バーミンガム素描 ~Oh,Brummie!~

bham.exblog.jp

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>

ブログトップ

ホームエデュケーションへの偏見の中で

ホームエデュケーションを始めてから4年目に入り、様々なご縁で日本の媒体からの取材や個人的な質問を受ける機会が続き、教育の多様性への関心が高まって来ているのを実感。私自身が、まだまだ続く長い道のりの半ばにも達していない状況なのに、分かったようなことを断言するなど以てのほかで、娘を通してのごく限られた体験談を話すのが精一杯につき、アドバイスは一切行わず。

日常①
c0172202_04075935.jpg

元々、年相応の標準からすると色んなことが遅れていたり、身体の感覚的な問題を抱えていた娘の就学時期が尚早ということで選択した方法だったけど、あくまでも本人の希望を尊重しての取り組みで、夫も私も、決して子供を学校へ行かせない=教育を与えない選択をしたわけではなく、偏見に満ちた考えに辟易することもしばしば。特に、面と向かって目を剥きながら「(学校へ行かせないで)社会性についてはどうするんですか?」と言い負かしたい気満々のお母さんがいたけど、逆に「どういう事?」と聞けば、「先生とのやり取りの中で培われる云々」と・・・絶句。チ~ン。

常々、社会性については私達両親が一番頑張って子供に教えるべきことと考えているため、たとえ通学していようとも、その点は厳しく躾ける方針だったので、以前より感じていた子育ての方針の違いに加え、根底にある考え方や、過剰なほどの競争心から発せられるであろう意図的かつ無神経な言動の数々に違和感を覚えていたので、不快指数もMAXに達し「もういいだろう(ほっといて!)」とガラガラとシャッターを下ろして終了。特に繊細でもない私が、これ以上関わる必要はないと判断したのは、色んなことが積み重なっての結果であり、とにかく、雑音を遮断することをはじめとする精神衛生上の対策だけをきっちりとやっておけば、無用のストレスがかからないのも分かっているので、全く臆すこともなく淡々と、娘をしっかりと育てるということに集中でき結果的にも◎

日常②

c0172202_04125140.jpg


常に言い続けている「rules are rules」によって、立ち止まり考えることを覚えた娘は、不満があっても参加する以上はルールに従うことを頑張っているようで、終了後は、私に色々と意見をぶつけて来ては、噛み砕かれた言葉で世の中の仕組みを学んでくれているよう。こうやって、社会性を培って行くことは、本当に骨が折れるけれど、これも日々の積み重ねが大切であることを痛感しながら、「ルールを守った上で考えが違う人がいても、その権利を尊重する」という他者へのリスペクトもしっかりと教えていて、特に、ルールを守った先にある選択の自由の意味が分からずに、他人のことを何だかんだと言ったりジャッジする「不躾」なことで、しっかりと人間性を見られるイギリスの社会にあっては、大切な素養である点も親としては見逃せないポイントに。

謎の穴

c0172202_04154115.jpg


もうひとつ大切なことの、穏やかな心で信頼して付き合える人達と色んなことを共有するという点は、家族ぐるみで良い付き合いをさせてもらっている大人達の背中から学んでいるようで、ほのぼのとした雰囲気の中で子供達同士も仲良くすることを覚え、加えて、英国全土でも特にホームエデュケーションが盛んなバーミンガムでは、お母さん達だけでもかなり良い学校が作れるのではないかと言うレベルの催しも多く、その環境には本当に感謝することがいっぱい。

答え
c0172202_04200068.jpg

ホームエデュケーションに限らず、「他人の子育てに口を挟むと諍いが起こる」ということが分からない人(口を挟んだところで、将来的な責任を取るわけでもない)が、できるだけ平和に過ごしたい人にちょっかいを掛けてきて、それを跳ね返されるとおべっかを使い、当然だけど余計に相手にされなくなったら、被害者面をして周囲に相談を持ちかけては同情を得て、他人を巻き込むという意味不明なことを繰り返す、グッチャグッチャ+ドロドロなことがママ友ワールドと呼ばれる所でも起こっているようで、その元凶となる心の底にある闇によって作られる迷惑な「かまってちゃん」に娘がならないように、そしてパワーゲームに巻き込まれることもないように084.gif 育てなくてはと思うと、親の責任は本当に大きく、これからも、心身共に健全に育ってくれる環境は大切だなと、まだまだ続くホームエデュケーションの中で、総合的な判断力の養い方についても考える時間になりました。



[PR]
トラックバックURL : http://bham.exblog.jp/tb/26065409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bham | 2016-10-16 04:34 | ホームエデュケーション | Trackback