イギリスの薬と医療システム

風邪ひいてまんねん。という訳で、ついに、この秋「初」のもらい物をしてしまいました。私の場合は、人混みで、近くの人がクシャミをするとその2日後から鼻がむずむずし出すことが多く、今回も「まずい」と思ったら、案の定クシャミ5連発・・・思いっきり鼻水から始まって、鼻づまりに続いて目頭がチカチカでいつもにも増して思考回路がアウト・・

秘密兵器
c0172202_6104961.jpg


ということで、抗炎症作用のある「Ibuprofen」を服用し、後は咽頭への感染の攻防ということで、禁・口呼吸&鼻をかむのを止めて、できるだけ喉の乾燥を防ぎつつ、雑菌だらけの鼻水が咽頭へ流入するのを防ぐ方法を考えたら、夫からは「気持ち悪い」といわれたけど、鼻をかむ度に、その刺激で頭痛が発生するのにも耐えられないから、娘用に日本で購入した「ママ鼻水トッテ」を使用してスッキリ!コレは大人も使えます^^

お助けマン
c0172202_612441.jpg


他にも就寝中に口の中に入れていても、虫歯のリスクのないスイスの会社・Ricolaののど飴を使って、喉が乾燥しないように努めたのが良かったようで、無事、小康状態に。喉まで炎症が広がると高熱や咳など後々、厄介になるので大成功でした!運よく、ちょうど先週、スーパーのSainsbury'sでこの飴が半額になっていたので、色んな種類を買い込めたのもあって比較開始^^ どれも、ハーブの清涼感と適度な甘さのバランスが良く爽やかな口当たりなのですが、なかでも、Lemon Mintが一番のお気に入りになりました。

市販薬
c0172202_6133556.jpg


最近、こちらで生活を始めた方とNHSの仕組みや薬のことを話していたら、そんな情報が欲しいんです!と仰ったので、あくまでも我が家の救急箱の中身ということで少しだけイギリスの市販の薬の比較と情報を。

Paracetamol(パラセタモール)/アセトアミノフェン

GPで一番、「コレ↑を飲んで様子をみてください」と言われる比較的安全な 解熱、鎮痛剤で、胃腸への負担もほとんどないと言われています。私は、軽い発熱、頭痛、寒気がある時に使っていて、子供には液状の物 Calpol を常備、インフルエンザなどで高熱が出た場合も安心して使える解熱剤のようですが、あまり使いすぎると喘息を引き起こすリスクがあるとも報告されているので、その点には気をつけています。

Ibuprofen(イブプロフェン)

抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用のある薬で、自己判断で「炎症が起こり始めているな」と感じる時には、パラセタモールではなくこちらを飲んでいます。胃腸障害の副作用があるとされていますが、そこまで感じません。消炎剤の代用として、2~3日続けて飲むとより効き目があるようです。子供用には Calprofen を鎮痛作用を目的として使っています(歯が生えてくる時期はこちらが効くようです)が、インフルエンザなどによる高熱時には安全を証明できる十分な科学的根拠がないとも言われているので、この点も注意しています。

他に一般的な風邪薬として販売されている薬の成分に書かれている物には、

【鼻水、くしゃみ】
chlorphenamine(クロルフェナミン)、
diphenhydramine(ジフェンヒドラミン ★眠気を促す働きがあるとされる)、
promethazine(プロメタジン)

【鼻づまり】
phenylephrine(フェニレフリン)、ephedrine(エフェドリン)、
pseudoephedrine(PSE) (プソイドエフェドリン)

【咳】
codeine(コデイン)、pholcodine(フォルコジン)、
ephedrine(エフェドリン)、dextromethorphan(デキストロメトルファン)

などがあり、○○hydrochloride(ハイドロクロライド)=○○塩酸塩、 
××hydrobromide(ハイドロブロマイド)=××水素酸塩
というのが後ろについているのもあります。

他にも、どんな薬があるのかを家にいながら、英国版ドラッグストアのBootsのサイトでチェックしてどれが効きそうか調べています。


オマケ:目安
c0172202_618154.jpg


高い税金のお陰で、国営の医療機関では無料診察を受けることができるのですが、財政難のNHSではできるだけ自宅療養を勧めているのが実情。GPにも予算があるようで、なかなか薬を出してもらえない(イングランドでは患者が一部負担)、日本では注射や点滴の処置を受けるようなケースでもこちらはほとんどやってもらえない。そんな感じなので、私もほとんどGPに行く事がなくなりました。それでも、慣れたせいかそれで何とかなっているあたりも面白いのですが・・一応、NHSの言い分(?)なる対処表をまとめてみました。

赤:
緊急性のあるもので、A&E(ACCIDENT & EMERGENCY)=急患を受け入れている病院へ行くか救急車(999)を呼ぶ

★ 窒息、胸の強い痛み(たぶん、心筋梗塞などを疑う場合)、失神、出血多量など


オレンジ:
大掛かりな設備などを必要としない物の、医師による適切な診察や処置をできるだけ早く必要とするようなケースでNHS Walk-in Centresへ行く

裂傷(縫合の必要があるような傷)、ぎっくり腰、捻挫、強い痒み(アレルギー性の疑いのある場合)、凍った路面で滑って負った打撲など


黄:
緊急性はないものの医師の診察を受けた方が良いケースで、掛かりつけのGPへ行く

嘔吐、耳の痛み、腹痛、背(腰)痛など

黄緑:
薬局で薬剤師に相談&適した薬を服用する

下痢、鼻水、苦しい咳、頭痛

緑:

NHS Direct(0845 4647)に電話して専門家の指示を仰ぐ

対処法が分からない時全般

青:
自分で治しなさい!(市販の薬を使って休養を取る「自宅療養」の勧め)

二日酔い041.gif、すり傷、喉の痛み、咳


と・・・こんな感じですが、GPで診てもらっても一向に症状が良くならない場合にはオレンジ色の Walk-in Centreに行ってみたら解決した話も時々、聞くのでどうしようもなく具合が悪いけど、救急車を呼ぶほどではない時には利用できるようです。一応、バーミンガム大学の近くにも一件あるので情報を載せておきます。

NHS South Birmingham GP Walk-in Centre
15 Katie Road,Selly Oak.
(毎日午前8時から午後8時まで)

http://www.nhs.uk/ServiceDirectories/Pages/GP.aspx?pid=0DC34155-07E0-4CD1-9F0A-DA252F906DAF
[PR]
by bham | 2011-11-05 06:29 | 医療と健康 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://bham.exblog.jp/tb/17056465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 真紀 at 2011-11-05 07:23 x
おお~これはまさしく私のためのようなものですね~!!ありがたやぁ~!!
熱も下がって体調が戻ってきました!色んな情報ありがとうございます☆☆
ブログおもしろいですね~(^v^)
またお食事行きたいです!!次こそ・・・
Commented by onetennis at 2011-11-05 18:36
bhamさん
風邪だったんですね。日本では今マイコプラズマ肺炎と言う名の感染性の肺炎が大流行しておりまして、多分、病院にいって無いので分かりませんが、わが家も娘~息子~私に移り散々な1カ月を過ごしております。お嬢さんもおりますのでお身体御自愛くださいね。one
Commented by えぃこ at 2011-11-05 22:10 x
イブプロフェンも消炎鎮痛剤ですよ。
イブと言えば、わかりますか?
その成分がイブプロフェンです。
処方薬にもありますが、あまり出ない気がします。
ボルタレンやロキソニンなどが、急性期には効果が強くていぃですからね~

エフェドリン、咳止めかと・・・

アレルギー症状に効く成分は、眠気がおまけでついてきます。
咳止めは、下痢止めにもなるので、逆にいえば便秘に・・・

薬のことならなんでも聞いてください。
現場を離れていますが、薬の知識は残ってますよん♪
Commented by bham at 2011-11-06 05:40
>真紀さん
体調が戻ってきて良かったですね。高熱と聞いてビックリでしたが、
インフルエンザじゃなかったようですね。これも良かった。

結局、ベトナム料理店が流れてしまったんで、今度こそ行きましょう!
代わりのお店もアジアの食堂みたいで面白かったですよ。
ブログにアップしたいけど、写真を撮り忘れましたー^^;
Commented by bham at 2011-11-06 05:45
>oneさん
お陰さまで、大事に至らずに回復に向かっています。
oneさんのお宅もタイヘンですね。家族の誰かが調子が悪くなると
順番にダウンしてしまって、軽く1ヵ月なんてことになりますものね・・
特にこれからの季節は、用心していても防げないことが多々ありますよね。
マイコプラズマ肺炎とは!咳が続いたりして体力も低下するようですので、
適切な処置を受けられた方が良いかもしれませんね。
oneさんも、どうぞ、お大事に。
Commented by bham at 2011-11-06 06:06
>えぃこさん
イギリスと日本では薬の使い方が違ったりするので、
私もこちらの薬剤師さんに確認したりして勉強していますが難しいですね ><

特に、ボルタレンやロキソニンは、高熱がある時やインフルエンザの時には、
脳炎を警戒して等の理由で積極的に使われていないようです。
医療訴訟とかも面倒なので、安全な方法を取られるようです・・・なので、「パラセタモール」が事あるごとに登場ということに^^;

それと、抗生物質の使い方が日本とは全く違って、最初は驚きましたが、
賛否両論あり、私も段々、分からなくなってきました。
入院した時にもMRSAをひどく警戒していて、抗生物質を取ったのは
手術前日から2日後位までで、大丈夫なんだろうか?と不安になりましたが、
全く問題なく回復しました。そして、この時にイギリスで初めてボルタレンを貰いましたよ!

薬のことは、コストや開発企業との関係などもあったりして、
日本とイギリスで使い方や流通量などが違うのかなとも思います。

薬に疑問を感じたらすぐにお問い合わせメールを送りますね!
今後ともよろしくお願いします。
Commented by watahiro-aya-s-m at 2011-11-06 11:01
そうそう、こんな情報がイギリス生活が浅い方たちには助かると思います^^ 私はあまり情報が得られず、1年間手探り状態で過ごしましたからね・・・^^; というか、急を要する事件が多発し、GPどころではなく大きい病院通いが主でした。。。。泣

帰国する時に子供達用にカルポルをまとめ買いして帰りましたが、結局は近医を受診することが多く、あまり使っていません。でも、次女の歯痛には効果絶大で助かっています^^ 

これからの季節、風邪にはくれぐれも注意しないといけませんね。bhamさんも、お大事に!!!
Commented by bham at 2011-11-06 19:33
>わたぽんさん
7年いてやっと、イギリスでの対処法が分かって来たような気がします。
って・・今ごろなんですけどね(爆)少しでもお役に立てれば嬉しいです。

わたぽんさんとこは、本当にいきなり「赤」でしたものね。
それでも、何だかんだ言ってもバーミンガムはイギリス第二の都市と
いうこともあって大きな病院には恵まれてますよね。
特に、QEとかチルドレンズホスピタルには、海外の患者さんも
わざわざやって来るそうですよ。

次女ちゃんの歯、大丈夫ですか?虫歯の原因になる菌を少しでも
抑えた方が、永久歯への影響も良いようですので、
「ハキラ」をお薦めします!うちの娘も、食べているお陰か、
すっかり英国連合軍(別名:義理家族)に砂糖漬けにされてしまったんですが、
未だ虫歯ゼロで頑張れています。

わたぽんさんも、体に気をつけてお過ごしくださいね。
また、ブログにもお邪魔しまーす^^
Commented by daisy77-love at 2011-11-06 20:31
うちもイブプロフェンとかパラセタモール、使ってますー。
風邪の初期症状だと「echinaforce」っていうハーブの液体を水で割って飲んでます。意外といいですよ~。

ちなみに「ハキラ」って大人の歯にもいいのですか?(変な質問でごめんなさいー)
Commented by bham at 2011-11-07 04:33
>daisyさん
やっぱり、あの2種類の薬はデイジーさんとこにもあるんですね(笑)
echinaforceって、エキナセアを使っているんですよね?それだけで、
効きそうですね。私も試してみまーす!H&Bみたいなとこで買えますか?

ハキラは虫歯の原因菌を減らす働きのあるオーバルゲンDCという成分が
含まれているんですが、歯周病菌を減らすオーバルゲンPGは入って
いないので、大人は「ウルトラハレガード」というのが良さそうですよ。
Commented by りえ at 2011-11-07 07:28 x
ごんざれすさんお久しぶりです!!風邪をひかれていたのですね!お大事にして下さい。最近は朝晩がすっかり寒くなりましたね。今年の冬も寒くなるという噂を聞いたのですが嘘である事を祈りたいです。。私もGPはあまり行きたく無いです。先生があまり信用出来ません。。
Commented by watahiro-aya-s-m at 2011-11-07 07:41
「ハキラ」とは??気になります~^^ イギリスでしか売っていない物ですか? 次女は、すっかり虫歯が悪化してしまい、まだ歯科通院中なんですよ・・・(T_T)
Commented by bham at 2011-11-08 01:06
>りえさん
お帰りなさーい!日本はどうでしたか?まだ半袖だとか聞きましたが^^
こっちは、すっかり寒いので、りえさんも風邪に気をつけてくださいね。

GPが信用できないってのは、辛いですよね。家も、キケン過ぎる義母のGPを
変えましたよ・・・ありえない事ばっかりでしたから^^;

今年も寒くなるんですか!ひぇ~。色々と準備しておかないと・・
Commented by bham at 2011-11-08 01:09
>わたぽんさん
ハキラは日本の製品ですよ。ビーンスターク・スノーという
会社から出ていて、大きなドラッグストアにはあると思いますよ。

乳歯で失敗しても、肝心の永久歯を守れたら良いと思いますから、是非とも、虫歯菌を減らして、歯の質を強くしてあげてくださいね。
(頑張れ次女ちゃん!)


英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
事件簿・治安情報
イベント&お得な情報
医療と健康
食材の調達
色んな食べ物
レシピと食材(和食)
レシピと食材(エスニック)
レシピと食材(欧州系)
レシピと食材(スイーツ系)
キッチンにて
鍋料理と麺類
日本各地の食
おもてなし
外食の記録
バルチ
バーミンガム市内と周辺
ミッドランズ(西)
ミッドランズ(東)
コッツウォルズ
ロンドン~南東部
ヨークシャー~北部
南西部
ウェールズ
オランダ
ラトビア
鉄子系
サッカー
子育て
ホームエデュケーション
私ごと&里帰り
多文化見聞
時事・雑記
ガンとの闘い
おしらせ
ラトビア
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

記事ランキング

お気に入りブログ

地政学を英国で学んだ
*たぬき一家・陽だまり日記*
One Tennis ...

リンク(友達&お役立)

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧