バーミンガム素描 ~Oh,Brummie!~

bham.exblog.jp

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>

ブログトップ

娘、頬をつねられる。

タイトル通り、一瞬「?」と思うことが某スーパーで発生。しかも、全く警戒してなかったので、最初は何のことか分からずに、ショックで泣き出した娘の話を聞き直して事のあらましを理解し、両頬を比較すると明確に赤くなっていたので、これはきっちりとやらねばと判断。

レジのカウターに品物を載せていた私とその前にいた娘の間に、5秒ほどお店のスタッフが入って、カウンターの下に箱を置いていたのは覚えていたけど、その間に、そんなことが起こっていたとは!素早すぎてビックリ。

とりあえず、顔をつねられたこと=不当で不快だと感じた娘の認識をきちんと説明して、相手の話も聞き、あとは対応如何の話になるのかなと思いながら、マネージャーを呼んでもらって事の経緯を伝えると、3分もしないうちに困惑した表情の当事者と一緒に戻って来て、その場で謝罪が始まりそうになったので、会計が終わってゆっくり話したいと提案。

その後、娘の口から感じたことを伝えさせると「あまりにも可愛くて、ついつい親しみの意味でキュッと軽く(頬をつねっちゃった)。悪気はなかったけど、こんなことになってしまってごめんなさい」とのことで、久しぶりに珍回答ような行を聞き絶句…果たして異文化であっても、子供の顔をつねるってのは普通なのかい?と思い「軽くやって、こんなに赤くなるかしら?滅多に泣かない子だし、私達はあなたのことを全く知らないので真意を確認したかった。これごときで大騒ぎだと感じるかもしれないけど、娘はショックを受けているし、痛みを与えられた点でも保護者としては見過ごす訳にはいかないので、もう少し気をつけてもらわないと怖くて買い物に来れない」と、不快であったことをきちんと伝えて、娘も謝罪を受け入れ終了。

後日、イギリス人の友人達にこの珍事件について話すと「30年位前には、そんな大人もいたけどイマドキ‥危ないね」とか「キスされなかった(=口腔内の常在菌を感染させられなかった ^^;)のは、幸運だったわよ!」と言う意見も出て、世間がより一層敏感になっている「子供への虐待」の類に対しての感覚がズレている人には皆、気をつけているとも聞き納得も。

多様な文化の中で暮らしていると、どうでも良い不快なことは、避けて記憶から抹消!という術で交わせるけど、しっかりと主張しなくてはならない場面では、そうもいかず…これからも、親として踏ん張らなくてはならない事があるんだろうなと考えると、できるだけ未然に防いで体力温存に努めなくては。042.gif

鍛錬?
c0172202_05260087.jpg



[PR]
トラックバックURL : http://bham.exblog.jp/tb/26240481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bham | 2016-12-16 05:32 | 子育て | Trackback