<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ベジタリアンのクリスマスディナー

番狂わせの大雪で23日からクリスマスにかけての用事がいっぱい。慢性失念症の私には、ぜーーんぶを無事に終わらせるのはムリ!ということで、30分間隔でやるべきことを書き出して、途中に休憩時間という猶予を取っていたにも関わらず、結局、休みナシで25日の夜の片づけを以って本年のクリスマスが無事に終わりました♪そして、食べるのに忙しかったけど、合間を縫いつつ撮影した、クリスマスディナー☆第一弾

第一の皿
c0172202_1943364.jpg


寒い日が続いているので、スターターは温かいスープに、あの白いニンジンのような野菜(パースニップ)のローストのトッピング。
料理名:Roast parsnip and spiced pear soup served with organic bread

程よいスパイスとパースニップの独特の風味が単純になりがちなスープのアクセントとなって、オイシカッタ。

第二の皿
c0172202_197057.jpg


1皿で何度も美味しい(?)レンズマメをベースにしたココナッツ風味のカレーに瓢箪みたいなかぼちゃの一種(バターナッツスクワッシュ)をローストしたものと、インドの掻き揚げ(オニオンバジ)を付け合せて一皿に盛り付けた欲張りなメインの登場。

料理名:
Roast butternut squash, coconut, spinach and black lentil curry served with yellow rice


なかなかパンチの効いたスパイスの配合で◎ こちらも、ローストした野菜の甘味、そして、オニオンバジのサクサクした歯ざわり、コリアンダーのフレッシュな風味を織り交ぜながら、最後まで飽きることなく豆のカレーを楽しむことができました。

第3の皿
c0172202_1984731.jpg


そして、最後はやっぱりクリスマス!ということで、クリスマスプディングで〆^^。と、のん気だったのは私だけだったようで、うっ・・重そう・・と同席した友人達が敬遠したのは

デザート名:Christmas pudding ice cream with hot brandy butter sauce

いやいや(笑)素晴らしい捻りのあるデザートで、ドライフルーツ群のマッタリ感&バニラアイスのサッパリ感が両極を行くような組み合わせに、時折ヒットするクローブやナツメグの風味、そして柊の葉と実を模したミントと赤すぐりがアクセントとなって後味もすっきり。お見事でした!

23日の夜、道路のコンディションはかなり怪しかったのですが、大雪のため、延期になっていた友達主催の忘年会で選んだ3コース。実は、前々から行ってみたかったベジタリアンレストランだったので念願叶ってとっても嬉しかったです♪ そして、もちろん、忘年会の方もハハハ^^ 盛り上がりすぎて「お客さーん、看板です」じゃないけど、「たいへ~ん駐車場が閉まるーー008.gif」と慌てて帰らなくてはいけない時間になりました。

オマケ:お店の情報
c0172202_19155783.jpg



The Warehouse Café

54-57 Allison Street, Birmingham, B5 5TH
TEL: 0121 633 0261
[PR]
by bham | 2010-12-26 19:18 | 外食の記録 | Trackback | Comments(4)

寒波と韓国食材

よりによってこんな時期に。と思ってしまった、この週末のドカ雪。英国史上、もっとも寒い12月なんだそうで、75歳になる義母も驚いていました。おかげで、朝から育児サークルや親戚の来訪、そして夜に予定されていた忘年会とビッシリ詰まっていた予定がすべてキャンセルになり残念。気分転換に外を歩いてみようかと近所を少しだけウロウロしてみたら、中途半端な雪ではなく立派な銀世界にスキー場を思い出してしまいました。しかも雪質は最高で「滑りたいーー!」と心底思ってしまうほど、見事なパウダースノー。久しぶりに「惜しい」という感情が湧き出てタイヘンでしたが、自称・気持ちの切り替えの達人(?)というか、気が多い私は、こんな日にも運転する人はいるのかな?なんて思って、ちょっとだけ大きな道を見に出掛ける野次馬になってみました。

猛者1号
c0172202_22531383.jpg


いやー、びっくり!逞しいというか・・チャレンジャー続出。後輪が横滑りしていようが強引にアクセルを踏んで走り抜ける車や雪かき状態で突進している車など・・なかなかスリリングな朝でした。到底、マネは出来ませんが^^; 皆すごい。

自家製タレ
c0172202_2304357.jpg


そんなワケで、思いがけずに舞い込んだ自由時間を使って、最近続いた「仕込み」の食材を紹介しま~す!まずは、久しぶりに作った自家製焼肉のタレ。準ベジタリアン的な暮らしを始めて以来、使う機会が激減してようやくの作成になりましたが、今回は日本へ里帰りしていた友達から貴重な「カクキューの八丁味噌」を頂いたのと、日本の上質すりゴマが手に入ったので、なかなかの出来になりました。それでも、やっぱり大助かりだったのが近場の韓国食材店の存在で、タレ作りに欠かせない水あめを購入。ハングル表記の中に1ヵ所だけあった「Corn (Malt) Syrup」という英語でかろうじて分かりました^^;

(水あめ
c0172202_22544840.jpg


このCorn Syrupは、「照り」を出すのに大活躍なので、煮物や照り焼きの仕上げにお薦めです。お値段は1.2㎏で£2.39。ソウルプラザにて購入できます。そういえば、とても残念ですが、応援していたH-martは、とうとう廃業してしまったようで、ソウルプラザ頼みになってしまいました。なので、できるだけ利用しようと思い、時々、覗くようにしていたら嬉しいものを発見!ナ・ン・ト、韓国製唐辛子が「Buy1Get1Free」と嬉しいバーゲンで、1kgを£9.89でゲット!賞味期限切れが間近に迫っている品でしたが、冷凍保存をすることにしてしばらくはキムチや明太子作りに活用できそうです。

こだわり
c0172202_232288.jpg


理想の品質と価格の唐辛子も手に入ったので、早速、予てから「キムチ作り」を約束していた友人宅で作業を開始~!3人で黙々(というわけでもないですが)、口より手を動かすこと30分位で漬け込み終了。今回は、インド系のお店で立派な大根が手に入ったので、角切りにして大根のキムチ(カクテキ)も同時に漬けてみましたが、こちらはどんな仕上がりになるのか^^楽しみです♪

唐辛子池地獄
c0172202_2331758.jpg


だいたい5日目位で、ほんのり酸味が出てきて食べ頃が始まりますが、この寒波の中では、いつものようにガレージに放置していても発酵が思うように進まなさそうなので、只今、遠慮気味に台所の窓辺で保存中です^^;近々、このキムチを持って韓国人の友達を訪ねる予定ですが、気に入ってもらえるか・・本場の人に食べてもらうのは、かなり勇気が要ります。

オマケ:今朝の庭
c0172202_234289.jpg


どんだけ雪が降ったのかが分かる写真↑です。庭にあるバードフィーダーのお皿のうえにこんもりと積もっている雪は軽く10cm以上。そんな寒い中、食料難の小鳥や鴨、そして小動物の餌を準備して、せっせと雪かきをしている餌付けのおじさんが!! → → → うちの夫^^;でした。ホント・・イギリス人の動物愛護の精神ってのは・・005.gif
[PR]
by bham | 2010-12-19 23:18 | キッチンにて | Trackback | Comments(14)

薔薇戦争

2年前にイギリスでの仕事を終えて、日本へ帰国した友達がバーミンガムを再訪。といっても、今や日本社会で活躍する彼女も例外なく1週間弱の滞在ということで、久しぶりの再会を喜びつつ、昔のように車を走らせ愛すべき古き良きイングランドのカントリーサイドへ出掛けてきました。連日、今年の最低気温を更新し続けるような日が続いていましたが、この日は、ちょっぴり気温が上がって(5℃前後?)心配された田舎道の状況も良好!最初に向かったのはバーミンガムを南下すること1時間のことろにある薔薇戦争の古戦場を近くに擁する街・Tewkesbury 。遠い昔に世界史でぱぱぱっと習った記憶を元に「あの白い薔薇と赤い薔薇とランカ・・」と怪しく説明する私に、史話に明るい友達が「もしや薔薇戦争?」「そうそう!」なんて展開になり、逆に、ヨークシャーに暮らしていたことがあった彼女から、ヨークの道端には今でも白バラが飾ってある話を聞かされたりしながら、街を散策していると出てきました~!

紅白繚乱
c0172202_1854013.jpg


その名も1471デリカテッセン。どうやら、近くの古戦場での合戦の年号のようで、お店の窓には紅白のバラの花のデザインが施されていて、よく見ると戦場の絵まで^^;そんなちょっぴり物々しい(?)ディスプレイとは裏腹にカワイイお店だったので、もちろん!勢いよく入ってみたら大正解。美味しいパンと何故か、1箱(1g)£2と破格のスペイン産のサフランを購入し、再び、街をプラプラ。所々に出現するチューダー様式の建物や街の景観を損ねないようにと配慮されているgreggsを発見したり、「えーっ、コレが骨董?!」なんて、どうみてもガラ○タにしか見えない物が所狭しと並べられているお店で品定め&何故かノリノリの80’sクラブ(ディスコ)ミュージックのBGMに突っ込んだり(笑)女子2人。2年の時の流れを感じることもなくワハハな時間になりました。003.gif

アニメっぽい?
c0172202_1859811.jpg


中でも、このジブリに出てきそうな傾きかけた不思議な家にすっかり魅せられてしまい激写開始!一階は古本屋になっていましたが、普通に人が生活している上階がかなり気になり、いつか私も住んでみたいなー。なんて・・以前より訪ねてみたかったTewkesburyには、お洒落なデリが2~3軒、そしてちょっぴり怪しいアンティークのお店が10軒近くありなかなか面白かったのですが、街中で、まだあどけない表情の残る軍服を着た青年達を見かけた時に、急に胸が締め付けられるような何とも言えない気持ちになりました。たしか、近くには、ほぼ毎日のようにアフガニスタンやイラクから無言の帰国となってしまった若者の棺が輸送されて来る大きな基地があったような・・・薔薇戦争から500年以上たった今なお、戦に出て行く人がいる・・と悲しくなっている所にゴーっと爆音を轟かせて戦闘機が頭上を通過。とても遠いところでの出来事だと思っていた、イギリスが面している非日常的な現実を目の当たりにして、名も知らないあの若者達の無事を祈らずにはいられませんでした。

本日のメイン
c0172202_1911281.jpg


気を取り直して向かった先は、アフタヌーンティー。時として面白いことが起こるのですが、この日も。

オマケ:奇遇です
c0172202_192178.jpg


アフタヌーンティーを楽しんでいると、テーブルの上に差されていた一輪のバラにびっくり!薔薇戦争の結果誕生したチューダー家には、ランカスター家(赤)とヨーク家(白)の和解のシンボルとして紅白のバラの紋章が。そして、バラの品種にも、ヨーク・アンド・ランカスターという紅白のバラがあるのだと、これまた別の友人から教わったことを話した後だったので、本当に驚きました!もしや、これは何かのメッセージかな?^^
[PR]
by bham | 2010-12-11 19:08 | コッツウォルズ | Trackback | Comments(12)

サンタが街にやって来る

今度の土曜日(12月11日)に、改装が終わったバーミンガムのMoor Street駅で「鉄三昧」なイベントが行われるようです。サンタクロースと一緒に電車に乗る企画や、蒸気機関車が展示されているそうで、ちょっとレトロな雰囲気も楽しめそうです。001.gif

詳しくはchilternrailways



(イメージ)
c0172202_18314081.jpg

[PR]
by bham | 2010-12-09 18:40 | イベント&お得な情報 | Trackback


英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
事件簿・治安情報
イベント&お得な情報
医療と健康
食材の調達
色んな食べ物
レシピと食材(和食)
レシピと食材(エスニック)
レシピと食材(欧州系)
レシピと食材(スイーツ系)
キッチンにて
鍋料理と麺類
日本各地の食
おもてなし
外食の記録
バルチ
バーミンガム市内と周辺
ミッドランズ(西)
ミッドランズ(東)
コッツウォルズ
ロンドン~南東部
ヨークシャー~北部
南西部
ウェールズ
オランダ
ラトビア
鉄子系
サッカー
子育て
ホームエデュケーション
私ごと&里帰り
多文化見聞
時事・雑記
ガンとの闘い
おしらせ
ラトビア
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

記事ランキング

お気に入りブログ

地政学を英国で学んだ
*たぬき一家・陽だまり日記*
One Tennis ...

リンク(友達&お役立)

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧