<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ユキニモマケズ

朝駆けクリスマスショッピングですべて終わらせよう!と張り切って早起きした週末でしたが、カーテンを開けてビックリ@@ 初雪が・・・すっかり怖気づいて、ふらふらとベッド舞い戻りたいくらいに積もっていました。しかも、丘の上にある我が家、下界(?)の道路には、雪なんて見当たらない位すっきりしている状態でも、ガチガチのツルツル。超危険地帯につき、行くか留まるかの判断が難しく、いつもの如く、ご近所さんの車と轍を見て決めることに^^;

怖いのです
c0172202_1835864.jpg


イギリスに来た当初は、雪道をチェーンやスタッドレスタイヤ以外で走行するありふれた光景が信じられませんでしたが、今では、微妙に馴染んでいる自分に驚きながらも出発。自動車の構造(前輪駆動)を念頭に、特にブレーキとハンドル操作を慎重にしながら、時速Xマイル??の過去最低速度で無事に坂を下りきりました。と・・まぁ、なんともスリリングな1日の始まりで、大詰めショッピングにも大切なアドレナリンもいっぱ~い放出!!モチベーション↑↑

恒例の
c0172202_18362050.jpg


そんな思いまでして、向かった先は^^;その辺に、普通にあるM&S(マークス&スペンサー) でして、特にお得なセールをやっていた訳でもないのですが、どうしてもこだわりたいクリスマス用の贈答品や食材と知り合いのところに生まれたお子さんへのギフトを買いたくて、ずっと、行きたかったのです。そして、今年も大好きなMULLED PUNCHをゲット!ナント、2for £3 とお買い得だったので(通常は1本が£1.99)4本買って並べてみたら フフフ(笑)ちょっぴりイギリス的(?)なモノを発見!左から2番目ボトルだけ、やたら量が多いのです^^もしかしたら、これは当たりか~?

エコ実践中
c0172202_18414637.jpg


そして、ちょっぴり50’sっぽいタッチのエコバッグとクリスマス仕様のプチエコバッグが!どちらも、£1以下で売られていたので、今年のクリスマスギフトは、最低限のラッピングを施した後に、これらの袋に入れて贈ることにしました。実は、毎年、クリスマスの後に大量の紙くずが出て、何だかもったいないなーと思っていたので、ちょっとだけエコ(?)自己満足になりそうですが、まずは、親類を対象に試してみようと思います。


オマケ:ハンドメイド
c0172202_18421375.jpg


クリスマスといえば、カード。毎年、素敵な手作りのカードを送ってくださるご近所さんの作品に感動するのですが、私も、先日、久しぶりに参加したカメオミーティングでのクラフトで2つ作ってみました。不器用&センスが良くないといった、非常に不利な弱点があるので「ぷぷぷ」な仕上がりになりましたが、友達とお喋りをしながら、切ったり貼ったりの時間は楽しいものでした。いつか、お世話になった方へ感謝の気持ちを込めて、一枚、一枚を丁寧に作れるようなゆとりができばい良いなと思いつつ、まずは、クリスマス直前にパニックにならないように早目にカードを書き終えるようにしなくては・・012.gif
[PR]
by bham | 2010-11-29 18:45 | 時事・雑記 | Trackback | Comments(6)

味くらべ

さて、私は一体何をしているのやら・・と自己嫌悪に陥りそうな位、余計な物を買ってしまうクリスマスショッピングにて、また仕出かしてしまいました^^;キレイなラッピングや一風変わった物に弱く、ついつい・・そして、本末転倒というか、肝心な「必要品」の買い物が進んでいない11月の下旬。この分では、例年と変わらず、人ごみに酔いながらの追い込みショッピングになりそうな雲行きです。

ロンドンの老舗・H. Forman & Sonより発売されているブラウン・トラウトの卵とみられるKETA CAVIRを発見!つい数週間前にイクラを食べたばかりだったので、ぐーーっと我慢。と思いましたが、この機会を逃したらトラウトの卵を食べることも滅多に無さそうだと思うと「えいっ!」と衝動買いを・・全く、懲りませんぬ。

(珍味?
c0172202_552459.jpg


形状はイクラと同じですが、一回りほど小粒で、大きさを比較するために納豆と並べてみました(↑)。味の方は、淡水魚独特の泥臭さが残っているのと、イクラにあるようなマッタリした後味がなく、お寿司などの淡白な料理には不向きと判断。さて、どうやって食べ終えようかと考えながら、とりあえずはフタをして冷蔵庫に戻してみたものの、あまり気乗りせず。もしかすると、このまま放置してしまうかも・・と、川魚があまり好きではない私には、ちょっぴり残念な1品でした。

起死回生
c0172202_59130.jpg


罪悪感を抱きながらも、恐ろしくてあけられない容器は、日に日に冷蔵庫の奥深く押しやられて、その存在をも忘れようとしていた日曜日。ボケーっとしていたら、あと1時間位でスーパーが閉まる時間に気づき、こりゃいかんわーーと、慌てて出先近くにあったスーパーに飛び込んだら、ラッキーなことに立派な有頭エビとスルメイカが叩き売り状態!そこで閃いたのが、久しぶりに四角い断面の太麺(キタッラ)を使って、濃厚なクリームソースにトラウトの卵を散らす!という案。イタリア人に怒られそうなシーフードパスタになりましたが、まったりしたソースの味で卵の生臭さが飛んで行き大成功でした!とは言え・・まだ2/3は残ってる。試してみたい方がいらっしゃいましたら、ご一報くださーい^^;

オマケ:英vs米
c0172202_5102066.jpg


ビアという名に騙されて「お疲れさまー!」と北米大陸横断の旅の初日に、友達と乾杯した直後にブーーっと噴出しそうになったサロンパス臭のする甘い炭酸飲料のルートビア(右)を栄業行で発見!懐かしさも手伝って、久しぶりに購入して友達に振舞って(?)みましたが、意外にも評判が良かったのにはビックリ!あれから、20年近く経ちますが、あのセンセーションな味は健在で、1人では到底、飲む干すことはできないことを再認識しました。一方、イギリスやるじゃん!と思った、ジャマイカ由来とされる炭酸飲料のジンジャービア(左)こちらは、生姜のピリッとした味と香りが病みつきになって、時々、飲みたくなる愛すべき飲み物で、この英米対決は英国の圧倒的勝利ということにしておきまーす。006.gif
[PR]
by bham | 2010-11-24 05:18 | キッチンにて | Trackback | Comments(12)

日本人交流会の忘年会

2010年もいよいよ残り2ヶ月を切ってしまって、今年こそは前倒しに!と、クリスマスショッピングにカードの手配などなどちょっぴり気合が入っていますが、相変わらず、子供と出掛けたりの時間も欲しいということで、フル回転の毎日です。そんな中、近所の友達と数人で企画&運営したちょっと早目の「バーミンガム日本人交流会の忘年会」が日曜日に無事終了。実に50人近くの大人から子供が大集合!3時間弱のイベントでしたが、皆で美味しいお料理を食べながら日本語と英語でワイワイ。とっても楽しい時間になりエネルギー充電も完了。これでもう一息、年末まで頑張れそうです。

様子
c0172202_18515628.jpg


今回も素晴らしい料理にお菓子が大集結!特に、串に刺されたきれいなお団子が登場するとあっと言う間に無くなってしまうほど「和」物は大人気。やっぱり、ホームメードの食べ物は最高です♪お金を掛けずに、時間と労力をちょっとだけ出し合って皆で協力して作り上げる「会」の雰囲気は和やかで、子供の頃、近所の大人が中心になって開いてくれていた「クリスマス会」を思い出して、しばし、ほっこりでした。お茶会としてスタートした交流会(HPが少しずつ大きくなって来て、3度目となる今回は、バーミンガム南部のみならず、ブラックカントリー方面や近隣のウスターシャー、スタッフォードシャーなど遠方からもご参加いただき大盛況。やっぱり、異国で暮らす私たちには適度な「ガズ抜き」いや、日本語で気軽に語らう機会は大切!言うことで、次回は1月9日に新年会を開くことになりましたので、また、是非、ご参加くださ~い。

一石二鳥
c0172202_18532099.jpg


忘年会ということで、今回はチーズボードを兼ねた「チーズトライアル」(チーズを当てるゲーム)が登場。10種類に及ぶイギリスのチーズと名前を合わせるゲームで、こちらは、特にイギリス人の皆さんの意地とプライド(?)を懸けて盛り上がりました。似たような外観、味のチーズが複数で、ちょっとしたひっかけ問題になったせいか最高得点は7点。決勝のジャンケンを制したイギリス人男性がチャンピオンになりました。私は企画者だったので残念ながら参加できませんでしたが、はっきり識別できたのは6種類。用意したのは、巷に売られている普通のイギリスのチーズでしたが、意外に奥が深い(?)大陸のチーズに魅せられがちですが、これを機に、じっくりとイギリスのチーズの微妙な違いを学んでみようかと思います。

一期一会
c0172202_1856249.jpg


楽しかった宴の後に、会場の電気を消して戸締りをしていると、10月末を以って日本へ帰国された2組のご家族のことを思い出しました。この交流会の前身となるシティーセンターのレストランで開催していた「飲茶会」や「食事会」に参加されていた、とても素敵な友人とそのご家族。出会いがあれば、いつかお別れの時が来るとは分かっていても、ふと思い出すと懐かしくもあり、ちょっぴり寂しくもありました。帰国の際に、皆さんへとお譲り頂いた、貴重な日本食の食材や生活便利グッズetcも、忘年会の参加者の皆さんにお持ち帰りいただき、また一つ灯が消えるように私の中の思い出となりました。1人の友達の一流のピアノ演奏は本当に素晴らしく忘れられません。これからも、ずっと応援してまーす♪そして、いつも元気印だったもう1人の友達Aさん、どうぞ、体に気をつけて大仕事頑張ってくださいね。いつの日か、日本で、もしかしたらバーミンガムで再会できることを願って、一緒に過ごした時間、そして、ご縁に感謝です。本当にありがとう!001.gif
[PR]
by bham | 2010-11-17 19:01 | バーミンガム市内と周辺 | Trackback | Comments(14)

旬の話いろいろ

寒くなると流行り出す厄介なモノ。それは、なぁに?と聞かれると、「バグぅ~!!」と力を込めて答えたいほどエライ目に遭っていました。それは、突然、お腹にドーンと来る痛みと共にやって来て、脱水コースまっしぐらの展開になりまして・・本当にしんどかったです。ノロとかタロとか、よく分かりませんが、似たような名前のお腹に来るウイルスには、結構強いと自負していたのですが、脆くも侵略されてしまって惨敗。やっと、立ち直りましたが、娘に感染しなかったのが不幸中の幸いだったのと、早目の水分補給が功を奏したようで、最悪な胃腸の状態のわりにはある程度の気力を保てました。が、こんな時に限って、日本から送ってもらっているポカリの粉末が底をついてしまって「オーマイガッ!!」ちょっと考えて、娘用に常備していたイギリスのイオン水のことを思い出して使ってみました。

一家に一箱
c0172202_18594893.jpg


Dioralyteという粉末で、生理食塩水のような味のNaturalの他にblack currant,orange味もありますが、体調の良くない時には、香料のきつくないNaturalの方が飲みやすかったです。大人の脱水症状を防ぐのには、かなりの袋を消費しますが、これからの季節に起こり得る、万が一の事態に備えて、また、買い置きしておこうと思います。

そんなこんなで、食欲不振な数日をすごしていたので、さぞかし体重も減っているだろうと浮かれて計量してみたら、ほとんど変化なし・・やっぱり世の中、そんなに甘くない?!そして、また、通常の食欲に戻りつつあるところに刺激的な「解禁」の1品が登場~♪ 今年初となるフランスの臭っさいチーズ「モンドール(Mont d'Or) 」を友人夫妻よりお見舞いとしていただいたので、数日、冷蔵庫で寝かした後に、皆で賑やかに味わいました。

おお!チ~ズィー
c0172202_1901684.jpg


このモンドールチーズは「クサヤ」を食べる時のような(皆でくっさー。でも、美味しいと騒ぐ)
楽しみがあって、パーティーには持って来いの1品なので、毎年、解禁になる秋から春(9/10~5/10)までに何度か、COSTCOで購入しているのですが、友人夫妻はキングスヒースにあるCapeling & Coという専門店で買って来てくれて、お店の方のチーズに対する情熱に感心していました。このCapeling & CoのあるYork Roadは、オーガニックのガーデンカフェをはじめ、ちょっと面白いお店が点在しているのですが、最近、あまり出掛けてなかったので、新情報に感謝!近々、更なるくっさいチーズを求めて訪ねてみようと思います。

食べられてしまう前の様子
c0172202_1905830.jpg


パーティーに持って行く度に「何コレ?」と聞かれるので、ちょっとだけ、モンドールの事を。
このチーズはウォッシュタイプで、フランスとスイスの国境の集落で両国において作られているのですが、名称が微妙に違うようです。私は、未だスイスの物を食べたことがないので、そのうち食べ比べをしに出掛けてみたいとも思っていますが、ついでに、チーズの名称に共通するその辺りの「黄金色の山」にも登ってみたいなーと妄想が膨らんでおります^^;

このチーズの調理法(?)というか、いただき方は、焼く前に室温に戻してから、木箱のままオーブン(ガスマーク5)にボ~ンと放り込んで内面からチーズが噴き上がって来るまで、ただ焼くだけという放置系なのですが、チーズが溶け出すと木箱の底から漏れて来るので、一層、底に何かを敷いておいた方が良いかと思います。(ちなみに、私はチーズの上蓋を使っています)お供には、バケットや茹でた野菜(ポテトやブロッコリー)など、チーズフォンデュと同じ要領で準備をすればバッチリかと。最初は勢いがあってトロトロのチーズを楽しめますが、勢いの無くなる後半は、ちょっとだけ白ワインを足してまた加熱して1度で2度美味しく(笑)+最後まで無駄なく食べ切ることができます。とっても簡単なので、特に、くっさい物好きの方にお薦めでーす006.gif
(*注)妊婦さんは食べられませんので、ご注意を!

オマケ:始まってます
c0172202_191225.jpg


 これな~んだ。答え:一族肥満円満のもと^^; 買い物に行ったASDAで一缶£4の最安値をつけていたので、親類縁者に配るクリスマス用に大量購入しました。しめて11缶・・おそろしや・・娘のミルク缶を横において大きさを比較してみましたが・・くわばらくわばら・・調子に乗って、私まで一緒にチョコを食べまくるホリデーには気をつけたいものです。
[PR]
by bham | 2010-11-09 19:07 | 医療と健康 | Trackback | Comments(8)


英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
事件簿・治安情報
イベント&お得な情報
医療と健康
食材の調達
色んな食べ物
レシピと食材(和食)
レシピと食材(エスニック)
レシピと食材(欧州系)
レシピと食材(スイーツ系)
キッチンにて
鍋料理と麺類
日本各地の食
おもてなし
外食の記録
バルチ
バーミンガム市内と周辺
ミッドランズ(西)
ミッドランズ(東)
コッツウォルズ
ロンドン~南東部
ヨークシャー~北部
南西部
ウェールズ
オランダ
ラトビア
鉄子系
サッカー
子育て
ホームエデュケーション
私ごと&里帰り
多文化見聞
時事・雑記
ガンとの闘い
おしらせ
ラトビア
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

記事ランキング

お気に入りブログ

地政学を英国で学んだ
*たぬき一家・陽だまり日記*
One Tennis ...

リンク(友達&お役立)

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧