機関車トーマス縁の駅

もしかして、もしかすると、この駅であの世界的に有名な機関車トーマスの話の基盤が作られたのかも?との憶測があるKings Norton (キングスノートン)駅へ、ある評判を聞いて出掛けました。

構内
c0172202_442225.jpg


ちょうど、遊びに来ていた友達を案内する場所のネタ切れ中だったのと、近くに用事があったので、高架の内側に描かれている、件のポップな壁画を見物。

カラフル
c0172202_4423739.jpg


近所にあるセカンダリースクール(中高一貫の学校)の男の子達による作品で、見事な色彩感覚に見とれながら、現在地表記のイラストが、きちんとした地図になっている点にも感心♪

案内
c0172202_4431618.jpg


そして、主役登場!その昔(1940年から1946年まで)、機関車トーマスの原作者であるウィルバート・オードリー氏が、この駅の少し南にあるキングスノートンの教会(St Nicolas' Church)で、副司祭として働いていたそうで、当時、しばしば、長男を連れてやって来ていた縁の駅なんだそうです。

Hello
c0172202_4451259.jpg


もともと、鉄ちゃんだったオードリー氏は日頃から構想を練っていたようですが、ある日、麻疹にかかってしまった息子さんを励まそうと、枕元で聞かせたストーリーが、機関車トーマスの原点になったとも言われていて、その当時は、まさしく、この駅の近くに住んでいたため、ここで、数々のヒントを得たのではないかと言うことのようです。これが、日本だったら、「トーマス発祥の駅」なんてことになって、トーマス饅頭なるものも登場しそうなんですが、この駅には、機関車トーマスを感じさせる物は何もなく、ただ、壁画を見ただけの人は、駅つながりで、トーマスなんだと思うようです。もちろん、あくまでも真相は謎ということのようですが・・・027.gif

オマケ:週末のイベント

TYSELEY OPEN DAY - SUNDAY 28 OCTOBER 2012

バーミンガム市内のBirmingham Railway Museumで、蒸気機関車を間近で見ることができるイベントが、今度の日曜日に開催されるようです。年2回だけの一般公開に加え、週末は冷え込むようなので、蒸気日和にもなりそうで、「鉄」愛好家の皆さん^^ お薦めでーす!

イベントのHP:http://www.tyseleylocoworks.co.uk/tlw/tlw_next_od.htm
[PR]
トラックバックURL : http://bham.exblog.jp/tb/18604414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bham | 2012-10-26 05:02 | 鉄子系 | Trackback

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31