カテゴリ:食材の調達( 23 )

本わさびと枝豆

犬も歩けばじゃないけど、またしても嬉しい食材に当たったひとり時間^^ 随分前に、願わくはと話していた静岡のワサビがバーミンガム(M&S)で売られていたから即決!

感動

c0172202_21535379.jpg


どうやら、リサーチを兼ねたプロモーションのようで、継続的な販売には至らないかもという雰囲気も。


便利

c0172202_21544674.jpg


贅沢品を手に入れた後は、庶民的なスーパーだけど、結構面白い品揃えのモリソンズで「EDAMAME BEANS」を発見。サヤなしで、豆だけがしっかり500g入っていて£2はお得!ということで、こちらも購入。


至福

c0172202_21574751.jpg


残念ながら、脂の乗ったサーモンの冷凍保存がゼロになっていたので、即席並にぎりセットを拵え、静岡本わさびが思いっ切り役不足になってしまったけど、枝豆は問題ないレベルで合格!段々と、身近なところで、馴染みのある日本の食材を入手できるようになって嬉しい反面、いつ消えるか分かんないなとも。それでも、思いがけない巡り合わせを楽しめればと


[PR]
by bham | 2017-06-09 22:00 | 食材の調達 | Trackback

刺身と海鮮親子丼

所用で卸市場へ行き、刺身に挑みたくなった絶品サーモンを発見

立派

c0172202_08265974.jpg

スコットランド産の美味しそうな半身を思い切って購入。


実験

c0172202_08275358.jpg

鮮度が命!と、家に戻って直ぐに解体作業をスタートし、小出しに食べられるようブロックにして急速冷凍で一晩おいて、いよいよ試食の時が。


贅沢

c0172202_08282368.jpg


まるで、トロのような腹身(ハラス)をはじめ、全体的にしっかりと脂が乗っていて、血合いも全く気にならない鮮度で、日本に入ってきている一般的な物よりも遥かに格上の合格品


召集

c0172202_08292434.jpg


1人で楽しむのはもったいなかったので、急遽、フットワークの軽いゲストを招いてにわか寿司祭を開催。


そのまま

c0172202_08304914.jpg


のはずが、刺身フェスティバルになってしまった^^; ボテっとした厚切りを乗せて、シャリが見えないニギリも良いなと思ってのことだったけど、直球勝負→唸り声続出で、とりあえずは、バーミンガムの家庭でも、このレベルの刺身が食べられることが判明したとの結論に。


手前味噌

c0172202_08313299.jpg

もう一丁と、ノリで作ってしまった「海鮮親子丼」は、原価計算をしてビックリ!もちろん、プロの作品とは比べ物にならないレベルだけど、魚の鮮度に助けられて大満足で、この手の外食はもうできないほどのお得感が。後は、もう少し冷凍保存の時間と鮮度を観察すれば、使える食材として、活躍できそうな刺身級サーモン^^ 

オマケ:ターゲット

c0172202_08322438.jpg


今回は見送ったもう一つの気になる魚は、なかなかの鮮度だったけど、生食ギリギリのようだったので、チャンスがあればと密かに狙って、更なる食卓の楽しみに繋がればと次のお題目も決定。暖かくなる前に、是非ともゲット!を目標に、また、卸市場へ出かけることになりそうです。




[PR]
by bham | 2017-02-20 08:37 | 食材の調達 | Trackback

ヨーロッパヘダイの鯛茶漬け

鯵茶漬けに味をしめ、刺身にできる魚を探しにまた市場に行くも、曜日が悪かったのか収穫ゼロで、諦めきれずに大手のスーパーの Morrisons を覗いてみたら、あった!


熟成中

c0172202_06493038.jpg



湯引きできるほどの鮮度ではなかったけど、ちょうどいい感じに旨味が増していそうで👍 (参考価格:一尾(約30cm) £3 [約 425円])

準備中

c0172202_06504685.jpg


刺身にして、前回の鯵に同じく、急速冷凍でちょっとだけ休ませて翌日の楽しみに。

融合

c0172202_06551135.jpg


調べてみたら、Gilt-head bream ヨーロッパヘダイ)という、近年、イタリアでも鯛のカルパッチョに使われている種類だそう^^ それも捨てがたかったけど、やっぱりお茶漬けにしたくなって、ちょっぴり辛子系のピリっと来る刺激があるサラダクレス、すり胡麻、刻み海苔、ワサビの薬味と鯛の程よいの脂が合わさって、日本の物に劣らず感動!イタリア産のお米・はるかとの相性もバッチリで、もう一息の試行錯誤で、おもてなしの一品確定になりそうです。




[PR]
by bham | 2017-02-12 07:07 | 食材の調達 | Trackback

あるもの晩餐の卓上

今年はLa Niña現象の影響で、寒い冬になるかもとの予報通りに霜が続いた最近は、一旦開けたカーテンを閉めたくなったほど^^; 加えて一日中ぼんやりした薄暗い天気で、冬季うつ病の症状が出る人も多い頃なんだと聞き、確かに、気圧がぐっと下がったりすると眠気や頭痛が起こったり、妙に体が怠かったりするなと思いつつ、坂から転がり落ちているような1日を早く終わらせて、十分な睡眠時間を確保して体力を温存するのがベスト!と自分なりの冬の過ごし方を実践中。

類似

c0172202_07194676.jpg

その甲斐あってか、相変わらずの食欲で東欧食材店へ突撃!→ 久しぶりに wędzony warkocze (三つ編みスモーク)と呼ばれる、サケハラスを編み込んで調味料と一緒に燻したものをゲット^^ 北国で食べられている鮭とばほどは固くなく腹身の脂がのっていてジューシーなのもあり、お酒の肴よりもご飯と一緒に食べる方が好きだったり♪ 伝統食と思いきや、ノルウェイ産サーモンの加工途中で廃棄される部分を上手に使った、編み込みパンの食文化ならではの工夫された産物のよう。

調和

c0172202_07212643.jpg


他にも、日本人の口に合うクセのない生ハムを買っておいたら、思いがけなく嬉しい来客あり!で、急遽「あるもの晩餐」のサイドとして、カイワレもどきのsalad cress(西洋アブラナとコショウソウのスプラウト)を巻いて食卓へ。夜の長さに任せて弾む会話も、また楽しからずや^^ 冬至まであと2週間足らずとなり、一段と日没が早くなっているけど、それを過ぎれば、また段々と日が長くなって行くんだよと娘に話しながら、お家でまったりも良いものだなと、すっかり慣れてしまったイギリスの冬。

オマケ:感謝

c0172202_07225795.jpg


クリスマスはさておき、お正月には日本が恋しくなってしまうけど、次回は何時になるのやらという里帰り…そんな私の事情を知る友達から「故郷の食べ物でパワーアップを図ってください!」と、嬉しいサプライズが(涙)キャリアチェンジ前(もう20年以上も前の話しですが・・・^^;)の職場の近くにあった、老舗のお醤油屋さんの品々に感激しながら、わざわざ取り寄せて運んでくれた優しさに感謝016.gif  これで、忙しい12月も元気に乗り切れそうです。
  

[PR]
by bham | 2016-12-09 07:36 | 食材の調達 | Trackback

ポルトガルへジャンプ

ポルトガルへ旅したい病が出てきたので、ちょっくら行ってきました。

gate way
c0172202_19252121.jpg

と言っても、バーミンガムから車で1時間位のところ^^ で・・・その中には、正真正銘のポルトガル文化が詰まっていて、食材店なのに30分以上もいすわることに。

fly
c0172202_19264363.jpg


その訳は、お店の奥にあった小さなカフェのスペースと、またその先のショーケースにいっぱい並んでいたポルトガルのお菓子!もちろん、ご当地式のティータイムで一息つくことにして、ちょうどこの日は、テンションを高めて夜中まで掛かりそうなスケジュールが入っていたのでお仲間共々、濃厚なエスプレッソと甘~いナタで、ポルトガルの話諸々で盛り上がっていたら、キッチンから嗚咽が!

こりゃ何ごとか?と驚いて覗いてみると、遠くはなれている家族とスカイプ中に感極まってのことのようだったけど、あまりにも激しかったので、思わず「大丈夫ですか?」と声をかけてしまったら、ファドを地で行くような身の上話が始まり、6時間かかる所に住んでいる娘の身の上を案じる母の思いが爆発した模様。ああ、これぞまさにポルトガル・・・熱く濃い人情物語の語り部(マダム)は、きっと私とあまり年齢が変わらないんだろうけど、感じるがままに泣けるなんて、かわいらしいなと思わずハグ&慰めていると・・・「ここから1時間のところに息子もいてんねんけど」・・・なんじゃそりゃ(爆)大切な一人娘が遠い所にいて「思っている割にはつれない」という切なさだと勝手に思い込んでいたら、何となく見えてきた家族模様は苦くて甘い、ポルトガル人好みのコーヒーそのものか?! なーんてことを思いながら、最後は笑顔に良かった) ^^

chat
c0172202_19281344.jpg



翌日、こんな事があってねと夫に話ながらお土産のチェスケーキ(Bolo Xadrez)とココナッツマカルーン(cocadas)でお茶をしていたら、自分も他人事じゃないかもなんて・・・子離れの日を思うと早くも辛いのだとか^^; 

fab
c0172202_19300989.jpg

そして、もう1つのお土産の冷凍で売られていた巨大タコは、イギリスで買える物よりも大ぶりでプリプリ^^ 内蔵と吸盤の処理も終わって茹でるだけの手軽さに加え、お値段も1kgあたり£1を切っていてグッドバリュー!

gostosa)
c0172202_19305743.jpg

酢だこにしてみたら、日本の物と同じような食感になり、このタコは使える食材に決定!またしても、バーミンガムから気軽に行ける、大当たりの異国的空間が見つかって大満足003.gif

[PR]
by bham | 2016-10-21 19:34 | 食材の調達 | Trackback

半ジャムの季節

雨が多いこの夏。

リフレッシュ
c0172202_19262313.jpg


しかしながら、尻上がりに天気が良くなることが多いので、その頃を見計らって恒例行事にでかけて来ました。

下から目線
c0172202_19265310.jpg


日照時間の関係で甘さはどうかな?と心配だったイチゴもまずまず。すっかり、イギリスの物に慣れてしまった私の味覚は、程よい甘さと酸味に満足するようで、香りがあれば合格!

収穫
c0172202_19271936.jpg


これまた毎年恒例の、最初は張り切る娘を最後は宥めて目的達成。あと2週間もすればベストと思えたブラックカラント(カシス)は、熟した物を選ぶのに時間がかかったけど、家に帰り作った半ジャム(冷凍保存し、食べる前に用途に合わせて再加工する)も、合格圏ということで、天気がイマイチでも確実に育っている植物の力ってすごいなーと、その恵みをちゃっかり享受!どうやら、更○期に突入しつつある我が身に作用してくれることを願って、初物を頂きました012.gif
[PR]
by bham | 2016-07-09 19:33 | 食材の調達 | Trackback

£2以下で楽しむ日本の味

若い頃に比べると肉を食べる機会が少なくなってしまったけど、面白そうな部位を見つけるとついつい試したくなり購入。

立派
c0172202_3423938.jpg


スープ用とあったけど、これはカルビではないか!と大興奮。一般的なイギリス人には人気の無い部位なのかキロあたり£3.07の表示に目を疑いながら、とりあえずは1キロ分ほど試してみることにして、家に帰って焼いてみたならば・・んま~い♥なんと、↑の2本で£1.40(約227円)也^^ 

居酒屋風
c0172202_344953.jpg


調子に乗って、前から気になっていた鶏の心臓と砂肝にもトライ。見た目では、鮮度も良さそうだったけど、ニオイのチェックができなかったので失敗しても問題ない程度に200g弱を軽く下準備して甘露煮にしたらば、全く臭みもなく大成功。お値段も72ペンス(約117円)なので、これまた焼鳥@自宅の品書きに新加入決定!

人種の坩堝、バーミンガムの市場に出回る安くて美味しい物はまだまだ有りそうだなと、更なる探索と料理に意欲が湧いて来て、勢いに乗って、ここのところずっと食べたかった和菓子の赤福もどきを作るつもりが、また遊んでしまってできた物は↓↓↓

OK)
c0172202_3451833.jpg


これまた、簡単に手に入る栗の加工品と豆を使った栗福餅。餡の仕込みも餅も簡単な上、お財布にも優しく、10切れ(一口大強)のコストは約£1.50(約243円)。特に、春先のおもてなし&手土産として活躍しそうです001.gif
[PR]
by bham | 2016-03-06 04:00 | 食材の調達 | Trackback

ジャム作りの候

今年の夏も順調に育っているベリー系を摘みに出かけてきました。

嬉しい
c0172202_1911651.jpg


ストロベリーもラズベリーももちろんだけど、一番の狙いはカシス^^ 一画を見つけた~♪

ズーム
c0172202_1914314.jpg


大粒で程よく熟している物を狙って、逸る気持ちのままに手を伸ばしたら「痛っ!」と、強敵ネトルの棘攻撃に遭ってしまい、植物達の互助パワーの洗礼を受けてもうた(涙)・・・が、免疫を獲得したのか?!意外と痛みの持続が短くて、これまた如何したことだろうと考えてみたり。

新鮮
c0172202_1925647.jpg


夏休み中ということもあって、子供達もあちこちでお口カゴの中に摘みたてのイチゴを入れて大喜び。小粒だけど、甘さも酸っぱさもちょうど良くて、久しぶりにイチゴのジャムも作ってみようかなと。


c0172202_1932313.jpg


ラズベリーもジャムすることにして、熟れているものから少しだけ。

のんびり
c0172202_1935210.jpg


前半戦にイチゴのコーナーで飛ばし過ぎた娘は、靴を脱いで休戦状態に^^;豊かな自然の中で、そよ風に当たりながら太陽の光を浴びて過ごす時間も、また貴重な体験になった模様。

ひと仕事
c0172202_1944399.jpg


広大な農地には旬の野菜を収穫できるコーナーもあったけど時間切れになり、次回の楽しみにして家路に。1時間半弱のベリー摘みだったけど、意外と体が疲れたようで、夕方からうたた寝をして日没頃に充電終了^^; 気力で3種のジャムを何とか煮詰めて爆睡態勢へzzz 

翌朝は、素材の爽やかな香りと自分の好きな甘さに仕上がったそれぞれのジャムを黒パンと合わせて、ささやかな贅沢を。短い夏の楽しみを今年も満喫できて、色んなことに感謝♡ゆっくりと味わって消費したいものです001.gif

[PR]
by bham | 2015-07-22 19:14 | 食材の調達 | Trackback

肩バラ(牛)のしぐれ煮

手頃な値段でなかなか美味しく、使えるビーフのBraising Steak(肩バラ&周辺)。

まずまず
c0172202_452980.jpg


特に気に入っているのが、モリソンズの物で、赤身の中に程よく脂肪が混ざっているタイプの物が手に入り易く、独特の牛脂のニオイもそこまで気にならずに◎ 何より、500g弱でこのお値段↓とはありがたや~!

英国産
c0172202_46856.jpg


調理法はその名の通り、蒸し煮(煮込み)に適していて、日本式のカレーやシチューに使う角切り用の肉にもピッタリ。

処理中
c0172202_464983.jpg


筋が多く固い肉だけど、膜を取り除き薄切りにして冷凍保存をしておくと、ちょっとした炒め物や短時間の煮物に大活躍の優れもの。更に、調理前に軽く茹で灰汁を除き、繊維に沿って適当な大きさに切り裂いておくと調味料との親和性もバッチリ!

いただきま~す
c0172202_472621.jpg


立派なゴボウが手に入ったので、こんにゃくも合わせてしぐれ煮に。一晩寝かしたら、しっかりと味が滲みこみ、ご飯が進みすぎてタイヘンなことになりました^^; 

今となっては、食費の心配もなくなったであろう同年代の紳士(日本人)曰く、「これ(この肉)は、学食の固いボロ肉ステーキだ~!(爆)」と色々と思い出してしまったそうで、懐かしく、笑えるお肉でもあるようです。003.gif
[PR]
by bham | 2015-02-03 04:21 | 食材の調達 | Trackback

英国版★冬至のスープ

本日の日の入りは午後3時55分^^; なーんと日中が、7時間40分を切るため夜明け前からゴソゴソと準備をして、クリスマス前のお墓掃除や最後の野菜の調達に日の出と共に出発~!順調に10時過ぎには、バーミンガム近郊のファームへ到着。

営業中
c0172202_6475588.jpg


自分で欲しい物を収穫するのじゃ!とばかりに、PYOの旬の野菜とお値段一覧表がお出迎え。さすがに、日も短いし冷たい風が吹く中の野菜狩り(?)は遠慮することにして、

ゔゔー
c0172202_6482385.jpg


「もうよかよ!(もういいよ)」と叫びたくなった、因縁の芽キャベツが山積みにされている一角を通り店内に入ると、収穫されたての新鮮な野菜がズラリ。

発見
c0172202_6491397.jpg


そこには、ファーム産のカボチャ(Butternut Squash/バターナッツスクワッシュ)もあってビックリ!だいたいは輸入品が多いので試してみたかったのと、ちょうど、今年の冬至が12月22日(イギリスは21日の深夜)だったので、パースニップと一緒にスープにすることにして購入。

きれい
c0172202_649462.jpg


家に帰って早速カットしてみたら、瑞々しさと適度な弾力があって◎ これは、かなり濃厚な味に違いないと好感触。

下準備
c0172202_6501815.jpg


寒い気候の中で育った野菜の逞しさを感じるアクを軽く抜くために、モルトビネガー+水の中に5分ほどさらしている間に、くり抜いた部分のタネを取り出してロースト。

元気印
c0172202_6504173.jpg


圧力鍋で加熱すること10分弱→ピューレ状にして、フレッシュクリームとローストした種で遊んでオシマイ。チキンスープストックをベースにして、リークの香ばしさと、バターナッツスクワッシュの甘味、パースニップの軽いシナモンのような香りに、クリームの円やかさ、カボチャの種のナッツのような風味+隠し味の2品(発酵系の甘味と鹹味)のケミストリーで、退屈しない味になり大成功でした。

冬の贅沢
c0172202_6511296.jpg


食べた後に体がポカポカになり、かなり気持ちよくなり、改めて旬の野菜パワーを痛感。今回は、仕上げにスキムミルクを使いましたが、チェダーやスティルトンなどのチーズを使っても面白い物ができそうです。016.gif
[PR]
by bham | 2014-12-23 06:55 | 食材の調達 | Trackback


英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
事件簿・治安情報
イベント&お得な情報
医療と健康
食材の調達
色んな食べ物
レシピと食材(和食)
レシピと食材(エスニック)
レシピと食材(欧州系)
レシピと食材(スイーツ系)
キッチンにて
鍋料理と麺類
日本各地の食
おもてなし
外食の記録
バルチ
バーミンガム市内と周辺
ミッドランズ(西)
ミッドランズ(東)
コッツウォルズ
ロンドン~南東部
ヨークシャー~北部
南西部
ウェールズ
オランダ
ラトビア
鉄子系
サッカー
子育て
ホームエデュケーション
私ごと&里帰り
多文化見聞
時事・雑記
ガンとの闘い
おしらせ
ラトビア
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

記事ランキング

お気に入りブログ

地政学を英国で学んだ
*たぬき一家・陽だまり日記*
One Tennis ...

リンク(友達&お役立)

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧