バーミンガム素描 ~Oh,Brummie!~

bham.exblog.jp

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>

ブログトップ

<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

カリビア~ンな食べ物

少しずつ暖かい日も増えてきていて、春も遠からずといった最近。なので、また天気に騙されて足取り軽く、お気に入りのモーズリーのファーマーズマーケットに出掛けてみたら、着いた途端にドカ雨(シャワーかな?)に見舞われて気温も急降下^^; あまりの寒さに「もう限界」と退散しようかと思った直前に友だち発見!→ → 雨宿りのティータイム開始という訳で、これまた知らなかったMaison Mayci のMoseley支店へ。いやー・・賑わってました。しかも、本店より広めで、これからも時々コーヒーを飲みに行きたくなる雰囲気♪  いつも、ゆっくり散策したいなって思う面白い街のMoseleyですが、なかなか機会がなくてこの冬はほとんど訪れていなかったので嬉しい新情報でした。

カリビア~ンその1
c0172202_871952.jpg


雨も上がったのでマーケットに戻って、友達と一緒にぶらぶら。料理や食材のみならずアートや手芸にも精通している、拝み倒したくなる系の彼女が選ぶ逸品に質問したりの後に〆はいつものエスニック詣(笑)今回は、シェフィールドからはるばる出店しているカリビアンレストランのブースで、ちょいと摘めるジャマイカ名物のスナック「stamp and go」 (「saltfish fritters 」の名で売られていました)を£2で購入。カリブ風カレーパウダーがほんのり効いて、ちょっと半焼けっぽい歯ざわりの生地(火は通っています)の中に玉ねぎや鱈、チリが練りこまれていて、インド料理の揚げ物(バージ)にも似た感じでしたが、小麦粉主体の重めの生地やクミン臭の強すぎるインド系カレーパウダーとはひと味違った風味があり、しっかりお腹にも溜まりました^^

カリビア~ンその2
c0172202_892535.jpg


そして、ゴロゴロとしたフレッシュココナッツの塊が気になったお菓子・ Coconut Drops(£2)にもトライ!きっと、すーーごく甘いんだろうなと構えながら食べてみたら、やっぱり甘かった^^; でも、ココナッツを齧ると甘さが弱まる仕組みで、意外にパクパク。食感はファッジ?いや落雁?みたいな、砂糖の結晶が大きいタイプで僅かに生姜の風味もあり、なんとなく懐かしくもありました。小さく切られたココナッツを見て、結構手が込んでいるなと思いながら、気になるカロリーは恐ろしく高そうだったので計算することもなく現実逃避・・(予想:1枚当たり400Kcalは軽く行くかも)

カリビア~ンその3
c0172202_8105937.jpg


バーミンガムといえばインド、パキスタン系移民の料理(バルチ系)のお店が多いのですが、カリブ(ジャマイカ)系の料理店も色んな街にポツポツとあり、密かに美味しいお店はないかな?と偵察中だったりしています。残念ながら、まだ「コレ!」と思えるプロのお料理には出会えず・・・今までで一番美味しかったジャークポークは友達の旦那様作。そして、ケーキは教会のバザーで買った、アマチュアのジャマイカ系ご婦人作のラムケーキ↑ で、どちらもホームメイド。ということで・・実は、カリビアンは家庭料理の方が断然美味しいのかもしれません。

DIY?
c0172202_8122827.jpg


そんなことを考えていたら、もしかしたら私も美味しいカリビアンフードを作ることができるかも!なんて気になって混ぜるだけの「Jerk Seasoning」(写真右)を購入しました。まだ何も作っていませんが、フタを空けただけでカリビア~ンな臭いが漂って来て、コレは間違いなく良い感じに仕上がりそうな予感で楽しみです♪

オマケ:出店風景
c0172202_8133574.jpg


Yabba というお店で、陽気なお母さんとシャイな息子さんがやっていました。お母さんは息子さんのことを「naughty boyなのよ~」と言っていたけど、そんなことはなく、息子さんはしっかりとお母さんを手伝っていてとっても微笑ましかったです001.gif

(一応、シェフィールドのお店情報)

Yabba
158-160 Abbeydale Road
Sheffield S7 1FH


Tel/Fax: 0114 258 1111
[PR]
by bham | 2011-02-28 08:19 | 外食の記録 | Trackback | Comments(6)

ガセネタ発信後に発見!

「本格的なベトナム料理店がないバーミンガム」と言い切ってしまった前回の話でしたが、本日、娘の検診のためチルドレンズホスピタル付近を歩いていて「phở」と書かれた窓を発見!そう言えば、数ヶ月前に友達から「あの辺りで、ベトナム料理店を見かけた」との情報が入っていたのを思い出し、真相を確かめるためにお店の周りを窺っていると、お店のお母ちゃんに捕まった^^;もちろん、ベトナム語オンリーで分からないけどたぶん「とにかく中に入りなさい」とニコニコ。

店内の様子
c0172202_1223260.jpg


元々、パブだったような作りで広々とした店内にはお客さんが1組。カウンターの上には写真入の大きなメニューが下がっていて、料理が一目で分かるようになってフォーも2種類ありました!で、もちろん私とお母ちゃんの間の会話は成立せず^^;困った所に驚きの禁じ手・・なんと、お母ちゃんは大胆にも、食事中のベトナム人のお客さんを通訳に連れて来て、お店のこと、ベトナムのことをあれこれ説明してくれました。(ひぇ~^^;)

お料理
c0172202_1235018.jpg


そんな熱意に押されて、せっかくだから何か食べて行くことにして、ベトナム風のお好み焼きBánh xèo(バインセオ)を注文。出来上がるまで、娘と店内をウロウロしているとあまりの狭い世界にビックリ!なんと、私がバーミンガムで唯一知っているベトナム人の女性(Yenさん)が登場^^大学院生の彼女は、通訳の仕事がない時にこのお店でアルバイトをしているんだとか。あまり忙しくなかったので、日本語が少しできるYenさんが娘と日本語で遊んでくれたりしているうちに料理も運ばれてきて、思わぬランチタイムになりました。肝心のお味の方は、ほのかな八角の風味がアクセントになっているマイルドな仕上がりで、一緒に出てきた魚醤(ニョクマム)の香りがするチリソースも正真正銘のベトナムの味♪ いつも、自作のなんちゃってを食べているだけに、ちょっぴり感動モノでした。

一例
c0172202_1252797.jpg


このレストランは、2ヶ月前にオーナーチェンジしてベトナム料理店になったそうで、まだまだメニューの構成や店内のアレンジが間に合っていない様子でしたが、ゆくゆくは、生春巻きやフランスパンを使ったベトナム式サンドイッチ(バインミー)もメニューに加わるそうで楽しみです♪ 一皿の料理の量が多いのと子供連れもOKなので、久々に「秘境隊」として里帰り前に攻略(?)してみようかと燃えていますので、今月末頃のランチにご一緒できそうな方は、ご一報お願いしまーす029.gif



オマケ:お店の情報
c0172202_139070.jpg



Việt An  (越安) 

190 Corporation street,Birmingham B4 6QD
TEL: 0121-236-1148 (HP) 
Yenさんは「日本語大歓迎!」だそうです。


残念ながら閉店したようです
[PR]
by bham | 2011-02-16 01:37 | 外食の記録 | Trackback | Comments(23)

ベトナムの風再来

本格的なベトナム料理店がないバーミンガム。なので、またまた自家製ベトナム料理を作りました。きっかけは、仲良くさせていただいているお姉さまとの会話の中に登場した「フォー (phở )」で、長いこと封印していた?いや、忘れていた味を再現。お米からできている麺は、東洋人の胃にもやさしくベトナムの人が朝ごはんとして食べるのにも納得!ちょっとしたマイブームの再燃になりつつあります。

乾麺図
c0172202_2135626.jpg


本当はベトナム製の麺にこだわりたかったんですが、フォーよりも細い麺(フーティウ)しか売ってなかったので、平たい形状や幅が類似しているタイ製のRice Sticksを代用することにして茹でること5分で↓ 透明だった乾麺が白い麺に変身。米粉の独特の香りと粘り気も出ていい感じに♪

イケ麺?
c0172202_2145168.jpg


スープは、市販のチキンスープ(キューブ)1個と水を500cc位、ナンプラー大さじ2、醤油小さじ1(だったかな?)、ガーリックパウダーで適当に作って仕上げにライムとレモンを1:1の割合で加えて、これまた適当に具材を放り込んで出来上がり!ずーーっと前に旅したベトナムのことを思い出しながら食べてみました。あの頃は若かった・・・で、無鉄砲だった(笑)最初に到着したハノイで雷魚を食べて大当たり→1週間で5キロ減 ^^;ちょっぴり苦い思い出の味その①

ハノイ風
c0172202_2163350.jpg

思い出してビックリ!なんと15年も前になるので、かなり怪しいのですが・・鶏ガラベースのさっぱりしたスープに色んな物を好みで入れて食べる形式だったような。なので、何でも食べたがり屋が祟って「どくだみ」をどさっと入れてしまって噛むたびに「妙~」な臭いが鼻に抜けるとんでも初☆フォー事件を断片的に思い出しながら、もやし、セロリの葉、バジル、鶏肉、唐辛子で再現。コリアンダーを切らしていたのが残念でした(涙)

フエ風
c0172202_217898.jpg


美味しいので調子に乗ってツルツルと食べていたんですが、さすがにハノイ風の淡白な味に飽きてきたので、スープに唐辛子を加えて中部の古都・フエ風にアレンジしてみました。内陸に行くと「辛いもの」に出会える伝説は本当でして、ハノイから乗り合いバスで21時間かけて大移動した後にたどり着いた屋台のフォーはこんな↑感じで真っ赤!!(しかも1杯20円でした)そして、このスパイシーなスープが目覚めの1杯になって睡眠不足を解消し、元気に観光した遠い日の思い出に浸りながら食べていると、古い記憶に脳が反応したのか、俄然やる気が出てきて停滞気味だった家事を一掃しました!恐るべし起爆食(?)これは、気合が入らない時に使えそうです^^

オマケ①:最新版
c0172202_2181770.jpg


ベトナムつながりでもうひとつ。随分前にお宝満載☆近所のチャリティーショップで見つけた「ベトナムコーヒーのフィルター」で、きっと、誰かがお土産にもらったものの使い方が分かんない → チャリティーショップ行き。となった品のようで真新しい物でした。そして驚いたのが、15年前にお土産で買って帰った物はペラペラのアルミ製だったのに、今では丈夫なステンレス製に加圧用のネジまで内蔵されている立派な物が作られていて、改めて時の流れを感じました。

オマケ②:懐かしの味
c0172202_2194989.jpg


ちょうど冷凍庫にフレンチローストのコーヒーがあったので、コンデンスミルク(カロリー控えめのライト)を使って少し温かくなってきたコンサバトリーで1人カフェ♪ のつもりでしたが・・現実は「ちょっと、お母さんなにしてるの??」と興味津々でフィルターに手を伸ばそうとする娘をあの手この手で遮りながら「一口だけでも飲ませて~」と、ほぼ絶叫状態でいただき終了。優雅なお茶の時間までの道のりはマダマダ遠いようです^^; それでも、久しぶりに飲んだベトナムコーヒーの甘い味にマッタリ。こちらも再燃しそうな勢いですが、カロリーが気になるところ・・キケンな飲み物であることには間違いなさそうです028.gif
[PR]
by bham | 2011-02-12 21:18 | レシピと食材(エスニック) | Trackback | Comments(7)
優れなかった体調も節分を機にいい感じに。何より、この数日、パワーを分けてくれる友人達に会えたのと、豆まき(厄落とし)が功を奏した?なんて(笑) ご心配をお掛けしましたが、無事、回復しました。

正体不明
c0172202_902186.jpg


1ヶ月ぶりに参加できた育児サークル(きりんさん会)では節分にちなんで「鬼」のお面作りがあり、娘用にと思ってカワイイ鬼に仕上げようとして大失敗。迫力不十分どころか、ドリフのカミナリ様状態になりました~^^; そのせいか、娘には激しく拒絶されてしまいトホホ・・やっぱり鬼は鬼でした。確かに、私も鬼のような厄介なものが大嫌いだし、節分では「鬼よ遠くへ行ってちょうだいーーー」って追い払ったばっかりだから無理もないですね。やっぱり、ニコニコ笑って福を呼び込みたいものです♪

トラの巻き
c0172202_915466.jpg


あと2ヶ月足らずで2才になる娘は、相変わらず私を呼ぶ時に「マンマ」と言うほかは「嫌だ」という意味の「オゴロゴ(?)」が出る位でほとんど話しません。なので、ジェスチャーを読み取るのに苦戦していたところ、友達が貸してくれた本が大活躍!なるほどと思うことが満載で、コミュニケーションの幅も広がって助かっています。それでも、既に様々な言葉を拾っているんだろうなと思うと、できるだけ丁寧で美しい言葉や言い回しを心掛けなくてはと緊張の日々が続いていますが、幸い親しい友人達の優しくてきれいな日本語や英語のおかげで、私も穏やかな口調で話す機会が多く、必然的に娘の耳にも入っているかな? な~んて、ちょっと甘いことを考えたり^^ 色んなことの基礎を築く時期なだけに「鬼」が寄って来るような環境ではなく「福」がやって来てくれるような環境を作ってあげたいので、まずは、禁★夫婦喧嘩(というか・・私の一方的な口撃)を目標に頑張らなくては・・乱暴な言葉は、いつしか振る舞いに変わるようですから、一番身近な所にいて大きな影響を与える親としては責任重大です^^;

処世術?
c0172202_94846.jpg


子供の身体面の発育だけではなく、情緒的なことや親子関係のことも理解できるようになりたいと色々な本を読むようにしていますが、随分前に帰国された方から頂いた心理学の本を読んで、あまりの直球系にびっくり!なかなか際どい文章は時折痛快でもあり、なるほど~と良い勉強になりました。特に、人づきあいの「距離」とは何かという項では、人生の荒波を乗り越えて行く際に大切なものは「眼力」とあり、ふむふむ。なかなか奥が深いテーマでしたが、早い話が本質を見極めるってことかな?なんて、難しい話が分からないので勝手に解釈。娘よ、色んな経験をするだろうけど、社会性を身につけながら挫けずに優しく、そして逞しく育っておくれ!と思うのでした。

オマケ:ちょっと早いけど
c0172202_9123212.jpg


そして、もう一つ。絶対に身につけさせたいのは手堅い金銭感覚ということで、子供にお金の価値と責任ということを学ばせる本子どものおこづかい練習帳」(英語版:Allowance System Tool Kit )を読みながら、他にもオリジナルでできることはないかなと考えています。これから先、ますます「お金」にまつわる教育が必要になって来るような気がするので、自分の身の丈にあった暮らしをして行きながら、お金絡みのトラブルに巻き込まれないような知恵を身につけてくれたらと思って、只今、勉強中です。特に、育児関連の本は読んでも読んでも限がなく、すぐに時間が経ってしまいますが、これからも、参考になるような本を読む気満々ですのでお薦めがありましたらよろしくお願いします。040.gif
[PR]
by bham | 2011-02-06 09:20 | 子育て | Trackback | Comments(8)