか慣れませぬ^^;)

終着駅にて
c0172202_091939.jpg


スランゴスレン鉄道は、全長7.5マイル(約12 km)の保存鉄道で、前身のThe Great Western Railwayの開業時から数えると、今年でちょうど175周年、そしてLlangollen Railwayとして営業を再開してからは35周年を迎える歴史ある鉄道で、3年後には更に2.5マイル延びてCorwenの街まで到達する予定なんだそうです。何より、この鉄道の魅力は、車窓に広がる美しいディー渓谷の景色をはじめ、途中に出現する鉄橋や長いトンネルとウェールズの起伏のある地形を体感できる点で、イングランドの物とは違った面白さがあるんじゃないかと思います。この日は天気が良すぎて、機関車の蒸気が鮮明には映らなかったので撮影の方は今ひとつでしたが、これは、もう少し気温が下がる季節の楽しみにということで、もう1ヵ所、予てから行ってみたかった世界遺産へ向かいました。


大興奮^^
c0172202_0104795.jpg


こちらは、橋マニアにはたまらないイギリス最長(307メートル)のポントカサルテ水道橋(Pontcysyllte Aqueduct)上の運河と歩道の様子ですが、ここは地上38メートルの所にあるため、風の強い日に渡るのには、勇気がいるような橋で、しかも、歩道のスペースは人がすれ違うのにも気をつけないといけないほどの狭さ。運悪く巨漢の対向者と遭遇した際には半身になるしかない^^; スリル満点の作りでした。

貫禄?
c0172202_0121940.jpg


さすがに世界遺産ともなれば、観光客も多く、ちょっとした案内所やお土産屋さんもあって、イングランド最長のBearley(Edstone) Aqueductとの格の違いを見せ付けられました ><; もちろん、19本から成る石造りの橋脚の1つ1つも大きくて立派!圧巻でした。来た道を引き返しながら、1805年(江戸時代後期)にこんな大物を作ってしまったイギリスの先人達ってすごいなっと感心しきり。のんびりとキャナルボートの旅を楽しむ旅行者と挨拶を交わしながら、橋の上から見えるウェールズの大自然のエネルギーを吸収して家路に着くことにしました。

オマケ:ボートの様子
c0172202_012485.jpg



いつか、変わり行く景色を楽しみながら、私も、の~んびりと運河を旅してみたいものです。
[PR]
トラックバックURL : http://bham.exblog.jp/tb/15079848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まーや at 2010-09-07 03:21 x
空が綺麗…いいねぇ 実は私ウェールズの地名…読めないの沢山あります(-_-;だから、ウェールズ行った後人に「ウェールズのどこ行ったの?」と聞かれると非常に困る時があります
Commented by Tomoko at 2010-09-07 05:11 x
すごくお天気が良くて、気持ちいい写真ですね。私がいたら、雨の毎日かもしれませんが。汗北ウェールズには19歳の時に一人で数日旅行したことがありましたが、こんな素晴らしい所があったとは知りませんでした。

それにしても、この水道橋すごいですね。カルロスだったら、絶対に渡らないと思います。高所恐怖症なので。私も、勇気がいるかもっ・・・。
Commented by bham at 2010-09-07 07:10
>まーやさん
すっかり秋の空で、本当にきれいでした。
私も、ウェールズの地名、ダメです!で、イングリッシュの夫も怪しい・・・
まーやさんが行かれた「スランディドゥノ」もきれいな所ですよね。
ここも、イングランド人は「クランディドゥノ」って発音するようですが
真相は??わっかりません ^^;
Commented by bham at 2010-09-07 07:17
>Tomokoさん
数日前まで、一週間くらい、ずっと天気が良かったんですよ!
全く・・今頃っ。

ウェールズの南も好きだけど、北も良いですよね。
山が好きだからかもしれませんが、将来、移住したいくらいです^^

私は、高い所は大丈夫なんだけど、柵があまりにも
大雑把な作りで、そっちの方が怖かったです!
師匠の弱点^^ 意外ですね。
Commented by daisythepoodle at 2010-09-08 02:08
お出かけしてきたのですね、うらやましいー!ウエールズって以外と近くですよね。初めて行ったときに、え、もうウエールズなの!って思ったのを覚えています。
スランゴスレン鉄道には乗って来ましたか?いいですね。ウエールズはなんとなく日本っぽい景色だなといつも思ってました、車窓の景色きっと新鮮ですよね、ここら辺とくらべると。
水道橋は歩くの怖い。。片方しか柵(手すり?)がないのは、いくら片側はバーチだけだとしても私は引いてしまうかも。バーチでわたるのなら挑戦してみてもいいかも。
でも、両方柵があったらバーチからの見晴らしがわるくなっちゃいますね。
今まで登山だけでしたが、登山以外でもいろいろ見所ありますよね。レポートありがとうございます。
Commented by watahiro-aya-s-m at 2010-09-08 15:47
ウエールズ、良い感じの街ですね~。行ってみたくなりました!!
でも水道橋を渡るのは、自由人が音無しく渡ってくれるのか心配・・・。コメントを書きながら、妄想して冷や汗かいています。(笑)
Commented by bham at 2010-09-08 15:54
>がえるさん
結局、どこにも行かなかった夏だったので、これまた
日帰りでしたが、急遽、出掛けてきました。
本当にウェールズに行くと、私のDNA(?)がかなり反応するようで、
とっても懐かしい気分になって、安らげる不思議な場所なんですよ^^

この水道橋、やっぱり怖いですよね。運河の水深は1.60メーターで背丈と同じ位あるので落ちたら泳ぐしかないなと
ちょっと覚悟して渡りました^^;

サイクリングにも良さそうで、途中でMBを屋根の上に
積んで走っている車も沢山、見かけましたので、
がえるさんとけむしさんにピッタリ!なんて思っていました。

Commented by bham at 2010-09-08 16:01
>わたぽんさん
ウェールズも素敵なところがいっぱいなので、お薦めしまーす!
そういえば、このLlangollen Railwayはトーマスデーの
イベントをやるようですよ。

水道橋の柵の隙間は結構広くて、自由人くんは
簡単にすり抜けることができると思います・・
って・・確かに、考えただけで怖いですね ^^;
Commented by えぃこ at 2010-09-08 21:03 x
おでかけ、お天気よかったようで羨ましいです。
自然とのふれあい・・・私も行きたい・・・(><)。
久しく緑を間近で見てないですね。

昨日今日でプライベートの仕事(要は自腹)で東京に行ってきたんですが。
台風が追いかけてきてくれたもので、昨日は暑すぎ今日はずぶぬれでえらい目にあいました。
天気ってホントきまぐれですね・・・
Commented by bham at 2010-09-09 05:36
>えぃこさん
ウェールズも素敵ですよ。どこに似ているかな?と考えていたら、
阿蘇?九重?そんな感じです。バーミンガムから日帰りで行けるので、
計画を立てておきますね。

猛暑に加えて、台風ですか・・9月ってそんな時期だったかな??
なんて、もう記憶が曖昧になってしまっています^^;
せっかくの旅行がお天気で台無しだったんですね・・
ホント、こればかりはどうしようもないですよね。
by bham | 2010-09-07 00:23 | ウェールズ | Trackback | Comments(10)