ブリストル散策(後<食べ物>編)

見どころもいっぱいのブリストルには、海外からの観光客も多いようで食文化も開放的な印象^^ そんな中、ワクワクしながら友の後をついて行き到着したお昼ごはんの会場は、市営のSt Nicholas market

興奮
c0172202_619815.jpg


太陽の光が差し込むアーケードのような歴史的な建物の一画には、インド、カリビアンはもちろん、モロッコにポルトガルなど魅力的な料理店が並んでいて、どのお店も狭い空間を上手く利用した、お洒落なイギリス版屋台村が出現!

一番乗り
c0172202_6194611.jpg


早くも「こりゃ最高!」と、ここに通いたい一心でブリストルに引っ越したくなり、キョロキョロ+どのお店にしようかなと迷いながらも、3人の意見が一致して決まったのが、肝っ玉母さんのファドが聞こえてきそうなポルトガル料理店

ボン アペチッチ
c0172202_6202634.jpg


ショーケースの中には、ところ狭しと家庭料理が並び、焼き菓子も数種類。3人とも違った料理を頼んで、ちょっとずつ交換したりして、気分はポルトガルにジャ~ンプ♥ 食材の出汁がきちんと効いている煮込みは、とーっても美味しかったしお値段も手頃だったので、あっという間に満席になっていました。

お土産①
c0172202_6215068.jpg


食後のコーヒーとスイーツも良いかなと思ったけど、他のお店にも行きたかったので、名物の tarte de nata を持ち帰り用に2個購入。(これもメチャ美味)

健康的
c0172202_6223648.jpg


お腹一杯に近かったけど、ココもお薦め!と食後のデザートを兼ねて、フレッシュジュースのお店へ。カウンターとその周辺には、野菜や果物が山積みにされていて大盛況。色んなコンビネーション一覧のメニューがあり少し迷ったけど、友イチオシの アサイーとりんご、バナナのミックスを試してみたら、アマゾンパワーの賜物か(?)数日続いていた偏頭痛がスッキリ!ついでに、ビートルートが入っているアイロンブースターなる鉄分補給系のも、ちょっとだけ試させてもらいましたが、これも初めて体験する面白い味でした。

ひとやすみ
c0172202_6231082.jpg


ランチの後は、街中を歩き回ってカロリー消費 → 美味しいコーヒー屋さんで一服。さすがに、お菓子は無理かなと思っていたけど3人でシェアということで、チュニジアのオレンジケーキを食べて振り出しに戻りまた歩く^^;

ポイント
c0172202_6241166.jpg


夕食はケーララ(南インド)料理で、これまた◎でした(会話が弾みすぎて写真を撮るのをすっかり忘れてしまった)。その後、忘れていた留守部隊へのお土産を慌てて買うことになり、ギリシャ系のファーストフード店へ行くと、お店の前に店内の清潔度が最高の5と記されたステッカーがあって一安心。信じられないけど、ねずみが這い回るような環境で作ったものを売るお店もあるようなので、これは一応の目安にできて便利^^

お土産②
c0172202_624418.jpg


友夫妻お薦めのスパナコピタ(spinach pie)は、ディルが効いていて、フェタチーズとほうれん草が引き立つ仕上がりで、うぅぅ・・・もっと買っとけば良かったと後悔^^; もうひとつは、このお店の名物らしい Magic Roll(ギリシャのチキンパイ<コトピタ>風)で、しっかりとした味のチキンのグリル(ケバブ)がたっぷりと詰められていて、このボリュームで£2にもビックリでした!

2分割
c0172202_6251918.jpg


かくして、ブリストルでの食べ歩き☆第一回目は無事終了。夕方には、数日の体調不良が嘘のように元気になり、改めて吉友(?)に感謝。どうやら、風邪のひき始めだったようで、いっぱい歩いて発汗→解毒→回復となり、もう少し歩く機会を作らなくてはと、すぐに車を使ってしまう日常を反省でした012.gif
[PR]
トラックバックURL : http://bham.exblog.jp/tb/22459335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bham | 2014-08-12 06:42 | 南西部 | Trackback