インド系コミュの散策(レスター前編)

サッカーのスタジアムに行くばかりで、街歩きをしたことがなかったレスターへ出かけてきました。

独立の父
c0172202_14542850.jpg


数ある候補地の中からピンポイントで向かった先は、当地随一のインド人街で、ストリートの入り口辺りに建っていたガンディーさんの像にご挨拶。


c0172202_14555820.jpg

折しも、ヒンドゥー教の新年を祝うお祭り☆ディーワーリーの準備期間中で、沿道には華やかな装飾が施されていて盛り上がっている様子。この祭りは、繁栄や幸運の象徴とされるヒンドゥー教の女神・ラクシュミー(仏教の吉祥天)を祝うものともされ、期間中は、夜になると地上を徘徊するとも言われてる女神(福分)が、家の中に入って来るように明かりを灯し扉を開けておく習わしがあるそう。


c0172202_14570326.jpg

また、祭りのシンボルにもなっている灯明は、闇を照らす智慧の光でもあり、自己探求、自己改善の重要性を思い出すことにより、真理を見極め正しい道へと導かれ、無知が故に足掻き苦しむ世の闇と決別できることを意味するという深いもの。

脈々
c0172202_14575360.jpg

そのメッセージを真摯に受け止め、八百万の神様にも通じるヒンドゥーの神々をショップウインドー越しに眺めながら、仏教との関連性も興味深く、偉大なるインダス文明の名残を感じる歴史のロマンの世界へしばし。

統制

c0172202_15011745.jpg

バーミンガムと比べると、整然とした印象のレスターのインド人街の散策は面白く、美味しい物を求めて入り込んだ路地裏で、一瞬シンガポールにいるような錯覚に陥ったりしながら行列の出来ているお店や珍しい食材をチェック^^ 食べ物ネタは、ちょっと長くなりそうなので次回に。012.gif




[PR]
トラックバックURL : http://bham.exblog.jp/tb/26098684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bham | 2016-10-28 15:06 | ミッドランズ(東) | Trackback

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31