カテゴリ:事件簿・治安情報( 21 )

最近の犯罪情報

気づけば、日暮れもすっかり早くなって9月も残すところ数日に。8月中旬からバタバタしながらも、無事に48歳の誕生日を迎えられたことに感謝して、笑顔が並ぶ嬉しい写真も思い出に。

色づき
c0172202_05341203.jpg


散歩の途中で、今年は紅葉が早いのかなと思いながら、忘れていた季節の勘が少しずつ戻って来て、防寒に加え防犯にも気をつけなくてはと思うような情報を整理。昨年から、バーミンガムの中心部から南部にかけて起こっていたカージャックの記事を読んでいたけど、先日は、遂に、バーミンガム大学近くの私立の小学校(Edgbaston地区)の駐車場に停めた車が奪われる事件が発生したとのことで恐ろしく149.png  他にも、白昼の交通量が多いブリストルロードで女性の連れ去り未遂が起こったり、深夜にはナイフを持った通り魔が数回出没したりと、バーミンガム大学の南側位置するSelly Oak 駅周辺は以前よりも危険になっている印象が… 毎年のことだけど、また忘れていた防犯対策を思い出し、まずは、グッズが使えるのか点検から始めることにします。

[PR]
by bham | 2017-09-26 05:43 | 事件簿・治安情報 | Trackback

厄落とし

ラッキーなことや嬉しいことが多い日常にも、ドーンと凹んでしまいそうな事件が発生するのが人生の醍醐味(?)なんてことをさらっと言えるほど、達観できれば良いのだけれど、今日も久々に嫌なことに巻き込まれ。


絶句


c0172202_07471061.jpg


停めていた車の前方が何か変と思い、近寄ると右前方のバンバーが歪んで(下がって)て「えっ?」と思って、じっくりと見たら1か所に強い力が加わった痕があり ヤラれていた・・


ダッシュカムで確認すると、かなりヘタ◯ソで、本当に免許を持っているのだろうかという疑惑から、不名誉なバーミンガムの自動車保険(無免許、無保険の車が多いエリアがイギリス国内でも断トツ)のことを思い出し、日中に停めていたエリア(普通の治安の住宅地)をサイト(HP)で調べたら、なんとハイリスクに該当。

証拠を提出し犯人を確定したところで、無い袖は振れないなんてことも十分に有り得そうと考えたら、費やす労力や時間、それにコストがもったい無いことになるかもと言うことで、早速、修理の見積もりをオンラインでお願いして自腹を切ることに。

理不尽な出費のように、たまにやって来るアンラッキーなことも、この程度で済んで良かったと思うことにして、嫌なことは心に留めておかずに、さっさとおさらば👋気持ちを切り替えて、穏やかな週末になりそうです。


[PR]
by bham | 2017-05-13 08:05 | 事件簿・治安情報 | Trackback

駐車違反の罰金請求

思った以上に長引いた風邪にはデトックス効果があったようで、意外にスッキリ。ずっと点在していた疑問もほぼ1本の線になって見立ての通りと確信しながら、人の話に惑わされて信用を無くすことの愚を思う反面、智慧のある人の判断力はさすがだなと思う出来事もあった9月は終了し、体調不良に加え、ちょっとした事件がいくつか発生したひと月だったけど、すべては無事で幸運に感謝。

その①は、見通しの悪い緩やかなカーブを逆走して来た車と正面衝突しそうになったことだったけど、少しの隙間から一瞬見えた対向車の角度がおかしいと思い、減速をしていたので寸前で回避。どうやら、右側走行の国から来た人のようで、今後もあり得ることかもと思うとゾッ・・・。

あちゃ
c0172202_21443203.jpg

その②は、弱火だし直ぐに戻るからとの油断から起こってしまった、玄米コーヒー炭化事件^^; 物を取りに2階へ行くと義母に緊急事態が発生したので、火のことをすっかり忘れて取り掛かっていたら、焦げ臭いにニオイが!慌てて1階へ行くとモクモクと煙が上がり、やってもうた・・・(もう少しで着火するのではというレベルに)その後も火災警報器がしばらく鳴り続け、家の中には野焼き臭が一週間ほど漂う羽目になったものの、玄米を燃やすと稲の場合と同じニオイになるんだと、新たな発見は面白かったり。

????

c0172202_21450282.jpg

そして三度目の正直(?)とばかりに、ドーーンとやって来たのが恐怖の文書。ぱっと見たら、私の車とナンバーの写真が載っていて、もしや・・スピード違反のお知らせかとちょっとドッキリしながらじっくり読んで行くと、あり得ない!駐車違反の罰金請求書。そもそも、そんなセコいことしないし、完全に先方の誤りだったので、直ぐに異議あり!のメールを送るも、返信までに約1ヶ月を要することがあるとのことで、思いっ切り時間を稼がれては不利になるなと、早速、徹底抗戦の準備をスタート。

こちらを一方的に違反者として書き綴った内容に、どこまで強気なんだよ!と突っ込みながら、その心理的な狙いも含めた、詐欺一歩手前のようなグレーな手法に、会社の質も知れてるなと思いながらネットで検索すると色んなことが出て来る出て来る…こりゃ、さっさと片付けるに限ると改めて決起。

提出
c0172202_21454372.jpg

原因は、そのスーパーの駐車場の出入り口に設置されているナンバーを読み取る機械の誤作動に違いなく、同日に2回利用したことで、1度目の退出と2度目の訪問の記録が飛んで4時間近くも駐車場に車を停めていたと見なされていたので、その時間帯のアリバイ(CCTVの記録など)を綴った文書と、レシートとその意味不明な請求書、それにこの会社へ送ったメールのコピーをまとめて、翌日にスーパーのマネージャーへ届けると「ああ・・・よくある話で。24時間以内に先方へ報告し、48時間以内に直接連絡をさせるようにします」と平謝り。その手慣れた感に、よくそんな会社と契約してるなと、イギリスにも天下りなるものがあるんだろうかなどと思ったり。

得てして、時間を稼いでその責任の所在をうやむやにしたり、逆にそのお鉢が回って来たあげく時間切れになるなど信じられない事も起こりうる文化なので、文字通り「strike while the iron is hot 」ということで、1ヶ月かかるかもと言っていたことが3日で解決。「先日送った文書の内容は全て破棄します」との返信には、謝罪の言葉は1つもなく、特に期待してなかったけど、これまたここの文化だと言うことと、私の個人情報が公的な機関から出された気持ちが悪い事は法的にOKなんだろうから仕方ないなと、満足な結果を良しとして手打ちに。

それにしても、「この告知書を無視するな」「2週間以内に払うんだったら£70(約9,200円)のところを£40(約5,250円)に減額してあげよう」「違反者の可能性があるとして「DVLA(運転免許庁)」に照会した」など、上から目線満載な文書だったのに加え、DVLAへの照会は£25(約3,300円)もかかるそうで、企業向けのディスカウントはあるのだろうけど、このケースでは利益どころかマイナスが生じていて、その点でも他からの回収を頑張らなくてはならないのだろうなと思うとこの会社は語るに足らずってことで、今後も用心しておかなくては。082.gif





[PR]
by bham | 2016-10-01 00:00 | 事件簿・治安情報 | Trackback

学生街近くの駅で起こった強盗未遂事件

我が家の最寄の駅の1つ隣りで、バーミンガム大学の学生さん達も多く利用しているSelly Oak駅にて、3ヶ月前(9月)の深夜に強盗未遂事件が発生したとのことで、防犯カメラに映っていたその様子の一部が公開された記事を発見。跨線橋で上りと下りのプラットフォームを繋いでいるため、被害者は人気の少ない方の駐車場で友人と別れて駅の構内を通り、大きな駐車場に停めていた自分の車へ乗り込もうとした際に応戦したそうで、無事に振り切れたから良かったものの、後ろからずっと追いかけられていたらしく、その気持ち悪さや恐怖心を考えただけでもゾッ。025.gif

* 情報源と詳細 *

Mail Onlineの記事(クリックしてください)

既に「何てことだ!」という感情が入りながら記事を読んでいたせいか、公開された容疑者の人相がいかにも「ワル」という風に見えるから不思議だけど、ちょうど最寄の駅員さんが「似たヤツを時々、この駅でも見かけるんだよな」って夫に話していたそうで、もしかするとこの界隈に潜んでるのかも・・・なんてことを思ったら、やはり人気のない時間帯の1人歩きはかなりの危ないなと。実際に、Selly Oak駅周辺では、女子学生が後ろから付回されるような事が何件も起こっているとの証言もあり、強盗だけではなく乱暴目的の可能性もあり、土地勘のある人間が、ちょっとした死角を熟知していて好機を窺っている線も考えられるので早く捕まることを願うばかり。

特に、これからの季節はこの手の犯罪も増える傾向にあるようですので、皆さま、ご注意ください!

* 追加情報 *

同じ頃に、当駅周辺で立て続けに起こった数件の性犯罪にも関与している可能性が浮上しているようです。詳しい記事はコチラを(クリックしてください)
[PR]
by bham | 2015-12-05 18:45 | 事件簿・治安情報 | Trackback

歓迎されないハロウィン

今年のハロウィンは週末ということで、招かざる客が訪ねて来るのを嫌がる近所の高齢者は、早々に寝室に籠もらなきゃ。なんて事を言ってたけど、確かに、この数年の商戦も手伝ってか関連のイベントも多くなり、若者には恰好の大騒ぎの機会にもなっている模様。

警告
c0172202_18164126.jpg


年々苦情が増えていて、その対策の一環として中西部広域警察が作成したと思われる「trick or treat お断り」の表示がダウンロードできるようにまでなっていて、やっぱりかと・・・我が家にも、5~6年位前までは小学生くらいの子供達がやってきて、その姿を少し離れた所で見ている保護者の微笑ましい姿があったけど、この数年は、10代半ば~後半位(保護者ナシ)のちょっとマズイ雰囲気の子供達の仮装集団が近所の路上を闊歩し始めたので応対しないことにしていたけど、純粋に年に1回のお祭として楽しめなくなって来ているのかもしれないなと思いました。

夏に比べて暗くなるのが早いので、面が割れにくいという点で悪い事を企む人にとってはチャンス到来の季節。よって、日没後はできるだけ出歩かないのは基本かなと思いながら、泥棒対策で家の周りの「隙」もチェックしておかなくてはと、忘れていたもう1つの冬支度を。

オマケ:まんじゅうこわい
c0172202_18172434.jpg


重い腰を上げて、数週間前に話題になって以来ずっと食べたかった饅頭作りを。一番好きなタイプの草木饅頭(福岡県大牟田市の銘菓)を模してみたけど、テクニックに難あり・・やはり饅頭も饅頭屋?!だなということで、あの薄皮には程遠い田舎饅頭を量産・・・まだまだ練習を重ねなくては007.gif
[PR]
by bham | 2015-10-31 18:29 | 事件簿・治安情報 | Trackback

イジメ報道から考えたこと

決してガラの良い街ではないけれど、そこそこ色んな施設やお店が集まっていて家からもそんなに遠くないという便利さもあって、時々出かけているNorthfield というエリアで、何とも気分の悪い事件が発生し、全国版のニュースでも大々的に取り上げられていました。

概要は、土曜日の夕方に14歳の少女2人が少し年上の複数の少女(少年も含む)らに言いがかりをつけられて、屈辱的な虐めを受け、その様子が撮影されてウェブ上に公開されたことで事件が発覚したと言うもの。(詳しくはコチラ

特に、子供を持つ親としては「絶対に許せん!」という衝撃的な内容でしたが、こんなことが特別ではないという現実をしっかりと受け止めて守ってあげなくてはと、また思いました。しかしながら、相手がゴロツキだったら親である私や夫もヤラれてしまう可能性があるもの否めず、やはり、「君子危うきに近寄らず」ということを肝に銘じ、直感をもっともっと鍛えなくてはと痛感。

見守る
c0172202_16392773.jpg


いつの時代もイジメやそれに準じるものは存在するわけで、大人になったら解放されるという問題でもなく、そんな嫌らしいことにできるだけ関わらないようにする術を得ている人とそうじゃない人もいたりする。なんてことを考えていたら、今回のようなあからさまな事件ではなく、イジメられたと言う人が、実はそれまでに、気持ちの悪い嫌がらせ的なことをいっぱい仕掛けていて、遂に堪忍袋の緒が切れてしまった人からバーンと一撃を喰らったら一転、被害者面して大騒ぎの上に、そんな茶番に騙されて同情する人が現れたりするから、またまた話が複雑になったという、実に程度の低い話を思い出し、人の言動には何かと真実が隠れているもので、その辺りを見極めると「へぇ(呆)」013.gifってなことも多々あり、惑わされない眼力も大切だと改めて。

その後、ゴロツキ少女の家が特定され、怒った人達が集まって来て報復を開始し家族が怯えているという報道もあり、エリアがエリアだけに、変な方向へ飛び火しないことを祈りつつ、決して無くなることのないであろう虐めや暴力への対処法を、これから娘にどう教えて行くのかを考える機会になりました。
[PR]
by bham | 2015-07-15 16:42 | 事件簿・治安情報 | Trackback

大胆な泥棒

早朝にゴミの回収が終わっていたので、資源ゴミ用のコンテナを取りに収集ポイントに行ったら、寒空の下では、一番会いたくなかったご婦人(終わらないマシンガントークにつき)と遭遇^^; このコンディションでの立ち話は、どうかご勘弁を~と足を止めずに笑顔で挨拶→逃げモード★全開!にもかかわらず、捕まってしもうた・・・

危険
c0172202_23243260.jpg


と言っても、気分の悪くなるような話をする人じゃないので、体が冷えぬ程度にと聞いていると、先日、同じ通りの家の人が就寝中に泥棒が入って、その狙いは家の前に停まっていた高級車だったらしく、一階に放置していた鍵を見つけて事に及ぼうとしたものの、高級車の後ろに停まっていた小さい車を動かすリスク(気づかれる)を考えたのか、結局はその車の方を盗んで行ったとのこと。しかも、その後、泥棒は捕まったらしいけど殺人犯→脱獄逃走中だったとのオチで、朝っぱらから身の毛がよだつわよねー。“ブルブル”と震えのジェスチャー付きで舌好調~。

私も段々、寒さでブルブル。泥棒ネタを「お互いに、用心しましょうね」と限の良いところで終わらせたら「そうそう、週末に観た映画はね♪」と・・・これは、本当に早いこと撤退しないと身体がマズイことになりそうと、失礼のないようにタイミングを見計らっていたけど、大洪水級の語り口に隙なし。とうとう、あまりの寒さに、もう限界!となってしまったので、久しぶりに「生、生理現象がぁ~あ~。残念だけど、まっ、また!」と三文芝居で逃げ切りゴメン011.gif

特に治安に問題のあるエリアでもないし、狙われるようなエリアでもないのに、近所で発生した就寝中の泥棒の話は、この1ヶ月で2件目。これは、もしかすると全体的に、場当たり的な物盗りが増えているのかもしれないなと、万が一のことを考え、鍵や貴重品、それに凶器になりそうな物は家の中でも目立ちにくい所に置いておくようにしなくてはと、日頃の無防備な習慣を見直す機会になりました。
[PR]
by bham | 2015-02-05 23:36 | 事件簿・治安情報 | Trackback

警察署へ行く

楽しいお正月に水を差すような事件が発生した元旦は、夕方から最寄の警察署へ出かけてきました。簡単に書くと、違法な薬物使用でぶっ飛んでしまったオトコが「オレの印税の百万ポンド(約1億8,000万円)を返せ~」(この時点でチ~ンとお鈴が聞こえて来そうですが)と我が家に押し掛けて来て、対応した夫と義母に詰め寄ったらしく「私達が盗んだというのなら、警察に通報しなさい」と冷静に返したら、その「警察」と「通報」という言葉に過剰反応したようで、そそくさと退散した模様。

予約
c0172202_18474257.jpg


あまりの???な出来事に呆気に取られていた義母でしたが、そんな危険な人物が野放しになっていること自体が問題なので、さっさと手を打てることはやっちゃいましょう!と奮い立たせて警察署へ行くと、厳重なセキュリティの仕切り内に勤務中の警官が1人だけ。

暴言を吐かれたものの物理的な被害はなかったので、個室での相談という扱いになり、複数が勤務予定の翌朝に予約して出直すことになりましたが、こんな所にも、予算カットの影響が出ているんだなと思っていたら、更にビックリなことに、今年の春頃から、最寄の警察署も24時間オープンじゃなくなるらしく、バーミンガムでは、シティーセンターの一ヶ所を除いて、全ての警察署が同じくだそうで、不安になりました。

一応、999通報すると、自動的に緊急車両に我が家の所在地が出るように登録してもらいましたが、とりあえずは、数ヶ所の入り口や窓のセキュリティはかなり高機能な方なので、後は落ち着いて対応してくださいとのことで、警察が到着するまでの間の防衛についても色々と専門的なアドバイスをもらい帰宅。

寿命
c0172202_1848481.jpg


そんな緊迫した中で、これは、ドラマを地で行ってるのではないか?!と思うような事件がまたまた発生^^;な・ん・と、その数日後に家の固定電話が朝から不通になり、電話機ではなく回線に問題があることが判明。もしや・・・あのジャンキーが外の線を切っちゃったのかも。とか、どこまでも恐ろしいことを想像しながら、屋内の配線ボックスを開けてみたら、こりゃあかん(再びお鈴がチ~ン)・・・大急ぎでBTに連絡をし、ワケあり事例としての緊急手配をしてもらい2日後のアポが取れましたが、これは、異例の速さだと感謝。ご近所さん達の応援もあり、あの薬物中毒者が再び周辺をうろついたら、直ちに警察に連絡をしてもらえるようにもなりました。

2015年が始まってから1週間足らずで、既に濃厚な日々になりましたが、氾濫する薬物にジャンキー、そして、それらへの後手後手の対応というか、予算や人員さらには収容施設が不足していて回っていない公共サービスというこの国の抱える社会問題を目の当たりにして、これからの事を個人レベルで色々と考えでおかなくてはなと思いました。013.gif
[PR]
by bham | 2015-01-07 19:02 | 事件簿・治安情報 | Trackback

テロ対策の「RUN HIDE TELL」

一昨日にロンドンの主要な駅で、テロに遭遇した際の心得のような印刷物が通勤者を中心に配布されたニュースを見ましたが、その内容は、ムンバイで起きた同時多発テロと同様の駅構内における突然の銃乱射の可能性を示唆したもので恐ろしく・・・

リーフレット
c0172202_1810276.jpg


既に英国内には、違法に持ち込まれた殺傷能力の高い銃器が氾濫しているとの話もあるだけに、あり得ないことでもなく、特に、これからのシーズンは人の移動も多くなるので、駅がターゲットになる可能性が高いとの見解にも肯きながら、銃社会のアメリカではどのような啓蒙活動が行われているのかと調べてみたら、どうやらイギリス政府も参考にしていたようで、キーワードは「RUN HIDE 」までは同じで、「TELL」は「FIGHT」に!こんなことが日常で起こる可能性があるアメリカならではの動画を見ながら、テロってこんな感じなんだとシュミレーションを。

(トレーニング



実際に、在ニューヨーク日本国総領事館からのメールマガジン(リンク先はコチラ)でも対策が送られていたようで、その内容で特に大事だと思ったのが「慌てない」。実際に、パニックになりそうな事に遭遇した時にはこれに限るけど、一番難しかったり・・・随分前に、テロが日常的に起こっている某国からやって来た人が「銃声を聞いたら、身を低くして急所(頭部と心臓)を流れ弾から守るのがポイント」なんて事を言っていたけど、これまた想像しただけでも恐ろしや^^;

とりあえず、バーミンガムではニューストリート駅、クリスマスマーケット、ブルリング辺りが要注意かなと思いながらも、今年も暗躍中のスリ一味@クリスマスマーケットの方がハイリスクのようですので、お出掛けの皆さん、ご注意ください!033.gif
[PR]
by bham | 2014-11-28 18:49 | 事件簿・治安情報 | Trackback

フードで顔を隠すクセモノに注意せよ

朝っぱらから車が大破しトホホな週末の始まりでしたが、考えてみれば、忙しいを言い訳にゆっくり歩くこともなかったなと、徒歩5分の所にあるスーパーでさえ車を使っていた日常を省みながら、買い物を終えて自宅に向かう寂しい坂道(左側に雑木林のような藪が広がる)を上り始めた時に胸騒ぎが。実は、2ヶ月位前から、車に関することでも「何か、重大な事が起こりそう」と、とても嫌な予感がしていただけに、その勘を気のせいだとは思えず警戒しながら歩いて行くと、前方に怪しい男を発見!

さもありなん
c0172202_4183410.jpg


いかにもな風貌からは、何とも言えない不気味なオーラが出ていて、直感的にこれはアカンと・・・仕方がないので一定の距離を保ちながら進んでいると、坂の上から近所の老婦人が下りて来て男とすれ違い、その数秒後に男が振り返り何かを確認していたので、絶対に、追い越して背中を向けることがないようにしなくてはと思ったあたりで、緩やかなカーブ(死角)に突入。

すぐさま、姿が完全に見える反対側の芝生へ移動して、ノロノロと歩いて様子をみていたけど、そんな時に限って携帯ナシ&人も車も通らない・・さて、如何したものかと思ったところで、なかなか私が追い越さないのに痺れを切らしたのか、男が立ち止まった。ひえ~ もちろん、私も立ち止まっていたら、今度は方向転換して下り始めそうだったので、走ってスーパーの駐車場まで避難・・ブルブル・・その後も物陰から男の動向をチェックしていたら、反対方向へ歩いて行ったので戻れるかなと思ったら、また引き返して来て近くの公園へ行ったのかと思いきや、そこから駐車場を覗き込んでいるではないか・・・

仕方ないと迂回路を検討し始めた時に、さっきの老婦人が買い物を終えて歩いて来ていたので、このまま1人で戻らせては危険だと判断し怪しい男の話をしていたら、その間に姿を見失ってしまい、これはいよいよマズイなと思ったけど、老婦人は、足腰が丈夫じゃないので最短距離の坂道以外の選択は無いと。車で来ていたら、こんなことに遭遇することもなかったなと考えたら、もしかすると、これには何か大きな意味があるのかもと思い、意を決して一緒に坂を上がる事に。

相変わらず続く胸騒ぎの中、ヤツが待ち伏せしていないことを祈りながら2/3を上がったあたりで、ガーーン。なんと、前方からあのフード男が・・・・引き返しも、逃げもできない状況だったので、最悪の場合に備えて大きなゴルフ傘を利き手に持ちかえたけど、できるだけ緩い雰囲気でやり過ごすことにして、いよいよすれ違うタイミングがやって来た時に、お婆さんが「あの人なの?」と大きすぎる声で聞いてきて、どひゃ~ ^^;

どう出てくるか分からない相手を刺激してはタイヘンと、とっさに話題を変え、さりげに男の顔(薬物中毒を疑う特徴アリ)もしっかり見てすれ違い、半身で動向をチェックしながら無事に坂を上がりきった所でお礼を言われてハッとしたけど、実は、ターゲットは私ではなくお婆さんだったのかもと思うと、男の行動の一部始終も辻褄が合いピン!特に、弱者を狙った追いはぎのような犯罪は、これからの時期に急増するので、徒歩組高齢者が多い近所へ警報を鳴らさねば~と!、早速、町内会の役員に報告しましたが、車が壊れたことで、もしかすると発生していたかもしれない犯罪を防ぐことに役立ったのかもとかなり都合の良い解釈をした瞬間、この数ヶ月ずっと重かった気が、まるで憑き物が取れたかのようにスッキリ。047.gif

まだまだ続くであろう人生ゲーム・・・色々あるんだろうけど、どんなコマに止まろうとも、何ごとも直感を信じて前向きに進めたら良いのかなと思う1日でした。
[PR]
by bham | 2014-11-12 04:59 | 事件簿・治安情報 | Trackback


英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
事件簿・治安情報
イベント&お得な情報
医療と健康
食材の調達
色んな食べ物
レシピと食材(和食)
レシピと食材(エスニック)
レシピと食材(欧州系)
レシピと食材(スイーツ系)
キッチンにて
鍋料理と麺類
日本各地の食
おもてなし
外食の記録
バルチ
バーミンガム市内と周辺
ミッドランズ(西)
ミッドランズ(東)
コッツウォルズ
ロンドン~南東部
ヨークシャー~北部
南西部
ウェールズ
オランダ
ラトビア
鉄子系
サッカー
子育て
ホームエデュケーション
私ごと&里帰り
多文化見聞
時事・雑記
ガンとの闘い
おしらせ
ラトビア
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

記事ランキング

お気に入りブログ

地政学を英国で学んだ
*たぬき一家・陽だまり日記*
One Tennis ...

リンク(友達&お役立)

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧