バーミンガム素描 ~Oh,Brummie!~

bham.exblog.jp

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>

ブログトップ

2017年 02月 06日 ( 1 )

エクアドル料理(前編)

よもや賊の出没などはあり得ないだろうと思いつつも、アンテナの感度を高めて向かったガード下のエクアドル料理激戦区まずは、高架橋を境に分かれた、寂れている方に1軒だけあるお店で早目の夕食を取ることにして扉を開けると、平日なのに人がいっぱい!これは、良い兆しと期待が高まる中、メニューが運ばれてきて「ごめんなさい。魚介系は終了したので、肉料理のみになります」とのことで、ちょっと残念‥それでも気を取り直して、本日の定食から好きなスープとメインを選んで待つこと数分で

ぎょっ!
c0172202_20294679.jpg


たーんと召し上がれ!と出された Sancosho (スープ)に、一瞬固まってしまったのが、その量。「ああっ・・」とすっかり忘れていた、ラテンの食事の量を思い出した時には既に遅く、目の前のラーメンの丼一杯ほどもあるスープ+具沢山に覚悟を決めスタート。

ズーム
c0172202_20315735.jpg


近隣のペルーやコロンビアの料理に同じく、バラエティに富んだイモ類がゴロゴロしていて、たまに大きな肉塊やコーンが、アナトーで色付けされた黄色いスープの中から出てきてため息に変わるほど^^; やはり、これだけで十分な量だったが、


メイン

c0172202_20323419.jpg


ラテンの洗礼は容赦なく続きメインの皿が目の前に到着。いやはや・・・食事の際に、精神力を以て臨むというのは何ごとかという展開になり、頑張ってはみたものの不本意ながらギブアップ。

(明朗

c0172202_20333756.jpg

お店の人に詫びながら会計を頼んだら、計算間違いじゃないかと思わず確認したほどの低料金で、大量の定食+飲み物が£8(約1,130円)のセットらしく、他にもう一品のドリンク代が含まれていて誤りはないのだと。恐るべしエクアドル食堂😵 外に出ると薄暗くなっていたので、確実に1kgは重くなったであろう身体で、足早に宿に戻ることにして第一弾が終了。翌日、懲りずに求めたエクアドルの魚介料理は次回に。


オマケ〈お店の情報〉

Costa Azul 102A Rockingham St, London SE1 6PG





[PR]
by bham | 2017-02-06 20:41 | 外食の記録 | Trackback