カテゴリ:サッカー( 6 )

今季も「OKAZAKI」

イギリスに来て、一番忙しかった8月も残すところ数日。思いかげずに頂いた大きな仕事で、また将来への展望がクリアになってきたりと、実りの多い時期で、ブログに書きたいことがいっぱいあったけど、時間がなく

新調

c0172202_18202858.jpg

そんな中でも、ちゃっかり、レスターのホーム開幕戦へ。新しいユニフォームもゲットして、士気を高め


再会

c0172202_18223205.jpg
昨シーズンの終わりに「たぶん(残留)」と語っていた岡崎選手の言葉通り、また、まずはショップの中のパネルに会えました!

カモ~ン

c0172202_18240220.jpg

最前列から精一杯応援していたら、嬉しいことに我らの岡ちゃんが先発&開始1分足らずで得点!もちろん、皆、大興奮の中、チームも幸先良く勝利。


惜別
c0172202_18243606.jpg

楽しい時間に限りがあると分かっていても、ちょっぴり辛いお別れの時が・・・この試合を最後に、日本へ帰国する応援団の主力メンバー3人の記念ショット。「異国の地で、我武者羅に頑張る岡ちゃんの姿に勇気をもらっている」と、語っていた皆さんも、言語も文化も違う所で、困難な学業や研究を収められていて、その姿を陰ながら応援させてもらっていました(涙)


恒例
c0172202_18254725.jpg


日本でも、体に気をつけて頑張るんだよと最後は、応援団(A面)のもう1つの活動(B面)のラー研で、送り出される人が麺を作るという、ちょっと手荒いお別れ会で〆 またいつの日か、レスターの応援&ジャンクさに欠けるラーメン(化学調味料無添加)を食べに、弾丸ツアーで遊びに来てくれるのを楽しみに、新生応援団も頑張ります^^ 


[PR]
by bham | 2017-08-28 18:30 | サッカー | Trackback

験担ぎのお弁当

ある験担ぎを思いつき支度を開始。

黙々

c0172202_05221465.jpg


何年かぶりに作るアンダルシア料理に、パンチをきかせたい欲望と戦いながら、軽くスパイスを加え、アラブの置き土産的な一品を。


粉砕

c0172202_05264723.jpg

バレンシアのお米を使ったパエリアの上に、メインの魚のフライ(pescado Frito)を載せて完成→向かった先は、いつものキングパワースタジアム 。この夜は、ヨーロッパ各国のリーグを勝ち抜いた上位クラブチームがしのぎを削る、チャンピオンズリーグの試合で、既に1つ前の試合に負けていたレスターは、後がない絶体絶命の大ピンチ!会場に入る前には、ビールの缶が友達の足元に飛んできたりして、荒々しい印象の相手サポーター群がちょっと怖かったけど、「打倒👊セビージャ弁当」のパワーで応援開始~♪ 


開戦

c0172202_05295302.jpg

前監督の電撃解任劇から急場を凌ぎつつも、負け知らずの指揮を取って来た暫定監督が、シーズン最後までの監督に内定して初のゲームということもあり、スタンドには、同じ苗字つながりのウィリアム・シェイクスピアの作品から引っ張ってきたという、有名なフレーズが書かれた洒落っ気いっぱいの巨大バナーも登場し、大いに盛り上がり、新監督のシェイクスピアさんは、子供の頃からバー民とのことで勝手に親しみを覚えたり


変身
c0172202_05353692.jpg


肝心な試合の方は、かなり調子が上がってきたレスターが勝利!終始、あれっ「?」と、まるで、キツネにつままれたかのようなリアクションが多かった、セビージャの選手達の様子が印象的で、一勝一敗だったけど、規定(ポイント)で準々決勝へ進むことが決定し、あまりの嬉しさに、この日の来場者全員に配られた懸賞付きポテチの袋を使って、私もFOXに変身。このまま、勢いに乗って頑張れレスター!


[PR]
by bham | 2017-03-21 05:47 | サッカー | Trackback

諸行無常(激動のレスターシティ)

久しぶりにサッカーネタを。

惜別

c0172202_06041731.jpg

今年に入って、全く勝てない試合が続いていたレスター・シティが、ついに、昨シーズンの奇跡の優勝を指揮したラニエリ監督を解任したというショッキングなニュースが飛び込んできた数日前。ユーモアあふれるチャーミングな人柄で、サポーターからも絶大な人気を誇っていた人物だっただけに、SNSは大荒れ⚡で、悲しくなるようなコメントも続出・・・😪


気づき

c0172202_06120249.jpg

またしても、理と情のバランスの難しさを思いながら、レスターのチームに起こったことは、普通に色んな所でも起こっているようなことで、過去の実績や業績に敬意は払うものの、現在や未来を考えた時に、ココまでという区切りをつけて決断を下さないと、共倒れや泥仕合という更に酷い状況になることってよくある話だと思い、今後、その姿を見ることができないのは寂しくもあるけど、下のリーグに落ちては元も子もないから、仕方のなかったこととして気持ちを整理。ちょうど、数週間前にレスター市内を歩いていた時に、監督がよく口にしていたと言われる『dilly-ding, dilly-dongの文字が窓に書かれていたのを思い出し、今後のチームの活躍に期待して、


夕飯

c0172202_06150645.jpg

助監督の指揮の下での第一弾⚽強豪・リバプール戦の応援へ!日程の変更で、月曜日の20時キックオフになったので、娘は夫に任せて、私は久しぶりに1人で外出。その後、仕事を終えての集合になった友人達と合流し、リクエストのお弁当(サバ竜田弁当)も配って気合十分で、特に、この方↓の応援は、いつも以上にハッスル

Yeah

c0172202_06160344.jpg

嬉しいことに先発!他のメンバーも、ほぼ昨シーズンのベストの顔ぶれで、サポーターの盛り上がり方から風向きが変わったのを感じながら、色んなことから move on ! ただただ、勝利を信じて応援していたら


挽回

c0172202_06170439.jpg

やっと出た、今年初のリーグ戦の得点。ココまで長かった~と、思わず涙が出てしまうほど感動し、これぞ、レスターのサッカー!と、久しぶりに歯車が噛み合って心が1つになったチームを見て、すっかりサポーターになってしまっている自分に驚きながらも 新生チームの意地や心意気を感じた試合は、見事に3-1で勝利。順位も降格圏の18位から15位に上がって一安心。まさか、こんなにハマってしまうとは思わなかった、サッカー観戦もあと3ヶ月。シーズンの終わりまで、しっかりと岡崎選手と(売り出し中のベン君も!)レスターを応援し続ける気満々です。そして、大好きだったラニエリ監督、ありがとう(Grazie e buona fortuna per il futuro)


[PR]
by bham | 2017-03-01 06:34 | サッカー | Trackback

今季も続くレスター・シティの応援

すっきりと晴れ渡った美しい秋空の下、昨シーズン、大快挙でプレミアリーグの王者となったレスター・シティFCの応援へ出かけてきました。この日の対戦チームは、サウサンプトンで、今度こそは、岡崎選手vs吉田選手の対決が見られるかも!と期待していざスタジアムへ。

ご機嫌
c0172202_02034715.jpg

2度目となる娘も、「20」のユニフォームを着て「オカジャキ~」と発声練習に余念が無く、チャントまで口ずさんでおりました^^; 前回の試合で「優しくて(笑)カッコイイ」と一目惚れ→スーパーヒーロー確定!で、既に大ファンに。


直向き

c0172202_05392987.jpg

先発の11人が発表され、残念ながら控えでのスタートでしたが、寸暇を惜しんで体を動かし調整を図っている両選手がピッチの外に。その姿からは、チャンスは絶対に逃さないという、並々ならぬ闘志が伝わって来て「監督さん、お願いだから出して~!!」と念じていたら


実現

c0172202_05400244.jpg



叶った024.gif 後半に入ってしばらくしてから、レスターのベンチ周辺が慌ただしくなって、遂に岡崎選手が参戦!これには、応援団一同大興奮 (感激のあまり涙が出てしまったワタシ・・


感動

c0172202_05404426.jpg



ここのところの鬱憤を晴らすかのように、ピッチ内を猛烈に走り回る背番号20がとても眩しく、ゲームの流れもレスター優勢に変わって来て応援にも更に熱が入りましたが、敢えなく0-0の引き分けで試合終了。


強行軍
c0172202_05500221.jpg

あと一息、惜しかったなと、最後まで諦めずにボールに食らいついて行く岡崎選手の気迫あふれるプレーの余韻に浸りながら、遠足@プレミアリーグ観戦という雰囲気で終始ハッピーだった子供達と一緒に両選手を待っていたら、代表戦に向けて日本へ出発!と仲良く登場で、全く別人のようにリラックスされていた姿が印象的でしたが、そのスケジュールと大移動の行程を聞いてビックリ。改めて、一流アスリートの超人ぶりを思うのでした。


オマケ:ほのぼの

c0172202_02092254.jpg

夕日に背中を押されて、皆で駐車場まで歩いている姿を撮影していた娘が、一緒に行ったサッカーが上手な友達の姿を見て「私もサッカーをやりたい」と!

色んなことを総合的に判断して、即答に困ってしまったけど「そうね。考えてみるよ」と前向きな返事をし、近場で女の子を受け入れてくれるチームを探しているものの、諸条件に適う所がなかなか見つからず大苦戦^^; コンタクトレンズを入れている右目のこともあって、球技を始める前に体の基礎作りをもう少しやってからの方が良いのかなと思う反面、興味のあることを応援してあげたい気持ちもあって、とりあえずは進んでいるという感じだけど、これも縁があればということで、どうなりますやら・・

[PR]
by bham | 2016-10-05 02:22 | サッカー | Trackback

レスター夢物語の続き

多くの人が驚いた、サッカー界のシンデレラストーリーの幕引きを観に行ってきました。

青一色
c0172202_274298.jpg


もしかすると優勝するのかもという頃のゲームが見られただけでもラッキーだったのに、再度の招集に張り切って出陣!本拠地最後の試合+優勝が決まったということで、レスターの街中に近づくにつれお祭り具合が激しくなり、駐車場でもおかみさん作カップケーキのプレゼントが^^

新調
c0172202_281779.jpg


チームの応援はもちろんだけど、本命は岡崎選手ということで、この日も、団長お手製の新しい応援旗(岡崎選手が代表を務めるサッカースクールのロゴ入り)が登場。移動の関係で、到着していないメンバーが数名いてちょっと心細い中、道を尋ねられた日本人男性と意気投合→ナンパ(笑)なんと、はるばる日本から応援に来られたとのことで、筋金入りのサッカーファン=百人力のメンバー加入で勢いづいてスタジアムへ向かいました。

一新
c0172202_294622.jpg


スタジアム周辺には、ゲームを観戦できないサポーターの人達も集まって来て、青いシャツを着て歌ったり踊ったりで大混乱。外壁には、既に来シーズンに向けての新しいデザインもお目見えしていて、チームの中心的存在の選手の中に、今回も岡崎選手の姿がありました^^

お祭り
c0172202_2102592.jpg


試合開始は17時30分だったけど、14時半には、これまた親子3代筋金入りのレスターサポーターである友達の旦那さんと待ち合わせて、チャントの練習をちょっとばかり。周りは皆、レスター♥と盛り上がっていて何でもアリの雰囲気だったのもあり、良いウォームアップに。続いて、オーナーさんがタイの方という点でも話題となった、毎回取り行われているという祈祷(必勝祈願)のために到着されたタイの高僧ご一行を目撃(拝)

フェア
c0172202_2105135.jpg


いよいよ、スタジアム内に入ると、中では大宴会が始まっていてなかなか先へ進めず^^;それでも、やっとのことで席に到着できてビックリしたのが、なんと、最前列の席でピッチも近く大迫力!報道陣のすぐ後ろでしたが、その区切られていた広めのエリアには、自力で移動が困難なお客さんのためのスペースが確保されていて、さすがイギリスだ!とその計らいに感動。

演出
c0172202_211335.jpg


各座席には、白か青の旗が備え付けられていて、皆で振るときれいなストライプが形成される仕組みになっていて、これは、相手チームはかなりやり辛いだろうなと思ってたら、やっぱり、3-1でノリノリのレスターが快勝し有終の美を飾りました。

表彰式
c0172202_212923.jpg


試合後には沢山の花火と紙吹雪が舞い散って盛大なセレモニーが行われ、周りには泣いているサポーターもいたりして、創設 133年目にしての念願の初優勝のみならず、並々ならぬ郷土愛のようなものが伝わって来て、私までもらい泣きしそうに。

おめでとう
c0172202_213664.jpg


スタジアム内のスクリーンには、笑顔の岡崎選手とプレミアシップトロフィーが映し出されて応援団も感激!

上手
c0172202_2133826.jpg


盛り上がったついでに、後ろの席のお父さんが持っていたトロフィーについて聞いてみたら、石膏を使って作ったんだとかで、なかなかの出来。

平和
c0172202_2142769.jpg


試合終了後に配備されたお巡りさん達もニコニコと微笑みながら、ちょっと目が潤んでいたりして、物々しい雰囲気とは程遠く、歴史に残る奇跡を全員で祝福。そんなステキな瞬間に立ち会えて本当に幸運でした。

オマケ①:引き出物
c0172202_2145147.jpg


来場者全員に振る舞われた優勝を祝うオリジナルグッズの数々を持って帰宅し、久しぶりのシンハービールで祝杯をあげ夢のような1日が終わりましたが、ユニークなレスターシティの来季が更に楽しみになりました。001.gif

オマケ②:動画


[PR]
by bham | 2016-05-12 02:43 | サッカー | Trackback

岡崎選手vs吉田選手(プレミアリーグ)

在英13年目にして初となる、プレミアリーグの観戦へ出かけて来ました。元々、スポーツ観戦も好きだったけど、結婚してからはなかなか出かける機会がなかったので、久しぶりにハッスル?!

応援団
c0172202_1643785.jpg


この日は、なんと、現在首位を行くレスター・シティ(Leicester City Football Club)とサウサンプトン(Southampton Football Club)のゲームで、うまく行けば、岡崎選手と吉田選手の対決を見ることができるかも!と誘ってくれた団長を中心に、駐車場から応援グッズを身にまといスタジアムまで歩いていると、熱烈なレスターのサポーターから幾度となく、クラクション攻めに合ったりして、失礼ながら、予想外の大快進撃に街全体が盛り上がっているのを実感。

ビックリ
c0172202_1685993.jpg


純粋にレスターと岡崎選手を応援したい団長の熱意が、真っ直ぐ過ぎて(笑)夜な夜な仕上げたという応援旗と青白のズラに魅かれる人達多数で、スタジアムの外に着いてからは、一緒に写真を撮らせてくれ~!と人が殺到し、なかなか前に進めず・・・^^;遂には、タイやイタリアを初めとする海外のメディアにまで取材をされ始めた団長。最後は、日本放送協会からも!

太っ腹
c0172202_1692946.jpg


場外でのウォームアップも限の良いところでと、いよいよ入場。この日は、チェアマンのお誕生日の前日ということで、特別にドーナツやビールまで振る舞っていただいて、私もニワカサポーターに^^


c0172202_16101111.jpg


満員御礼という文字がぴったりだった場内は、ほとんどがレスターのサポーターでお祭り状態。この大声援が「地震」として誤探知されたという、笑えるニュースが数週間前に新聞に載ってたことを思い出し、妙に納得してみたり。

キックオフ
c0172202_16105654.jpg


いよいよ試合が始まり、一流選手のサッカーを間近で観戦。いや~エエ体してるな!と鍛え抜かれた見事なボディから繰り出される技に見惚れながら、時折、気合の入ったサポーターのお腹の底から湧き出てくるような「ブーイング」の迫力に圧倒されたりと、非日常の空間を楽しみました。

結果
c0172202_16112341.jpg


そして、迎えたゲーム終了。再三の危機があったものの1点を死守して、この日もレスターが勝利!岡崎選手の活躍も見ることができ大満足。

歴史
c0172202_16115326.jpg


その後、岡崎選手の出待ちをするとのことだったので、子供達と一緒にのんびりとスタジアムの周りを散策していたら、球団職員のおじさんが「おお・・・隠れてるじゃないか」と、工事用のフェンスの様な物を動かし、人の名前が多数書かれたレンガが埋め込まれていたスペースを確認していたので話を聞いてみたら、随分前に数十ポンドを払って、30文字まで書き込めるサポーター制度があったので、ご自身の「愛息2人の名前を刻んでいるんだ」とのことで、仕事の度に確認するのだそうで、とても温かい気持ちになりました。それから少しだけ、その息子さん達の今を伺って、一期一会のお喋りも終了。

まさか
c0172202_16123010.jpg


ぐるりと一周したけど、相変わらずの出待ちが続いていたので、運河を見ながら遊んでいたら、何故か知らないけど急にふと振り返りたくなって見たら、な・ん・と!そこには、この日は出場の機会がなく残念だったなと思っていた吉田選手が!これはーーと急いで両脇に子供達を抱えて突進。そんな、意味不明なイノシシオバちゃんの厚かましいお願いにも、かなりお疲れなのに「おいで」って優しく子供達を招き寄せてくださって、一緒に写真を撮らせていただいた好青年♡吉田選手。本当にステキな方で、これからも、ますます応援しよう!と思いました。

継続中
c0172202_1613010.jpg


一方、出待ち組の方も岡崎選手の登場で大興奮024.gif

遂に
c0172202_16132261.jpg


団長の熱き思いに、岡崎選手も笑いが。応援旗にサインを戴いた上に記念撮影まで。この時点で既に、出待ちのファンの方への対応を30分以上もされていたようで、数日前に日本代表戦(しかも国際Aマッチ100試合出場を達成)から戻られたばかりとも聞き、いろんな意味で本当にすごい選手なんだなとその人気の高さが分かりました。

オマケ:豪華
c0172202_1614645.jpg


そんな中「オレは帰るぜ~」とばかりに、爆音を轟かせてバットマンのような車で快走して帰る選手も^^ おお!この派手感も面白いなと、私の若かりし頃に発足したJリーグとその花形選手達の雰囲気を思い出したりして、遠くイギリスの地で活躍されている岡崎、吉田両選手を見ることができた幸運に感謝でした。
[PR]
by bham | 2016-04-06 16:24 | サッカー | Trackback