秋のマルシェ

9月も残すところ、あと1日。気づいたら、随分と日没が早くなって、厚手の服も引っ張り出して・・。すっかり、秋ということで、故郷の言葉を借りると、半年ぶりの「のぼせもん」。またしても、美味しい物を求めて、ドーバー海峡を渡って来ました。

ボンジュ~る
c0172202_683546.jpg


カレーの街のマルシェの場所が、アルム広場(Pl.d'Armes)からマレシャル フォッシュ広場(Place du MARÉCHAL FOCH)一帯に移動していて、春先よりも、ストール数も減ったような感じでしたが、それでも、新鮮な食べ物は健在!シャキッとした葉っぱを見た時に、これは即席漬けにしたら美味しかろうと閃いて、一束お願いしたら「葉っぱは、落とした方が良いかしら?」と聞かれたので慌てて「ノンメルシー ^^;」(かぶも然ることながら、その葉っぱが良いのですよ・・・マダム。)

秋の味覚
c0172202_610648.jpg


きのこ類や特産のチコリー、それにスモークしたニンニクなどを買い込んで、さぁ何を作ろうかなとワクワク。野菜の後は、イギリスとひと味違う肉類を求めて、以前より気になっていたブーシェリーへ入ってみる事にしました。

商売繁盛
c0172202_6105350.jpg


前回来た時も、地元の人達の列が途切れることなく賑わっていたお店で、きれいな肉類の他、ハムやロースト系、さらには、ちょっとしたオードブルや軽食にも良さそうな肉を使った加工品がいっぱい。ショーケース内の減り方を見ていたら、美味しいに違いない!ということで、私も色々と買い込むことにして選んだのが(笑) ↓

グロ系
c0172202_612123.jpg


ムッシュー、豚足 シル ヴ プレ」と、最後の1足をゲット。既に、下処理をして軽くローストしている2次加工が可能なタイプで、衣を着けて揚げようと、煮込もうとお好きなように。というありがたい状態で、所々に入っている切込みを見ても、かなり腕のある人が調理しているのが分かり、早くも食べたくなりましたが、ぐっと我慢。

ズームイン
c0172202_6125888.jpg


バーミンガムで手に入る豚足よりも、小ぶりで締まりもよろしいようで、思わずイェ~イ!

乾杯
c0172202_6133439.jpg


このお肉屋さんで買った、かわいいデザインのビール。よく見たら、ドイツとの国境のアルザスのビール1664と同じ会社のビールで、その名もKronenbourg(クロネンブルグ) 。

こんな感じ
c0172202_6144072.jpg


非常に軽くて、飲みやすいビールでしたが、ちょっと物足らず・・・どうしようかと思った所で、豚足を煮込むのに利用。

変身①
c0172202_615147.jpg


マルシェで手に入れた、ポルチーニとオニオンも一緒に仕込んで、仕上と思った所に、タイミングよく、友達が数日前にくれた dijon mustard が^^ ちょっとだけ足して自家製 「Pied de cochon (トンソク) 」の完成!トロリと溶ける極上の豚足と、ほのかに鼻に抜ける脂とポルチーニの香が堪りませんでした。

変身②
c0172202_615533.jpg


こちらは、お肉屋さんのオリジナルのチキンパイ (BOUCHEE A LA VOLAILLE=2€90) で、焼くだけ仕様になっていて、中にはチキンの他にマッシュルームがいっぱい。これも、大当たりでした。

変身③
c0172202_6165180.jpg


食べ頃を過ぎてしまって、ちょっぴり残念だったのがポルチーニ。香が思ったほど生かせなかったので、買ってきたクレヴェット・グリーズ(小エビ)と一緒にに、自宅にあったサーモン、昆布を使った海鮮炊き込みご飯を作成。磯の香の中に、ほんのり山の幸という感じで、子供の頃に少しだけ暮らした、とある港町の漁師料理を思い出しました。

変身④
c0172202_6174934.jpg


かぶは、瑞々しく立派だったので、素材の味を生かすために、日本の料亭特製出汁パックとお醤油だけで調味。アブラナ科独特の風味をしっかりと楽しめる見事なクオリティーにため息をつきながら、次回はまた春先かな~と、尽きない欲望が^^; やっぱり、フランスは楽しいのです♪

オマケ:セボ~ン
c0172202_6191096.jpg


お昼は前回もランチで大量のムール貝を食べたお店へ。ちょうど、土曜日と言う事もあって、お店の中は大混乱。観光客の多いエリアの中でも、一番、流行っているようで、なかなかオーダーを取りに来てもらえませんでしたが、イギリスじゃほとんど見かけることのない位、スタッフの皆さんがテキパキと仕事をしているのが印象的でした。

今回は、にんにくの効いたクリームソース仕立てのMoule à la crème d'ail を頼み、前回食べたMoules au roquefort と比較。ロックフォールのくっさ~!という、堪らないニオイがない分、物足りない気もしましたが、後半戦はチーズの重さがない分、苦しく成らずに済んで良かったので、勝負は五分五分か?ムール貝は、春先より小粒な印象でしたが、これも美味しく大満足でした。003.gif

(お店情報)

Le Centaure

11 Place Armes, 62100 Calais,
+33 3 21 34 37 37 ‎
[PR]
トラックバックURL : http://bham.exblog.jp/tb/18508760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bham | 2012-09-30 06:28 | レシピと食材(欧州系) | Trackback

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31