ファームステイ(湖水地方の旅)

地図には、どこに行こうかと迷ってしまうほどの !その数なんと、大小合わせて500ほどあるらしく、太古に氷河の侵食で形成された縦長が主流につき、大物ともなると、対岸へ行くのにもかなりの時間を要する点と宿に近かったことから、行き先は、超マイナーな小さな湖のエススウェイト・ウォーター(Esthwaite Water)に決定。

うらら

c0172202_05192909.jpg

やっと見つけたスペースに車を停め湖畔へ向かうと、「水面の陽 乱反射して 山笑ふ」なーんて、思わず一句詠みたくなるほど、長閑な対岸の景色まで拝めて◎



c0172202_05284425.jpg

その後も、水辺を歩けるところまで進んでいくと、テントを張って食料調達に励んでいそうなワカモノ2人がいたので調べてみると、中栄養湖という、湖の生物が生きて行く上で必要な物質が適度にあるという分類であり、マスやパイク(鴨の雛を丸呑みする恐ろしい魚😱)が釣れるとのこと。


新生

c0172202_05304511.jpg

日の傾きで時間を読めば「4時頃か」と思いきや、すっかり夕飯の頃。食べられそうな野草をじっくり探さずに、その代わりに雑草のごとく繁殖したワイルドガーリックが気になり・・(もうお腹いっぱいのはずなのに^^;)どうやら、高地の気候がこの植物には合うのだろうなと勝手な考察で〆。宿は、ファームの敷地内にあるB&Bで、到着後にはホームメイドのケーキと美味しいコーヒーで歓迎してもらい寛いでいたら、女将さんが生後2日目のカワイイ子羊を連れてラウンジに登場。微笑みつつ、ガッチリと四肢を固めてるあたりは貫禄十分で(笑)せっかくなのでと、触らせてもらったら、かなりの剛毛(針金級)でビックリ!


晩餐

c0172202_05344400.jpg

比較的物価の高いエリアなので、馴染みのない場所で食事を外すより、ファーム特産の材料を使った物をと事前に予約していた夕飯にはラムちゃんが・・👹 さすがに、先程の子ではなかったけど、ちょっと微妙な気持ちの中、犠牲になった命に感謝して、美味しくいただきました。



c0172202_05354049.jpg


翌日は、爽やかな空気と晴天の中で目覚め、部屋から見える湖には朝靄がかかっていて、また感動!ふと、こんな所で暮らせたらなと。



c0172202_05394263.jpg



朝ごはんも、内容、量、質のどれもがバッチリでファームステイの恩恵に。やはり、新鮮な物や手がかかった物は美味しいということで、またいつか、気ままに野を歩き、地元の農家に泊まる少し贅沢な時間を過ごせれば良いなと。


[PR]
トラックバックURL : http://bham.exblog.jp/tb/26611765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by bham | 2017-04-25 05:53 | ヨークシャー~北部 | Trackback

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31