カテゴリ:時事・雑記( 57 )

秋のチャリティーイベント

あれよあれよという間に10月に突入!今年も残すところ3ヶ月をきってしまい、街頭にはクリスマス関連の商品も並び始めて、早まって行く日没を嘆いてみたりの最近ですが、相変わらず一家総出でイベント三昧の日々^^ 特に、夏のお祭が終って、収穫祭を兼ねたチャリティーイベントがあちらこちらで催されているので、気持ちばかりの施しと共に社会科見学を。

ダイナミック
c0172202_17561254.jpg


まずは、時々行われている、消防署での洗車チャリティー。サポートの対象は、その時々で違っていたりもするけれど、殉職したスタッフの残された家族のためにという時もあり、改めて、キケンな任務を認識。娘にも、火の怖さを教えてみたけど「ふーん」といった感じで、今ひとつ伝わらず、むしろ、強力な水圧のホースを自在に操る姿がカッコいい!と、将来の夢→マッチョな消防隊員だと・・^^;

迫力
c0172202_17565334.jpg


こちらは、なかなかお見かけする機会のない、救急ヘリ (Air Ambulance) の基地のオープンデーで、間近に見るヘリは迫力満点!会場は、ウスターシャーのStrensham air baseで、英国で最初に作られた、モーターウェイ(M5)上にあるベースらしく、救急車との連携が容易なため、イギリス中西部のいくつかの州を広範囲にわたってカバーしているとのこと。

万能
c0172202_17572394.jpg


色んな救急車両も展示されていて、なかでも、全地形対応車と軍事車両が合さったような ポラリス社製の特殊な救急車に目が釘付けに!無駄のない設計は、すっきりしていて私好み(?)

備品
c0172202_1873196.jpg


特に、舗装されていない狭い道が続く森林や荒野での救出に使われるらしく、応急処置に最低限必要となる備品も一緒に展示。

荷台部分
c0172202_17595570.jpg


体を固定して移動させないとならない事例も多いようで、しっかりと固定できて、ロープで吊り上げたり、水上や斜面を移動させたりもできるような仕組みのストレッチャー。

勘違い
c0172202_1803293.jpg


アーミー系も好きな娘は、ガスマスクと思ったみたいで、大興奮・・・サービスのお兄さんから「酸素マスクだよ」との説明を受けていましたが、このお兄さんが、なかなかの好青年で、一瞬、こんな人に救出されたら♡・・なんて、ハリセンでぱーーん!と叩かれそうな、怪しい妄想に入っていきそうでした ^^;

癒し
c0172202_181859.jpg


他にも、近隣のファームから親善大使としてやって来ていた、お馬さんとも触れ合ってみたり。きれいな毛並みで、必要以上に神経質でもなく、大切に育てられているのが分かりました。

オマケ:ぶっ飛び
c0172202_1812780.jpg


もうひとつ。近所の教会で行われていたチャリティーイベントは、何となく、日本の縁日のようなノリで、これまでになかったカラー。興味本位で聞いてみると、バーミンガムを中心に活動している、女性だけのローラースケートチームが主催していて、恐ろしい事に、「あなたも、メンバーにならない?」とリクルートされちゃいました^^; 年齢を挙げて、丁重にお断りしましたが、なんと言うか・・・装い諸々、まさしくレディース・・・ちょっと路線が違いすぎて、好奇心旺盛な私もさすがに ごめんなさい。でした042.gif
[PR]
by bham | 2013-10-03 18:33 | 時事・雑記 | Trackback

ミツバチの巣

まだまだ継続中の家のメンテは、どうやら1年がかりになりそうな予感。コツコツと、小さい事の積み重ねだと根気強く続けています。

虎の巻
c0172202_17415165.jpg


ヒビ割れや欠けをはじめ、脆くなっている部分の補強に使う、道具や材料、テクニックを知るために借りたDIYの本が面白く、簡単に書かれている内容を読んでいると、何だか出来そうな錯覚に陥ったりしながらも、冷静に自分の技量を判断しながら、やれそうな事とプロにお願いすることを書き出し、見積もりを開始。いずれにしても、時間とお金が掛かるのは間違いナシ・・・トホホ ^^;

資料
c0172202_17422760.jpg


ということで、できるだけコストを抑える狙いもあって、プロ御用達のお店Wickes へ突撃~。店内をウロウロしながら、資材、更には重機類のレンタルのカタログをゲットし、ココで手に入れる事ができる材料を、上手い事使いこなせるように成りたーい!と新たな野望が006.gif ハマりそうな予感です。

ラテン系
c0172202_17431872.jpg


雨続きだったのもあって、外壁の修理ができなかったので、ヒビや傷みが目立っていた、ダイニングとキッチンの壁の修復を終らせ、塗装も完了。何かと、時間を過ごす事の多い空間なので、いつも快適でいれるようにと、自分の好きな色合に。とりあえずは、また、お客さんを呼べる状態にもなり、一安心。

ぎょっ
c0172202_17444496.jpg


そして、温室の外壁を修理中だった、先週、椿事が発生。毎年、柵を越えて、我が家の庭にも、きれいな花を咲かせてくれる、お隣りのバラの木上空が蜂の大群で真っ黒に!! 刺されてはタイヘンと、屋内に避難して、様子を見ると、どうやら新しい巣を作っている模様。仕方ないので、諦めて、しばらく他の事をやって落ち着くのを待ち接近すると、ミツバチのようで、またまたピン!

自然のめぐみ
c0172202_17445656.jpg


毎年、南側のお隣さんから、自家製のはちみつを頂いていて、越冬できずに、全滅した蜂の話なども聞いていたので、蜂の巣情報をお知らせに。結果は、大正解で目をキラキラさせ「でかしたぞ~!」と大喜びで、早速、北側のお隣りさんの所へ行き、宝の山を手中に。ちなみに、スズメバチだったら、£50近く支払っての駆除になるようなので、皆、ハッピーで一件落着。

オマケ:またしても
c0172202_17452680.jpg


リフォームに伴って必要となった、細々とした物の調達に、久しぶりのIKEAへ。デザイン諸々、理に適っていると思われる物を事前にチェックして、衝動買い防止策を取っていたものの・・最後に、食材コーナーでやってもうた・・・アップルワインとコケモモの酢。ニシンの卵(塩漬け)。カニのスプレッド。何が出来るかな?という感じだけど、DIYの合間に、なんちゃって北欧料理でも作ってみようかと思います。
[PR]
by bham | 2013-06-19 18:09 | 時事・雑記 | Trackback

早すぎた春の準備

不覚にも、記憶する限りでは、人生初ではないかと思われる外耳炎を患って約2週間。この程度では、イギリスの先生方は薬をくれないから、自力で治すしかないと、イブプロフェン (ジェネリックにつき16錠入りで33ペンス〈50円弱〉)で痛みと炎症を抑えつつ、刺激の少ない食べ物を摂り、友達に教えてもらった外耳炎に効く足ツボを、悲鳴を上げながら押し続けていたら、発症8日目で何とか小康状態になって一安心。

消炎剤
c0172202_19234476.jpg


のはずが・・・そこから、鈍い痛みがしつこく、遂には、三半規管が怪しくなり頭も回らず、結局、13日目にしてようやく終結。いやーー長かった・・・でも、こうやって、ちょっと苦しい時間を過ごしても、後から体に戻ってくるダメージを考えると、少しずつゆっくりと回復する方が自然で、できることなら、抗生物質には頼りたくないと思うようにもなって、すっかり、イギリス流の原始医療に慣れてしまたみたいです^^;

希望
c0172202_1926179.jpg


気分が良くなって、ふと気づくと2月も1/3以上が経過・・・地下では、着々と春の準備が始まっているようで、それだけでもワクワク。

心機一転
c0172202_19273781.jpg


春も近そうってことで、そろそろ、走らせるのも恥ずかしい位に汚れに汚れまくった車を何とかせねばと、近くの洗車場へ。「£5コースでお願いします」と窓を開けて言えば、車外へ出る必要もなく、10分位で終了するので、特に、寒い冬にはありがたいサービス。

迫力
c0172202_19295527.jpg


全体に洗剤をかけ終わったら、高圧洗浄機で一気にガーーーと車体を洗ってもらえるのですが、これを車内から見るのが好きな娘は、またまた大興奮。洗車&子供の娯楽で一石二鳥(?)^^ 随分前に、近くの消防署でやっていたチャリティー洗車では、消火用のホースを使っていたので、もっと迫力があって、さらに、マッチョな消防士さんが8人位で一気に取り掛かるという、これまた、一風変わった♥ ♥ (?)体験ができて面白かったので、機会を窺うも、なかなかタイミングが合わずに残念・・

明朗会計
c0172202_19414544.jpg


最後は、ガラスの部分とドアの内側を手拭してもらって、お代を支払ったら終了。これで、気持ちよく春を迎えられる~♪ と思ったら、昨夜から雪ざんす・・・この分じゃ、また近いうちにお世話になりそうでトホホ・・・こうなったら、近くの消防署にでも張り込もうかな、な~んてコト思ったり017.gif どうか、この冬最後の雪になって欲しいものです。
[PR]
by bham | 2013-02-11 19:49 | 時事・雑記 | Trackback

師走の食事情

今年も残すところ、約3週間。つい先日「今年の抱負」なんて事を言っていたような気がするので、本当に1年が早く、12月に入ってからは、完全にカレンダーについて行けていない状態^^;

バタバタ
c0172202_6111570.jpg


それでも相変わらずの食べ歩きは続いていて、先日は久しぶりに、レインボーフラッグがあちらこちらでヒラヒラしている、ちょっぴりホットなエリアにて、友人達が一押しするマーボナスや餃子を食べてきましたが、評判通りメチャ美味!上海で暮らした事のある友達曰く、本場の味なんだそうで、年内にもう一度行ってみる予定です。

発見
c0172202_612519.jpg


開店が午後1時からだったこともあり、学校のお迎えの関係でささっと食べて退散していると、開業準備中のお店の前に何やら美味しそうな料理の写真があり、よく見るとベトナム料理店のようで、その名もミスサイゴン^^ バーミンガムに一軒だけあった本格的なベトナム料理店のベトアンが終わってしまっただけに、嬉しいニュース!早くできないかな~と楽しみです。

薄切り
c0172202_6124119.jpg


外食ばかりと言うわけじゃなく、料理上手なご近所さん達が集まっての忘年会にも出動!私も、スーパーで売られていたBrisket(塊)を半解凍させてスライス。程よく、脂肪が混ざっていて、久しぶりに美味しいこってり系の焼肉を持参。打ち合わせもしていないのに、見事に料理が被らずにスゴイ~なんて、テンションが上がってしまって、気づいたら午前様・・・車で5分の距離だったのもあって調子に乗りすぎた。翌日は、家族に叩き起こされてしまったものの、一日中ボーー。大反省・・・^^;

オマケ:完成
c0172202_6185947.jpg


あちこちで開催されているクリスマスフェアに触発された訳でもないけど、オリジナル商品を作ってみたくなって、バー民仕様という意味不明なバージョンの贈答用マル秘タレを製造。水引っぽくデザインしてみたラベルのサイズもマチマチになってしまって、かなり怪しい仕上がりになったけど、これもご愛嬌(?)暮れの元気なご挨拶♪ 喜んでいただけるといいな~001.gif
[PR]
by bham | 2012-12-10 06:27 | 時事・雑記 | Trackback

徒然ならぬ日々

まるで真夏を思わせるような日が続いていた先週は、ここぞとばかりに掃除、洗濯を毎朝6時から開始!恥ずかしい位に出て来た不用品は、なんと大きなゴミ袋満杯で5つも^^; チャリティーショップで活用してもらうことにしました。

東南アジア系
c0172202_328642.jpg


と言っても、頑張りのきかない性分・・午後には、ちょっと街中まで出掛け、来月にも、食べ歩きに行こうと計画をしているお店で、2年ぶりとなる友人達と嬉しい再会ランチを決行!気分は、同窓会^^ やはり、蒸し暑い所のお料理は、五臓六腑(?)に染み渡り、充電完了となりました。

対策
c0172202_3473759.jpg


そして、街中に出たついでに、以前より使ったほうが良いかなと思っていたティートリーのシャンプーを購入。イースター明けから、プリスクールに通い出した娘のシラミ対策の1つとして使っていますが、こればっかりは、運のような気もしないこともなく・・・^^;

シャキっ
c0172202_3294112.jpg


暑いといっても、実は、30℃にも及んでなく、イギリスで暮らしていると、どうも暑さに弱くなっているようで、堪らず飛び込んだのが、お気に入りの南インド料理店Madras Currys 特に意識したわけでもないけど、気づいたら、オールベジタリアンの料理を食べて、胃も体も軽く快適でした。ちなみに、↑は2人でシェア+スターターでお腹一杯に!

ジャマイカ産
c0172202_3302494.jpg


腹ごなしも兼ねて、お店のある民族街をウロウロ。何か面白い物はないかなーと、カリビアン系のスーパーで見つけたデトックスのお茶の成分は、ゴボウにセンナ、数種類のハーブとそれだけでも効きそう!ということで、早速、購入して試しているところですが、利尿作用は抜群!何かと「毒」が溜まっているのが自覚できる最近なので、毒舌、毒気・・・最後には全身に回って毒婦に・・・なんてことにならないように、解毒に勤しみたいと思います。

ブル様
c0172202_3313245.jpg


いよいよ、来週は女王陛下の即位60周年を祝う公式イベントが開催され、バーミンガムでも、様々なイベントがあるようで、ちょっとした楽しみになっています。もちろん、せっかくの機会なので参加する気満々!ちょうど、片付けをしていたら、夫が子供の頃に行われた、即位25周年のシルバージュビリーの時の写真を見つけて大爆笑。家族や近所の人と一緒に仮装をしていたのですが、これまた、性格が現れる??陽気な義母はチアガール!、シャイな夫は段ボール箱で拵えたロボットになり正体不明、義父はアラブの富豪という一風変わった装いでした。今回のダイヤモンドジュビリーでも、仮装をするイベントもあるようですが、バーミンガムの代表的なアイコン・The bronze bullも、ユニオンジャック柄の衣装で登場!

オマケ:地域限定
c0172202_3344934.jpg


と~ってもローカルな話ですが、私の暮らすバーミンガム南部で、6月3日(日)に開催される近くの教会主催のイベントの案内です。お近くの方は、是非、お出かけください!024.gif
[PR]
by bham | 2012-05-30 04:02 | 時事・雑記 | Trackback | Comments(12)

ダイヤモンド・ジュビリーと007

今年、イギリスでは大きなイベントが2つもあって、その1つはロンドンオリンピック。下馬評では、パリでの開催が優勢だったのにフタを開けてみたらロンドンに決定!という瞬間をテレビで見ていた何年か前。実は、今更なんですが、これは、今年の2月で即位60周年の「ダイヤモンド・ジュビリー」を迎えた女王・エリザベス2世と英国民へのお祝いだったのかもしれないなと思ったりしています。

めでたい
c0172202_2504060.jpg


国旗なのに絵になる「ユニオンジャック」の柄を使った小物や、ダイヤモンド・ジュビリーを記念した限定デザインの商品が色んな所で売られている最近。特に、王室崇拝者という訳でもないのですが、私も、なんとなく買ってしまっていたり(笑) 開かれた王室ということで、イギリスに暮らし始めてからは、日本では考えられないような、際どい王室関連の記事を目にしてビックリ!なんてこともありましたが、それでも、女王様は女王様。とてもタフな印象があります。6月に入ると、このダイヤモンド・ジュビリー関連のイベントがロンドンを中心に各地で開かれるようで、滅多にないチャンスなので、しっかりとTVで見ることにします。

マイ・マティーニ
c0172202_2515368.jpg


嘘か真か? ロンドンオリンピックの開会式には、女王陛下の秘密指令を受けた007が登場するだのしないだの・・・映画の世界とはいえ、英国の諜報員といえば知力、体力的に申し分がなく、しかもどこか危険なかおりのする長身の白人男性のイメージなんですが、実際は今の英国に同じく、色んなタイプの人がいるのではないかと思います。と・・まぁ、イギリス中西部の都市でのんびりと暮らしている私には、全く関係のない世界なんですが・・・が・・・!先日、お招きを受けたパーティーでは、カクテルを作ってくれる007に遭遇^^ ハンドガンの代わりにシェイカーで、おもてなしいただきました!

そんなこんなで、忙しくも楽しい最近でしたが、ちょっと小耳に挟んだ事があり、それは、私自身も十分に理解できたことでもあり、他の所からも複数聞こえてきた話でもあるということで、過去に、このブログで紹介したあるお店の記事を削除しました。

基本的には、ネガティブな内容は書かない方針なので、色々と食べ歩きをして、総合的にお薦めに値しないと思ったら紹介しないまでなのですが、このブログを読んで行ってみて、とても嫌な思いをしたとなると責任を感じずにはいられないので、すっぱり。人の口に戸は立てられぬ。異口同音。ということで・・人を不愉快にさせる言動では、せかっくのご縁も切れてしまう・・そういった感じでしょうか。

(オマケ:おめでとー!
c0172202_311959.jpg


ご縁といえば、数年前にバーミンガム大学の某スクールで学んで日本へ戻って行った、大好きな友達が我が家を訪ねてくれました。英国滞在も短く、とても忙しい中、フィアンセ君と一緒にとびきりの笑顔で再会のハグ。留学時代からずっと付き合っていた彼と、晴れて結婚できるようになったとの喜びの報告を受けて、久しぶりに泣きそうになりました~!「国際結婚」と言われる形態(?)になるのですが、2人の今までを見ていたら大丈夫!!と、あなた達こそ大丈夫なの?と突っ込まれそうな私から042.gif の太鼓判!? これからも、仲良く幸せに~♪
[PR]
by bham | 2012-05-16 03:13 | 時事・雑記 | Trackback | Comments(4)

不思議なこととハチ退治

時々起こる面白いことが続いた最近。昔から、ふと頭に浮かんだ事がしばらくしてから、現実となるビックリな体験をして来ましたが、念力(?)のなす業なのか、たまたま運が良いのか^^ 

その①
c0172202_4112955.jpg


先月の病院通いの際に、普段はわざわざ出掛けないスーパーで、いつものお店と違う品揃えの店内をウロウロ。疲れ気味なのも手伝って、猛烈に食べたくなったBONNE MAMAN の「キャラメル コンフィチュール」は甘いだろうなと思ったけど、これをちょっとばかり焼きたてのバケットの上に塗って(笑)と考えただけでも、我慢できないーー!ということで購入。ちょうど、お昼時に自宅に戻ったので、早速食べてみたら・・・想像していた物と違って残念。まぁ、値段を考えれば、練乳たっぷりとなるわけで・・こんな大きな瓶を買ってしまい大失敗。ああ・・日本の○○が食べたいよ・・と頭の中に像を抱きながら冷蔵庫の奥へプッシュ。

驚き①
c0172202_4115318.jpg


そんな訳で、なかなか瓶を取り出す気にもならずに放置していた数日後に、「郵便です」と日本から届いた荷物をあけてビックリ!な~んと、そこにはあの思い浮かべたイメージの品(ロミジャム 「Romi-Unie Confiture」キャラメルブルターニュ)が!! 送り主は、某マダム。彼女には一度も自分の嗜好を伝えた事がなかっただけに、思わず「きゃ~!」と子供のようにはしゃいでしまいました。マダム・・・メルシーボクー(涙) 

その②
c0172202_4152947.jpg


ずっと、体がダルくて、痛くて・・そんな時に、指圧の先生とご縁が。一体、何処の調子が悪いのか分からず困っていましたが、私が痛がるポイントと関連している臓器、器官を指摘され、これがドンピシャ!やはり2年前の大手術の後遺症と思しき点が明らかになり、これからは、自分で手入れをするようご教示いただきました。そして、たしか、カボチャの種が有効なんだよねと、またまたイメージが浮かび上がって来た数日後にオーストリア出張から戻った夫が、「クライアントからのプレゼント」とぬーっと差し出した袋と瓶。「オリーブオイル?」と聞いたら「違うよ。パンプキンシードにオイル」・・・もう、ビックリでした!

正しい食べ方?
c0172202_4175069.jpg


と・・・かなり鳥肌モノの出来事でしたが、イギリスではなかなか見かける機会のないパンプキンシードオイル。特に、オーストリア産の物は上質とされているどころか、夫の出張先だったGraz近郊の特産品ということで、夜が明けたら試したい!と、翌日に選んだ食べ方がコレ↑ えっ?アイスクリームにオイル・・・と引かれてしまいそうですが、パンプキンオイルの持つ芳ばしいいナッツ系のような香りと質がよく分かるんじゃないかと、マイルドなスコットランドのバニラアイス(Mackie's)に合わせてみたら大正解。ただ、味をもう一捻りしたほうが良さそうだったので、フランスの塩(ゲランドの塩)をパラパラ♪ 大人が喜びそうなスイーツが完成しました ^^ と・・食に関する嬉しい偶然続きで、これは、食神様からのプレゼントだと言う事にして、しばらく楽しみたいと思います。

オマケ:捕獲グッズ
c0172202_418941.jpg


不思議ネタとは関係のない話を。先日、家の中で大人しく遊んでいた娘が急に泣き出し、その直後に駆けつけた夫の悲鳴が。どうやら、娘は、冬眠から目覚めたと思われるワスプ(スズメバチ)に刺された様子で、女王蜂じゃないの?というサイズの巨大な蜂が彼女の首から背中に向かって移動中・・・「危ない!」と一瞬、怯んだものの、一刻も早く取り除かないといけない状況で何を使おうかと悩む間もなく視界に入ってきたのが、娘のお気に入りの「フィラメントダスター」。この日は幸運なことに、遊んだ後に放置していたので、直ぐに、この纏わり着く素材に蜂を絡めて捕獲できました。おまけに柄の長さも適度にあり取り回しもOK、接着性も抜群ということで、意外な利用法を発見!コレは緊急時に使えそうで、お薦めです049.gif

* ワスプ情報: 肉食系の獰猛なハチで、1度刺した後にも、針が自身の体に残っている以上は刺し続ける習性があるようです。黒い衣服、香水などに向かって行くとも言われているのでご注意ください。
[PR]
by bham | 2012-03-11 05:10 | 時事・雑記 | Trackback | Comments(12)

クリスマスとチョコレート

12月に入って、バーミンガムのいたるところでもクリスマス関連の行事やデコレーションが見られる楽しい季節到来!ということで、今年も近所のスーパーで見かけた、イベントのお知らせを頼りに、週末ごとに教会や学校で開かれているクリスマスフェアに出掛けています。

会場内
c0172202_5444939.jpg


子供の頃(昭和の小学校)のバザーにも似た素朴な雰囲気で、手作りのケーキやジャム、レモンカード、チャツネなども販売されていて、たまーに「これは絶品!」という物に巡り合えたり^^ そんな意外性が嬉しく、楽しいのですが、今年も恒例で・・・くじ運もないのに懲りずにラッフルチケットを買いたがる夫。まあ、一回当り20ペンスだし、収益はチャリティーに回されるようなので、「£1(5枚分)だけよ!」と、これまた恒例で、私は見事、景品をゲット!夫は・・・今年も全滅・・

戦利品
c0172202_548565.jpg


「95番ですね。おめでとう」と差し出された物を見て、思わず笑ってしまったのは、夫の大好きな犬のキャラクターが主人公の「スクービードゥー(Scooby Doo)」のDVD。クリスマスプレゼントは、これに決定(笑) このラッフルチケットは、だいたい100番まで、または、下1桁がゼロの切り番を当りにしている所が多く、「387番」とか「142番」などが夫の手元から出て来るたびに、残念!(またか・・)となる訳です。一応、来年こそは!と慰めてはみましたが、やはりくじ運ってあるような気がします^^;

チョコ三昧
c0172202_5495176.jpg


クリスマスフェアのついでに、近所にあるチョコレート工場の敷地内にあるキャドバリーワールド(Cadbury World)の売店とカフェにぷらっと行ってみたら、これは、イギリス人には堪らないだろうと思われるチョコレートでできたクリスマスツリーを発見!幸い、まだ喰いちぎられた形跡もなく無事でしたが、ずっとこのままだろうか?と余計な心配をしたり^^;

ポッキー①
c0172202_5503635.jpg


チョコレートつながりで、これまで日本へ帰る度に大量に買って帰ってきていた夫の大好物のいちごポッキーが、中華系のスーパー(栄業行や日進行)で65ペンス位で売られていて、日本で買うよりも安い!と思って、製造元を調べたら、タイグリコと書かれていたので試してみました。味は、日本の物の方が繊細で、こちらは、油脂が強い印象を受けましたが、許容範囲ということで合格。これで、日本から抱えて来なくてよくなります ^^

ポッキー②
c0172202_5513122.jpg


そして、こちらは、イギリスの大手のスーパーで普通に手に入る MIKADO(ポッキー)で、クラフト社の傘下にあるフランスの会社とグリコの提携で作られているフランス製。お値段も1箱£1超と少しばかり値が張りますが、油脂よりもカカオの味がしっかりした感じがあり、質の面でも↑のタイ製よりも随分、良い印象でした。ヘーゼルナッツタイプの方は、どことなく、日本の「小枝」に似ていて、なかなか美味しくお薦めでーす。

オマケ:再会?
c0172202_5522967.jpg


ハロウィーンも終わって、売れ残ってしまったチョコレートが特価で売られていたので覗いてみたら、面白い物を発見!子供の頃に見ていたアニメの「妖怪人間ベム」に登場していた「ベラ」に似ている!と一目ぼれ(笑)懐かしくなって思わず買ってしまい、私の机の上に飾っていますが、娘はコレが大嫌い!→ 机上を荒らされずに済む。思わぬ魔除け(?)効果で助かっています011.gif
[PR]
by bham | 2011-12-09 06:06 | 時事・雑記 | Trackback | Comments(12)

恐るべし根っこ

8月の末に義母が倒れてから入退院、自宅での介護、通院の付き添いと瞬く間に時間が過ぎて行きました。幸い、疑われていた認知症も年相応との診断をいただいてようやく一安心。それでも、入院の原因となったGPの投薬ミスの副作用で、未だ低血圧症で記憶が飛んだり、体を思うように動かす事ができずにいる義母の手伝いをできる範囲でやっている最近です。

(奮闘中
c0172202_253144.jpg


退院前後より、ずっと容態が良くなった義母のリクエストに答えて「庭の手入れ」を試みたのですが・・・これが、掘っても掘っても終わらない地下で広がる迷路になっていてスゴイ事になりました。実は、以前より義母に「これって大丈夫なの?」と幾度となく聞いていた問題点だったのですが、いつも返ってくる答えは「Never mind~♪」とかなりのん気なものでして、その言葉を尊重して放置していたけど、これはマズイ・・・今回、しっかりと決着をつけないと後々、たいへんな事になりそうなので、先週末からは土木作業に勤しんでいます。

(構造
c0172202_263936.jpg


最初に地面に浮かび上がって来ている木のような根を指差して「コレを取り除いて欲しいのよ」と言われて、大掛かりになりそうだから、芝生を剥ぎ取っても良いかと許可を取って始めた松の根除去でしたが、私もちょっとナメていました・・・樹齢30年は経ってそうな大木で根っこも立派。幹を中心に放射線状に広がる、新旧、大小の根っこが上へ下へと網目のように絡んでいて一個ずつ外して行きながら、場合によってはノコギリで切って引っ張るといった気の遠くなる作業をしていると「根」のつく成句が頭の中をグルグル。先人が比喩に用いた意味が分かるな~と思いながら根っこと格闘しているところに、義母が起きてきて、変わり果てた庭を見て絶句。「具合が悪くなった」と・・・それでも、心を鬼にして「根絶」しないと、また同じ事を繰り返すだけだと説得して任せてもらうことにしました。

(撤去物
c0172202_2145215.jpg


幸いな事に、あまり深い所まで根が張っていなくて力もそんなに必要としないので、掘って行くうちにA地点の根っことB地点の根っこがつながっていた!という嬉しい発見に止められなくなってしまって^^; 花粉症の影響で使い物にならない夫に家事と育児を任せて、日が暮れるまで掘り続けてしまうほどハマってしまい、遺跡の発掘が面白いと言っていた知人の話がようやく分かったような。↑は、取り除いた木の枝のような根っこ群で、まだ全体の1/5程度。これは、根気強く続けるしかなさそうです。

(冬眠前に
c0172202_216530.jpg


もう1つ、意外と時間がかかっているのが、義母の飼っているリクガメ(ポピー)の通院と世話で、巷の動物病院では診てもらえないため家から車で20~30分の分院と本院に週に1、2回連れて行っては、毎回、受診にやって来ている一風変わった動物達を見ては「へぇ~」っと驚いています。1ヵ月前に足の手術を受けたポピーですが、感染を防ぐための錠剤を飲ませるのがなかなかたいへんで、獣医さんのアドバイス通りに片手で首を引っ張って、もう一方の手で口をこじ開け薬を投げ込んだら、強制的に口を閉じてしばらく待つという作業は、まさに拷問を行っているような感じで嫌なのですが、義母も夫もできないらしいので、私がやるしかなく・・・ポピーに鼻息を吹きかけられ、嫌われながらも頑張っています。

オマケ:動物病院の情報

c0172202_2202048.jpg

犬や猫もOKなんですが、鳥類、爬虫類などの小動物も診てもらえる動物病院です。

608 Veterinary Group ( HP )

608 Warwick Road,Solihull
B91 1AA
Tel: 0121 705 3044 / Fax: 0121 711 2585
[PR]
by bham | 2011-10-18 02:33 | 時事・雑記 | Trackback | Comments(10)

愁傷のなかで

2011年3月11日。日本中だけではなく、世界中が悲しみとやり切れなさに包まれた未曾有の大震災が起こったあの日から3日を迎えました。時間の経過とともに新たに判明する、筆舌に尽くし難い惨状に人間の非力さを思い気持ちの重たい日々が続いていますが、そんな中、イギリス人をはじめとする周囲の人の優しさに励まされながら、難を逃れて通常の暮らしの中にいる私と家族、友人達は前を向いて進み出しました。

心を鎮めて
c0172202_7253957.jpg


あまりの惨事に、一時は開催を見合わせようかとの意見も出た友人主催の「日英文化交流会」でしたが、こんな時こそ皆で心を合わせて祈り、被災された方へ現実的な支援として義援金を集めることにして予定通りに開催。親日家のイギリス人にお茶を立てていただき、色んな思いが巡る中、心静かにいただきました。

この数日、日本人である私を見かけると、駆け寄って抱きしめてくれるご近所さんや温かい言葉をかけてくれる行きつけのお店の人、そして電話をくれる義理家族や友人達は知り合いの身の上に起こった不幸な出来事をただ静かに見守るのではなく、慎重に言葉を選びながらも、希望を持って生きて行かなくてはならない現実に「ひとこと」添えてくれて、優しくも強くあれというメッセージを送ってくれました。

そして、皆が口々に言っていた「このような非常事態発生時でも、治安の乱れもなく秩序正しくある日本人は本当に素晴らしい」ということに誇りを感じました。実は、日本人にとっては「当然」のことであり、私もイギリスで暮らし始めるまではそんなことを思うことすらなかったのですが、混乱の続く世界情勢を見ていると、確かに驚くべきことなのかもしれません。(「和をもって貴しと為す」の文化が未だ根っこにあるのかな)

結局、前向きなイギリス人に背中を押され、真摯に取り組めた文化交流会では£80の義援金が集まり、さっそく、英国赤十字社を通して被災された方へ送らせていただくことになりました。

* 英国赤十字社のHPhttp://www.redcross.org.uk/Donate-Now/Make-a-single-donation/Japan-Tsunami-Appeal

【3月15日追記】

日本赤十字も義援金用に、9月30日まで郵便振替口座を開設してます。

口座番号:00140・8・507
加入者名:日本赤十字社東北関東大震災義援金


通信欄に氏名、住所、電話番号を明記してください。手数料は無料。
2千円以上なら日赤ホームページ(コチラ)から申し込めます。

他にもクレジットカードでの募金もOKのようです。詳しくは、前出のサイト↑にて
ご確認ください。


頑張って
c0172202_17155537.jpg


九州出身の私にも東北出身の友達や仙台在住の友達がいて、物理的には遠い所で起こったことなのですが、やはり、他人事ではないのです。未だ余震が続き、安全である職場の方へ非難したとの連絡やライフラインをはじめ食事に不自由な思いをしているとの情報を知ると無事を祈ることしかできないのです・・・そんな仙台へ向けて、この1年バーミンガムで暮らされていた友人のわたぽんさんご一家が戻って行かれる日も迫って来て、これから待ち受けているであろう困難を思うと胸が張り裂けそうになりましたが、とても強い、わたぽんさんとご主人のわたぽん先生。最後に私の精一杯の気持ちを込めて「がんばれ弁当」をお届けして、お2人の「前に進むしかない」という揺るぎない信念へエールを送り、再会を誓ってのお別れになりました。


オマケ:進化するお店
c0172202_17181262.jpg


私も日常に戻って、バーミンガムの情報を。このブログにも何度か登場している、Selly Oakにある韓国系スーパーのソウルプラザにポイントカードが登場!イギリスの他のスーパーと同じく、お買い上げ£1毎にポイントがつくようになっていて、ある程度貯まったら商品券になる他、6月6日までのプロモーションとして、カードを作った人を対象に1等はBMWのMINI ONE、2等はキムチ専用冷蔵庫(コレが欲しいかも・・)等が当たるお楽しみも用意されているようです。

それと、バーミンガム初の韓国料理店「ミスコリア」というレストランが、チャイナタウンにできる予定で、既に開店準備中なんだそうです。ベトナムに続き、遂に韓国料理店が!里帰りから戻ったらオープンしているのを楽しみにしておきたいと思います。

韓国料理関連でもう一つ。シティーセンターで、韓国料理の普及を目的に韓国人女性(ジャスミンさん)によるお料理教室(無料)が毎週水曜日の夕方に開催されていて、興味のある方は大歓迎だそうです。少人数制&個人情報になりますので、問い合わせを希望される方は、当ブログに非公開コメントとしてご連絡先をお知らせください。055.gif
[PR]
by bham | 2011-03-14 17:25 | 時事・雑記 | Trackback | Comments(16)


英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
事件簿・治安情報
イベント&お得な情報
医療と健康
食材の調達
色んな食べ物
レシピと食材(和食)
レシピと食材(エスニック)
レシピと食材(欧州系)
レシピと食材(スイーツ系)
キッチンにて
鍋料理と麺類
日本各地の食
おもてなし
外食の記録
バルチ
バーミンガム市内と周辺
ミッドランズ(西)
ミッドランズ(東)
コッツウォルズ
ロンドン~南東部
ヨークシャー~北部
南西部
ウェールズ
オランダ
ラトビア
鉄子系
サッカー
子育て
ホームエデュケーション
私ごと&里帰り
多文化見聞
時事・雑記
ガンとの闘い
おしらせ
ラトビア
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

記事ランキング

お気に入りブログ

地政学を英国で学んだ
*たぬき一家・陽だまり日記*
One Tennis ...

リンク(友達&お役立)

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧