<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Henley-in-Ardenの名物

起きたら爽やかな天気だったので、こんな日は近場の街へドライブに行くべし!ということで、家から車で30分足らずの所にあるHenley-in-Ardenへ出掛けてきました。実は、この街・・何度も車で通過したり、フットパス~運河沿いがコースになっていたハイキングでは、ただハイストリートを横切っただけだったり・・縁遠い場所でして、その度に、いつかゆっくり来たいなと思っていました。

Henleyと言えば、南北約1マイル(1.6KM)に、チューダー様式の建物が150軒以上も並んでいるハイストリートが一番の見どころなんですが、他にも(笑)というか、一番の目的だったのがココ↓

老舗
c0172202_16595247.jpg

1934年(昭和9年)からアイスクリームを製造しているHenley Ice Creamで、迷いに迷ってclotted creamhoney&gingerの2種類を選び、ヘンリーの街並みをバックに記念撮影^^

一度で二度美味しい?
c0172202_15504830.jpg


甘さもちょうど良くてしつこくもなく、「なるほど~!」と上機嫌で評判のアイスを味わっていたら「???」蜂蜜と生姜ではなく、ココナッツとパイナップルの味がしたので、もう一度食べてみて確認すると、やっぱり、ココナッツの味がしっかり。ショーケース内の容器自体が間違っていることをお店の人に伝えると、恐縮されて「新たに同じ物(clotted creamとhoney&gingerの2スクープ)を作り直します!」と。しか~し・・そんなにたくさんのアイスは食べられないので「honey&gingerをシングルで」とお願いすると、シングル用のコーンにこんもりと盛られた代品が出てきました・・・

どう見てもダブル・・
c0172202_1735517.jpg


コレは困ったな・・と思ったところに、横でニコニコ笑っている甘党党員某さん。顔には「押し付けて」と書いてあったので、遠慮なく最初の分を譲渡(?)して、仕切りなおしのhoney&gingerを食べて事なきを得ましたが、やはり、アイスクリームはもう少し食べたいと思うくらいの量の方が美味しい!と勝手な結論に達しました。ちなみに、このアイスはちょっと甘かったのですが、時々、生姜にヒットするとスパイシーな風味が口の中に広がる仕掛けになっていたので、飽きることなく完食できました。

オマケ:迷わずにはいられないメニュー
c0172202_16554345.jpg


どれも魅力的で「また戻っていらっしゃ~い♪」と言われているような^^
この夏には、また他の味を試しに出掛けてみようと思います001.gif
[PR]
by bham | 2010-05-29 17:41 | ミッドランズ(西) | Trackback | Comments(8)

青汁効果

アンチエイジングという言葉にあまり興味がないというか、むしろ、年相応で良いと思って「在るがまま」でいたのですが、どっこい。初期ガン(術後の5年生存率93%)が見つかり、40年も酷使してきた体を労わらずにはいられなくなってしまったので、手術後からは、打倒・活性酸素を心がけつつ、様々な知恵を拝借して、息切れすることなく続けられる健康法に励んでいます。

先日、パーティーで久しぶりに会った友達2人(私よりも10歳以上若い)と話していたら、「最近、どうも体質が変わってきたみたい」と。「えっ?若いのに」と一瞬思いましたが、自分のことを振り返ってみたら、ちょうどその頃(20代半ば~後半頃)に確かに変化があったことを思い出しました。たぶん、その辺りから、少しずつ良くないことが体内で起こり始めていたようです。
そこで、最近の健康法の話題になり、病気発覚後からの食生活で大きな変化があった「手の甲のシミ」と「青汁」の話をすると、彼女達も始めてみようかということになりました。

妊娠中から手術前までの2年ちょっとの間に、私の手の甲にはたくさんのシミが出てきました。これを「年だからなー。仕方ない」と軽く考えていたのですが、実は、これは毒素で、体の中から出たい!と一生懸命、皮膚を押し上げて来たものだったようです。もっと、早く体のサインに気づくべきでしたが・・私は健康で元気だ!と何の根拠もない事を自負しているおバカさんでした。
そして、いきなりのガン宣告・・子供がまだ小さいのに死ねるか~!ということで、お医者さんにお世話になりながらも、自分でできること(免疫力を高めることなど)を即行スタート。「抗がん」というキーワードでリサーチを開始して出た結論は、食事と生活習慣の改善でした。特に、大ききなヒントを得たのは「デザイナーフーズ・プログラム」というアメリカの国立がん研究所のプロジェクトで、がんの予防効果が有るだろうと報告された約40種類の食品がピラミッド型で示されているもので、毎日、積極的に摂るようにしています。

「うっ・・まずい」でおなじみの
c0172202_18522150.jpg
自家製青汁を毎日、せっせと作っては飲んでいます。コレ・・本当にまずい体がシャキっとなりますんで、お薦めです。一応、ざざっとレシピ(?)って程のものではありませんが、分量と作り方を。

(材料) 

ケール 100g(1/2袋)
水(できれば清浄した物)約250cc
にんじん 大1本





before)
c0172202_1991475.jpg

ケールはしっかり水洗いをし、にんじんは皮をむき適当な大きさにカットして、ジューサーの容器に水と一緒にセットし、粉々になるまでジューサーにかけ、青汁ができたらザルで濾す。

* ケールを粉々にすることで、含まれている成分がより多く抽出されるようです。


(after)
c0172202_1924211.jpg
ザルに残ったケールとにんじんの微塵を布などを使って搾り出すと、更に濃厚な青汁が!
味は、季節によって違うようで、冬場のケールは甘かったのですが、最近は苦くなりました。それでも、私はOKなので、季節によって異なる味を楽しんでいるところです001.gif

本日のオマケは、シミがすっかり消えてしまった手の甲の写真を。と思ったのですが、血管が浮き立ってとてもお見せできるような状態ではないので・・コレでご勘弁を~

オマケ:スーパーで売られているケール
c0172202_19394185.jpg


大きなスーパーで、200g入りが1ポンド前後で売られているので、この自家製青汁(約300~350cc)は約60ペンス(78円位・・ポンド安っ・・^^;)でできるのも続いている大きな一因のようです。お疲れの皆さんへ(笑)お薦めの一杯です!
[PR]
by bham | 2010-05-24 20:03 | ガンとの闘い | Trackback | Comments(14)

久々のナイジェリア料理

約2年前に行った、シティーセンターの外れにあるアフリカ料理店の「SOMAGA」に、やっとリピートできました。このお店の印象は、「臓物料理」「元気なおかみさん」「名物☆フィンガーボウル」等々でしたが、相変わらずの面々(?)で嬉しい再会でした。

アフリカへの扉
c0172202_7141282.jpg


看板は「アフリカ料理店」になっていますが、実際は、おかみさんの母国のナイジェリア料理が主で、他に、旦那さんの国のケニア料理が少しあるようですが、あるサイトのレビューで、この店のケニア料理が酷評されていたので、今回も本命はナイジェリアということでスタート!

まずはスープから
c0172202_7232015.jpg


ナイジェリア版味噌汁??国民的スープのpepper soupで、「辛いけど大丈夫?」とおかみさんに心配された一品でしたが、激辛党員3名は、難なくクリアしました。実は、ペスカトリアンの食事に変えている私は「禁肉」中なのですが、1日70g以下なら、時には良いというルールを設けているため、久々に、ちょっとだけ食べましたが、これは、韓国料理のテールスープと良い勝負という位、美味しかったです。

代表選手
c0172202_7343860.jpg


メインを3種注文した中のヒト品:Egwusi soup with grand rice and Semolinaエグシと呼ばれる瓜の種をすり潰した物と、牛肉のテール、足、内臓のごった煮と一緒に、生焼けのパン生地(?)にも似たのっぺりした食感&餅の香りがする主食を、手でちぎりながら食べるそうです。なので、手がベタベタになる。そこで、登場するのが、ここは銭湯か?と思ってしまうようなフィンガーボウル↓

ナイジェリア式(?)^^
c0172202_7521587.jpg


そして、最後はPuff-Puffという、ちょっぴりスパイスの効いたドーナツとコーヒーで〆。お腹いっぱいで、体もポカポカ♪秘境の旅の話やら、ゲテモノ系の食べ物の話やら・・とっても楽しいランチでした。そして・・この日の晩御飯は、皆、軽食になってしまったようです042.gif

オマケ:デザートの図
c0172202_81397.jpg


お店の情報

SOMAGA : 88-90 Bristol Street,B5 7AH
tel: 0121-622-4579
月-土 AM11:00~深夜まで営業
http://www.somaga.biz/
* 日中は問題ないと思いますが、夜はあまり治安の良いエリアではないのでご注意!

残念ながら閉店したようです
[PR]
by bham | 2010-05-20 08:14 | 外食の記録 | Trackback | Comments(4)

イギリス人のユーモアセンス(?)

2~3年間(だったと思うのですが)、リニューアルのために閉鎖されていたmac(Midlands Arts Centre)が、今月初めにようやく営業を再開したとのことで、早速、出掛けてきました。実は、マイナーな映画が好きな私は、イギリスに来てからも、このmacで、短期(1~2日)間上映される映画を狙っては出掛けていたので、休館になると聞いた時には、かなり凹んでしまいました。
なので、特別な思い入れもあって、昨夜からワクワク♪ 子供の頃の「遠足の前日」状態になって、寝つきが悪くなってしまうほどでした。^^;

お洒落になりました
c0172202_71542.jpg


以前より、建物全体が明るい感じになって開放感のある空間に変身!ここは、本当にmacなの?と思うほどきれいになっていて、初めは、ちょっとばかり違和感がありましたが、これから、また、以前のようにぷらっと遊びに来れるんだと思ったら、とっても嬉しくなりました。

その後、隣接する大きなCannon Hill Parkを散歩していたら、懐かしい人と再会

その人は・・
c0172202_7222765.jpg


おんとし81歳☆ロン様です!実は、このおじいさん、キャノンヒルパークではちょっとした有名人でして、ローラースケートの達人なんです。彼の前では、チョイ悪ボーイズも、素直なスケート少年に変身してしまうほど、柔らかくてユーモアいっぱいのオーラが漂っていて、私も大好き!ついに、今日は、周囲の人を驚かせる「ドッキリ」の助っ人をやってしまいました^^;

それは・・2004年のある秋の日、私も騙された・・助っ人が、スケート初心者のように装ってフラフラしている老人(ロン)に手を貸すと、一旦、体勢を整えることができる。が、またすぐに、転びそうになる。そんなことを3~4回繰り返していると、親切な人達が「おじいさん、大丈夫?」「無茶はしない方がいいよ」といった感じで心配して立ち止まるので、タイミングを見計らって、突然、スイスイと滑り出す。

↑こんな手口なんですが、皆、一瞬(?)となった後、「やられた!」と笑ってしまうようです。こんなお茶目なロンさんの姿は、「You Tobe」にも登場(ココをクリックしてください。)

これから天候も良くなるので、ロンさんは、頻繁にキャノンヒルパークに出没する予定なんだとか。また機会があったら、助っ人をやってみようかなーと、私も、密かに思ったりしています011.gif
[PR]
by bham | 2010-05-16 08:18 | バーミンガム市内と周辺 | Trackback | Comments(10)

デザインいろいろ

イギリスで暮らし始めて、公共機関からのお知らせや、施設で利用されているポスターなどのデザインが、シンプルだけどインパクトが強くてお洒落だなっと感じることがよくあります。色使いが鮮やかなのと、書かれている文字がアルファベットだからというのもあるかも知れませんが、全体がすっきりして、一番伝えたい事が何なのかが直ぐに分かる「単純」さも、外国人にはありがたい!そんな事を感じながら、見つけた最近の「お知らせ」がコレ↓

(謎解き)

c0172202_6233753.jpg


6月16日とA&E
実は、QE(クイーンエリザベスホスピタル)からのお知らせで、今まで救急(A&E)を受け付けていなかったQEが、6月16日(水)からA&Eを受け付けることになって、これまで受け付けていたSELLY OAK HOSPITAL が6月15日を以ってA&Eを廃止するという内容でしたが、16thの「H」にHOSPITALの「H」を持ってきているあたりが、とっても上手いなと思いました。

もうひとつ、病院関連の物ですが、入院中にコレはいい!と思ったのが
こちら↓

境界は大切

c0172202_6513128.jpg


ベッドの周りにある仕切り用のカーテンに留めてあった物ですが、too muchと感じる時に「カーテンを閉めている=今はそっとしていて(入ってこないで)」と代弁してくれる優れものでした。特に体調が悪い中、文化も習慣も異なる多民族が同じ病室で過ごすため、境界線の感覚の違いがトラブルの原因になるという、よくある話を未然に防ぐために考案されたのでは?と思うほどで、効果を発揮している場面を何度か目にしました。

難易度★★★★★?
c0172202_7282923.jpg


これは、カエルに注意!の道路標識ですが、カエルを轢かないように運転するのは至難の業かもしれません。でも、イギリスでカエルを見かけることは滅多にないので、この標識を見るたびに??どこにいるんだろうと思ってしまいます^^;

これからも、色んな所をウロウロ&キョロキョロして、面白いデザインを発見したいと思います037.gif

※お知らせコーナー※
今年も、我が家の庭にレモンバームが大繁殖中です。株分けご希望の方がいらっしゃいましたら、遠慮なくご連絡ください。

c0172202_74398.jpg

[PR]
by bham | 2010-05-14 08:00 | 時事・雑記 | Comments(8)

目覚め

イースター頃に復活!との目標でしたが、なんだかんだでズルズルと時間が過ぎてゆき、やっとのブログ再開です。

この冬は、大荒れの天気だったバーミンガム。それに同じく大荒れだった私の健康状態。いやー・・今回ばかりは、本当に大丈夫かい?と思うほど、オオゴトでしたが、何とか手術を終え、先日、無事に4ヶ月が経過しました。と言っても、まだまだ油断できない要観察の問題児なんですが^^;ほどほどにおとなしくしつつ、少しずつ以前ように色んな所に出掛ける気満々です。

これまで、バーミンガムの街のこと、そして食べ物のことを書くことが多かったのですが、これからは、ちょっと方向転換をして、病気のことや健康対策などについても書いてみようかとも思います。

何はともあれ、元気に外を歩ける!そんな当たり前だと思っていたことに感動している最近です。ブログの更新が止まり、色んな方にご心配をお掛けしましたが、本日、復活です!これからも、また、よろしくお願いします。

*オマケ☆民族色豊かなバーミンガムの病院食*

まずはイングランド系伝統的一品(開腹手術後初の食事がコレでした・・)
c0172202_839331.jpg


で、↑のはっきりしない味に飽きて泣きが入った頃に登場したのは

インド系菜食料理(インド式カッテージチーズと野菜のカレー)
c0172202_8432876.jpg


それでも、物足りなくなった頃に「降臨(?)」
カリブ系スパイシー料理(鱈のフライ&スイートサワーチリソース+イモ、バナナ)
c0172202_8473484.jpg


災い転じて福となす?! 入院中も色んな料理を楽しみました043.gif
[PR]
by bham | 2010-05-02 09:02 | 医療と健康 | Trackback | Comments(20)


英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
事件簿・治安情報
イベント&お得な情報
医療と健康
食材の調達
色んな食べ物
レシピと食材(和食)
レシピと食材(エスニック)
レシピと食材(欧州系)
レシピと食材(スイーツ系)
キッチンにて
鍋料理と麺類
日本各地の食
おもてなし
外食の記録
バルチ
バーミンガム市内と周辺
ミッドランズ(西)
ミッドランズ(東)
コッツウォルズ
ロンドン~南東部
ヨークシャー~北部
南西部
ウェールズ
オランダ
ラトビア
鉄子系
サッカー
子育て
ホームエデュケーション
私ごと&里帰り
多文化見聞
時事・雑記
ガンとの闘い
おしらせ
ラトビア
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

記事ランキング

お気に入りブログ

地政学を英国で学んだ
*たぬき一家・陽だまり日記*
One Tennis ...

リンク(友達&お役立)

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧