歴史ある街のパンケーキレース

段々と日は長くなって来ているものの、うっかり帽子を忘れて外出すると、後から激しい頭痛に見舞われてしまうほど頭も冷え切る寒さの中、キリスト教の行事☆パンケーキデー(Shrove Tuesday)のイベントに出かけて来ました。

告知
c0172202_8383132.jpg


バーミンガムから車で30分ほど南下した所にあるAlcesterという街のハイストリートを、毎年、通行止にして開催されているパンケーキレースのお知らせを見つけて、まずは一帯を散策。

記念撮影
c0172202_8385916.jpg


イベント前の色んな準備に当っていた、仮装紳士の一団が気になって仕方なかったコスプレ好きの娘は、好奇心の赴くままに彼らに接近し始めて、遂には一緒に写真に収まってもらうことに^^;なんでも、700年以上も前の封建制度(荘園領主)によって設けられた裁判所の役人を再現した法服だそうで、今では、何の権限もないのだよ!とのことでしたが、慈善事業や地域のイベントを、この法服とパフォーマンスで盛り上げていらっしゃるようです。

儀式
c0172202_8402189.jpg


しばらくしてから、イベントの開始を告げる使者の行進が始まりましたが、この時のアナウンスは「今年の大役を務めるのは○○氏。数週間前に初孫が誕生しておじいちゃんになりました」と、なんとも微笑ましい内容に会場からは拍手も001.gif

スタート
c0172202_8405641.jpg


いよいよ、未就学児と保護者によるレースが始まって、途中で泣き出す子供や、子が宙に浮くほど本気で疾走するお母さん、はたまた、落ちたパンケーキを拾って食べ始める子供など、参加している人達がとても自然体で思い思いに楽しんでいる姿が印象的でした。

ゴール
c0172202_8422555.jpg


年齢と性別ごとにグループ分けされた組の走者が次々とスタート→ゴール。短距離だけどパンケーキを落とさずに走るのって、実はかなり難しいのかもしれないなと感心しながら見ていたけど、あまりの寒さに耐えられなくなり、ひと足先に観戦終了!

やっぱり英国風
c0172202_8431211.jpg


近くのフランス風カフェに飛び込んだは良かったが、コーヒーよりも紅茶の気分だったのもあってクリームティーを頼んでしまい、そのボリュームのおかげで、結局、家に帰ってもパンケーキは作らず・・・

街並み
c0172202_8435696.jpg


10年ぶり位に訪れたAlcesterでしたが、街中にはチューダー様式の家屋が並んでいて、その梁の歪みが恐ろしいレベルの建物も健在していて懐かしくもありました。

残念
c0172202_8445057.jpg


帰りに、イベントの他に一石二鳥と狙っていた、ローマ時代の出土品が展示されている博物館にも立ち寄ったのですが、あいにく休館日ということで、こちらには、また近いうちに出直すことになりました。
[PR]
トラックバックURL : http://bham.exblog.jp/tb/25302159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bham | 2016-02-15 09:01 | ミッドランズ(西) | Trackback

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31