<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ニガウリとイワシのスープ

記録的な猛暑となっているこの夏は、東南アジア系の料理が食べたーーい!という発作に、しばしば襲われていて、インド系のスーパーへ食材を求めて突撃すること数回。

夏野菜
c0172202_4233534.jpg


お目当ては、ニガウリにオクラ^^ 実家の家庭菜園では、毎年、イヤというほど採れていたニガウリも、ここでは拝み倒したくなるほどの貴重品。インド商店ありがたや~。(ちなみに、karela(カレラ)という名前で売られています)

再登場
c0172202_424446.jpg


苦味>>>辛味&鹹味>>>酸味 という按配のスープが食べたくなって、ベトナム風のニガウリのスープ(カイン コー クア/canh khổ qua)をベースに、豚肉の代わりにイワシのトマト煮(缶詰)を使うことにして、作成開始!

集合
c0172202_4251332.jpg


イワシ(1缶)の他にエビ、にんにく、しょうが、スプリングオニオン(すべて適量)+ちょっとだけ白ワインをブレンダーでちょいと潰し、練り上げて

つなぎ
c0172202_4255762.jpg


ポテトフラワーをこころもち多めに(大さじ4~5)加えてコネコネ。

具材
c0172202_4262767.jpg


ニガウリのワタをくり抜き、その中にすり身を適量詰め、流出防止のためにスプリングオニオンで縛り上げ、残りは団子に。

スープ
c0172202_427819.jpg


鶏がらスープに具材を投入し、中火で表面の色が変わるまで煮込む。

助っ人
c0172202_4295264.jpg


トムヤムクンのペーストを混ぜ、味を調えた後に、スライスしたレッドオニオンとみじん切りにしたスプリングオニオンを加え、食べる前に、レモンやライム、コリアンダーを合わせてみたらば・・・・コレが大当たり!! ベトナムと言うよりは、気分はペナン島??

至福
c0172202_4312223.jpg


苦味に辛味、そして魚介の出汁と塩味、柑橘の軽い酸味に加え、ポテトフラワーが柔らかい餅状になっていて、口の中で溶ける食感が堪らずに、昼、夜と食卓に登場して終了・・・自画自賛は好きじゃないけど、これは、この数年で一番の傑作になりました。

廃物利用
c0172202_432828.jpg


時々、ローストチキンの残った部分(骨や皮)を、薬味類と一緒に圧力鍋で煮て鶏がらスープを作成。

保存
c0172202_4324926.jpg


キレイに濾して、小分した後に冷凍保存→麺料理や煮込み系に活用していますが、顆粒状の物とは比べ物にならないコクと味は、多少、手間が掛かっても止められないのです^^

オマケ:肴
c0172202_434583.jpg


鰹節とポン酢で食べる冷菜用に、薄くスライスしたニガウリを軽く湯通しをした後に冷凍。こちらも、暑い日にお薦めでーす。001.gif
[PR]
by bham | 2013-07-30 04:43 | レシピと食材(エスニック) | Trackback

卒業シーズン

登園拒否に陥って、一時はどうなるかと思った娘も、転入したプリスクールを無事に卒園。臆病で頑固・・・しかも、超が付くほどのマイペースな娘を辛抱強く、そして愛情いっぱいにお世話してくださった先生方には、感謝の気持ちでいっぱいでした。

次へ
c0172202_581941.jpg


卒園の日、観衆が苦手な娘は、案の定、式に参加するのを拒否。せめて、最後だけはという思いの中、説得するも、逆に反発が激しくなり泥沼へ・・・そんな中、担任の先生が「この場にいる=参加している」ということだから、気を楽に。と言ってくれて「きっと、歌や踊りのパフォーマンスが始まったら、彼女は、皆の中に入って行くから」とも。

日本の幼稚園の「式典」という雰囲気からすると、ゆるゆる過ぎる程で、子供も先生も保護者も、皆、普段着(暑かったのでビーサンの人も^^;)。自分が受けてきた日本式の教育と比較して、何かと混乱してしまう脳内に「切り替えろ」と指示を出しても、ウジウジ・・・そんな中で始まった園長先生の挨拶でしたが、いきなり、噛んでしまって一同、大爆笑!041.gif 日本じゃ有り得ないなと、微笑ましくもありました。

合流
c0172202_585997.jpg


その後、子供達が入場→着席。こちらも、思い思いのスタイルでリラックスしていて、少しだけ、式の練習をしたんだろうけど、子供らしい自然な振る舞いを見た時に、イギリスに暮らして痛感する他者に対する「respect」を思いました。そして、式が中盤に差し掛かった頃、担任の先生が言った通りに、娘が自ら着席し、他の子供たちと楽しそうに歌い始めるという嬉しい展開になり、またまた私の中にある「為せば成る」的なゴリ押しを反省。子供の頃に読んだ、北風と太陽の話が脳裏を過ぎり、確かに、嫌な物はイヤ・・・大人だったら、避け方も逃げ道も分かるだろうけど、子供だから、ただの我がままと看做されるのも理不尽な話だなと思いながらも、その辺りのバランスが難しいんだなーとも。

心を込めて
c0172202_510911.jpg


卒園式という、また新しい経験をし、この国の素晴らしい文化である、気持ちを伝えるカードをプレゼントに添えて先生方に贈り、とうとう、娘が通った幼稚園ともお別れになりました。

いただきまーす
c0172202_5123669.jpg


宵の口には、間もなく日本へ帰ってしまう友達の壮行会(また、戻ってくるであろうという期待も込めて)も開かれて、久しぶりに賑やかなエリアへ繰り出しました^^ 里帰りから戻って、何だかんだと雑務に追われて、あまり遊んでなかったので、ちょっとだけ開放的な気分に♪ アルコールの持込がOKのモロッコ料理のレストランLa Fibule にて、モダンなスタイルにアレンジされた料理を楽しみました。

測定中
c0172202_513799.jpg


そして、夜も更け「何だか日本の夏みたいよね」と話しながら向かった、2次会の会場の外壁に面白い物を発見!どうやら、水銀気圧計のようで、近未来の天気予報は「VERY DRY」でしたが、愛されキャラの友達が帰ってしまう現実に、ちょっとだけウェット・・・なーんてことも無く、皆、かなり暴走気味に^^; たまには、こんな弾けた時間もイイねーと思った矢先に睡魔に襲われた私は、敢え無くゲームオーバー(?)につき退散。結局、日付が変わる頃には、自宅で眠りに入り体力温存zzz

オマケ:初日
c0172202_516685.jpg


そんなこんなで、遂に始まった夏休みの初日は、色んな用事を済ませるために、下町の雰囲気もある Northfield の街へ朝から出掛けましたが、買い物や金融機関を周るだけでは、娘も楽しくないだろうなと思っていた所で、お祭を発見!ハイストリート沿いにある、小さな広場に人工ビーチが登場して、子供達が喜びそうな企画もボチボチで40分ほど遊んで帰りましたが、娘も大満足。日曜日まで開催されているようなので、また、暇つぶしに出掛けてみようかと思います。

HP:https://www.facebook.com/events/263457513800573/
[PR]
by bham | 2013-07-27 05:30 | 子育て | Trackback

7月20日(土)のデモ情報

既に、ニュースや夕刊等で報道されていますが、明日の13時頃より、バーミンガムのシティーセンター(図書館やビクトリアスクエア一帯、更にはICC辺りまでとの情報も有り)にて、極右政治団体(イングランド防衛同盟/EDL)による、大規模なデモが計画されている模様です。特に、対立する団体との激しい衝突も予想されていますので、明日、シティーセンターへ出掛けられる場合には、十分にご注意ください。

なお、各地より、両団体の支持者が公共の交通機関を利用して、11時頃よりバーミンガムへ到着するとの情報もありますので、コーチステーションや鉄道駅周辺でも、同等の注意を払われてください。

ソース:http://www.birminghammail.co.uk/news/local-news/birmingham-edl-members-kept-pub-5135799
[PR]
by bham | 2013-07-20 02:29 | 事件簿・治安情報 | Trackback

ヴォロヴァンのハイティー

晴天続きの嬉しい日々。そして、相変わらず続いている家の修理と片付け諸々に、ちょっとばかりバテてしまったので、息抜きを兼ねて、ご近所さんを招待しての夕涼みハイティーを開催しました。

材料
c0172202_3441867.jpg


シドニー出身で旅好きなご近所さんと、ニューヨークとパリでの生活が長かった、もう1人のご近所さんは、色んな国の食べ物や文化の話で盛り上がれて、時々、ちょっとだけ美味しいものに囲まれてのお喋りができる貴重な存在。そんな2人に振る舞った、軽食の材料は、随分前に、友達からお土産でもらった、ポルトガルの魚介の缶詰で、パッケージが可愛すぎて、なかなか使えずにいたけど、思い切ってオープン!

南欧仕様
c0172202_345271.jpg


缶詰と侮る事なかれ。さすが、イワシ天国★ポルトガル♪ ほんのりと漂うスパイスの香りの中に、これまた、ちょうど良い具合のビネガーが効いていて、白いご飯とも合いそうな味付けは、感動的でした。

仕上がり
c0172202_3453488.jpg


お寿司(生魚)もOK!という2人なので、先日、IKEAで買ってきた、ニシンの卵やカニのスプレッドとも合わせて、クリームチーズでつないだ魚介のヴォロヴァン(vol-au-vent)を作成。欧州の南北の味が絶妙に合さった、面白い仕上がりになり、スパークリング系とマッチ。

もう一丁
c0172202_3461329.jpg

そして、大きくカットされて、これまた、チリのアクセントが効いた良質のツナ缶。そのままでも、十分、酒の肴になりそうでしたが、こちらも、パイと一緒にして完成。

ピリカラ
c0172202_3472252.jpg


テクス・メクス(Tex-Mex)ぽいと、好評だった、ツナにサルサとサワークリームを合わせた物は、ラムやテキーラとも合いそうで、改めて、食べ物とお酒の相性って面白いなと思いました。

カンパ~イ
c0172202_3475798.jpg


それでも、やっぱり、夏はビールですなー^^ と言うことで、大手スーパーのMorrisonsで£1だったチェコのピルスナーで、カンパイなんぞをやって、旬の話題を。中でも、先のウインブルドン選手権で77年ぶりに英国人の優勝者が出た事から始まり、スコットランド人の優勝が、いかに大きな意味を持つことだったのかという、この国における、奥の深ーーい話を、オーストラリア人から聞き、ヨーロッパと新大陸は、大同小異云々。結局、2人とも、年を取ったら、バーミンガム位の規模のイギリスの都市に住むのが心地良いんだと、お茶目なバーミンガム訛りで、ふざけた後はお開きに。

縮図
c0172202_350374.jpg


久しぶりに広い世界の話をして、20年位前に、アメリカとカナダを旅する際に購入した本を読み返してみたら、世界中から移住して来た人も多いイギリスの現在、そして未来と既存のアメリカ社会がリンクしているような話もあったりで、「なるほど」と思うような事がいっぱい。何より驚いたのは、経験によって変わったであろう、自分自身の視点だったり・・^^;

オマケ:のほほん
c0172202_3503264.jpg


もはや、多様な文化や民族によって構成されているイギリス人。国籍って何だろうなとふと考えたりしながら、ユニオンフラッグを片手に、スコットランド人の選手を応援していたイングランド人の義母を思ったら、良いとこ取りをして、楽しく生きるのが正解(?)なんて006.gif アンディ・マレーの優勝が、まさか、この国の成り立ちを考える機会になるとは・・・・何とも不思議な、2013年の夏の思い出になりそうです。
[PR]
by bham | 2013-07-13 04:41 | おもてなし | Trackback

ボーンビルの夏祭り

2006年以来の暑い7月になるだろうとの嬉しい予報が出されて、確かに、5月、6月も晴天続きのラッキーな週末が多かったなーとニンマリ。この時期は、学校の夏休みが始まる前の駆け込みイベントも盛況で、我が家も、恒例の町内会お祭に出かけてきました。

入場券
c0172202_5314254.jpg


会場は、あの世界的に有名なチョコレートメーカーのキャドバリー所有のグランドで、有り難いことに、入場料が大人£3(約450円)、同伴の子供は(12才まで)無料という太っ腹な企画。更に、前売りになると、50ペンスお得でしたが、天気次第ということで、当日、ゲートで支払いをして、お祭のプログラムや地元のビジネスの広告等が載っている、レトロなデザインの小冊子(入場券)をもらい、出陣~!!

絶叫
c0172202_5325437.jpg


会場には、色んなパフォーマンスが行われるスペース、出店、それに、移動遊園地があり、入場早々、悲鳴が聞こえて来て、これに、娘が怖気づいてしまうハプニングも・・・

カオス
c0172202_5405741.jpg


これは、マズイと思い宥めるために連れて行った、ダージャム(dodgem car)でしたが、クルマを激突させ合う様子をかなり気に入ってしまい、「私もやる~!!」と言い出し、これまた誤魔化すのに一苦労・・・ 一応、大人同伴だとOKのようでしたが、結構、ぶつかった時の衝撃で首ガックンって人も多かったし、童心に戻りすぎた大人も多かったので^^;、もう少し大きくなるまでお預けにしました。

道しるべ
c0172202_5412725.jpg


その後は、出店を見て周る事にして、歩いていると、これは、分かりやすくて良いなと思った、即席の道案内。この辺の合理的なセンスが心地良かったり^^

キツネじゃないよ
c0172202_5415747.jpg


そして辿りついた、娘が大好きなフェイスペインティングのコーナーは、やはり、大人気。待つ事20分ほどで、助手さんにやってもらえたけど、ちょっと微妙な仕上がりに^^;一応、お題目は「CAT」でしたが、時間が経つうちに、髭の部分が滲んで来て、最後は鬼瓦権蔵状態に・・・

可憐
c0172202_5435075.jpg


他にも、本来は5月に行われる、夏の豊穣を祈ってのメイポールダンスが、町内の女の子達によって披露されたり、

楽団
c0172202_5442666.jpg


バグパイプの演奏など、イギリスの伝統的な文化を楽しむこともでき大満足!

ジャーク系
c0172202_545583.jpg


お祭と言えば、美味しい食べ物^^ ということで、出店をチェックしていたら、行列ができていたカリビアンフードのお店から良いニオイが♪ もちろん、並ぶよーー!!と気合十分で臨んだものの、疲れがピークに達していた娘の機嫌が悪くなり、誤魔化しも利かず一時退散の英断を・・ん~残念。

た~まや~
c0172202_545374.jpg


暑い中をハイテンションで歩き回ったため、限界に達していた娘に昼寝をさせて、日没後の花火を見るために、再入場。10時を過ぎても、微かに明るい部分が残っている空でしたが、潮時という感じで、20分間の花火が始まりました。日本の物と比べると、小ぶりで可愛い印象でしたが、久しぶりに見る夏の花火に感動♪ 来年もまた、良い天気になりますように☆と、かなり気の早い事を思って、お祭を後にしました。

オマケ①:家ごはん
c0172202_5461840.jpg


結局、お祭のエスニック料理に有りつくことができずに、未練タラタラのまま、自宅でカロリー控え目&野菜たっぷりのグリーンカレーを作成。

オマケ:継続中
c0172202_547956.jpg


定番は、カロリー無視の油をいっぱい吸い込んだ茄子に、これまた、ココナッツミルクもたーっぷり仕様でしたが、長期ダイエット中につき、脂肪分をカットしたココナッツミルクと、エリンギやしめじで量を増し、茄子を控え目にして、鶏肉もエビに変えてさっぱり系に調整。少し物足りなくもあったけど、この夏は、このレシピで、カレー中毒を乗り越えたいと思います。006.gif
[PR]
by bham | 2013-07-04 05:58 | イベント&お得な情報 | Trackback