バーミンガム素描 ~Oh,Brummie!~

bham.exblog.jp

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>

ブログトップ

2017年 03月 09日 ( 1 )

段々と日も長くなってきて春の到来も遠からずやというこの時期は、市内でもイベントがちらほら開催され始め、興味深いロシアの冬送りのイベント・マースレニツァ(Maslenitsa)へ出掛けてきました。

興奮

c0172202_19180100.jpg


会場に到着すると、賑やかなロシア民謡に合わせた子供達のダンスや家庭料理の即売ブース、美容や健康系の商品など目新らしいものがいっぱいで、またしても好奇心をくすぐられて突撃!


名人級

c0172202_19183219.jpg

特に、どっしりとした黒パンをはじめ、珍しい発酵系の自家製品を販売していたテーブルに魅せられて凝視 → 全く理解できないキリル文字群と格闘しながら、想像を巡らせてみるものの限界に達したので、あれこれと質問をしていたらその情熱(?)に感激したというマダム直伝の黒パンのレシピをいただき感謝♥


名物

c0172202_19191346.jpg


パンはもちろんのこと、貴重な原材料であるクワス(квас)を買って、後は自宅のキッチンで頑張ることにして、どうしても上手く行かない時のために、連絡先までくれた優しいマダム(涙)


応用

c0172202_19194797.jpg

このクワスは、微アルコール性飲料でパンを作る以外にも、ピクルスや料理にも使われている他、ソビエト時代には一番手の国民的飲料水(なんとジュース扱い!)だったそう。


友好

c0172202_19201626.jpg

浮かれていると、華やかな色彩の民族衣装をまとった、きれいなお姉さんが大きなパンと塩を振る舞ってくれて、聞いてみると「歓迎のパン」とのこと。ブリオッシュにも似た風味も大人気でした。


美味

c0172202_19204497.jpg


バーミンガムとその周辺に暮らす、旧ソビエト連邦の国々から移住して来た人達のコミュニティ主催のイベントだけあって、様々な家庭料理を体験できたものの胃袋のキャパにも限界があり、それならば!とお土産にしたクルミの形をした焼き菓子を家に戻って食べたらば・・「超~(☓100倍)美味しい!」ともっと買っておけば良かったと後悔。調べてみたら、орешки(アレーシュキ)と呼ばれる伝統的なお菓子で、ビスケット状の殻の中にキャラメル(練乳)が詰められているシロモノ。


高品質


c0172202_19211086.jpg



そして、もう1つのお持ち帰りは、ラトビア産のハチミツ(セイヨウカリン入り)で、香も質も上等!ラトビアでは、伝統的な民間療法にハチミツやプロポリスが用いられることが多く、自分達が使ってて良いものなので、イギリスに輸入して販売するビジネスを始めたというお母さんと娘さんから、色んな種類のハチミツを試食させてもらい迷った末に買った物。もちろん、納得の品質で良い買い物に。余談で、そのお母さんが、私達が日本人だと知ると情熱的に日本への憧れを語り始められて、奥深い所にある文化への理解などに驚きながら嬉しくも。ソビエト連邦の崩壊から、人や文化の交流が一気に進んだ感がある中でも、伝統は、そうそう変わったり消え行くものではないなと思いながら、数百年前に鎖国をしていた日本の文化のことを考えたりして、とても刺激的で有意義な週末になりました。





[PR]
by bham | 2017-03-09 19:26 | 多文化見聞 | Trackback