ラクレットグリル

いよいよ夏時間も始まり、嬉しい季節の到来^^ それでも、まだまだ寒暖差のある気温には要注意!!ということで、友人一家を招いての「春の晩餐」に選んだのがスイス料理のラクレット(Raclette)と韓国料理。

専用グリル
c0172202_343270.jpg


この冬は3回ほど活躍したグリルで、取り外しが簡単なので手入れが楽な点と、イギリスが誇る高い電圧のお陰で電源を入れて1分ちょっとで焼き始め、3分~5分後には食べ始めることが可能という優れモノ。

前菜
c0172202_35623.jpg


本来は↑のように、ラクレットというスイスのチーズを使うのですが、入手可能なスーパーは一軒だけ。しかも、少しニオイが強いので子供達にはキツイかもしれないなということで、身近な所で手に入る代用品に選んだのがオランダのエダム(Edam)

ペロリ
c0172202_355073.jpg


c0172202_363060.jpg


マイルドで万人向きの風味は、子供達、そして臭ーーいチーズがダメな夫にもOKで、各自、思い思いに野菜やエビに絡めてあっと言う間に終了。エダムの方が、カロリーもちょっとばかり(といっても高いけど)控え目なので、今後もこちらを使うことになりそうです。

メイン
c0172202_37417.jpg


c0172202_372729.jpg


そして、いよいよ本日の主役「サーロイン」が登場。しっかりとした味と柔らかさのある良質な物を選びましたが、間もなく日本へ戻ってしまうという友人一家が喜んでくれたのが何よりでした。

創作
c0172202_375535.jpg


軽い塩と胡椒。または、自家製の焼肉のタレと組み合わせたり、好みの副菜をのっけたりと好きなスタイルでご飯と合わせて食べてもらいましたが、私は、チーズを焼いた小さなパンで卵を軽く焼いて、ちょっと贅沢なビビンパを作成。これは・・・久しぶりの ★★★★★ になりました^^ ということで、スイス料理のみならず、手軽に焼肉までできてしまうラクレットグリル。これは、使える調理器具としてお薦めです!

オマケ:生産現場
c0172202_384865.jpg


鮮度が良く合格!と思える卵になかなな巡りあえず、たまに出かけるファームショップで買って来てもハズレがあったり・・・そんな中、な・ん・と。趣味で養蜂をやっているお隣さんが、今度は養鶏を開始^^ 愛情いっぱいに育てられているニワトリちゃん達が産む卵はメチャ新鮮で濃厚。既に、我が家の食卓には欠かせない1品になっています016.gif 
[PR]
トラックバックURL : http://bham.exblog.jp/tb/21959759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bham | 2014-04-07 03:18 | おもてなし | Trackback

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31