<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

マフィンタワーで誕生日

食いしん坊が高じて色んな料理にトライしているわりには、お菓子作りがイマイチ得意じゃない私。たぶん、大雑把な性格と冒険心が災いしているようで、「レシピ」に遵わず撃沈すること100回以上^^;

遂には、未知なるスイーツに遭遇してしまうのが面白くなって、反省も学習もしていないどころか、偶然の産物が定番になってしまい、我が家の食卓に定期的に登場するのが、食べ頃を過ぎてしまいつつあるフルーツを混ぜで作る『お片づけマフィン』 

焼きたて
c0172202_5573379.jpg


一番面倒な計量さえ正確に行えば、あとはザックリ混ぜ合わせてオーブンにぽ~ん→完成という手軽さが気に入って、昨日も、バナナと洋ナシ+所々に散らばっている黒糖の塊バージョンを作成。

変身中
c0172202_5593197.jpg


そして、本日は、忘れていたワケではないけど夫の誕生日。新にケーキを焼くには、上手く行く保証も時間も無い・・・どうしようかなと思ったところでピン!閃いたのが、苦し紛れのケーキタワーならぬ『マフィンタワー

完成
c0172202_61037.jpg


娘も加わって、チョコ、リコリス、ジェリーベイビーズ(グミのようなお菓子)を使って、遊び心いっぱいの飾りに、キャンドルを立てて即興バースデーケーキが完成!2人の手書きのカードも添えて準備完了。これには、全く期待していなかった夫も感激だったようで大成功~♪

ズーム
c0172202_63743.jpg


飾りの一部のジェリーベイビーズ(Jelly Babies)には、グミのような弾力はなく、噛んだ瞬間に ぐにょ という食感があり、あまり積極的に食べるお菓子ではないのですが、このはっきりしない加減がイギリス人には人気のようです。そんな ぐにょグミ を指差して、娘が言ったひとこと「ミニダディー!」・・・たしかに、恰幅の良さ諸々・・・大爆笑になりました。041.gif

オマケ:演出
c0172202_665388.jpg


誕生日の飾りには、経済的なヘリウム風船をゲット。近所のスーパーで売られている物は£5位で、いずれ萎んでしまうしな・・と悩んでいた所に、移民街で嬉しいお店を発見。なんと、バルーンが£1、ヘリウム50ペンス、そして錘(クリップと言うらしい)が25ペンスで合計£1.75也^^ とてもお買得で、これまたお薦めです。

お店の情報

1 POUND TREE 

1A WINDMILL SHOPPING PARK
CAPE HILL SMETHWICK B66 3PR

[PR]
by bham | 2014-01-31 06:14 | キッチンにて | Trackback

カリビアンのから揚げ粉とTilting Ale

少しずつ日が長くなって、春の到来が待ち遠しい日々。このまま、雪が降らない冬で終ってくれーー!と願いながら、夫が、随分前に取引先から貰ってきたビールをそろそろ戴くことにして、セットを開封。

鉄仕様
c0172202_522342.jpg


Virgin Trains がチェシャー州にあるビールの醸造所と提携して作ったビターで、その名も「Tilting Ale」(日本語に訳すると「車体傾斜 エール(?)」)という、ヴァージンが誇る、振り子式車両の傾きとスピードをイメージした仕上がりだそうで、鉄ちゃんには堪らない1品なんだとか・・・

外装
c0172202_5232069.jpg


そして、ビールのつまみには、鶏から!ということで、日本製のから揚げ粉の代用として大活躍中の、カリビアン食材店で売られているフライドチキン用のコーティングを引っ張り出してスタート。

こんな感じ
c0172202_5241037.jpg


軽い香りづけのスパイスとちょっと強目の塩味。

下準備
c0172202_525862.jpg


全体に軽くまぶす程度で、ちょうど良い塩加減に。

作品①
c0172202_5254881.jpg


レモンやライムを絞ってもOK!さっぱりした味のから揚げが完成♪

作品②
c0172202_5264133.jpg


こちらは、袋の中に粉を入れて、しっかりと塗したタイプで、かなり塩辛い!!が・・・お酒LOVE068.gifな人々からは、絶大なる支持を受けています。お値段も、400gで£1.89(標準価格)とお得でお薦めでーす。^^
[PR]
by bham | 2014-01-30 05:41 | レシピと食材(和食) | Trackback

カレーパブ

カレーを食べると、幸せホルモン「セロトニン」がドバドバ出るらしい。という記事を読んで、日射量の少ないこの時期に、なんと有益な話だと思っていたところに懐かしの友から「再会ランチは、バルチ(カレー)系希望」との連絡が^^

ところが、待ち合わせのシティーセンターにあるのは高級インド料理店ばかり。はて・・・昼間に開いている、庶民的なお店なんてあったっけ?と考えていたら、随分前に、近所に住むカレーキング(カレーが大好物のウェールズ人)から聞いていた、お薦めパブの存在を思い出して「外したらごめんね」と言うことで、4人(大人3人/幼児1人)で突撃~!

じゃ~ん
c0172202_427312.jpg


外観は、ちょっと鄙びた感のあるパブ。で、店内もバーカウンターとハンドポンプ、スヌーカーテーブル、それに大音量で放映中のスポーツチャンネル・・・と、ごく普通の小さなパブといった印象でしたが、カウンターの中にインド系のお兄さんを発見。「これは、美味しいカレーが出てくるに違いない!」と期待して、正解♪

3種類のカレーをシェアすることにして、頼んだのは

● クリーミーで濃厚なパンジャブ(インド北西部)料理 Butter chicken (奥)

● スパイシーな南インド風 Chicken Madras (左)

● こってり系トマト&チリソースのカシミール料理 Lamb Rogan josh (右)

サイドには、ナン、ロティ、ライスを頼み、お腹いっぱいに。

実は、このお店の名物は、グリルの盛り合わせのようで、他のお客さんへ運ばれている、にく、ニク、肉~!! という位、お皿いっぱいに盛られて、煙が上がっている料理に目が釘付けになり、ビール片手に・・と考えると、また、近いうちにリピートしたくなりました。


お約束的一品
c0172202_4294428.jpg


そして・・・最後は、またしても、お店の人への交渉となった「メニューには無い、でも裏には有る」というハウスティー(?)のオリジナルマサラティーをいただきました。しっかりと煮出していて、ブラックペッパーが効いた珍しいタイプの味でしたが、体が温まりスッキリ^^ しかも、チップまで入れて1人当たり£9と、お財布にも優しい会計に大満足でした。



【お店の情報】

Hen and Chickens PH

27 Constitution Hill, Birmingham, West Midlands B19 3LE TEL: 0121 236 3121

営業時間は曜日によって異なるようですが、平日は、11時頃から開いているようです。
バーミンガムのビクトリアスクエアから、徒歩20分位。少し、治安に問題があるエリアになるので、
その点にはご注意を。


オマケ:お土産
c0172202_4302912.jpg


今は、東京に暮らす友達からの嬉しいお土産のひとつ、日本橋ふりかけ。とても上品な優しい味で、濃い味付けに慣れてしまっている私の味覚に、久しぶりの緊張が走りました^^; 短い滞在だったにもかかわらず、再会が叶ったばかりではなく、入手が難しいと言われるお土産まで・・・彼女の優しさに感謝(涙)次回の再会はいつになるのか分からないけど、また、ステキな時間になることを願って、その日を楽しみに、更なるお店の開拓に励みたいと思います。001.gif
[PR]
by bham | 2014-01-25 04:42 | バルチ | Trackback

燻製サバのフレーク

お祭シーズンも終って、また、現実がどーーんと目の前に^^; 引き続き、傾きかけている家のメンテナンスの日々のはずが、あまりの寒さにエンジンが掛からず、大苦戦・・・こんな時は、冷蔵庫の中から片付けるのもアリ。ということで、そろそろ決着をつけなくては手遅れになりそうな、奥深いところに眠る、燻したサバ(スモークドマカレル / Smoked Mackerel)を引っ張り出して、加工開始!! 
保存食
c0172202_421148.jpg


オリジナルの燻製(塩味)の他に、粗挽のブラックペッパーが塗してある物をよく見かけますが、この、レモンとパセリ(ALDI)バージョンも、ご飯、パスタ、パンとも相性が良く使える食材として◎。そのままでもOKだけど、応用が利く、手抜き料理の万能強力助っ人「サバニンフレーク」を久しぶりに作成。コレ、かなり使えますんで、レシピを載っけておきまーす。

イメージ
c0172202_4294260.jpg



【材料】

① Smoked Mackerel  1パック≒200g (皮と小骨を取り除きフレーク状にする)

② スプリングオニオン  4~5本 (みじん切り)

③ にんにく 2~3片 (すりおろす)

④ モルトビネガー  3~4滴

⑤ 醤油      1~2滴

⑥ ゴマ      適量


【作り方】

①から、ジワリと脂が出てくるように、弱めの火加減で炒る。


②を加え、ある程度しんなりとなったら③も加え、香ばしい匂いが漂って来る(しっかりと火が通る)まで、時々、全体を混ぜ合わせながら火にかけ続ける。


④を全体に馴染ませて円やかにし、⑤で好みの鹹味に調整し、⑥を混ぜ合わせたら完成。

【所要時間:約5分】


サバニン和風飯
c0172202_4301487.jpg


熱々のご飯にのっけて、混ぜるだけ。わさび、梅肉、シソ、納豆、海苔とも相性が良く、変わり茶漬にもOK。

サバニン韓国飯
c0172202_431430.jpg


コチュジャンを混ぜるだけで、韓国風に♪ もちろん、キムチチャーハンにもバッチり!

洋風サバニン
c0172202_4314057.jpg


マヨネーズやマスタードと和えて、バゲットとチーズと合わせてグリルに。他に、オリーブオイル&バジル、パスタと合わせても、夫(サバがあまり好きではない)は、騙されて食べてくれるので、ありがたい^^

肝心の日持ちは・・・いつも、あっと言う間に使い切ってしまうので、定かではありませんが、たぶん、密封容器で3日位は、風味が損なわれることなく保存できるのではないかと^^;(アバウトですんません)

オマケ:高騰
c0172202_433849.jpg


車を修理に出していた関係で、久しぶりにバスを利用した年末には、「料金先払い&お釣は戻って来ない」ということで、小銭を掌いっぱいに握り締めて乗車後、ドライバーさんから「センターまでは£2(片道)」だと聞いてビックリ!

しばらく乗らないうちに、料金がかなり上がっていましたが、別の日の昼間に友人達と4人で利用した、1日乗り放題 Group Daysaver(5人までOK)は£8(1人当たり£2)だったので、こちらは、かなりお得だった上に、夕方以降は、絶対に避けたい2階席も安全で、何年ぶりかに、一番前の席からの眺めを楽しみました。今度は、いつ乗るんだろうな?と思いながら、いつかゆっくり、市内を循環している11番に乗って、バーミンガムを一周したいなと、夢のようなこと考えてみたり・・・012.gif
[PR]
by bham | 2014-01-16 04:40 | レシピと食材(和食) | Trackback

ケーキとお雑煮

「明けまして おめでとうございます」と、新年の挨拶廻りをし過ぎて、2014年の第一弾UPが今ごろになりましたが、本年もよろしくお願いします。

傑作
c0172202_4314671.jpg


元旦は、毎年恒例の友人主催の新年会へ。たぶん、今後は、しばらく参加できなくなりそうなので、思いっきり楽しんできました。なかでも、僭越ながら企画をやって、数人の友人達に、少しずつ製作をお願いしたサプライズの(主催者の友達の)バースデーケーキが即興でスゴイ仕上がりになり、感激!バーミンガムでは、日本人の口に合うケーキやお菓子を買うのが難しいのもあって、皆さんの腕前はさすが^^ この、開けてビックリと言う感じのケーキタワーの作成は、面白く、ハマりそうな予感です。

カンパイ
c0172202_4323642.jpg


大人数のパーティーの数日後には、親しい友人達とマッタリ~な新年会。日頃、あまりお酒を飲まない私も、ノリノリになってしまって、気づいたら夜明けが近い時間に^^; これも、理解ある夫のおかげで、思い存分楽しませてもらい、充電終了!

お故郷自慢
c0172202_4331646.jpg


その、明け方まで続いた宴では、ひと通りのお料理とお酒を楽しんだ後に、イブクロの休憩を兼ねて作っておいたお餅を、午後10時頃に思い出し(?)お雑煮作りを開始・・・^^;まっ、それも有りかということで、友人達による東京風と私の博多風を食べながら、中に入っている具、出汁を比較。海鮮がメインの博多風と違って、東京風には、ウズラの卵やほうれん草、色鮮やかな麩が入っていて、さっぱり!美味しくいただきました。

ということで・・・長期ダイエットは振出しに戻る(涙)という、トホホなオチ(当然だろう!と突っ込まれそうですが・・・)の年末年始も、Epiphany(公現祭)だった6日に、クリスマスツリーを片付けてオシマイ。2014年は、いったいどんな1年になるのかな?と、ぼんやりとした事を考えながらも、さらなる怪しいお店や食材に挑んでみようかと思います。006.gif
[PR]
by bham | 2014-01-09 04:40 | おもてなし | Trackback


英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
事件簿・治安情報
イベント&お得な情報
医療と健康
食材の調達
色んな食べ物
レシピと食材(和食)
レシピと食材(エスニック)
レシピと食材(欧州系)
レシピと食材(スイーツ系)
キッチンにて
鍋料理と麺類
日本各地の食
おもてなし
外食の記録
バルチ
バーミンガム市内と周辺
ミッドランズ(西)
ミッドランズ(東)
コッツウォルズ
ロンドン~南東部
ヨークシャー~北部
南西部
ウェールズ
オランダ
ラトビア
鉄子系
サッカー
子育て
ホームエデュケーション
私ごと&里帰り
多文化見聞
時事・雑記
ガンとの闘い
おしらせ
ラトビア
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

記事ランキング

お気に入りブログ

地政学を英国で学んだ
*たぬき一家・陽だまり日記*
One Tennis ...

リンク(友達&お役立)

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧