バーミンガム素描 ~Oh,Brummie!~

bham.exblog.jp

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>

ブログトップ

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

英国発祥のマッサージ

「世界のマッサージを体験しよう!」ってなことで、この数週間、バーミンガムで気軽に受けられるマッサージをリサーチ。さすが、移民の多い街なだけあって中国系やインド、タイ、インドネシアなど面白そうな物から、アロマセラピー等いかにも英国っぽい物まで色々とあり、またまた好奇心に駆られていたところにタイムリーなものを発見。その名もHydrotherm massage(ハイドロサーム・マッサージ)つまり、温水の熱で全身を温めつつマッサージを受ける極楽系♪イギリス発祥なんだとか。

まるで温泉気分
c0172202_027854.jpg
出産までのあと1ヵ月間食べ物や運動に気をつけながら、血行を良くしたり体を柔らかくしたりする手入れも続けていないと、老体が最後まで持たなさそうなので、早速、行ってきました!ちなみに料金は1時間15分で£37でしたが、初回はお試し価格として10%オフの嬉しい特典付き^^


(過程)
① 35℃~40℃のお湯の入ったマット(↑写真)の上に、パンイチ状態で仰向けになり(膝を曲げて山のようなになっている所に固定)、バスタオルで全身を覆いウオームドアップ。

② 温まった頃に、ホホバオイルを使っての全身マッサージ開始→リンパ系にかなり効いているようで、血液の循環が良くなり更に体が温まって来る。

③ 約1時間のマッサージ後、10分位リラックスして終了。(すっかり温泉猿(?)^^;)

ずっと仰向けでいられるのでかなり楽。コレは超~妊婦向きでお薦めです!

会場の外観
c0172202_2424026.jpg
今回、マッサージを受けた場所は、バーミンガム市内南部のKings Nortonにあり、家から車で10分位で行けてこれまたラッキー。The Natural Health Centreというセラピークリニックで、色んなタイプのマッサージや療法を受けられることもあり、なかなか流行っているようでした。スタッフの方も親切で、さすが20年以上続いているだけあるなーと感心しながら、次回のトリートメントの内容と時期を相談したら「38週目(出産予定2週間前)の
中日にハイドロサーム+リフレクソロジーの組み合わせをやりましょう」と的確な指示をもらい、アドバイスに従って次回の予約も入れてきました038.gif

オマケ:効き目
優しいマッサージだったので、揉み返しもなく体中がポカポカ。温泉から帰った時みたいな心地良さだったので久しぶりに爆睡しました(笑)他には腎機能が高まったようで、分身に圧迫されている膀胱の働きが、いつもより良好!それと肺臓が温まったようで、未だ引きずっていた軽い咳も収まり万々歳~♪何より、腰から下が信じられない位軽く快適で、甦りました!これで、もうひと息頑張れそうでーす。
[PR]
by bham | 2009-02-21 05:15 | 医療と健康 | Trackback | Comments(10)

にゅうめん色々

急激&猛烈に麺が食べたくなる最近、調理時間が短くて済む素麺に助けられています。韓国製なんですが、日本の素麺とほとんど変わらないのにお手頃プライスで夏場には大活躍でしたが、いつの間にか忘れてしまって・・・急遽、引っ張り出しました^^;

こんな感じc0172202_5374195.jpg



日本の高級素麺には及びませんが、まずまずの質で問題なく使えて重宝しています。以前、キムチ、ひき肉、野菜、果物、コチュジャンなどを和えて作る家庭料理(ビビン素麺)を韓国人の友達の家でご馳走になり、韓国でも素麺が食べられている事を知り、それ以来愛用しているメーカーの商品です。




冬の素麺その①
c0172202_6475618.jpg

さっぱり系:「ざいり」(たぶん斎理?)と呼ばれる精進料理

①干し椎茸と昆布+醤油、塩、白ワイン、砂糖(少々)で薄味のスープを作成。
②油揚げと戻した椎茸を醤油と砂糖で甘辛くしっかりと味付けし、具材を作る。

スープと具材の味が程よく絡み合って飽きが来ないので、ついつい食べ過ぎてしまします^^;

冬の素麺その②c0172202_73391.jpg
スパイシー&こってり系:マレー文化圏で食べられている「ラクサ」風

① 水+チキンスープの素+レモングラスでスープを作成。
② フライパンで少したっぷり目の油を熱して、エビ、イカ、にんにく、しょうが、野菜(もやしや白菜、人参など好きな物を)、チリを炒めながらナンプラーを加え、シーフードのエッセンスを効かせる。
③ ①+②にココナッツミルク(パウダーの方が香りが強い)、カレー粉を加えて塩、こしょう、砂糖(微量)で味を調え、しっかり水分を切った素麺を投入して全体的に馴染ませ、好みでゆで卵をトッピング。

チリの量にもよりますが、このスープで寒い日の毛穴全開も不可能ではありません!味はココナッツ風味のカレーのような感じです。

オマケ:プロの作品2点
c0172202_7323333.jpg
← チャイナタウンにあるMalaysian Delight のラクサで、太目のたまご麺が使われていました。シーフードの出汁が効いていて美味しかった!

c0172202_7444480.jpg




Lye(バーミンガムの西方の街)にあるSateyのラクサで、野菜が多く使われていました。チキンスープの味が強くて、ややさっぱりした印象でした。


分身誕生まで、いよいよあと5週。胃が圧迫されて胸焼けと戦いながらの食事ですが、負けないぞ~!011.gif
[PR]
by bham | 2009-02-16 08:08 | レシピと食材(和食) | Trackback | Comments(6)

カワイイ湯たんぽ

大寒波に見舞われて自宅軟禁状態が続いた今週ですが、この冬、初めて使って意外と良かったなーと思ったもの、それはイギリス式湯たんぽ。日本の水枕の改良版といった感じの物なので、「本当に使えるの?」なんて、使用前は少し怪しんでいたんですが、なかなかイイ感じです!

こだわりが無いもので・・
c0172202_6142835.jpgティーンエイジャーのお嬢さん愛用のような可愛らしいデザインですが、行きつけのバッタ屋さん・home bargainsという超~お得なディスカウントショップで£1.99で売られていたので(デザインはこのハートマークのみ^^;)、即買いしました。実は、このお店は某大手スーパー系列のグループ企業のようでして、それぞれのお店で売られていた物が、色んな事情で流れて来るターミナル(?)→「The☆底値」を打ち出せる仕組みになっていると思われます。なので、定番商品は限られていますが、時々覗いてみると思いがけないお値打品にめぐり合うことが出来る楽しい場所なのです!ちなみに、この湯たんぽ(長さ20cm位のコンパクトな分)ですが、調べてみたら一般的に£5~£10の間で売られているようです。

仕組み
c0172202_6332419.jpgこんな感じの構造で、500ml弱の熱湯を入れて栓を締めればOK。2~3時間は温かいので、就寝時や腰を肩を温めたりと大活躍です。(最近、熱湯使用不可!との注意書きを発見しましたが、これまでのところ大丈夫です)これよりも大きなサイズ(1.5ℓ)もあるようですが、売り切れていたため仕方なく小さい分を買ったのですが、局所に使え結果的には良かったような気がします049.gif

オマケ:全然関係ないけど・・c0172202_733218.jpg

コレ何~だ?

引き篭もり中につき、色んなものを整理していたら、忘れていたヘンテコな物を発見!それは・・
随分前に教会のジャンブルセールで買った生態系の児童書(新品)に付いていたオマケで、ちょっぴり風変わりなぬいぐるみですが、その正体は?

こんな生き物のぬいぐるみ、生まれて初めて見た~!と驚き&ウケてしまいました。新品とはいえ、先入観が・・

答え:

  →→→ →→→ →→→ →→→ →→ ↓
c0172202_7454263.jpg

幼稚園や小学校でしばしば、お仲間のliceが発生するお国柄だから??・・・
身近な存在なのかもしれません^^;
[PR]
by bham | 2009-02-07 08:10 | 時事・雑記 | Trackback | Comments(6)

ファミレスinイギリス

嗅覚と食欲もまあまあ復活したので、延び延びになっていた倹約家のご近所さんと行くパブランチにようやく参加できました。行き先は、Harvesterという、英国版・ファミリーレストランでして、不況対策として登場した目玉のメニュー(メインコースが£4.99)を毎日、夕方の6時半までオーダーできるうえ、サラダバー付きという内容でした。

すごい、ボリューム!c0172202_6243793.jpg10種類のメインコースは、イギリス人が大好きなFish&Chipsをはじめ、高カロリー&栄養のバランスには疑問・・・の料理が勢ぞろいでしたが、約1ヵ月間の闘病生活で体重も減った事だし、まっ、たまには良いかということで頼んだのがkickin’ Garlic chiken (ローストチキン1/2羽+濃厚なガーリックバターチリソース掛けにチップス、茹でたコーン)さすがに、アップアップでしたが、ご近所さん達3名(イギリス人)は軽く平らげていました^^;

これだけで満足かも・・c0172202_6255861.jpg
サラダバーはおかわり自由で2~3種類のパン(結構、美味しい)も選べ、ドレッシングも5~6種類あったので、コレは結構、気に入りました。

このHarvesterはフランチャイズのようで英国中色んな所にあるようですが、ご近所さん曰く、同じ料理でもお店によってシェフが違うので、お気に入りの店を見つけるのが「」なんだそうです。実は、今回、行った店舗には、3年位前に友達の送別会で来たことがあったのを思い出しました。その時は多国籍主婦軍団の幹事さんお薦めの店ということで利用して、景気が良かった時だったので£10前後のランチしかなかったような記憶がありますが、今となっては、バブル崩壊後の日本と同様に、激安ランチを提供して凌ぐしかないのかな?なんて思ったりしました。

守銭奴・・いや、守銭道の基本c0172202_6281457.jpg

日頃、倹しい生活を送られているご近所さんですが、実は、なかなか裕福な方なのです。それでも、無駄が嫌い!と仰るだけあって、かなり賢い消費者でいつもお得な情報を教えてもらっています。そして、この日もバッグから「FREE SUNDAE BEST ICE CREAM」と書かれた新聞広告のバウチャー(切り抜き)が登場(笑)見事、4人とも食後のデザートのサンデー(£2.35)←を無料でゲット!満腹だったはずなのに、すっかり別腹に収まりました^^
景気後退、不況、そんな暗いニュースが続く最近ですが、このファミレスには小さな子供を連れたママさんグループや、くだけたビジネスランチを楽しむ男性達、リタイア組と思われるお年寄り等々、多くのお客さんでかなり繁盛していて明るい雰囲気があり、何だか嬉しくなりました。

オマケ:外観
c0172202_6364697.jpg


なんとなく、日本のファミレスを思い出す懐かしい雰囲気&リーズナブルな料理は、大食漢の方へお薦めかもしれませ~ん006.gif
[PR]
by bham | 2009-02-03 07:11 | 外食の記録 | Trackback | Comments(16)