20ペンスのいちご大福

まだまだ、明るい夕方~夜の時間を使って食品貯蔵スペースを整頓。ずっと前に買って保管したままだった白豆の水煮缶と、そろそろ決着をつけないと時間切れになりそうだったので思い切ってオープン!

外観
c0172202_15343174.jpg


缶詰のラベルの写真を見た時に白いんげん豆を思い、たまに食べたくなる甘い煮豆に代用できないかと思ったワケですが、このButter Beanの缶詰は、日本ではベビーライマビーンズと呼ばれ、実際に製菓に使われている物と同じようで、白いんげん豆には及びませんが遠からず。

脱水後
c0172202_1539351.jpg


実物は、ちょっと小さめで既にしっかりと煮ている状態なので、砂糖を加えての再加熱で豆が煮崩れするのは避けられそうにもないと判断。食べてみた時に、これは銘菓○○饅頭の白餡の風味に似てる!という直感で、砂糖(大さじ3弱)と塩(2つまみ)を足して少量の水で10分ほど煮て皮を取り除き、ブレンダーで「こし餡」状の物を作ることにしました。おっかなビックリ・・何が出来るのか怖さ半分、ひらめきに従って思うがままに作業開始^^;

白餡作成中
c0172202_15455011.jpg


こんなことしたら、和菓子職人さんに怒られそうだけど簡単~♪ と30秒ほどで少し緩めの白餡が完成。次のステップを考えながら餡を一晩、冷蔵庫で寝かすことにして一旦終了。豆の風味がしっかりとした、甘さ控え目のこの餡を使って何を作ろうかなと考え辿りついたのが

① 黒砂糖を使った皮のお饅頭
② いちご大福

いずれにしても、イギリスで手に入る食材でできそうなので、明日の気分で決めようということで就寝(zzz)。

第二部
c0172202_15462881.jpg


翌日、白餡はちょうどよい固さにまとまっていたので、美味しいイチゴが手に入るシーズンだし、お題目はいちご大福に決定。実験用に1個分の材料を揃えて、クルクルっと混ぜて電子レンジで35秒。モチモチの生地が完成!あらかじめ、白餡に包んでおいたイチゴを包み込んで終了のはずでしたが、イチゴが回転してしまい、ちょっと慌てました。

入刃
c0172202_15471187.jpg


それでも、柔らかくてしっとりとした大福になったのでOKだろうということで、出来栄えチェックの二分割をやってみたら・・やっぱりイチゴは斜めになってました^^; まぁ味はいい感じなので、人生初のいちご大福作りにしては良いんでないの~^^ と上機嫌でいただきました。白餡を小分けして冷凍し、直ぐに使えるようにさえしておけば、3分足らずで出来るインスタント大福ということで、ザザッとレシピを書き留めておきます。


オマケ:粉の袋
c0172202_15565741.jpg


いちご大福1個分(材料費はおおよそ20ペンス(約26円))

(材料)

     もち米粉(GLUTINOUS RICE FLOUR:写真右) 20g
     砂糖                      10g
     水                       25cc

     白餡                      22g 
     イチゴ                     中1個

     打ち粉(片栗粉 又は 浮き粉:写真左)    適量

(作り方)

  ① ヘタを取り除いたイチゴを白餡で包んでおく。

  ② もち米粉と砂糖を耐熱性のあるボウルに入れて少しずつ水を混ぜ練り合わせ、
    電子レンジ(500W)で30~35秒温める。

  ③ ②を水でぬらした木ベラ(しゃもじ)で手早くまとめ、打ち粉の上に広げ円形を作り
    ①を包み込んだら完成。

ちなみに、市販のButter Bean1缶で9~10個分の白餡ができますのでお試しくださーい001.gif
[PR]
トラックバックURL : http://bham.exblog.jp/tb/16733480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えぃこ at 2011-08-16 20:53 x
素晴らしい!
ひらめきでいちご大福が完成するなんて、すごすぎます!!!
和菓子レシピがひとつ増えましたね♪
近所で買えるので作る元気はないですが^^;
イギリスに住んである方にはいぃですよね~
次にお邪魔した時の楽しみが増えました^o^
Commented by daisythepoodle at 2011-08-17 01:05
ごんざれすさん、
白餡、バタービーンでできるんですね!私はいつもバタービーンはマッシュにして、マッシュポテトの代わりに食べてました。甘くするのは考えてませんでした。豆の皮は楽に取り除けましたか?
いままでいつも私の大好きなイチゴ大福を日本から来る家族に頼んでいたのですが、一度としてイチゴ大福が届いたことがありませんでした。たぶん成田で売ってないんですね。
次回バーミンガムに行った時に粉だけ買えば材料揃うので、ごんざれすさんのレシピで作ってみます!
Commented by bham at 2011-08-17 15:51
>えぃこさん
イギリスに来てから、お饅頭を作ることはあったんですが、
材料の関係で、1度に大量生産になってしまうので面倒でしたが、
遂に食べたい時に、1個だけさっと出来る系が完成して嬉しいです^^
大名にある駒屋さんの豆大福がとっても食べたいんですが、
それは無理・・やっぱり日本で揃う材料には適いません。

次回もイチゴの季節に来てくださーい!
Commented by bham at 2011-08-17 15:55
>がえるさん
マッシュポテトの代わりもOKなんですね。皮はペロンと取れるのと
剥かなくてはいけないものが混在していましたが、
1度、缶詰用にしっかりと加熱してあるので、簡単でしたよ。

粉も日本の白玉粉のように上質じゃないけど、材料費が
20ペンスでできる和菓子としては良いんじゃないかと思います。
デージーちゃんも食べるかな??^^
by bham | 2011-08-16 16:21 | レシピと食材(スイーツ系) | Trackback | Comments(4)

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31