<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

本格寿司バーとポーランド料理店

夏には遠出とばかりに、バーミンガムを離れる事が続いた最近でしたが、シティーライフ(?)も楽しまなきゃと、久しぶりにセンターへ。無論、食いしん坊が最初に行く所=インドアマーケット → → → 何か匂うぞ → → → 「コレは何?!」

スシクイネ~♪
c0172202_1753988.jpg


あーーー!面食らった。ってこんな事でしょうか。なんと、昭和?いやガード下系のかおり漂う、カウンター席のみのお寿司屋さんを発見。しかし、店主がいない・・・で、3分位したら「ハイヤー!」と板さん登場。

何でも、日本をはじめ、欧州各国の高級日本料理店で腕を磨いてきた職人歴12年のポーランド人の方が、2週間前に始めたお店ということが判明。「機械が握るのは本当の寿司じゃない」 「納得行かなかったら、御代は返す!」 とのことで、これは、なかなか本格的なお寿司が食べられそうで、そのまま着席しそうになりましたが、奇しくも、この日はポーランド料理を食べる事にしていたので、後ろ髪を引かれる思いで退散。

お店の情報
Sushi Passion : Facebook

看板
c0172202_1781210.jpg


狭いスペースなのに整然としたキッチン。益々、気になって外を歩いていたら、↑ こんな看板が!持ち帰りもできそうなので、これまた、余計にチャンス有り^^ 近々、絶対に行かなきゃ!

店内
c0172202_1785393.jpg


ということで、すっかり霞んでしまいそうな本日の主役のポーランド料理店ですが、これまた大当たり!民族系のレストランができたら急げ!というのがバーミンガムの食べ歩きの鉄則。と言っても過言じゃないほど、体力がなくなって終わってしまうパターンが多いのですが、このお店は大丈夫!お料理もなんですが、そのバックグランドもしっかりとしているようです。

キツイ!
c0172202_1793117.jpg


駆けつけ一杯のような感じで、お店の方がサービスで出してくれた、ポーランドのスピリッツ。これが、甘くて良い香なんだけど、無水エタノールでっか??という位、唇にグラスをつけた瞬間に蒸発が起こる感じで、私はそれだけで完了 (◎_◎) 友達は「痺れる~!今から、歯の治療を受けても良さそう」なんて言ってました^^;

前菜①
c0172202_17102744.jpg


ポーランド料理といえば、大量。ということで、大人5人で前菜2つ、メイン3つをシェアるすことにして、最初にやって来た前菜その①:ポーランド版餃子のピエロギ。親切にロシア風を含む3種類の盛り合わせにしていただきましたが、この時点で早くも満腹になりそうだったので、1/3はお持ち帰りすることに。

前菜②
c0172202_17111245.jpg


こちらは、大きな丸いパンごとを器に使った豪快なスープ(hearty rye soup)。じゃがいもやソーセージ、ゆで卵がしっかり入っていて、これだけで立派な一食になりそうな量でした。

メイン
c0172202_17115432.jpg


メインはお店の方のお薦めに従って、

ポテトパンケーキ+グラーシュ  (奥)
beef stew is served on large potato pancake

マッシュルームとチキンのフライ  (中央)
Chicken fillet fride in breadcrumbs , chips , assortment of salads

肉肉しい豚足のビール煮     (手前)
Succulent ham hock , roasted slowly in beer , fried potatoes , fried sauerkraut , horseradish , mustard

と、これまたどれも美味しかった^^ 特に、ham hockは、やわらかくてジューシーなのに、そこまでコテコテでもなく福岡の豚足とそっくりで感激!添えられていたマスタードもピッタリで、しまいにはポーランドレストランが屋台に見えてきたり・・・^^;

この内容に加えソフトドリンク2杯、またはビール2杯で一人当たり約£15 とかなりお得で、お薦めレストランに決定!ということで、来月中にもリピート確定!049.gif

お店の情報

The Karczma  http://www.thekarczma.co.uk/
[PR]
by bham | 2012-06-30 17:25 | 外食の記録 | Trackback | Comments(6)

オーガニックファーム見学

まだまだ続くコッツウォルズネタ。ということで、週末旅行の後半編を。

大人中心のプランだった前日に変わって、日曜日は子供達が喜びそうなファームのオープンデーへ張り切って出発!が・・本当に張り切りすぎて、開始時刻の1時間前に到着^^; 幸い、親切なスタッフの方から、駐車場となっている畜舎へ誘導してもらうとこれぞファーム!という、カグワシイ空気が充満^^; そこへ、犬に追われてドカドカっと流れ込んできた羊の群が・・・イギリスに居ても、なかなか見かけることのない現場の迫力に大人も子供も大興奮!そうこうしているうちに、このファームが経営するファームショップとカフェがオープンしたので、皆で腹ごしらえをすることに。

爽快
c0172202_16325386.jpg


コッツウォルズには、セレクトショップのようなお洒落なファームショップが点在しているのですが、ここは、オーガニックファームショップというだけあって、ナチュラル感が全面に出ていて、天窓からもお日さまの光が注ぎ込み明るく心地よいカフェでした。


農機具
c0172202_16321428.jpg


続いて、ボチボチと始まった様々なアトラクションへ、各自、自由参加ということで、ここでも、娘は「機械系」へ一直線・・・大人でも怖い感じのする高さの運転席へ座りご機嫌♪ 650ヘクタール(たぶん、東京ドーム13個分位)にも及ぶ広大な農地で用いられる器具の大きさも圧巻でした。


c0172202_16333540.jpg


こちらは、「乳搾り」のコーナー。 四白眼がちょっと怖い・・


c0172202_16342942.jpg


ゴム製の管を圧搾すると、容器の中に入っている牛乳が出てくる仕組みで、ホンモノの乳搾りの練習用だったのか、閑散としたコーナーでした。

クラフト
c0172202_16351118.jpg


英国式鉋がけ?? ノミと思しき物やペダルを使っての木工の体験&デモ。

他にも、日頃入ることができない農地内をトレーラーで周り、放牧中の動物達を間近で見るツアーやオーガニック野菜の畑への散策などもあり、なんちゃってオーガニックではない、生産現場をしっかりと公開している点も透明感があり素晴らしいと思いました。

オマケ:コッツウォルズの丘
c0172202_16373580.jpg


午後からは、同行していた友人達と別行動となり、一足先にバーミンガムに戻ることになった私と友達のチーム。南部のCirencesterから、一気に北上する途中に通過した綺麗な水辺の街・Biburyや中世風の街並のBurford の美しさにため息が・・・ローマ時代に要塞があったことを示す「○○ester」という地名を繋いでいる Fosse Wayを往きながら、先人達も長閑な丘陵地帯をこの道から見ていたのかなとまたまた妄想タイム016.gifということで、しばらくは、コッツウォルズへ「ぷらり」は止められそうにもありません。
[PR]
by bham | 2012-06-27 16:40 | コッツウォルズ | Trackback | Comments(10)

西~南コッツウォルズの週末旅行(初日)

「皆でコッツウォルズに行きましょう!」と車3台(気心の知れた4家族)で 出かけた週末の旅行。予報では、過去50年で最強の暴風に大雨とテンションが急降下&ちょっとビビりながらの出発になりましたが、尻上がりにお天気も回復し、またまたラッキーでした。

家庭の事情で夫が同行できず、その上、娘を連れての初の1泊旅行は、厳しい展開になるだろうと覚悟していたものの、心優しい友人達に助けられ大満喫!最初に向かったのは、コッツウォルズ西部にある小さな村・ペインズウイック(Painswick)。偶然に村を通る幹線を通過した数週間前に、「なんて可愛い場所なんだ」と魅かれて以来、ずっと訪ねてみたかった場所で、あまり観光化されていない雰囲気もまた素朴で味わい深いものがありました。

眺め
c0172202_20592.jpg


小高い所にあるこの村には、路地から丘陵を見下ろせるポイントがいくつかあり、時折、視界に入ってくる美しいコッツウォルズの景色を楽しみながらぷらり。気合の入ったアンティークではなく、デザイン重視の品揃えが印象的なお店を覗いたり、民家の扉の前に飾ってあった大きな牛の脛骨を見て驚いたりしながら一周。

村のシンボルともいえる尖塔を持つ教会(Painswick Church)には、イングランド内戦時(1643年)に部分的なダメージを受けた「塔」の説明などもあり建物の保存の格の違いを目の当たりにした他にも、撮影で使われるセットのような郵便局の可愛さにもため息が・・まるで、時間が止まったかのような素敵な村でした。

アンティークショップ
c0172202_221233.jpg


郵便局
c0172202_23487.jpg


続いて向かったのが、ハリー・ポッターをはじめ、数々の映画やドラマの撮影が行われたコッツウォルズ最南端の村・レイコック(Lacock)。こちらは、幹線道路から少し入り込んだ所にあり、勢い余って通り過ぎてしまいました^^; それでも、直ぐに軌道修正して、中世期からの建物も混在するかなり古い街並みを散策後、遂に、目的地の1つであったティールームKing John's Hunting Lodgeへ到着。

おばあちゃんの味
c0172202_272927.jpg


皆違わず、絶品といわれるおばあちゃんのスコーンと紅茶のセット<クリームティー>を注文。初めて見た三角形のスコーンはフワフワで甘いバターとミルクの香も最高!きれいなガーデンでのアフタヌーンティーは、にわか雨に遭い微妙となったところで、運よく室内の空いたテーブルに移ることができました。

名物その②
c0172202_282279.jpg


ティールームのオリジナルブレンドの紅茶も美味しく、周りのお客さんも幸せそうな空間に「不都合はありませんか?」とオーナーのマーガレットおばあちゃんが登場^^ 盛り上がる店内のテーブルを1つ1つ周って、お客さんとの会話を楽しみ挨拶をして行かれたかと思ったら、お店の壁に掛けてあった女優さん(Judi Dench)と一緒に写っている写真と同じVictorian Mop Capを被って再登場。気軽に撮影に応じるサービス精神にも皆、大喜び。スコーンだけではなく、彼女に会いに来ているお客さんも多いのが分かりました。

入り口
c0172202_225349.jpg


ガーデン
c0172202_2253376.jpg


店内
c0172202_2261720.jpg


こうして、2ヶ所を訪ねた時点で午後4時過ぎとなり、5時頃にはお店が閉まってしまうコッツウォルズの観光1日目は終了。その後、宿に向かう途中にあったファームショップで夜の宴会用の肴を買い、一旦、チェックインした後に、スリリングな田舎道を抜けて、近くの村にあるパブへ向かったのですが、土曜日ということもあって予約が満杯のお店が2、3軒。それでも、何とか入れたパブは、子供も犬もOKで地元の常連さんと思われる人達の緩い時間が流れていて食事も美味しく、良い締め括りになりました。

オマケ:謎
c0172202_2281779.jpg


ペインズウィックの観光案内所で頂いたコッツウォルズのガイドブックは、ありがたいことに無料でした(北部の某観光地では£1で販売されていた)。所変わればということで、このあたりのテキトーさもイギリスらしいなと037.gif
[PR]
by bham | 2012-06-22 02:36 | コッツウォルズ | Trackback | Comments(8)

遊びすぎた6月前半

夏至に向かって絶好調の季節!ブログをアップしたいと思いつつ、なかなか沈まぬ太陽にお付き合い^^;+朋あり遠方より来る。ということで、また楽しからずやというオチも付いて来て、遊び過ぎの最近を振り返ってみます。

オトナ買い
c0172202_113978.jpg


日本から3週間限定で戻って来た友達と一緒に、Stoke-on-Trentへ朝駆け。狙いは、彼女の好きなWedgwoodのワイルドストロベリー柄の食器類。何でも日本では、ビックリ価格で販売されているようで、アウトレットショップで大喜びの姿を見ているだけで嬉しくなってしまいました^^ その後、総額£○○○の品々は、このお店内にある海外発送サービス部署へ運ばれて行き、日本での再会となる模様。連休の初日ということで、道路の混雑を予想して8時にバーミンガムを出たものの、平日より空いていたモーターウェイに店内。10時過ぎには目標達成!そのまま、帰るにはもったいないので、もう少し梯子することにして、これまた日本人に大人気のBurleighへ。

特別仕様
c0172202_1194815.jpg


ちょうど、女王陛下即位60周年の祝日前だったので、店内はデコレーションの最中でしたが、ここで、イギリス人の大らかさと大雑把さを目の当たりに。所狭しと並べられている陶器群の中を長い脚立を取り回しながら移動するオジサマ・・・ガシャン!という音と悲鳴が数回聞こえてきて、見ていた私達も固唾を飲んでしまう事態でしたが、それでも、皆、和気藹々・・・日本だと咎められそうなシーンでしたが<いろんな意味で>さすが、イギリスだと思いました。

掘り出し物
c0172202_1253927.jpg


Burleighは私には可愛すぎるので、いつも「ジャストルッキング」になるのですが、今回は、なかなか渋めの色合いのティーカップを£2でゲット。ソーサーは無しですが、たっぷり飲める点と丸みを帯びたデザインが気に入ったので、さっそく、ゆるゆるティータイムで活用しつつ庭から満開のバラを少しばかり切ってきて、「お家カフェ」を楽しんでいます。

寄り道
c0172202_1303330.jpg


結局、正午頃にはショッピングが終了。それでも、まだまだ帰らない!ということで、アウトレットのショップ内で見つけたリーフレットを頼りに近郊のファームショップ(Denstone hall farm shop)へ足を延ばしてみたら、まぁ!とーーっても素敵な所で、カフェは地元の人と思しき方やサイクリストやハイカーなどでほぼ満席。僅かに残っていた空席に案内していただけましたが、その時点で、既に好感触。

熱々
c0172202_1313534.jpg


メニューにも幅があり、お値段も手頃というとてもありがたい構成。「ファームショップ」という名前だけで、ほとんど高価なスーパー状態のちょっとがっかり系のお店もチラホラあるので、実は、あまり期待はしていなかったのですが、久しぶりに、これぞ求めているファームショップ像!と感激♪ランチは、何かの賞を受賞した地元・Staffordshireのソーセージで、良質のポークがぎっしりと詰まって美味。付け合せのマッシュポテトもホクホクでした。

店内
c0172202_1322561.jpg


久しぶりに美味しいソーセージと出会えたので、家族にもお土産として買っていくことにして、ファームショップへ。人参やアスパラガスも立派でこれまた、お手頃。もう少し近かったら、週1位で通えるのにな・・と残念でしたが、また、ストークでの用事の際にはリピートしたいお店が見つかり満足。

景勝地
c0172202_1332023.jpg


そして、5年ぶり位になる懐かしい友達がバーミンガムを再訪。と言っても、SNSで何かしら近況報告のような時間を過ごしていたので、積もる話もそれほどでも無い様な有る様な(笑)それでも、弾丸気味な旅につき、用事の入っていたGreat Malvern 駅までドライブがてら強制連行(?)。忘れかけていた極めて日本的な話を聞いて驚いたり、日英の色んな比較をしてみたりと新鮮な時間になりました。

到着した駅は、152年前の1860年に開業した今なおビクトリアンの薫り漂う素敵な空間で、ここを起点にミネラルウォーターで有名なマルバーンの丘を楽しむハイカーが乗降しているのを見ると、ハイキングの虫がウズウズ・・・ そろそろ、解禁できそうかな?

イベント
c0172202_1341879.jpg


再びやって来た週末。お亡くなりになった先代に代わって、お店を切り盛りする娘さんが夫の同級生だという縁で、彼女の営む地元の手芸店Christine's主催のチャリティーイベントへ。£1でホームメードのケーキと紅茶(またはコーヒー)をいただき、お客さんによるティーコージーコンテストの作品に投票してお店を後にしましたが、イギリス人のニット文化を垣間見るような場所で、数ヶ月前から月に一回参加しているニットの会のメンバーにも好評なので、これからも応援したいなと思いつつ、なかなか腕が上がらずに売り上げに貢献できずじまい・・・ こちらも、ボチボチ頑張ることします^^

屋外にて
c0172202_1352447.jpg


ずっと冴えない天気が続いていた中、またまたピン!ときて企画した「ひょっこりBBQ」 元々、雨が降ったら室内で焼肉になるかも=収容人数に限りあり。ということで、いつもお世話になっている3家族に「土、日のいずれかに」とだけ話していたのですが、金曜日の午後に「これは行ける!」と判断して、久しぶりにホームパーティーを企画。お酒が飲めるように、徒歩圏内の友達&家族にもダメもと覚悟で声を掛けてみたら・・全員集合!! 少し肌寒かったけど総勢30名弱の大BBQで大人も子供も大騒ぎの週末になりました。

オマケ:仕入先
c0172202_1361186.jpg


実に3年ぶとなったBBQにも関わらず、セットは問題ナシ。後は30人分のお肉~!このあたりが、ホストの手腕の見せ所??とばかりに張り切って近所にある、とってもお得な肉の卸屋さんで各種調達。イングリッシュソーセージ(2種)、チキンケバブ、タンドリーチキン、ジャークポーク、コリアンスタイルビーフ、コーニッシュポテト、ウスター産アスパラ等々・・・おにぎりやお酒、デザートの差し入れも頂いて最高でした!またこの夏に、ひょっこり出来たらいいなーと願いつつ、次は、今回呼べなかった友達&家族にも声をかける気満々で、密かにすっきり晴れた土曜日を狙っています006.gif
[PR]
by bham | 2012-06-15 01:55 | ミッドランズ(西) | Trackback | Comments(12)


英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
事件簿・治安情報
イベント&お得な情報
医療と健康
食材の調達
色んな食べ物
レシピと食材(和食)
レシピと食材(エスニック)
レシピと食材(欧州系)
レシピと食材(スイーツ系)
キッチンにて
鍋料理と麺類
日本各地の食
おもてなし
外食の記録
バルチ
バーミンガム市内と周辺
ミッドランズ(西)
ミッドランズ(東)
コッツウォルズ
ロンドン~南東部
ヨークシャー~北部
南西部
ウェールズ
オランダ
ラトビア
鉄子系
サッカー
子育て
ホームエデュケーション
私ごと&里帰り
多文化見聞
時事・雑記
ガンとの闘い
おしらせ
ラトビア
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

記事ランキング

お気に入りブログ

地政学を英国で学んだ
*たぬき一家・陽だまり日記*
One Tennis ...

リンク(友達&お役立)

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧