カテゴリ:レシピと食材(エスニック)( 26 )

コートジボワールの発酵食品

春がやって来たと思っていたら、雪に霰に凍える寒さが続くこの数日。そんな中、久々にアフリカ料理を食べに行ったら、体がポカポカし出して発汗→超元気になった週末が忘れられずにDIYを決心。

一目惚れ


c0172202_00324505.jpg

特に、コートジボワール起源のキャッサバから作られるアチェケ(Attiéké)というクスクスのような粒状の食べ物がたいそう気に入ってしまい、まるで恋煩い(?)寝ても覚めても頭から離れず😅 段々と思いが募り、ついに探しに行くことにして、アフリカ系バー民御用達のお店へ突撃!


やった


c0172202_00351858.jpg

事前調査によると、乾燥した物が売られてるかもということで、それらしき売り場をうろつくも見当たらず。それでも、諦めずにウロウロしていたら、お店のお兄さんが声を掛けてくれたので勇気を持って発音「アチェケ」・・どうも、まずかったみたいで笑われたけど「コートジボワールのクスクスみたいな、キャッサバから云々」と続けたら分かって貰えて、冷凍食品コーナーで無事にご対面💕


再現

c0172202_00360801.jpg

サラダ&魚との相性が抜群だったので、冷凍庫に眠っていた Red Mullet をムニエル風にして、あるもの野菜で軽めの晩ご飯に。それにしても、何がそんなに良いのかと食べながら分析していたら、アチェケの軽い酸味+魚の塩味に、野菜の甘みや水分が合わさり、噛むことによってキャッサバの粘りと発酵臭が突出+酸味が引き出す円味という変化が面白く、気に入ったのかもという結論に達し、酢飯を使ったサラダのような感じで、ベジタリアンの友人を招く時の一品としても活躍しそうな使える食材に決定!(お値段も1kgで£2.50と合格👍)


誘惑

c0172202_00370185.jpg


実は、念願のアチェケを手に意気揚々と駐車場に戻っていたら、またしても唆られるニオイと光景に足止めという事態が発生⚠これまた、少し話が長くなりそうなので次回に。 


[PR]
by bham | 2017-04-29 00:47 | レシピと食材(エスニック) | Trackback

民族料理三昧

1年の中で最もお祭りが盛んな時期ということもあり、6月から世界中の珍しい食べ物にありつける機会が激増して、多民族都市に暮らす恩恵を受ける日々。

中東系
c0172202_22523452.jpg


友達の娘さんが通う学校のフェアに誘ってもらって、イラクのお菓子を購入。中でも珍しかったのが、カスタードプディングとチョコレートケーキが層になっていたもので、甘さも程よく激ウマ!作られたのは保護者の方だったみたいだけど、万国共通で、センスの良い人の作品はプロ以上だったりするんだなと感心。


c0172202_22543266.jpg


中国のちまきも売られていたけど、こちらは、材料費の関係か面白い具材で微妙でした^^; 

hola
c0172202_2255785.jpg


近所で開かれていた、商店街の人達が中心になってのイベントで見かけた南米の調理パンに思わず「わーーエンパナーダ♥!」と感激していたら、新規にお店をオープンしようと準備中のチリ人男性作だったようで、お試し価格で頂きました。

風味アップ
c0172202_22562892.jpg


もう少し塩味を効かせた方がイギリス人には売れるかなと思いながら、サルサも添えて久しぶりに南米の素朴な家庭料理を。

プロ
c0172202_2257146.jpg


炭とスパイスの合わさった独特なニオイに惹かれながら到着した、カリビアン(ジャマイカ)料理のブースでは、いい感じにチキンが焼き上がっておりました。

お得
c0172202_22572627.jpg


店舗を持たずにイベントだけの営業とのことで、急に食べなくなっても買えないのが残念なほど、味も内容も大満足だった£7(約970円)の盛り合わせには、メインのジャークチキンに焼き野菜(コーンとサツマイモ)ダンプリング(揚げパン系)、サラダ、黒豆ライスが少しずつ入っていて、ジャマイカ版幕の内弁当という感じで、色々楽しめて大人気でした。

アレンジ
c0172202_2303153.jpg


ここのところ続いている暑い日には、いつも以上にスパイシーな物が食べたい!ということで、汗だくになりながら自宅の庭(BBQ)でジャークチキンに挑んでみたら、まあまあの物ができたので、シーザーサラダの上に載っけておもてなしの1品に。

メイン
c0172202_231253.jpg


そしてメインには、初めての試みだったけど、自家製のかん水を使った麺でのトムヤム冷麺を。コシと縮れ具合もなかなかいい感じに仕上がり、まだしばらくは暑い日が続きそうなので、もっと色んな冷麺の創作を楽しんでみたいなと更なる野望も^^ 色んな国の料理に触発されるお祭りは、まだまだ続きそうです。024.gif
[PR]
by bham | 2016-07-22 23:14 | レシピと食材(エスニック) | Trackback

インドのかき揚げ

インド系住民が多いエリアの大手スーパーで見かけた、「混ぜるだけシリーズ」が半額になっていたので試してみることに。

準備
c0172202_2563412.jpg


インド式かき揚げ(オニオンバジ)の袋に書かれていたレシピの他に、よく使われているの食材2点(チーズと豆の葉)も加えて豪華版に。

調理中
c0172202_256453.jpg


時々、プロのお店でさえ中が半生気味の物に遭遇したりすることもあるので、数種類の豆を挽いて作られた粉が主原料である点を踏まえ、温度調整と揚がり具合に気を付けながら辛抱強く進めて完成。

食欲↑↑
c0172202_25743100.jpg


1回目の揚げたてを試食して、全体のバランスをチェック→甘味、苦味、ほのかなコクにスパイスのパンチと香りがマッチで合格!ついでに、もう1個と手が伸びそうだったけど、ぐっと堪えて2巡目へ。

構成
c0172202_258106.jpg


好物のスナックにつき食べ過ぎると、またしてもデブ菌増殖のキケン大と言うことで、ホームエデュケーションの屋外活動の持ち寄り品にすることにしたけど、保守的な味覚の元祖系イギリス人はもとより、本場がルーツの方たちのお口に合うのだろうかと若干不安になってもみたり・・・

商品
c0172202_2584613.jpg


ビビりながらフタを開けてみたら、意外性が受けたようでインド系のお母さんたちからは拍手が^^ バーミンガムという土地柄もあり、既にインド料理という扱いではなく馴染みのある一品ということで、元祖系のお母さん達にも好評でホッとしていたら「テンプラって初めて食べたけど、スパイシーなのね」なんて声が聞こえてきてオイオイ・・・・慌てて日本人作インドのかき揚げである旨を説明してみたけど、色んな話が飛び交っていてどこまで正確に伝わったのかは不明 ^^; 

その後、バジの呼び方についてインド系のお母さん達と話していたら、西部から南部ではバジだけど中部や北部ではパコラになり、バジは野菜のドライカレーを指すのでややこしいのだと。ふんふんと聞きながら、またしてもインド文化の多様性を思い、更に極めて行けたらと新たな野望が^^ ということで、インド版混ぜるだけシリーズも大いに使える食材に決定~!049.gif
[PR]
by bham | 2016-05-21 03:19 | レシピと食材(エスニック) | Trackback

野草を使った春の食卓

油断していると、たちまち娘の就寝時間になり慌てふためくこの頃。我が家の庭のプラムも花が咲きました。

開花
c0172202_501827.jpg


同じく、ここに来てぐっと伸び出した娘の習い事も2つ目が確定。本人のポテンシャルも考慮しながら時が来るのを待っていただけに、喜んで通ってくれているのも嬉しく、こちらも一気に春がやって来た感じで、また忙しくなりそうな予感。


c0172202_505494.jpg


この季節に収穫して冷凍させておけば、ニラの代用品として使える便利な「wild garlicを摘みにおいでよ~」との嬉しいお誘いに、いそいそと出掛け、ちょっとだけティータイムのはずが、盛り上がり過ぎて第二弾を約束してお開きに。

成功
c0172202_544140.jpg


去年、株分けしてもらった分がしっかりと根付いていたので、今年もまたトライ。繁殖力も強そうなので、そのうち、私もお裾分けができるようになれば良いなと夢はふくらみ^^

懐かしい
c0172202_553268.jpg


大連出身の友達が作ってくれたニラ饅頭を真似て具材を作成。ニラほど香りは強くないのが夫には良かったようで大好評!

手抜き
c0172202_56770.jpg


残念ながら生地を仕込む時間が足りずに、市販の餃子の皮を使ったけど、まずまずの仕上がりでホッ。ちょうど、キッズ交流会なるお遊びの集まりのお昼の1品になりました。

オマケ:お見事
c0172202_563856.jpg


同じ食卓に並んだ、ハンガリー出身のゲスト作の編みこみパンが美しすぎて、食べるのが惜しい程だったけど、シナモンバターと一緒に供されるとあっと言う間にほぼ完食!やはり生イーストを使うとのことで、東欧のパン作りにも挑んでみたいなと、更なる時間の捻出を企み中だけど、問題は腕前かなと・・・042.gif
[PR]
by bham | 2016-04-21 05:16 | レシピと食材(エスニック) | Trackback

black eye beans

家の大改造が第3弾に突入し、の指導の下で大掛かりな土木作業に勤しんでいた8月下旬。今回は、お隣さんとの境界に生け垣として、長年君臨していた大量のニオイヒバを斧を使って伐採するという木こり系で、かなりの疲労蓄積に^^;

未定
c0172202_15212119.jpg


そんな中、夕方スタートの飲み会に招かれて、イギリス人+10代の子供達にも食べてもらえそうな1品を漠然と作り始めることにして、そろそろ決着をつけなくてはいけない時期に来ていたblack eye beansの缶をオープン。

コンビネーション
c0172202_15215751.jpg


どうした物かと考えて、とりあえずはテクスメクスを目指してハーブ、にんにく、牛のひき肉などを炒めて豆と合わせてみたら、ケイジャン用のスパイスの方が合いそうだったので、セロリと、ついでに人参も加えて決まらぬ料理の行方のままトマトベースの煮込みを。

増量
c0172202_15222327.jpg


あまりにも体が疲れていたようで、いつもにも増して頭がボーっとしていたけど、味覚や嗅覚は平常通りに反応する人体の不思議を思いながら、フジッリと合わせることに。

仕上げ
c0172202_15224474.jpg


段々と完成図が見えてきて、イギリスの濃厚で美味しいチーズ2種類(
Double Gloucester,Mature Cheddar)に、パルメザンを載っけてオーブンへ。

完成
c0172202_15252034.jpg


12分位焼いて完成。

正体
c0172202_15255244.jpg


なんだか分からないうちに出来上がった料理は、クレオール調に!ということで、スパイスの風味がより楽しめるように、タバスコではなくクリスタルのホットソースでいただきました^^ ビーフに豆にチーズ+程よい辛味のスパイス類は、インド系の料理に慣れているバー民の皆さんには楽勝だったようで、私も一安心。なかなか作る機会のないアメリカ南部の料理もたまにはいいなと、少しやる気も出たけど、次回はいつになることやら・・・023.gif
[PR]
by bham | 2015-09-05 15:44 | レシピと食材(エスニック) | Trackback

タイ&ベトナムの食卓

久しぶりに料理会を開催。お題目は、先日のタイ料理店に触発されて東南アジア系に決定!

準備
c0172202_3121189.jpg


嬉しいことに食材も手に入りやすい環境につき、あの独特の香りも楽しまなきゃ!ってことで、ジャスミンライスを用意。お茶は、少し違った系統の香りのベトナムの蓮茶(ホアセン)を選びました。

演出
c0172202_3164810.jpg


メインのレッドカレー(kang dang gai)は、お店のよりもパンチが効いた仕上がりになりましたが、参加者全員が辛党だったので問題ナシ^^ 前菜のベトナムの揚げ春巻き(チャーゾー)と、ちょっとした副菜も添えて ✈ ✈ 気分(テーブルの上)だけ東南アジアへ。いつの日か、あの蒸し暑いご当地にまた行きたいなと夢も膨らみ、楽しかったランチも終了。

おさらい
c0172202_3381391.jpg
 

一旦、その味覚に火がついてしまうと、なかなか止まらなくなる系の料理につき、翌日は1人でタイ風の焼そば(pad thai)にトライ。こちらは、お店の物のよりも薄味に仕上がり、ちょっと物足りなかったので、調味料の加減を中心に更なる改良に勤しみたいと思います011.gif
[PR]
by bham | 2015-03-25 03:30 | レシピと食材(エスニック) | Trackback

お家でチャーゾー

何の予定も入っていない週末は、冷蔵庫の掃除を兼ねて気ままなクッキングを。

下準備
c0172202_4582858.jpg


少しくたびれたスプリングオニオンに、ハーブが3種類。鶏のひき肉と小エビもあったので、お題目は、久しぶりに食べたくなったベトナムの揚げ春巻き★チャーゾー(Chả giò)に決定。

カット
c0172202_4585884.jpg


ライスペーパーを4等分にして準備。

巻き巻き
c0172202_4594659.jpg


さっと水で濡らして、具材を載せてくるっと巻いてみるけど、何度やってもベトナム人のように、軽やかにできずに凹む。

完成
c0172202_51720.jpg


しかも、集中力と持続性に欠けるので「もういいや!」と終盤は、かなり雑な包み方になり、揚げ油の強烈な跳ね返り(具が飛び出すため)に怯えながら、いつもと同じく・・・後悔。

そんなスリリングな展開も、油を巧みにかわし火傷することなく終了^^v ライスペーパーのカリカリとした食感と具材のジューシーさに加え、一口サイズというものあって、ついつい食べ過ぎてしもうた・・028.gif

とは言え、このキケンな料理は、約50個分で材料費は約£3と超~お得なので、また忘れた頃にドーンと作ってしまいそう。(学習能力ゼロ^^;

[PR]
by bham | 2015-02-15 05:06 | レシピと食材(エスニック) | Trackback

北アフリカの料理

ちょっくら北アフリカへ行ってみよう~(気持ちだけ)!って事で、そっち系の料理会を開催。

材料
c0172202_23201990.jpg


香りだけで、既にご当地へ ✈ ✈ ✈ 飛んでしまいそう^^

ビスミッラー
c0172202_232103.jpg


スパイスやハーブと食材の相性の他、それぞれの料理においての比率を説明しながら、レシピはナシという超~感覚人間ならではのやり方だったけど、素材の良さも手伝って大成功!

モロッコの煮込み料理の代表格(2種)

◆ Tajine de poulet au citron (チキンとレモンのタジン)

◆ Tajine de kefta (肉(ラム)団子のタジン)

◆ harissa  (唐辛子を使った薬味)

エジプトのサラダ

◆ Salad baladi (我が家のサラダ)

ズーム
c0172202_2358591.jpg


北アフリカと言っても、西と東ではお料理も少し違って来るので、あえて、サラダはちょっと異なるタイプのエジプトのサラダバラディに。このバラディとは、ご当地(広義のhome)を指すそうで、つまり何でもありなんだとか^^ で、私のレシピは、日本に留学していたエジプト人の実家のもので、ちょっと裕福な出自だったせいか、一般的なサラダバラディと比べると色々入っているようです。

材料は、キュウリ、トマト(しっかりと熟している物)、パプリカ、赤たまねぎ、ゆで卵、ツナ(缶)+ミント(刻んだ物)、ブラックペッパー、塩に本人が言っていたヨーグルトチーズ(=グリークヨーグルト)、酢(好みで)を合わせるだけのシンプルな物ですが、これがサッパリしていて、モロッコ料理2種とも好相性。

デザート
c0172202_23254271.jpg


食後は、ミントティーとミックスナッツを置いて、気が早いけど、イースターの頃の予定を話したりしてのんびり。これも、ちょっとだけ現地風に^^

大当たり
c0172202_23274166.jpg


ミックスナッツの類はあまり買わないけれど、先日、インド系のお店で、好きな物(アーモンド、クルミ、カシューナッツ)だけ+2種のレーズンが入っていたのを見つけたので試してみたら大当たり! 特に、アーモンドはほのかに残るアマレットのような後味が堪らず、これだったら最後まで湿気ることなく食べ切れそうです038.gif
[PR]
by bham | 2015-01-30 00:01 | レシピと食材(エスニック) | Trackback

カリフラワーチーズのエスニック仕立て

身も心もスッキリ★大作戦を決行中の最近は、一段と美味しく感じる野菜をしっかりと食べていて、 このまま、断捨離成就~!と願いながら、冬に向けて、もうひと息調整中です。

フュージョン
c0172202_532285.jpg


瑞々しいカリフラワーも手に入るようになったので、カリフラワーチーズをちょっとだけアレンジ。元々、家では、コクも味もしっかりとした熟成(mature)チェダーチーズだけを使って、ソース類は一切使わないシンプルな物をサイドに使っていますが、今回は、ソースにレンズ豆と引き割りの緑豆を使ったカレー・Dal Tadka(ダール・タルカ)+体を温めてくれそうなリークを合わせてオーブンへぽ~ん。

チーズ①
c0172202_5345176.jpg


まったりとしたチーズをたっぷり。と行きたいところだけど、75%をローカロリーの物を、

チーズ②
c0172202_536229.jpg


残りの25%は、濃厚な物を使用。

完成
c0172202_5365443.jpg


同じチェダーだけど、2種類のチーズを使っているような感じで面白い仕上がりに^^v 特に、軽いチーズは、インドのパニール(カッテージチーズ)に同じく、カレーとの親和性も良く大成功!何より、時々、ヒットするスパイス(シード)の香りが広がり、最後まで飽きないのが嬉しかったりで、ついつい食べ過ぎそうになりましたが、2種類の豆のおかげでお腹もほどよく満たされ、コレだけでも一食としても十分な内容で、特に、軽めのベジランチにお薦めでーす。001.gif
[PR]
by bham | 2014-10-07 05:55 | レシピと食材(エスニック) | Trackback

ポークベリーのスロークッキング

一日中遊び周った翌日は、中年の悲しさか(?)やる気はあるけど体がついて来ん・・^^;そんなワケで、放置系の料理を。

迫力
c0172202_3515764.jpg


コッツウォルズからの帰り道に立ち寄ったファーム・Hillers 産の良質の豚バラ(pork belly)を、一晩白ワインと自家製タレに漬け込み準備完了。

調理前
c0172202_353753.jpg


朝のうちにオーブンへ投げ込んで、120℃で2時間じっくりロースト。

終了
c0172202_3545820.jpg


仕上がりはどんなかな?と覆っていたアルミを外してチェック。脂もいっぱい出て、お肉も柔らかくなっていてイイ感じ~♡

続く
c0172202_3542011.jpg


そのまま食べてもOKだけど、せっかくだから皮をパリパリにしたい!と小さく切って焼く準備を。

熱量カット
c0172202_3571991.jpg


Airfryer(ノンフライヤー)で、更に脂を落としながら、結局、このマシーンの活躍で、今年は庭でBBQをしなかったことを今さら悔やむ・・・^^;

出来た
c0172202_3575345.jpg


スパイスを使わなかったので、ジャークポークには程遠い味だったけど、これも炭火で炙ったららさぞかし美味しかろうということで、久々の我慢大会☆極寒BBQもいいかなと秋晴れの日を狙ってみることにします。006.gif
[PR]
by bham | 2014-08-29 04:12 | レシピと食材(エスニック) | Trackback


英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
事件簿・治安情報
イベント&お得な情報
医療と健康
食材の調達
色んな食べ物
レシピと食材(和食)
レシピと食材(エスニック)
レシピと食材(欧州系)
レシピと食材(スイーツ系)
キッチンにて
鍋料理と麺類
日本各地の食
おもてなし
外食の記録
バルチ
バーミンガム市内と周辺
ミッドランズ(西)
ミッドランズ(東)
コッツウォルズ
ロンドン~南東部
ヨークシャー~北部
南西部
ウェールズ
オランダ
ラトビア
鉄子系
サッカー
子育て
ホームエデュケーション
私ごと&里帰り
多文化見聞
時事・雑記
ガンとの闘い
おしらせ
ラトビア
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

記事ランキング

お気に入りブログ

地政学を英国で学んだ
*たぬき一家・陽だまり日記*
One Tennis ...

リンク(友達&お役立)

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧