バーミンガム素描 ~Oh,Brummie!~

bham.exblog.jp

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>

ブログトップ

中古三昧

晴天続きのこの頃。近くの小学校が終わる前の時間を見計らって、娘を公園に連れて行き、一緒にお腹いっぱ~い遊ぶのが日課になっていますが、それだけでは面白くないので、「ご近所の魅力☆再発見」という意味不明なスローガンを掲げて、これからやって来る鉛色の空の日々に備えて、太陽エネルギーも蓄積しつつ、ウロウロしています。

掘り出し物①
c0172202_731719.jpg


こちらは、イギリスに来た当初からお世話になっている、近所にぽつんと1軒だけあるチャリティーショップで見つけた、フォンデュセット。ぱっと見た瞬間、これは状態も物もイイナと思い、値段を確認すると「£5」^^ 即決!購入。ル・クルーゼ製で、内側は鋳物ホーロー、外側はストーンウェアの二重構造になっていて、かなりしっかりした物なので、新品を購入すると軽く£100はしそうな代物ですが、たぶん、1、2回しか使っていないんじゃないかと思うほど、きれいでした。フォンデュフォークは付いてなかったけど、これは、今持っている物で代用することにしてクリア。そう言えば、何年か前の新聞に「買ったものの使わなくなった調理器具」の筆頭に、チーズフォンデュセットが挙げられていたんなーなんて事を思い出しながら、きっと、これもそうだったのかもねと。この冬は、フォンデュパーティーでもやってみようかと思います。

掘り出し物②
c0172202_7323394.jpg


実は、このチャリティーショップと掘り出し物の関係は、度々、発生するようで、↑は3~4年位前に、雨宿りに寄った時に手に入れた、これまたル・クルーゼ製のソースパンセット(大、中、小)にフライパンまでついて、同じく「£5」だったもの。こちらは、あまり料理が得意ではないけど、とりあえず形から入ってみよう!と気合を入れて、一式揃えた人が、マイブームが去って、ずっと収納庫にしまっておいたのではなかろうかと思われる物でして、ちょっとした傷跡や焦げ跡、錆びがあったものの、ソースパンとして全く問題なく使えています。

とまぁ・・このチャリティーショップの価格を決めている人の「お眼鏡」にもかなり興味があるんですが^^; これはちょっとと思うものが高価で、これまた「!!!」とビックリする物が廉価だったりと、なかなかオモシロイので、娯楽も兼ねて、時々、覗くようにしています。006.gif

オマケ:読書の秋
c0172202_7353885.jpg


朝7時に「ピンポ~ン」と容赦のない大音量のベルと共に到着した、実家からの荷物。ネットで中古の本を買い漁っては、実家に転送→不法占拠をしている、やりっぱなしの娘に痺れを切らしたであろう母からの「いい加減にしなさーい!」的メッセージ色の強い包装を開けると、やっぱり本がいっぱい^^; この場を借りて・・ごめんなさい&ありがとう。しっかり読書に励むことにします。(こんな本、買ったっけ?なんて・・・もう言いません。ホントに反省してます)
[PR]
トラックバックURL : http://bham.exblog.jp/tb/15169086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Tomoko at 2010-09-23 09:37 x
一瞬、フォンデュセットが灰皿に見えてしまいました。(爆)
イギリスはチャリティーショップが充実しているからいいですよね。メキシコにはたぶんないと思います…。だから、私は日本やイギリスよりもメキシコの方が生活費がかかると思っています。
13年前、スタワのチャリティーショップで働いたことがありますが、値段をつけるの、、、かなりいい加減でした。お年寄りの人達が「こんなもんでいいわよね~」なんて価値も知らないでつけていて、笑えます。

私も日本の実家には何かと通販で買ったものを送って、メキシコに送ってもらいます。先月小包が届いたばかりなので、次はいつにしようかなと考え中。
それにしても、日本の本ってすばらしいと思います。
Commented by えぃこ at 2010-09-23 12:38 x
私も7年ほど前にルクルーゼのちぃさなフォンデュ鍋を東京のかっぱ橋道具街で買って、重たいのを持って帰ってきたのに、そのまま眠っています(^^;)
食品サンプル屋さんで買ったお寿司の時計は、今でもピアノの上に飾られていますが。

このチャリティーショップ、面白そうですね。
掘り出し物いっぱい見つけてくださいね。

日本の本、おうち経由で入手されているんですね。
いっぱいになったら送ってくださるお母様、お優しいですね。
私も、職場の本や資料、宅急便だと何個になるだろう・・・というのを、毎日少しずつ(ほんとに少しずつ)持って帰ってきています。
専門書は重たいので、気長な作業です。
2か月経った頃には、部屋がすごいことになってそぉで、心配です。
Commented at 2010-09-23 18:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 優子 at 2010-09-24 05:27 x
私も親業読んだよ。 少しずつ実行しています。なかなか難しいけどね。 ただ 兄弟の扱い等についてが書かれていなかったので 今度は教師業を手に入れようかと考え中です。
Commented by bham at 2010-09-24 07:00
>Tomokoさん
灰皿!確かに(爆)やっぱり、値段のつけ方も(?)
適当なんですね^^; 
ここのチャリティーショップは、圧倒的にお年寄りの
スタッフが多いので、
「何だ、この重たい物は?売れるんだろうか」なんて、
感じで値段が付いたのかもしれませんね。

そうなんですよね。ついつい、日本のサイトで買い物をして、
とりあえずは実家へ・・^^;
今は円高なので、日本の家族もイギリスの物を買って
私が送るなんてこともやってるので、お互い様かしら^^
Commented by bham at 2010-09-24 07:12
>鍵コメさん
新作?いや、新入荷?しましたんで、今度、リストを作って
持って行きますね。

ブログへ早速、お邪魔しました。
優しさいっぱいのタッチに、ほんわかしちゃいましたよ^^
また、遊びに行きまーす。
Commented by bham at 2010-09-24 07:17
>優子さん
さすが!既に読まれていましたか。更に、教師業というのも
あるんですね。興味深いです!

仰る通り、行動に移すのは、本当に難しいですよね。
それでも、親として、できる限り頑張りたいものです。
Commented by tomokatti at 2010-09-24 07:23
そのチャリティーショップもしかしてあそこですか??(笑)
そんな掘り出し物があるんだったら、私もいってみます!
Commented by bham at 2010-09-24 07:24
>えぃこさん
あちゃ・・ここにも、お蔵入りの品がありましたか・・
それでは、帰った時に、一緒にフォンデュをやりましょう^^

チャリティーショップは、なかなか、面白いですよ。
一風変わったものが登場したり、欲しいなって思ったものが
何故か、タイムリーに安く売っていたり(傑作は、
50ペンスの自転車用ベルでした)
今度、えぃこさんが遊びに来た時には案内しますよ。

えぃこさんの専門書は、ぶ厚そうですね。しかも、
新旧が必要だったり・・
どうか、腰を痛めないように、気をつけてください!
Commented by bham at 2010-09-24 07:31
>びびちゃん
そう。あのチャリティーショップ!結構、ひょこっと出るよ。
(なんだか、お化けみたいな表現 ^^;)

これまた、町内会の話だけど、
土曜日のお昼から、公園でお祭りがあるみたいだよ。
たぶん、ご存知かな?天気が良かったら、行く予定なので、
会えたらいいね~♪
Commented by maro at 2010-09-27 05:47 x
こーいうのいいですねー私もフリマへかなり行ってますが、こんなに安くて、ルクルーゼの状態良いものはてにはいらないですよーーー
ああーーまたそちらのチャリティーショップ&フリマめぐりしたいですな~そうそう、昨日ひさびさにアオスタへ行ってきたのですが、やっぱりたのしかった~一回くらい泊まってゆっくり回りたいのですけどね。
Commented by bham at 2010-09-27 22:14
>maroちゃん
フランスの方が、使っている人も多いので競争率が高いのかもね。
また、バラ園とチャリティーショップを巡るホリデー(笑)
いいね!待ってまーす。

トンネルを抜けたらイタリアなんて、いいなー。
私も、ムッシュSご贔屓のレストランに、また行きたくて
堪らないのー。もうちょっとの辛抱・・
シャモニー再訪の計画も立てているんで、待っててね♪
Commented by daisythepoodle at 2010-10-02 20:18
チャリティーショップありますねー、時々カーブーツもそうですが、売り手が品物を良く知らないとき、時々信じられないような値段で売ってるときありますよね。ル・クルーゼが出るときもあるんですねー。私はえせル・クルーゼなら持ってるけど、本物もってません。やっぱり本物断然違うのかな。
私もこっちに来たばっかりの時、英語の上達のために、チャリティーショップでボランティアをしなさいと言われ、5ヶ月くらいボランティアしました。普通はいいものが入ると、スタッフがまずチェックして、スタッフが買ってしまうこと、そして、売れそうもないものは、お店に出すこともなく裏に置いているスキップに全て捨ててしまうということを知りました。私はよくそのスキップに投げ捨てる役目を託されましたよ。かなり罪悪感でした。そんなこともありながら、小さいサイズのいい服が入ってくると、スタッフがお店に出さないで、私にとって置いてくれたり。スタワはチャリティーショップ増えてきました。

そういえば、ごんざれすさん、私のPCがちょっと調子戻ってきました。今だけかもしれないけど。。
Commented by bham at 2010-10-06 13:45
>がえるさん
おお!PCの調子が少し良くなりましたか。このまま、
快調でありますように(祈)

チャリティーショップの裏話、面白いですね。
確かに、寄付してもらった物を捨ててしまうのは、
忍びないですよね・・

イギリス人にとって小さなサイズが、日本人には
ちょうど良いみたいですね。
私は、ちょっと無理ですが、友達は子供用でもOKだと
言ってました!
で、とってもカワイイ服を着ていましたよ^^

スタワに行く時は、ほとんど友達のお家でワイワイって
パターンなので、チャリティーショップへ行く機会が
ないのですが、いつか、ゆっくり回ってみたいです。
by bham | 2010-09-23 07:45 | 時事・雑記 | Trackback | Comments(14)