<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

虫歯予防を考える

里帰りして早くも1ヵ月が過ぎてしまいましたが、只今、時間との戦いになっているのが私の歯の集中治療。幸い制限時間内で行えそうな「修理」がほとんどなのですが、イギリスでは応急処置以外は登録している歯科医院へ行くこともなく、放置気味だったのでスッキリしています。

びっしり
c0172202_847472.jpg


日本での最後の治療は15年位前で、虫歯だった所を補っている詰め物が部分的に欠け始めたのがこの3年位。なので、耐用年数を超えているのかな?と思っていたら・・・噛み合わせに問題が!しかも、これも一種の老化といわれてちょっと凹みました。太っているけど、顎の骨は痩せたみたいで・・^^; 歯の欠けは、変化した噛み合わせ+夜間の歯ぎしり(自覚症状はないのですが・・)が原因らしく、治療の最後に夜間のマウスピースを作ってもらうことにしました。本当に虫歯って・・一度できてしまったら、人工的な物を入れてしか補えないということが分かっていれば・・と若かりし頃の無知が悔やまれてなりません(涙)なので、娘にはこんな思いをさせたくない!と予防に燃えています。

比較その1
c0172202_8481142.jpg


イギリスでもできる虫歯予防①

やはり歯磨きの徹底は大切な要因ということで、早速、日本のプロが推奨する歯ブラシをゲット!娘の歯が生え始めてから使っていた歯ブラシと比較して表にしてみました↑ 最初はイギリスの市販品の中で一番小さなヘッドの歯ブラシを買って娘の前歯を磨いていましたが、上の写真の通り、大きいのです^^; なので、奥歯が生えてきたら、日本製の小さなヘッドのブラシも使って磨いて凌いでいました。そして、今回、タフト17という理想の歯ブラシに出会えて大満足。ヘッドの大きさといい、柄の長さといい、非常に使いやすい構造になっていて言うことナシ!成人用も同じく使いやすいし、お値段も手頃なので大量買いをして帰ろうと思います。

比較その2
c0172202_849849.jpg


↑は4タイプの歯ブラシの全体図ですが、やっぱり、イギリスの歯ブラシは子供が手に持って遊ぶのにはいい形をしているなと思いますが、成人用と変わらないヘッドの大きさを見ても分かるように、小さなところまできれいに磨けるという点では問題がありそうです。


むし歯菌追放!
c0172202_901624.jpg


イギリスでもできる虫歯予防②

虫歯=酸で歯の表面が溶けてゆく。ならば、口の中ができるだけ酸性にならないように、甘い物を長時間、口の中に留めないようにするということで、娘には甘い食べ物をできるだけ与えない方針で来ていますが、里帰り→じぃじ&ばぁば&おおばぁば→子供は甘い物が好きという思考回路→餌付け(?)開始!ということで、毎回、イエローカードを出し続けています^^; それに、加えて大人を介して感染する「虫歯菌諸々」の存在を説明して、「お箸、スプーンは絶対に共用しないで!!(怒)」と注意したにもかかわらず、ヤラレテシマッタ・・・娘を可愛がってもらっているのはありがたいのですが、コレは譲れない。こちらも、根気強く言い続けて、未然に防ぐこと数回・・なかなか難しいです。

そんな困った状況の中、ちょっとした優れものを発見!ハキラという商品で、ミュータンス菌が歯にくっつく構造を阻止する働きがあるとされていて、とりあえずは、事故発生後(ヤラレテシマッタ後)に数回、使用してみました。効果のほどは分かりませんが、滞在中は常備薬(?)として用意しておこうと思います。

オマケ:夕涼み
c0172202_8594732.jpg


「陽がやさしくなったらお出でなさい」とお隣のおばあちゃまから声が掛かって、夕方の散歩の途中でお邪魔したお庭には、立派な牡丹が咲いていました。昨年、リタイアされて同居が始まった息子さん夫婦が里帰りの度に苗を植えて来られて、今では50本以上の大輪の花が。うっとりしていると、またまた・・納屋に置かれていた自転車をめがけて突進する娘^^; しばらくは、ゆっくりと「観賞」できそうにもなさそうです042.gif
[PR]
by bham | 2011-04-30 09:06 | 子育て | Trackback | Comments(10)

豚にいちご

今年は桜の開花が遅めということで、写真を撮ってブログにアップを狙っていましたが、4年も帰っていない間に溜まりに溜まっていた諸々の処理に追われてエネルギー切れ→終了。の日々で遂には桜も散ってしまいました(涙)そんな中でもしっかり食事は取っていて、早くも目方が大幅アップ・・このままでは、洋服を買い換えなくてはいけないかも^^;

私?
c0172202_1824267.jpg


娘の時差ぼけや人見知りもなくなったので、ボチボチと友達と再会しつつ、また美味しいものを食べに出動!今が旬のいちご「あまおう」をはじめ四季の果物を作っている農家&その納屋を使ってカフェをしている知人の所に、友人夫妻と出掛けてみたら、なんと・・・4年前にはなかった謎の看板↑「ブタに注意」を発見。養豚はやってなかったよね?なんて思いながら、お店に入ったら美味しいデザートに夢中になってすっかり忘れてしまいました。

ここが変だよ日本
c0172202_1827645.jpg


無いものねだりにはなりたくないと、すっかり封印していた味ですが、やっぱり日本のいちごは美味しい!しかも、カスタードプリンとソフトクリームもついて来て、懐かしい味と変わらない友人達の笑顔に涙がこぼれそうになりました。日本で暮らしていた頃には、当たり前過ぎて気づかなかった、質の高さを色んなところで再発見する度に感動する最近ですが、やっぱり、太陽と大地のめぐみを受けた農作物も例外なく素晴らしい!

と、すっかり日本贔屓(?)なのですが、ちょっとだけ残念だなと思うのは「規格外」の存在。いちごも大きからず小さからずという「標準サイズ」に適ってなければB級扱いになって正規の出荷ができないそうで、我が家にも大きな箱にゴロゴロ入ったあまおうが、別の農家から届きました。でも、味も質も全く問題ないのです。イギリスでは、他と違っているのが普通という雰囲気もあるので、不揃いな野菜や果物の方がむしろ自然のような気がするのですが、「何がイカンのかな~?」と箱の中の「はみ出しいちご」ちゃん達を見ながら手を伸ばしてみました。味も鮮度も良いのに・・・ん・・・がっかり。

ナゾアカシ
c0172202_18275164.jpg


「ブタに注意!」の看板の真相は美味しい果物を食べ過ぎて、巨大化してしまったミニブタが敷地内を俳諧するため、お客さんの車に轢かれないようにと知人が作った物でした。元々、膝の上に載るサイズだったそうですが、今では立派なブタちゃんになって貫禄も十分!自分の近未来か・・と暫しのダイエット宣言^^; もう既に、かなりマズイことになってます。

オマケ:お気に入り
c0172202_18284589.jpg


きれいなお花が咲き乱れているカフェの庭にて、満開のチューリップの方へ行っておくれと願う母の思いは一瞬で打ち消され、重機好きの娘が駆け寄ったのは、やっぱりトラクターでした・・将来は農家のおかみさん??^^

(ちょっとだけお知らせ)

食いしん坊が高じて色んな物を開発して来ましたが、この度、あの自家製焼肉のタレが、日本橋高島屋で開催されている「大九州展(4月20日~25日」で販売されることになりました!私の工房(日本)のお客さまでもある「宮崎ひむか地鶏」さんのブースにて「万能ダレ」として登場しているそうで、ちょっぴり嬉しい東京遠征(?)になりました005.gif
[PR]
by bham | 2011-04-21 18:41 | 私ごと&里帰り | Trackback | Comments(12)

里帰りの道中

3月24日朝6時15分(日本時間 同日14時15分)、予約時間きっかりに玄関のベルがなり、「えっ!イギリスなのにーー」っと驚きながらドタバタとタクシー内へ荷物を運び込んで、一路バーミンガム空港へ。こうして始まった子供を連れての長~い単身里帰り^^; ちょうど、この日2歳になった娘は、もちろん長時間じっとしているはずもなく、飛行機の中ではどうなりますやらとちょっぴり不安でしたが「まぁ、何とかなるさ~」とできる限りの準備をして、あとは運に身を任せバーミンガム→パリ→ソウル→福岡と乗り継ぎ2回を経て日本時間の3月25日14時過ぎ(って丸1日後ですが・・・)に無事、福岡空港に到着しました!

爆酔中
c0172202_715521.jpg


バーミンガムからパリへの1時間弱のフライトで既に深い眠りに入った娘でしたが、その後も順調に(?)爆睡を続けてくれて、パリ→ソウル間でも5時間近くもぐっすりで大助かり。出発前にもらった友達のアドバイスがドンピシャ!&できるだけ他の乗客の方に迷惑を掛けないようにと思って取った席もラッキーで、真後ろの2席と通路を挟んでお隣さんだった韓国人の皆さんが子供好きで、何かと助けてくれて「カムサハムニダ~」を連呼してしまいました。

食事の一例
c0172202_2210239.jpg


バーミン→パリ→ソウルはエールフランスを利用したので、食事は仏韓の2種類から選べて迷いましたが、結局、チーズの魅惑に勝てずにフレンチを頼みました。が・・・これまで経験したことない珍事件が発生^^;な~んと、メインを置き間違えるという大失敗が起こったようで、

前菜:ナムル 
メイン:クスクス&チキンのキャセロール 
デザート:フレッシュパイナップル
+コチュジャン&ゴマ油、バケット、カマンベールチーズ
という「???」な物が出てきたので、即座に「間違ってますよ」と言ったけど、いかにもフランス的にやり込められてしまって(笑) 結局、みんな首をかしげながら食べていました。それでも、あまりに苦情が多かったのか珍しくお詫びの言葉が聞こえてきて「交換したい方は、できるだけ応じます」と・・でも「too late」だったので、空中の珍味(?)を楽しんだことにして終了!

写真↑はソウル→福岡間でおなじみの機内食(お寿司)ですが、このフライトの忙しいこと忙しいこと。一応、国際線なので55分の間に機内食のサービスと免税品の販売(途中で終了している?)をバタバタ。いつも、乗務員の皆さんの手際のよさに目が釘付けになるのです。

静寂のなかで 
c0172202_2212734.jpg


娘が爆睡中に窓から見えた日の出の様子は美しく圧巻でした。いつもヒースローから夜に出発する飛行機ばかりを使っていたので、日中に西から東へ移動する便は初めてでしたが、シベリア上空で自然の色彩が織り成す空の変化を眺めることができてラッキー!最高でした。飛行機の窓に氷晶がくっついていたので写真はイマイチですが、本当に感動モノで思わず拝みつつ、ため息が出てしまうほどでした。

と・・まずまずの往路でしたが、2回の乗り継ぎで大助かりだったのが、ダメもとでお願いした小さめのストローラーをパリとソウル到着後に直ぐに出してもらえた事で、やっぱり子連れの旅には、大らかなラテン系&アジア系の航空会社はいいな~なんて。

オマケ:国際免許証
c0172202_7165983.jpg


車がないと不便な実家でも運転する気満々だったのですが、日本の免許証がすっかり失効しているという事実に大慌て (><; もちろん、特例の更新手続きを受けることができるのですが、諸経費や時間を考えたらイギリスの免許を国際免許証に書き換えた方が何かと便利ということでバーミンガムで唯一、国際免許証を即日発行してくれる郵便局(1 Pinfold Street Birmingham Branch Post Office Birmingham B2 4AA )へ行き申請。これにて一件落着。と思いきや・・・書類の不備を指摘されて、トホホな出直しになりました。
なんでも、問題は免許証。↑のように、紙の免許証(Counterpart Driving Licence)が必要でカード状の物では不十分だと・・・泣く泣く自宅へとんぼ返りして、
①紙の免許証(Counterpart Driving Licence) 
②パスポート 
③パスポート用と同じサイズの証明写真
④費用(£5.99)

を申請書と一緒に再提出し、ついに郵便局員さんの手書きと特殊なスタンプを押してもらった国際運転免許証を受け取ることができました。

ということで、全くバーミンガムには関係のない話ですが、無事に実家に到着したので向こう3ヶ月はマイナー過ぎる(?)九州の話でもを書いてみようかと思ってまーす。006.gif
[PR]
by bham | 2011-04-01 22:28 | 私ごと&里帰り | Trackback | Comments(22)


英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
事件簿・治安情報
イベント&お得な情報
医療と健康
食材の調達
色んな食べ物
レシピと食材(和食)
レシピと食材(エスニック)
レシピと食材(欧州系)
レシピと食材(スイーツ系)
キッチンにて
鍋料理と麺類
日本各地の食
おもてなし
外食の記録
バルチ
バーミンガム市内と周辺
ミッドランズ(西)
ミッドランズ(東)
コッツウォルズ
ロンドン~南東部
ヨークシャー~北部
南西部
ウェールズ
オランダ
ラトビア
鉄子系
サッカー
子育て
ホームエデュケーション
私ごと&里帰り
多文化見聞
時事・雑記
ガンとの闘い
おしらせ
ラトビア
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

記事ランキング

お気に入りブログ

地政学を英国で学んだ
*たぬき一家・陽だまり日記*
One Tennis ...

リンク(友達&お役立)

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧