カテゴリ:時事・雑記( 58 )

ユニオンフラッグを眺めながら

最後の更新から色んなことが起こりすぎて、どの様にまとめて良いのやらという状態だけど、長雨続きでバーミンガムも局所的な洪水や冠水に見舞われた6月第3週目が遥か昔のことに感じるような濃厚な日が続く最近でした。

シーズン
c0172202_293543.jpg


夏休み前の駆け込み行事として多くのイベントが開催される時期にも入り、それを楽しみにしている娘と第一弾のファンフェアへ。

恐怖
c0172202_295456.jpg


ほとんどが£1というお手頃感が良かったけど、激しい乗り物系が大好きな娘にはまだ同伴者が必要で、終了後には眩暈と吐き気でノビきってしまうほどダメダメな私と夫は、任務の押し付け合いを・・^^;

救世主
c0172202_2101955.jpg


そんな中、知り合いのアメリカ人の少年2人組とばったり会って、早速、交渉開始。「君たちの分も支払うので、娘と一緒に乗ってもらえないかな。おばちゃん達は、目まいがしてさ」なんて話している途中で「もちろん!エスコートするよ」と快諾を得て助かった^^ⅴ その後は、ずっと娘のことを気にかけてくれて、既に紳士の振る舞いに感動しきり。

風まかせ
c0172202_2111168.jpg


この週末は、毎年恒例の近所のチョコレート工場の敷地内で行われる比較的大きな規模のお祭りにも出かけて、いつもより多く感じたユニオンフラッグが風に靡く様子を見ながら、EUを去ることになったこの国のことを色々と考え、しばしぼんやり。いつだか日本在住のニュージーランド人が言ってた「シマグニコンジョウ」という言葉を思い出し、結局、相容れなかった大陸の文化(考え)や更に拡大に向かうことにより起こり得るかもしれない治安悪化への懸念は、不満があっても長い物に巻かれている方が、得体の知れない船に乗るよりマシということだったのだろうかと・・

伝統
c0172202_2114585.jpg


移民が多いバーミンガムでさえ、先住系が多いエリアでは保守的な気風を感じることも多々あり、今回の結果が全く予想外だったとは思えず、この国(イングランド)が掲げる国教会と、依然として続いている階級社会の存続が危うくなることを嫌った人達と、その支持票も大きかったのではと思いながら「○○差別」という言葉に敏感になり過ぎてるきらいもあるためか、声高に訴えられることがあまりなかった、EUに新規加盟候補の国々の主なる宗教への警戒感もかなりなもので、脈々と受け継がれてきたこの国の民の根っこにある「絶対的に譲れないもの」が反映された形となったんだろうなと、ある一面からの分析をしてみたり。離脱派は、知性に欠ける浅はかな労働者の層などと、どこに根拠があるのだろうかと思わずにはいられない、上から目線な記事を読みながら、複雑な要因が絡み合った中で苦渋の選択をした市民も多かっただろうことを思うと、軽々しく意見ができないほど苦しく・・

逞しく
c0172202_2122029.jpg


ふと無邪気に遊んでいる娘を見ながら、10年後はどんな状況になっていようと「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」という覚悟を持って、その時々の変化を乗り越えることにして、煽られず、流されず、静かに潮流を見極めることができれば、大きな災いも小難で抑えられるかもと、余計な不安を抱かずに落ち着いて過ごすことが、選挙権もない市井の外国人永住者に、今できる精一杯のことかなとも。

オマケ:生活の知恵
c0172202_212467.jpg


歴史的な出来事が起こった今月は、数年ぶりに我が家のBBQパーティーが復活!バーミンガム大学に近いという土地柄もあり、縁あって知り合いになった留学中の日本人&ファミリーのお客様を招き続けてそろそろ10年に。気づけば、ゲストの皆さんは私よりも一回りほど若い方ばかりになり、時折、ジェネレーションギャップを痛感して大笑いしたり^^; そんな中、中東からの留学生仲間の手法として、簡単な炭の火おこしを披露してもらい、なるほど~!と感心したのがコレ↑ ドライヤーによる強力送風で瞬く間に炭が良い感じになり、さすが、ケバブ民の知恵?!と、この荒業で今後はBBQの準備が一段と楽になりそうです049.gif
[PR]
by bham | 2016-06-28 02:54 | 時事・雑記 | Trackback

ウェールズにて熊本を想う

所用で南ウェールズまで、朝駆けを決行。途中で予期せぬ災難に遭遇するリスクも考えて早目に出発したら順調すぎて ^^; 近くにあったスーパーで時間調整を。

地域限定
c0172202_14403289.jpg


ASDAのロゴの横に、ウェールズの象徴である赤い竜(ウェールズ旗のデザイン)が添えられていたのが面白く、激写。

寄り道
c0172202_14411136.jpg


11時前には用事が終ったものの、そのまま最短距離のモーターウェイを通って帰るのが惜しくなり、大好きな景色を見るために少しだけ回り道をすることにして晴天のニューポートをあとに。30分位行くと、段々と山が見えてきたのは良かったけど雪が降り始めてギョっ!それでも、積もることはなさそうだったので、どんどん進んで行っているうちに涙が頬を伝って来て、「何だこりゃ?!」と我ながらビックリ。

望郷
c0172202_14413694.jpg


どうやら、封印していた色んな思いが決壊してしまったようで・・・夏の日にドライブしていた阿蘇の景色と重なって、今回の熊本で起きた大地震への悲しみや、やり切れない思いが噴出したんだろうなと自己分析。

九州食
c0172202_14423182.jpg


数日前に、熊本出身のゲストを招き一緒に豚骨ラーメンを食べながら惨状を聞いていたのもあって、余計に魂が反応したらしく、そんな時は、自分の心で感じていることを素直に受け止めなくてはと山沿いの街で少しゆっくりすることにしたら、マーケットが開催されていて、その活気に癒され帰路へ。と言うことで、大好きな熊本の復興を祈って、イギリスにいながら熊本への支援ができるお知らせを。

☆お知らせ☆

[在英熊本県人会より熊本地震義援金募集のお願い]

集まった義援金は全額、英国日本人会経由で熊本県庁の[熊本地震義援金]口座宛に送金されるとのことで、詳しくはコチラをご覧ください。
[PR]
by bham | 2016-04-27 14:48 | 時事・雑記 | Trackback

たまには毒を吐いてみる

2週間前から急変した義母の介護で、瞬く間に1日が終わっている最近。経験もなく、常に直面する現実と向い合いながら手探りで進んでいたけど、落ち着いている間はネットを使って学んだり、専門的な知識を持つ友人や知人からアドバイスをいただいたりと、いよいよ本格化してきた介護をどうやって自分のスケジュールに組み込むかが鍵となりました。

珠茶
c0172202_2002936.jpg


義母の介護をやっていると善人のように言われることがあるけど、決してそんなことはなく、もし、義母と相性が悪くお互いに険悪な雰囲気だったら、あり得なかったのは確かだし、義母の安泰が保障されるようだったら、他の方法を選んでいたかもしれないなと思いながら、自分自身に問うたら「大好きだから」というシンプルな答えが。実は、50年以上も前に養子として迎えた子供がいる義母は、若い頃に子供を授かる可能性が無いと診断されてからのことだったけど、34歳の時に妊娠して実子(私の夫)を授かったことで、それ以来、同じように育てたはずの子供達のことでたくさん苦労してきたようで、特に、認知症が始まる少し前に勃発したお家騒動は、なんとも情けない話で、その養女が義母の法的な後見人になって財産を身包み剥いで、後は福祉(生活保護)に面倒を丸投げしようと画策していたのが発覚。そんなこともあり、義母の人間関係が劇的に変ってしまい、かつて一番信用していて、できるだけの要求に応えていた養女を絶縁状態に。それ以来、実子である夫とその配偶者の私が大きな責任を持つことになり、それが、また養女の嫉妬心に火をつけたようで、色々な捏造話を親類縁者に吹聴して回ったりと更なぬ恥の上塗りが・・・

運命の悪戯としか言いようのない出来事で、私は可哀想な子と思い込んでいる養女はいつも人のことを羨んで妬んで、口を開ければ愚痴か他人の悪口ばかり。結婚前に、このような問題があることを夫から聞かされていたけど、私にはほとんど接点のないようなタイプだから、極力関わらないようにしていたけど、粘着質も手伝ってか何かと仕掛けてきたり絡んできてたなと、今ではすっかり過去の人に。いずれにしても、自分が幸せにできない心を誰が満たしてあげることができようか!過食でずっと肥満であるのも人のせい、時間にルーズ、お金にルーズ、他人との距離の取り方が分からないから避けられても反省がなく、いよいよ絶縁されても恨み節と、全くどうしようもないのだ。そんなことをとっくにお見通しの人達は、彼女の話を信じないのは言うまでもないが、こうやって人は孤立して行くのかと・・・しかも50歳も過ぎていればその先は言わずもがな。

心静かに
c0172202_2013439.jpg


と、この数年の程度の低いことを思い出し吐きそうに。こんな時は、東洋の静かなお茶の時間を楽しもうと、工芸茶なるきれいな中国茶と友達イチオシの台湾のパイナップルケーキで一服^^

チャレンジ?!
c0172202_2024845.jpg


ふと、自分の年齢のことを思うことが続いた最近。介護もしかり、時には、随分と若いお嬢さん方からの相談とか(笑)そして、忘れていたけど、半年前とか1年前に言ったことがほぼ現実になりました~!と報告を受けて一緒に喜んだり。若い頃、○○の母という占い師に「あなたは、是非、この道に進みなさい!」と言われて爆笑して怒られたことがあったけど、今思えば、ある程度の人生経験を積んでいる人だったら、少し話をしただけで相談者の性格や背景が読めて、大方の予想ができるんじゃないかなと。しかしながら、思わしくないことを忠告して恨まれたり、違ったように解釈されて悪評を広められたりもありそうな業界なのでタイヘンそうだなとか想像を巡らせながら、クリスマスにもらったタロットカードの箱を開けてはみたけど、色々と見たり聞いたりしない方が良かったなと思うことは、当然、口には出さない方が良いので、占い師にはなれそうにもないなと・・・ん~、如何したものか・・・013.gif
[PR]
by bham | 2016-01-30 20:15 | 時事・雑記 | Trackback

欲張った12月

何がなんだか分からないうちに過ぎていった12月も残すところ10日ほど。

骨組み
c0172202_593345.jpg


欲をかいてはイカンと思いつつ、時間切れになる前にどうしてもと懇願して今年最後の土木作業に勤しんでました。

完成
c0172202_510354.jpg


我が家の今年を表す一文字はズバリ「匠」というほど、お世話になった大改造も今回で終了。年明け早々に日本へ戻られる師の教えを思い出し、これからは1人で色んなことができれば良いなと張り切ってフェンスを打ち付けて行くも凸凹に・・・ワタシの仕業が一目瞭然に^^;

ソムタム
c0172202_511331.jpg


慌しかったけど週末はちゃっかり忘年会にも参加して、イギリスでは初めてとなるタイ料理の青パパイヤサラダにトライ!思ったほど辛くなかったけど大満足でした。

巨大
c0172202_5114050.jpg


そして、次の週末は、バーミンガム日本人交流会の忘年会へ行き、話しに夢中になりすぎて写真を撮り忘れたけど久しぶりのエチオピア料理も相変わらず美味しく^^ これでもうクリスマス前の宴は終わりかと思いきや「年末だけど出張が決まったので」との連絡があり、バーミンガムと言えばやっぱり「ファミリーナンでしょう」と言うことで、約1年ぶりの再会でバルチトライアングルへ。最初は好調だったけど、終盤は↑のように食べ物が翳んで見えてくるほど、皆、ペースが落ちてしまい中年であることを実感する一同^^;

家族サービス
c0172202_5122313.jpg


ここに来て、また一段と成長してきている娘のリクエストにも出来るだけ応えたく、年齢制限で映画は観に行けないけどイベントの参加はOKだったスター・ウォーズ祭り@テスコへ。簡単なレゴを組み立てて持ち帰れたり、数枚の塗り絵を無料でもらえたけど、やっぱり「海老で鯛を」というコトに・・・。と、12月のダイジェストになってしまいましたが、風邪もひかずに元気に過ごしていました。もしかすると、ブログの更新ができないかもしれないので、ちょっと早いのですがメリークリスマス♪ ステキなクリスマスを~024.gif


[PR]
by bham | 2015-12-21 05:24 | 時事・雑記 | Trackback

ブラックフライデー

ブラックフライデー(11月の第四金曜日)のセールを開催するお店が確実に増えた印象の今年は、週末とつなげて金、土、日の期間限定や、更に長い1週間開催の所もチラホラ。

嬉しい
c0172202_365099.jpg


特に欲しい物もないなと悠長に構えていたけど、超~久しぶりに見た1リットルあたり£1を切った99.7(ペンス)の表示に欲の皮が突っ張り始めて満タンにしてしまったり・・・

暴走
c0172202_372091.jpg


期間限定の広告に躍らせられて、健康食品系のバーゲン品を狙う予定が、値引きされていない物まで勢いで買ってしまったりと、すっかりノせられてしまった^^;


c0172202_381291.jpg


危なすぎるので、もう買い物に出掛けるのはやめようと家でのんびりしていたら、白鳥一家が「ご飯」とやって来たので、ボチボチとパンを与えながら、いつの間にか巣立って行った3羽は元気にやってるかなと思いつつ、巣立ちの兆候のない1羽と、特に縄張りから追い出そうともしない親達。どうやら、母親と子供がペアになって、お父ちゃんは少し後ろを行っているようで、もしや、これは一卵性母娘の白鳥版か?なんて、少し前読んだ「毒になる母」という本から一部抜粋された衝撃的な記事が頭を過ぎり、動物の世界もニンゲンに違わずなんだろうかと妙なことを思ったり。春先から続いている、白鳥の雛の観察は来年に持ち越しになるのか興味深いところです。027.gif
[PR]
by bham | 2015-11-30 03:24 | 時事・雑記 | Trackback

中秋の庭にて

穏やかな秋晴れの下、お隣さんとの境界にあった大量の木や枝を乾燥させてチップにするも、なかなか思うように進まず苦戦中。しかも「お腹すいたよ~」と相変わらずやって来る白鳥一家への餌の確保も、子供達のただならぬ食欲でタイヘンなことに^^;

買出し
c0172202_1594167.jpg


1羽で1斤をペロリと食べちゃう勢いなので、塩分なんかを考えていると、果たして適った餌なのかなと躊躇しつつも、手っ取り早くスーパーの割引品のパンを活用。

食べなはれ
c0172202_201254.jpg


パンが無くなり「ピヨピヨ(もっともっと)」とカワイイ声で鳴かれてしまうと何とかしてあげたくなって、好物のスギナをかき集めては与えていたけど、遂に底をついてしまったので、長い事放置していたズボラの産物(芝刈り後の雑草ミックス)をダメ元で提供してみたら

一家団欒
c0172202_205214.jpg


大成功!親とほとんど変らない大きさにまで成長した雛達は、すごい勢いで食べ始め、これまでは子供達の餌を優先していた親鳥も一緒にムシャムシャとかなりの量を平らげていたので、もしかすると、そろそろ巣立ちの準備なのかなとも。家族愛が強いと言われる白鳥だけど、時期がやって来ると、親鳥達は子供達を威嚇して「我々の縄張りに居座るな!」と猛烈に追い払う習性があるとのことで、ある日、この子達がいなくなってしまうのか・・・と考えるとかなり寂しくなりました(涙)

ひと息
c0172202_215580.jpg


そんな厳しい自然界の掟を我が身に置き換えてみたら、親元を離れて遠くにやって来てもケロッと生きてるなと^^ 白鳥の子供達も、きっと逞しく生きて行くに違いないと超~前向きな未来予想をしながら日本の美しいお菓子と美味しいお茶で一服。新更科と言う信濃の深山にかかる美しい月を模した季節の羊羹だそうで、間もなくやって来るスーパームーンに加え皆既月食によって、月が赤く見えるブラッドムーンも拝みたいなと思いつつ、天候と睡魔との戦い(午前2時頃まで起きていられるか)が鍵になるのかなとも。特に後者は厳しい展開になりそうだけど、天気が良かったら、久しぶりに頑張って夜更かしする値打ちはありそうなので、気合を入れて臨んでみたいと思います。039.gif
[PR]
by bham | 2015-09-26 02:29 | 時事・雑記 | Trackback

移ろい行く時

まだまだ終わりが見えない家の大改装を辛抱強く続ける中、天気の良い日に是非とも終わらせたかったコンクリートを使う玄関の修復をやり始めたら、えぃ!と勢いで家中のカーペットを一気に剥がしてしまって、さすがに、よんじゅうごさいの体にはコタエタ^^;

満杯
c0172202_17305919.jpg


手配した大きなゴミ箱(スキップ)も段々と埋まって行くほど色んな廃材が出て、上手に空間を埋めていかないとキャパが全然違ってくるから難しいなと考えていたところに、ご近所のおじいさん登場で、指導が始まるかと思いきや「ちょっとだけ捨てさせてもらっても良いか?」とのことだったので、快くOKしていたら、数日後に「これ、スキップ代の足しに。幾らになるか分からんけど、大当たりしても引っ越さんといてね」と笑いながら購入済みの宝くじを渡され、ちょっとビックリ!

完成
c0172202_17312670.jpg


玄関とポーチの床もひとまず完成したけど、拭き掃除と同じく、段々と膝や腰に来る姿勢が続いていたので少し筋肉を休ませなくてはと思うと同時に、無理が利かなくなって来ている年代に突入していることを痛感して、やっぱり50代突入前までにひと通りのメインテナンスを終わらせておくのが正解かと。

結果
c0172202_17322730.jpg


後日、シティーセンターでのティータイムへ少し早く着いたので、近くのスーパーで件のギフト(宝くじ)の番号を照会してもらったら、なんと!£4.80の配当金が^^ こんな事ってあるんだなと思わず笑ってしまったけど、ありがたくお茶代の足しにさせてもらうことにして待ち合わせ場所へ。

一服
c0172202_17325033.jpg


随分前の新聞に、腕利きバリスタがいて美味しいコーヒーが飲める&色々なアート系のイベントが充実している、バーミンガムにおいて最先端を行く注目店のようなことが書かれていたカフェ・Six Eight Kaféでしたが、何故か本日の気分=チャイということで、コーヒーは次回のお預けという間抜けなことを・・・更に£4.80をお茶代にと思っていたら、なんと、お店に偶然居合わせた友達のボスに私までごちそうになり、大恐縮^^;

ふと、気前の良い上司がいた頃を思い出し、ちょうどバブルが弾けるか否かの辺りで「アッシー君」「メッシー君」なんて気の毒な流行語まで出てくるほど浮かれた世の中でおかしな時代だったなと。その上、とあるところで最近話題になったバブル世代なる言葉を思い出し、未だ風化することなく、あの頃のノリを引きずって貫いているとされる該当年代を指すらしく、私もそこにヒト括り?と考えていたらお茶を噴出しそうになった。024.gif

オマケ:来客
c0172202_17332664.jpg


「○○世代」というカテゴライズは、何かを分析するには良いのかもしれないけど、必ずしもすべての人に当てはまる訳ではないという、ケッコウコッケイな産物なのかも。なんてことを思いながら、尽きない断捨離&DIYへ戻っていると「おばちゃん、お腹すいた~」と白鳥一家の催促が^^ 嬉しいことに、去年の辛い経験を乗り越えて4羽の雛が誕生♡ 最低1日1回はやってくるので、これまたちょっと手を休めることになるけど、成長する雛たちの様子を間近で見れることは、娘にとってもかなり良い経験に。このまま、無事に育ってくれることを祈りながら、餌付けの日々もしばらく続きそうです。
[PR]
by bham | 2015-07-08 18:02 | 時事・雑記 | Trackback

自家製粘土と王女様のはなし

1本59ペンスの毒々しい食用色素を揃えました。きれいだけど、ちょっと怖い^^;

整列
c0172202_8375031.jpg


小麦粉2:塩1+ぬるま湯+食用油(共に適量)に加えて、娘のPlay-Doh(粘土)を作成。

カラフル
c0172202_839554.jpg


大人にとっては簡単な、2色を合わせてできる新たな色の実験で誕生したオレンジ色は、娘の大のお気に入りに!

創作
c0172202_8403928.jpg


塩分が高いので保湿に気をつけるとしばらく使えるのと、市販品と比べて安全&廉価というのもありがたく、もうちょっと早くから作ってあげていれば良かったなと反省・・・

万歳
c0172202_841854.jpg


DIYに追われる日々で、気づいたら5月になってて3連休のこともすっかり忘れていたら、英国王室に65年ぶりとなる王女(直系)が誕生という、おめでたいニュースも001.gif

歓声
c0172202_8414751.jpg


そういえばと、またまた思い出した先月のできごとで、65年前に誕生されたアン王女を偶然にも激写!御付の方から渡されたサングラスをかけて、いざ出陣(?)という感じの1コマでしたが、国民に人気の高い庶民派のプリンセスということで、その後のスピーチでも、時折、ユーモアを交えられていて、その度に大きな笑いが起こっていました。

実は、アン王女は、あまりにも庶民的過ぎたのが仇となり、過去には誘拐未遂事件に巻き込まれたそうですが、その後も恐れずに、ご自身のスタイルを貫き通される芯の強さが、更に国民を惹きつけることになったんだとかで、「皇太子夫妻の訪問時よりも賑っているな」なんて声も聞こえて来たりして、何ともイギリス人的な言いまわしだなと思ったり・・・結婚後もロイヤルファミリーのメンバーとして、長年にわたり公務を続けて行かれているアン王女のことを思いがけずに知る良い機会にもなりました。
[PR]
by bham | 2015-05-05 08:51 | 時事・雑記 | Trackback

DIYの師匠と共に

ここのところ、スペインのリゾート地並みの暖かさが続いているバーミンガム。そんな中、いい加減に何とかしなくてはと思っていた家の周辺の大改装がスタート!

その①
c0172202_4494018.jpg


幸運にも「この方に是非ともお願いしたい!」という匠(笑)から快諾を得る事ができて、色んなワガママ&無茶も聞いていただいて、私も超~微力ながら人手を要する場面に出動。これが、メチャ楽しかったり^^ まずは、常々気になっていた境界にバシッとフェンスが完成。行程の一部始終を見せてもらいながら、少しだけ参加もできてとても勉強になりました。

(その②
c0172202_450369.jpg


こちら↑は、更に多くのことを任せてもらった低いフェンス。色んなポイントやテクニックを教わりながら進めていたら、鈍っていた筋肉も覚醒して来たようでテンションも↑↑↑・・・・張り切り過ぎました066.gif

解体
c0172202_4503913.jpg


「おばけ屋敷のセットに再利用できそうだ」と評された、義母の両親(夫の祖父母)の代から使われてきた恐怖の物置小屋を遂に解体!特に、床や屋根は、かなりマズイ状態だったので、毎回、冷や冷やだったけど、60年ほど前に流通していた一般的な木材の質は今よりもずっと良かったようで、匠は状態の良い板を使ってステキな物を作ってくださるそうで、これまた楽しみ♪

偲ぶ
c0172202_4521149.jpg


実は、旧物置小屋の奥の1/3には、開かずの間ならぬいくつかの箱があり、これは、一体何なんだ?という物がいっぱいだったけど、製鉄系技術者だった夫の祖父や日曜大工が好きだったその息子(義父)が、代々、家の手入れに使っていた道具だろうということで、それらの用途も教えてもらい、捨てずに良かったなと・・・^^;私も、娘の代まで残せるように上手に使いこなして行きたいなと、新たな目標ができました!

まだまだ始まったばかりの日曜大工見習いですが、いくつになっても、新しいことを学び、色んな技術を身につけて行くのは面白いなと、ますますハマリそうな予感です。
[PR]
by bham | 2015-04-23 05:15 | 時事・雑記 | Trackback

瓢箪から駒

またしても車絡みの事件が発生^^;数日前から、ちょっとした違和感と異音が気になっていたので、週明けにガレージの予約を入れて、それまでは、たぶん大丈夫じゃないかなと高を括っていたら、走行中に急変→緊急停止という破目に・・・

奇跡
c0172202_4274849.jpg


幸い、同乗の友人の誘導で駐車できる所までゆっくり移動できたものの、後輪のトラブル(ナットが1つ紛失)のためタクシーを呼んで家に帰っている途中で、運転手さんから「車どうしたの?」と聞かれたので説明したら、「それならオレが締めてやるよ」と。自信のないことだし、万が一のことがあると怖いので家に帰って、明日、ガレージの人に直接行ってもらおうかと考えていたところだったけど、タイガージェットシンを彷彿させるその姿と良く手入れをされている車からして、これは、イケるかもと判断。戻ってもらい、カーブーツの工具で一丁上がり!走行チェックもしてもらってOKだったので、言い値のタクシーのお代にちょっとだけ色をつけて渡しましたが、時間や労力を考えたらグッドバリュー^^

そもそも、家を出る前にポストに入っていたビジネスカードをそのまま持って来ていた(通常は捨てる)+フリーランスのドライバーという奇縁だったけど、ありがたや~。普段は、未知のタクシー会社を使うことは絶対にないけど、良い巡り合せもあるんだなと、幸運に感謝でした。

お試し
c0172202_4292521.jpg


と・・・交通量の多い道での緊急停止→徐行しながらの移動とかなり神経を使ったので、「怪しすぎる」と友人から心配された、移民街で買って来たばかりのハラール(合法的?)栄養ドリンクでひと息。味は、よくある系で効き目はよう分からんなー。と言う感じでしたが、久しぶりにタクシーを使ってみて、ドライバーの当たり外れって、まさしく「時の運」のようなものだなと思ったりしながら、購入後2ヶ月でこのような事態になってしまった車については、徹底的に原因を追究してもらわねばと、明日のガレージでのやり取り考えてみたり。何はともあれ、大事に至らなかったことを良しとして、今後はもっと車のことを勉強しなくてはと痛感する出来事でした027.gif
[PR]
by bham | 2015-01-26 04:45 | 時事・雑記 | Trackback