水辺のカフェと木炭チーズ

爽やかな青空の下、いつも我が家のことを手伝ってもらっているオペアさんへの心ばかりのお礼を兼ねて、ご希望の地・The Potteries(Stoke-on-Trent)へ。

オリジナル
c0172202_15525667.jpg


何かと波長の合う彼女との旅は日常生活と同じく順調で、計画通りに5ヶ所を周れて大満足!特に、限りある時間内での行動は、目的達成のために突き進んでしまう「鬼軍曹」のノリ(爆)??・・・・ってことも無く、すべての行動においても息はぴったり。やっぱり、効率よく進むには、時間をはじめとする色んな感覚が似てることは必須だなと改めて。

私は、数ヶ月前にも来たBurleighでは、ラムレーズンのファッジ(中身はFarrah's の物)のみをお土産として購入。

ヒント
c0172202_1554524.jpg


相変わらず、趣のあるファクトリーショップ内を周っていると、古い廃材を使った棚が目に止まりピン!もしかすると、未だ庭の隅に置いている、取り壊した古いシェッドの一部を使って何か作れるかもと新たなる野望が^^

水辺
c0172202_15545743.jpg


バーミンガムからの道中、対向車線が工事中で大渋滞だったのを見ていたので、帰りはモーターウェイを通らずに、Stafford近郊にあるカナル沿いのステキなファームショップでランチを。またまた、ローカルフードのオートケーキを試してみましたが、ここで作られているベーコンが特に美味しく、これもお土産に決定。

特産
c0172202_15581340.jpg


スタッフォードといえば、イチゴも名産で、このところの陽気も手伝ってか、既にイチゴ狩りができるようでした。

ぎょっ
c0172202_15583327.jpg


普段はローカル産のチーズに魅かれてしまうけど、この日は、目に飛び込んできた Char Coal Cheese なる真っ黒なチーズに決定。昨年、斬新さを売りにフードショーなどで話題をさらっていた物のようだけど、遂に私の所にも巡って来てくれた♪ 

晩餐
c0172202_1604126.jpg


自宅に戻って「膳は急げ」とばかりに、この木炭チーズを食卓へ。活性炭を練り込んだ熟成チェダー(mature cheddar)のようですが、イカ墨を使っているのかと思うほどチーズとの相性も良く美味で、これは、料理の配色でも使える1品になりそうで◎

めったに出掛けることのないスタッフォード周辺でしたが、自然も多くて、今度はゆっくりハイキングに来たいと感じる気の良いエリアもあって、いつの日か、またリピートする気満々です001.gif
[PR]
トラックバックURL : http://bham.exblog.jp/tb/24213603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bham | 2015-06-05 16:10 | ミッドランズ(東) | Trackback

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31