カテゴリ:ヨークシャー~北部( 13 )

重機のテーマパークへ

新学年スタート!のはずが、小学校の準備コースに通うことになる娘には、更に2週間ほどの休みがあったので、ずーーっと連れて行って~!と言われ続けていた重機のテーマパーク「Diggerland」へ、ちょっぴり気合を入れて出掛けてきました。

看板
c0172202_65142.jpg


世界的にも有名な重機の会社JCB経営のこの施設は、イングランド内に4ヶ所あり、バーミンガムから一番近い西ヨークシャーの Castleford 支店へ、2時間半で到着。

歓迎
c0172202_6331713.jpg


入り口では、ブルドーザーがお出迎え^^ 娘と夫のテンションも上がって、ガテン系の1日が幕開け~♪

案内
c0172202_6334739.jpg


手加減のない、数々の重機の圧倒されながら色んなアトラクションへ向かうと、各ゲートの前に、担当のスタッフがやって来て案内→使用法の説明→安全装置のチェック→開始という手順で、気軽に楽しめるようになっていました。

うっ・・
c0172202_6341273.jpg


ほとんどの乗り物は、入場料とセットになっていて乗り放題。ということで、我が娘は・・絶叫マシーン系の↑に10回以上も搭乗。最初は、同伴が必要だろうと思って、後から起こりうる事態を覚悟し、私も乗ってはみたものの、悪酔いにも似た予想以上の気持ち悪さで、しばらく伸びてしまう情けない結果に^^;

豪快
c0172202_6345432.jpg


こちらは、まるで暴れ象にでも乗っているかのような、荒々しいアトラクションで、搭乗後に、アップダウンのある道を揺さぶられながら通過し、広大な空き地に連れて行かれた後に、容赦なくブンブンと振り回されてしまう、これまた、伸びてしまう一歩手前の危険な乗り物でした。

上昇中
c0172202_6353880.jpg


そして、高い所がダメな夫は、地上で頓挫^^; クレーン車を使った展望席も、遠くに広がる長閑な景色を一望できて、なかなかでした。

眺め
c0172202_6363146.jpg


大型の重機が小さく見える位の高さまで上がって、気分爽快!

目がまわる
c0172202_637970.jpg


夫&娘は◎ 私は× だった乗り物↑。たしかに、子供の頃は楽しくて、大好きだったけど、いつからダメになったかな?なんて、考えながら眺めているだけでもクラクラ・・・

実践
c0172202_6374393.jpg


アドレナリン↑↑↑ の状態が長く続いてはマズいということで、時々、操縦系のマシンにもトライしてみましたが、こちらは、いくら誤作動させても大丈夫! 思いっ切り楽しんでおくれという雰囲気で、さすが、メーカー直営!太っ腹~と感心。娘も、基準の身長(110cm)を越えているので、ガチ!大丈夫かなと心配したけど、楽しそうに操縦していました。

はまった
c0172202_6381571.jpg


私も、面白いことに、段々と大きな物に挑みたくなって、しまいには、大型ショベルカーを操作。ガガガガガ・・・と地面を掘りあげて、時々、座席が大きく傾きながらも、泥を積み上げて満足^^ もしや天職?なんて、調子に乗った事を思い始めたあたりで、スランプに^^;甘かった・・・

こども仕様
c0172202_639727.jpg


更に、これでもか!とばかりに乗り物三昧の園内には、効果音付きの低速サーキットもあって、安全のため追い越し禁止^^ それでも、娘はF1ドライバーに成りきっていました。

高級車
c0172202_6395920.jpg


↑は、園内のお土産屋さんにも売られていた車で、お値段は£4,500(約70万円)ナリ!これも、娘は気に入ったようで、運転後には、ボンネットを開けるよう要求して、親切なスタッフの方に内部のスイッチの説明をしてもらっていました^^;

オマケ:ガテンガール
c0172202_6414430.jpg


と、まぁ・・10時の開園後すぐに入って、3時頃には退散という計画でしたが、重機マニアの娘が、それを許すわけもなく、結局、閉園までの7時間耐久プレー(?)で、最後は3人ともヘトヘト・・・娘は、車に乗ると2分で眠りに。久しぶりに、徹底的に遊んだ1日になりましたが、なかなか体験することのできない、重機類の運転も楽しめて大満足。我が家にとっては、大当たりのテーマパークで、また、来年もリピート確定となりそうです。049.gif
[PR]
by bham | 2013-09-11 06:54 | ヨークシャー~北部 | Trackback

温泉のはずが・・

評判のアフタヌーンティーで腹ごしらえも終わって、元気よく旅の目的その②の温泉へ出発~!この日の天気ったら・・横殴りの雨&突風で、傘が反り返っている人続出・・まさに風呂日和でした。そんな中、気合十分な割りにはお風呂の入り口が見つからず、ウロウロ・・困っている所に出ました~!「THE ROYAL BATHS」ロイヤルですよ!ロイヤル!!

19世紀末には大繁盛だったTHE ROYAL BATHS)
c0172202_118575.jpg
「やった~」と喜び勇みスロープを上がって行くと、「どこがロイヤルやねん!」と突っ込みたくなる風貌のおっちゃんがペンキを塗っておりまして「奥さん、何してんの?」と怪訝そうに尋ねて来ましたんで、「お風呂の入り口はどこでしょか?」と聞くとあっちだと指差すので、そっちへ行くと無い・・んも~!と思いながら仕方が無いので、そこにあった観光案内所で聞くと、あっちだった。(おっちゃん、やってくれるやんけーーー〈怒〉)でも、ちょっと苦労したほうが、楽しみも倍増するわ~♪と、どこまでも機嫌よく角を曲がると遂に入り口が!

ロイヤル転じてトルコ式風呂
c0172202_128283.jpg
ハロゲイトは、かつてスパタウンとして入浴できる場所が10数ヶ所あったそうですが、今では営業しているのは、ここ一軒だけなんだそうです。温泉好きの血がフツフツ↑↑大興奮で受付を済ませて、施設内に入り説明を受けると、な、なんと「温泉はありません」でも、「冷水のプールがありますから、体を冷ましてくださいね」ですって・・そして、やっと、このトルコ式の意味がわかりました。ちょっとは、英国式にアレンジされていると思っていたのは大甘でして、それは、まさしくペルシャやアラブの文化圏にある蒸し風呂(ハマム)だったんです。屋内の装飾はアラベスク!気分はすっかりアラブの富豪でした。残念ながら屋内は撮影禁止ということで、その様子はこちらをご覧下さい。

まっ、そんな訳で温泉はお預けでしたが、蒸し風呂→熱い部屋→水風呂を繰り返したり、温かい空間にあるベッドで横になったりして、健康ランド気分を味わい、3時間まった~り過ごしました。そして、体の芯からポカポカになったので帰ることにしましたが、最後になって読んだ注意書きに仰天!実は、私・・・入浴してはいけない人に該当しておりました・・でも、伝染病じゃないんで、人様のご迷惑になるようなことはないかと・・まぁ、今のところ体に異変もないので楽しい旅の思い出にしておきまーす。006.gif

オマケ:施設の詳細
HARROGATE TURKISH BATHS HP
[PR]
by bham | 2008-10-05 02:36 | ヨークシャー~北部 | Trackback | Comments(10)

Bettysを訪ねて

朝7時頃にバーミンガムニューストリート駅を出る、イギリスが誇る(?)特急電車に乗って、北へ3時間半。北ヨークシャーの閑静な街・Harrogate(ハロゲイト)への小旅行を楽しんで来ました。目的は美味しい紅茶と温泉。まずは、以前、このエリアで院生生活を送っていたひと回り以上も若く、可愛い&お洒落な友達が絶賛するBettysのアフタヌーンティーへGO!(午前中開始だったけど・・^^;)

Bettysの入り口
c0172202_441154.jpgここが、あの超有名なティールーム・べティーズの正面です!さすがに、王室のメンバーをはじめ、上流階級の人達から愛されてきただけあって、格式高いお店でした。1919年にスイス人によって創業されたそうで、やはり大陸の薫りが随所に感じられ、特にお菓子はフランス風やオーストリア風の物があり、料理もスイス風の物が出されているようで面白かったです。

美味しそうなケーキ群
c0172202_4483628.jpg



c0172202_4564612.jpgお店に到着したのは11時頃でしたが、既に20人位の人が並んでいました。このお店は、予約を取らずに先着順にお客さんを案内するそうで、平日なのにすごい人気!かなり期待しながら10分位待っている間に、お土産コーナーをチェックするとオリジナルの紅茶やコーヒーをはじめ、料理の本やお菓子などが品良く並べられていて、「帰りに買うぞ~!」と、またしても優良観光客になっちゃいました(笑)

(ザ☆アフタヌーンティー)
c0172202_561362.jpgそして、念願のアフタヌーンティー開始! 本来は、女友達とちょっとすましてお茶を。なんて展開なんでしょうが、この日は甘党の夫が相方でして・・まるでテディベアと楽しむアフタヌーンティー(?)それでも、一緒に暮らし出してちょうど5年目突入の翌日(その場で気付く2人でした・・・)互いに感謝しつつ、たま~に、のんびり、ゆったり英国の贅沢な文化を楽しめて良かったです。サンドイッチは4種類の具から好きな物を2種類選べたので、私はローストヨークシャーハムとスコットランドのスモークドサーモンを注文しましたが、どちらも塩分が少なく、素材の良さがしっかりと引き出された見事な質でした。そして、一番の目的だったハロゲイトの水で出される紅茶。これまた、しっかりとしたボディで後味もよく、英国内でも、比較的軟水とされるバーミンガムで淹れる紅茶とはひと味もふた味も違い、ここの水質と見事にマッチしたブレンド(Bettys Tea Room Blend)も圧巻で、久しぶりに感動する味でした。

オマケ:カロリーは気にせずに・・濃厚なスコーンが完成!

c0172202_5293277.jpg


解説を割愛させていただく程、申し分のないスコーン。そしてクロテッドクリームと言えばデヴォンのイメージがありますが、こちらヨークシャーも酪農が盛んなだけあって、濃厚でまったりとしたヨークシャークロテッドクリームが添えられていました。苺のジャムは私にはちょっと甘過ぎましたが、勿論、オリジナルでなかなかの質の物でした。到着早々、ヨークシャーの食べ物を色々と食べられて大満足~♪

この後、腹ごなしにTHE ROYAL BATHSへ向うのですが・・・大きな勘違いがありまして。
その話はまた、後日012.gif

お店の詳細) Bettys cafe, tea rooms HP
オーダーしたのも) Bettys Traditional Afternoon Tea  £14.95
[PR]
by bham | 2008-10-03 06:23 | ヨークシャー~北部 | Trackback | Comments(12)