<   2014年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

テロ対策の「RUN HIDE TELL」

一昨日にロンドンの主要な駅で、テロに遭遇した際の心得のような印刷物が通勤者を中心に配布されたニュースを見ましたが、その内容は、ムンバイで起きた同時多発テロと同様の駅構内における突然の銃乱射の可能性を示唆したもので恐ろしく・・・

リーフレット
c0172202_1810276.jpg


既に英国内には、違法に持ち込まれた殺傷能力の高い銃器が氾濫しているとの話もあるだけに、あり得ないことでもなく、特に、これからのシーズンは人の移動も多くなるので、駅がターゲットになる可能性が高いとの見解にも肯きながら、銃社会のアメリカではどのような啓蒙活動が行われているのかと調べてみたら、どうやらイギリス政府も参考にしていたようで、キーワードは「RUN HIDE 」までは同じで、「TELL」は「FIGHT」に!こんなことが日常で起こる可能性があるアメリカならではの動画を見ながら、テロってこんな感じなんだとシュミレーションを。

(トレーニング



実際に、在ニューヨーク日本国総領事館からのメールマガジン(リンク先はコチラ)でも対策が送られていたようで、その内容で特に大事だと思ったのが「慌てない」。実際に、パニックになりそうな事に遭遇した時にはこれに限るけど、一番難しかったり・・・随分前に、テロが日常的に起こっている某国からやって来た人が「銃声を聞いたら、身を低くして急所(頭部と心臓)を流れ弾から守るのがポイント」なんて事を言っていたけど、これまた想像しただけでも恐ろしや^^;

とりあえず、バーミンガムではニューストリート駅、クリスマスマーケット、ブルリング辺りが要注意かなと思いながらも、今年も暗躍中のスリ一味@クリスマスマーケットの方がハイリスクのようですので、お出掛けの皆さん、ご注意ください!033.gif
[PR]
by bham | 2014-11-28 18:49 | 事件簿・治安情報 | Trackback

要★探索のエリアにて

SNSで、絶えず新作を発表している研究好きなオーナーさんのお店へやっとランチに行けました。

本格的
c0172202_1729911.jpg


日頃はあまり味覚の合わない夫も、スパイシーな料理が少ないベトナム料理はOK。春巻きが好きな娘も食べられるようにお得なセットと、珍しい北部の料理(ブンチャーという、細い麺<つけ麺>+豚肉団子の炭火焼)があったのでこれをオーダー。

ズーム
c0172202_17294285.jpg


つけダレと一緒にいただきましたが、メチャ美味しくて、本場の屋台にジャンプ~^^/ 夫も大喜びだったので、また近いうちにリピートしてしっかりと報告したいと思います。

ビバ
c0172202_17301853.jpg


食後に立ち寄った近くのスーパーでは、人種の坩堝を実感できる品揃えに大興奮!! 商品棚や店内の様子をお伝えできないのが残念ですが、特に嬉しかったのがブラジル(南米)の食材が並んでいたことで、早速、大手メーカーのマテ茶のティーバッグをゲット。

名物
c0172202_17305246.jpg


もう1つ面白い物があったので購入したのは、千夜一夜物語の世界に引き込まれてしまいそうな神秘的なデザインの箱に個別包装されて入っている、ちょっと贅沢なチョコレート+デーツ+アーモンド(ドバイの名産)。

こんな感じ
c0172202_17312231.jpg


ちょっとピントが怪しいけど、断面図↑ チョコの質は微妙だけど、デーツとアーモンドはさすがに良質なご当地産を使っているようで◎。その昔、これをお土産でもらったことがあった義母も、「バーミンガムで手に入るのね」とビックリでした。

オマケ:店内の様子
c0172202_17315046.jpg


またまた、バーミンガムのディープな世界へ足を突っ込んでしまった感もありますが、このベトナム料理店、そしてその一帯をもう少し探索してみようかと思います。027.gif
[PR]
by bham | 2014-11-26 00:00 | バーミンガム市内と周辺 | Trackback

£2.99のお薦め食材

いよいよクリスマス前の楽しいショッピングのシーズンが始まり、今年も限定品に狙いを定めて出陣~!

準備万端
c0172202_5362258.jpg


お目当ては、冷凍だけど侮れない1杯£2.99のBROWN CRAB(アイルランド産)@Lidl

見かけ
c0172202_5381662.jpg


冴えない見かけだけど、甲羅の内側には濃厚な味噌と内子がギッシリ→ → → 炊き込みご飯にすると最高^^ しかも、加工済み。

じゃ~ん
c0172202_539924.jpg


去年の同じ頃、お試し的に買って大当たりだったので、今年は少し欲張って大量買いしたら、家族からカニのスパゲッティが食べたいとのリクエストが来たので、辛抱強く殻から身を取り出しながら、お得感いっぱいなのに今ひとつ人気がないのは、きっと、この面倒な作業のせいなんだろうなと思いながら何とか完成^^;

豪華
c0172202_5401894.jpg


身はまずまずといった感じだけど、やっぱり濃厚なミソと内子は最高!クリームソースにちょっとだけトマトソースを合わせてみたら、良い感じにまとまりました。

デザート
c0172202_5404628.jpg


同じく£2.99シリーズで、なかなか使えるのが冷凍のケーキ。特に、イギリス勢にはチーズケーキが好評で手間やコストを考えるとこちらもお得感いっぱい。

濃厚
c0172202_5413513.jpg


あまりマッタリ系が好きじゃない私も、コレは別。と気に入っているチョコレートケーキ。とはいえ、カロリーはかなり高いので1箱だけにしておきました。クリスマスまであと1ヶ月なので、街が混み合う前に色んなことを済ませるには、この2週間が勝負になりそうです。006.gif
[PR]
by bham | 2014-11-25 05:51 | 食材の調達 | Trackback

ミニいなりとタラの田麩

日本語熱に加え、和食にも目覚めている娘のリクエストで、いなり寿司を作る機会が激増中の最近。

下準備
c0172202_20313674.jpg


薄揚げは、近所の東洋系のスーパーにある冷凍の物ではなく、中華系スーパーで入手できるフレッシュな小型タイプの物 (Deep Fry Tofu)を軽く煮付けて一晩放置。

こんな感じ
c0172202_2011776.jpg


小さ目なのが逆に良く、食べやすいサイズの物が完成。

裏側
c0172202_2010416.jpg


立方体の薄揚げなので、どこかしら小さな穴が開いていることが多く、そこからご飯を詰め込んで底にしたらOK!

生ふりかけ
c0172202_20292614.jpg


こちらは、冷凍タラを使ったフレークで、薄めの昆布出汁で茹でた後にフライパンで煎りながら、調味料(醤油、白ワイン、砂糖)を加え、水分が無くなるまでひたすら煎り続けて終了。ショウガやスプリングオニオン、ゴマとも相性が良いので合わせてもイイ感じに仕上がり、冷蔵庫での保存も1週間(食べ切ってしまうのでそれ以上は不明)問題ナシ。私は、わさび茶漬にかなりハマってます^^

荒削り
c0172202_20302215.jpg


煎りながら塊を細かく砕いて行き、砂糖を多めに加えて着色料を使えばデンブにもなりそうですが、彩りのきれいな料理にしなくても良い場合には、このままベージュ系でも十分に使えそうでお薦めでーす。001.gif
[PR]
by bham | 2014-11-22 20:41 | レシピと食材(和食) | Trackback

生生流転

トホホな車の大破事件にショックを受けながらも次へ進むしかなく、保険を使うか否かを考えてみたら、廃車にするのがベストのようだったので、いつもお世話になっているガレージに下取りの相談をしたら快くOKをもらって、一週間後には新しい車がやって来ました。

ニューフェイス
c0172202_558217.jpg


車を取りに来てくれた会長さんも「いや~・・・これは」と苦笑いされて、「ケガが無かったのが何よりだったし、新しい車には、バックソナーがついてるから良かったね」と^^;

ありがとう
c0172202_5582912.jpg


妊娠中からずっと一緒だった旧愛車(マルコ)には、子供の成長の思い出もいっぱいで、「こんな形の最後になってしまってごめんね」と泣きそうになりましたが、これまでに感謝しながらマルコの後姿が見えなくなるまで、家族でお見送りをしました。

もう1息
c0172202_559361.jpg


マルコの対戦相手だった憎き鋼鉄製のスキップは既に運ばれて行き、大掛かりなコンサバトリーの建て替え工事もほぼ終盤に向かっていてあと一息。せっかくだからと、ちょっと頑張って最新の建材と技術を売りにしている会社にお願いしたので「貯めるの10年、飛ぶのは一瞬」という懐事情に車の一件は大きかった・・・今後は財布の紐を2重、3重にして自分でできる所はやるしかない。ということで、まずは、コンサバトリー周辺のギャップの部分をどうしようかと考えながら、DIYのお店のカタログと睨めっこ。

店頭
c0172202_559588.jpg


ところが、やっぱり素人には難しすぎるということで、お店Wickesへ突撃~!あまり沢山の種類はないけど、定番商品はほぼ入手可能だし、更にお得な会社(たぶん系列会社)のToolstationまで入っているので、ここで細々としたものを調達して、後はお天気と体力次第ということになりました。

いっぷく
c0172202_61545.jpg


と・・・激動の一週間を過ごしたので頭も体もヘトヘト。ふと食べたくなった抹茶アイスを片手に少しだけボケっとしながら、こんな状況でも、比較的心穏やかでいられたワケを漠然と考えていたら、関係者の皆さんの仕事が早く確実で、振る舞いも素晴らしく、これは出費に見合ってる(満足している)という結論に達しました。面白い事に、3組(基礎工事と上物をやってくれた大工さん達、それにガレージ)とも親方(お父さん)と息子さんという組み合わせでしたが、そこには甘さがなくイギリス版・師弟制度を間近で見て、やっぱり「技アリ」の職人さんてカッコいいな~なんてことを思いました。

カッコいいと言えば、基礎工事組の息子さんは、なんと!若かりし頃のウイリアム王子にそっくりな体型&雰囲気で、笑顔を以って「Thanks」なんて言われると、お茶出しの時間に俄然張り切ってしまったり・・・^^; 何はともあれ、忙しくなる12月に入る前に何とか完成しそうでホッとしています042.gif
[PR]
by bham | 2014-11-21 06:17 | 私ごと&里帰り | Trackback

日本人ジュエリーデザイナー@バーミンガム

11月も半分が過ぎようとしていて、いよいよクリスマスに向けての色んなイベントが開かれる楽しいシーズンに突入~!これがあるから、冬を乗り越えられるといっても過言じゃないほど嬉しく、オリジナリティのある物に魅かれてしまう私にとっては、クラフトフェアも楽しみだったり^^

そして、今年も、在バーミンガムの日本人ジュエリーデザイナーのノブコさん(HPはコチラ)が展示会を開かれる予定なので、ステキな作品と一緒にご紹介を029.gif

輝き
c0172202_17312969.jpg


2009年に大病を患い、無事に5年後の2014年の大晦日を迎えることがひとつの目標だった私にとって、この冬は特別なものになりそうなので、ピン!と来るであろう、ラッキーアイテムとの巡り合わせに期待して出かけてみたいと思います。

ノブコさんの作品が出展されるイベント

期間:2014年11月20日(木)~12月23日(火)の10:30~22:30まで
会場:Symphony Hall (イベントのHPはコチラ)


日時:2014年12月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)11:00~17:00まで
会場:Mac (イベントのHPはコチラ
[PR]
by bham | 2014-11-13 00:00 | イベント&お得な情報 | Trackback

フードで顔を隠すクセモノに注意せよ

朝っぱらから車が大破しトホホな週末の始まりでしたが、考えてみれば、忙しいを言い訳にゆっくり歩くこともなかったなと、徒歩5分の所にあるスーパーでさえ車を使っていた日常を省みながら、買い物を終えて自宅に向かう寂しい坂道(左側に雑木林のような藪が広がる)を上り始めた時に胸騒ぎが。実は、2ヶ月位前から、車に関することでも「何か、重大な事が起こりそう」と、とても嫌な予感がしていただけに、その勘を気のせいだとは思えず警戒しながら歩いて行くと、前方に怪しい男を発見!

さもありなん
c0172202_4183410.jpg


いかにもな風貌からは、何とも言えない不気味なオーラが出ていて、直感的にこれはアカンと・・・仕方がないので一定の距離を保ちながら進んでいると、坂の上から近所の老婦人が下りて来て男とすれ違い、その数秒後に男が振り返り何かを確認していたので、絶対に、追い越して背中を向けることがないようにしなくてはと思ったあたりで、緩やかなカーブ(死角)に突入。

すぐさま、姿が完全に見える反対側の芝生へ移動して、ノロノロと歩いて様子をみていたけど、そんな時に限って携帯ナシ&人も車も通らない・・さて、如何したものかと思ったところで、なかなか私が追い越さないのに痺れを切らしたのか、男が立ち止まった。ひえ~ もちろん、私も立ち止まっていたら、今度は方向転換して下り始めそうだったので、走ってスーパーの駐車場まで避難・・ブルブル・・その後も物陰から男の動向をチェックしていたら、反対方向へ歩いて行ったので戻れるかなと思ったら、また引き返して来て近くの公園へ行ったのかと思いきや、そこから駐車場を覗き込んでいるではないか・・・

仕方ないと迂回路を検討し始めた時に、さっきの老婦人が買い物を終えて歩いて来ていたので、このまま1人で戻らせては危険だと判断し怪しい男の話をしていたら、その間に姿を見失ってしまい、これはいよいよマズイなと思ったけど、老婦人は、足腰が丈夫じゃないので最短距離の坂道以外の選択は無いと。車で来ていたら、こんなことに遭遇することもなかったなと考えたら、もしかすると、これには何か大きな意味があるのかもと思い、意を決して一緒に坂を上がる事に。

相変わらず続く胸騒ぎの中、ヤツが待ち伏せしていないことを祈りながら2/3を上がったあたりで、ガーーン。なんと、前方からあのフード男が・・・・引き返しも、逃げもできない状況だったので、最悪の場合に備えて大きなゴルフ傘を利き手に持ちかえたけど、できるだけ緩い雰囲気でやり過ごすことにして、いよいよすれ違うタイミングがやって来た時に、お婆さんが「あの人なの?」と大きすぎる声で聞いてきて、どひゃ~ ^^;

どう出てくるか分からない相手を刺激してはタイヘンと、とっさに話題を変え、さりげに男の顔(薬物中毒を疑う特徴アリ)もしっかり見てすれ違い、半身で動向をチェックしながら無事に坂を上がりきった所でお礼を言われてハッとしたけど、実は、ターゲットは私ではなくお婆さんだったのかもと思うと、男の行動の一部始終も辻褄が合いピン!特に、弱者を狙った追いはぎのような犯罪は、これからの時期に急増するので、徒歩組高齢者が多い近所へ警報を鳴らさねば~と!、早速、町内会の役員に報告しましたが、車が壊れたことで、もしかすると発生していたかもしれない犯罪を防ぐことに役立ったのかもとかなり都合の良い解釈をした瞬間、この数ヶ月ずっと重かった気が、まるで憑き物が取れたかのようにスッキリ。047.gif

まだまだ続くであろう人生ゲーム・・・色々あるんだろうけど、どんなコマに止まろうとも、何ごとも直感を信じて前向きに進めたら良いのかなと思う1日でした。
[PR]
by bham | 2014-11-12 04:59 | 事件簿・治安情報 | Trackback

八方塞

子供の頃に、そのワケがあまり分からなかったものの、思いがけない出来事に一喜一憂するのが面白く、大好きだった人生ゲーム。「毒ヘビにかまれる」とか「子供が生れる」など、良いこと+収入アップや、悪いこと+出費が続いたりと、その盤の上には、まさにヒトの日常が凝縮されていて、妙に現実味があったり・・・そんなことを、いつもより思い出す機会が多かった今年は『八方塞』の運気で、現在も真っ只中^^;

懐かしい) 
c0172202_5115026.jpg


八方塞と言えば、どの方面にも障害があって手の打ちようがないこと。という、どん底的な慣用句の方が一般的のようだけど、暦による運勢の八方塞は、いわゆる厄の1種で、あえて四方八方を塞ぐことで『邪』の侵入を防ぎ、大難を小難に、小難は無難に過ごせるように、穏やかな運気が来るまでパワーを温存する戒めのようなもので、とにかく慎重に行動し内なる物に目を向ける(見直しの)時期だと、何ごとも静観。あとは、覚悟して現実を受け入れるのみ!と腹をくくっていたら・・・ついに、ドーーンとやって来た『難』

屈強
c0172202_5145473.jpg


厄年につき慎重に。という事は、やはり、私には厳しかったようで・・・豪快にやってしまった独り相撲。しかも、ぶつかった相手(鋼鉄製のゴミ箱:スキップ)と角度が悪かった。「そこにある」のが分かっていたのに、慌しいスケジュールとルートのことで頭がいっぱいで、非日常のスキップの存在をすっかり忘れてしまってバック。「ん?」何かに当たったかなと思ったくらいの感触だったのに、後ろを見てビックリ!な~んとガラスが粉々に割れ、ドアがものすごく変形・・・絶句。一瞬、めまいがしたけど、すぐに気を取り直して、後部座席にいた娘の無事を確認し誘導後、土砂降りだったのでレジャーシートで応急の幌を作り、保険会社に連絡。あいにく土曜日の朝ということもあって、先方と契約しているガレージは休業で月曜日まで保留とのことで、週末に入っていた絶対に外せない予定については友達にSOS。

と・・かなり濃厚な午前中を過ごし、物損だけで済んだ幸運に感謝。少し落ち着いたので、車の今後を検討したら3通りの選択肢が浮上したけれど、どれも交渉次第で神のみぞ知る?!という事になり、考えても仕方ないので気持ちを切り替えて1人で近所のスーパーまで歩いて出かけたら、またまた、アドレナリン↑↑↑となる事件が・・ホント・・・これは、正に人生ゲームを地で行っているのではなかろうか。と思うような展開が待ち受けていましたが、思い出したら少し興奮して来たので、続きは後日に042.gif
[PR]
by bham | 2014-11-11 05:24 | 私ごと&里帰り | Trackback

ソルト&ビネガーのうがい液

アツアツ、ホクホクのフィッシュ&チップスが美味しい季節になりました!年々、歳には敵わんなーと実感するのが、勢いは良いが最後はあっぷあっぷ→気が遠くなってしまって終了。イギリスに来たての頃は、ペロリと平らげていたミニサイズでさえ、1人前を夫と2人で分けてちょうど良くなりました^^;

こってり
c0172202_684131.jpg


そして、フィッシュ&チップスと言えば、たっぷりと振りかけられるソルト&ビネガーのハーモニーも堪らず、中毒性があるんじゃないの?と思えるほどハマってしまう、そんな危ないコンビを利用して、またしても我が身で人体実験を開始。

強烈
c0172202_692072.jpg


それは、今年初の敗北となってしまったウイルスとの戦いで、悔しいことに、ジワジワと攻められて扁桃炎を発症。高熱は出なかったものの、首、口、喉、耳の周辺に激痛が走り、とうとうイブプロフェンを使って少し鎮めたけど喉のイガイガは取れず・・・気休めかもしれないけど、塩+ぬるま湯でうがいをしようかと思い立った時にピ~ン!

塩 小さじ1弱 & モルトビネガー 20cc、白湯(ぬるめ) 200ccで濃厚なうがい薬を作成し、早速試してみたらスッキリ!なんと徐々に痛みがなくなり、2日後には小康状態に。一応、歯が溶けたらイカンので、うがいの後に、数回、口の中を漱いでおきましたが、またしてもモルトビネガーの威力を目の当たりにしました。

名月
c0172202_610913.jpg


こうして無事に、寒空の下で171年ぶりと言われるミラクルムーン(後の十三夜)を拝むことができましたが、イギリスでは「きれいな満月」よりも花火の方が主役だったので、丘の上から怪しく1人で月見。生きているうちに二度と見る機会がないのかと思うとちょっぴり感動的でした。001.gif
[PR]
by bham | 2014-11-07 06:13 | 医療と健康 | Trackback

秋の花火

今年は金曜日だったのもあって、いつもよりも色んなイベントが行われ盛り上がっていたハロウィンも終わり、いよいよ次の祭・ガイ・フォークス・ナイト(11月5日)に向けて、あちこちで花火が上がっている週末。

買出し
c0172202_559835.jpg


これまでは、空高く上がるご近所さんの打ち上げた花火を見るだけだったけど、遂に娘が、「やりたーい!」と言い出したので奮発。と言っても一番軽めの噴水系のセットと手持ち花火を買って£15ナリ!花火って、意外と高い・・・知らなかった^^;

英国式
c0172202_5595044.jpg


秋風の中での花火って、ちょっと微妙な感じの私に対して、夫は「あ~11月だな」としみじみ。初夏の日本と、こちらの夏祭りで見た花火に興奮していた娘にとっては、どんな認識になるのかな。なんてことを思いながら、まずは、カワイイ手持ち花火から開始。

最適
c0172202_602243.jpg


その後、噴水花火に点火を試みるも風が強く難航したので、何か良い方法はないか?と思ったところで閃いたのが、調理用のバーナー^^ これが、大成功で、強風をものともせずに簡単に着火に成功!

プチ
c0172202_61197.jpg


注意書きには、点火後は直ぐに離れて最低8mは距離を取るようにと書かれていたので、どんな物かと思ったら、護摩焚き(?)のような・・・^^;一応、こんな感じの花火で、3mも離れておけば十分という感じでした。

後始末
c0172202_613418.jpg


6時半頃から始めて7時過ぎには終了。夏だったら、明るすぎてムリな時間帯だけど、冬時間だから問題ないくらい真っ暗で、一瞬、夜の遅い時間に花火をやっているような錯覚に陥るほどでした。娘と一緒に、水の中に全ての花火のゴミを集め入れ、近くの芝にも水ふりが終わったところで、運河の対岸のお宅から大きな打ち上げ花火が上がり、「次はアレがいい」と言う娘・・・きっと、年々、派手になって行くであろう花火と、それを一緒に楽しむお客さんを呼ぶ週末も良いかなと思ったり^^ と言っても、天気が良ければの話にもなりそうで、これは、夏場のBBQに続く『秋のひょっこり企画』になりそうです。037.gif 
[PR]
by bham | 2014-11-02 06:05 | 時事・雑記 | Trackback


英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
事件簿・治安情報
イベント&お得な情報
医療と健康
食材の調達
色んな食べ物
レシピと食材(和食)
レシピと食材(エスニック)
レシピと食材(欧州系)
レシピと食材(スイーツ系)
キッチンにて
鍋料理と麺類
日本各地の食
おもてなし
外食の記録
バルチ
バーミンガム市内と周辺
ミッドランズ(西)
ミッドランズ(東)
コッツウォルズ
ロンドン~南東部
ヨークシャー~北部
南西部
ウェールズ
オランダ
ラトビア
鉄子系
サッカー
子育て
ホームエデュケーション
私ごと&里帰り
多文化見聞
時事・雑記
ガンとの闘い
おしらせ
ラトビア
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

記事ランキング

お気に入りブログ

地政学を英国で学んだ
*たぬき一家・陽だまり日記*
One Tennis ...

リンク(友達&お役立)

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧