フードで顔を隠すクセモノに注意せよ

朝っぱらから車が大破しトホホな週末の始まりでしたが、考えてみれば、忙しいを言い訳にゆっくり歩くこともなかったなと、徒歩5分の所にあるスーパーでさえ車を使っていた日常を省みながら、買い物を終えて自宅に向かう寂しい坂道(左側に雑木林のような藪が広がる)を上り始めた時に胸騒ぎが。実は、2ヶ月位前から、車に関することでも「何か、重大な事が起こりそう」と、とても嫌な予感がしていただけに、その勘を気のせいだとは思えず警戒しながら歩いて行くと、前方に怪しい男を発見!

さもありなん
c0172202_4183410.jpg


いかにもな風貌からは、何とも言えない不気味なオーラが出ていて、直感的にこれはアカンと・・・仕方がないので一定の距離を保ちながら進んでいると、坂の上から近所の老婦人が下りて来て男とすれ違い、その数秒後に男が振り返り何かを確認していたので、絶対に、追い越して背中を向けることがないようにしなくてはと思ったあたりで、緩やかなカーブ(死角)に突入。

すぐさま、姿が完全に見える反対側の芝生へ移動して、ノロノロと歩いて様子をみていたけど、そんな時に限って携帯ナシ&人も車も通らない・・さて、如何したものかと思ったところで、なかなか私が追い越さないのに痺れを切らしたのか、男が立ち止まった。ひえ~ もちろん、私も立ち止まっていたら、今度は方向転換して下り始めそうだったので、走ってスーパーの駐車場まで避難・・ブルブル・・その後も物陰から男の動向をチェックしていたら、反対方向へ歩いて行ったので戻れるかなと思ったら、また引き返して来て近くの公園へ行ったのかと思いきや、そこから駐車場を覗き込んでいるではないか・・・

仕方ないと迂回路を検討し始めた時に、さっきの老婦人が買い物を終えて歩いて来ていたので、このまま1人で戻らせては危険だと判断し怪しい男の話をしていたら、その間に姿を見失ってしまい、これはいよいよマズイなと思ったけど、老婦人は、足腰が丈夫じゃないので最短距離の坂道以外の選択は無いと。車で来ていたら、こんなことに遭遇することもなかったなと考えたら、もしかすると、これには何か大きな意味があるのかもと思い、意を決して一緒に坂を上がる事に。

相変わらず続く胸騒ぎの中、ヤツが待ち伏せしていないことを祈りながら2/3を上がったあたりで、ガーーン。なんと、前方からあのフード男が・・・・引き返しも、逃げもできない状況だったので、最悪の場合に備えて大きなゴルフ傘を利き手に持ちかえたけど、できるだけ緩い雰囲気でやり過ごすことにして、いよいよすれ違うタイミングがやって来た時に、お婆さんが「あの人なの?」と大きすぎる声で聞いてきて、どひゃ~ ^^;

どう出てくるか分からない相手を刺激してはタイヘンと、とっさに話題を変え、さりげに男の顔(薬物中毒を疑う特徴アリ)もしっかり見てすれ違い、半身で動向をチェックしながら無事に坂を上がりきった所でお礼を言われてハッとしたけど、実は、ターゲットは私ではなくお婆さんだったのかもと思うと、男の行動の一部始終も辻褄が合いピン!特に、弱者を狙った追いはぎのような犯罪は、これからの時期に急増するので、徒歩組高齢者が多い近所へ警報を鳴らさねば~と!、早速、町内会の役員に報告しましたが、車が壊れたことで、もしかすると発生していたかもしれない犯罪を防ぐことに役立ったのかもとかなり都合の良い解釈をした瞬間、この数ヶ月ずっと重かった気が、まるで憑き物が取れたかのようにスッキリ。047.gif

まだまだ続くであろう人生ゲーム・・・色々あるんだろうけど、どんなコマに止まろうとも、何ごとも直感を信じて前向きに進めたら良いのかなと思う1日でした。
[PR]
トラックバックURL : http://bham.exblog.jp/tb/23020778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bham | 2014-11-12 04:59 | 事件簿・治安情報 | Trackback

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31