バーミンガム素描 ~Oh,Brummie!~

bham.exblog.jp

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>

ブログトップ

<   2014年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ポートワインの思い出

月日の流れと共に色んなことが変って行くのと同じく、自分自身の感覚や嗜好も然りというのを実感するのが、ほとんど飲むことがなくなったアルコール類。特に、その独特の口当たりと風味に魅せられて「生産現場」にまで押し掛けて行ったポートワインも、今となっては料理に使う位になってしまい、なかなか減らずにラベルが劣化する有り様^^;

クタクタ
c0172202_1663564.jpg


そんなポートを使って、ちょうど良い量のクランベリーが手に入ったので、クリスマス前にはソースを作成しました。

フレッシュ
c0172202_1671359.jpg


ジャムを作るような感じで、火加減に注意しながら煮詰めてオシマイ。

完成
c0172202_168071.jpg


肝心の味は、仄かなえぐみに酸味と甘味がうまい事合わさり、2~3日後にはポートの効果がより発揮されてフレッシュさがコクへと変わり、ターキーのみならず、チーズともかなり相性が良く気に入りました。

乾杯
c0172202_1695077.jpg


こちら↑は、秋に仕込んでいたダムソン酒。久しぶりにちょっと一杯^^ 梅酒そっくりに仕上がり、その優しい口当たりに騙されてもうた・・・

ジャンプ
c0172202_16112097.jpg


夢か現か・・・ポートの蔵を目指し、夜の9時にバルセロナを出て大西洋側の街・ビーゴへ。その際に利用した恐怖の夜通し宴会バス(コーチ)内では、真夜中のトイレ休憩で一杯引っ掛け充電したスペイン人達がヒートアップ^^; 朝まで通路で踊ったり座席で歌ったりで、ほどんど眠れなかったけど、勢いで翌日のお昼にはポルトガルに入国→更に下ってオポルト入りした情熱(?)を思い出しながら、あんなやかましいバスは後にも先にもなかったなとか、ポートワインと関係の深いイギリスに暮らしている不思議な縁を思っていたら、いつの間にかzzz。

目が覚めたらテレビの画面がスノーノイズになっていた時のような、ちょい情けない感覚の中ベッドに入ったような記憶も怪しく、いよいよお酒が遠くなりそうだけど、これからも懲りずに、機会があればちょっぴり楽しんでみようかなと思います。012.gif
[PR]
by bham | 2014-12-27 16:30 | 色んな食べ物 | Trackback
イギリスに来て11回目のクリスマスも無事に終わり、今日は何もしないズボラデーになりそうだけど、ボクシングデーってそんな日なんじゃない?と勝手に解釈しながら、昨日を振り返ってみます。

夢の中
c0172202_1935760.jpg


24日の夜に「徹夜してサンタさんを捕まえる」と息を巻いていた娘は、睡魔に勝てずに早々の就寝。夢を壊してはいけないと、慎重にプレゼントの箱を準備しながら、その数日前にスーパーの入り口で出会ったサンタさんが実は知り合いだった!という珍事もあったけど、未だサンタさんを信じている可愛い寝顔にほっこり。も、束の間、クリスマス当日は早朝から「サンタさーん!」と大騒動&テンションMAX024.gif→家族を起こしまくり→プレゼントを見つけてオープン&披露会で、大人達は皆2度寝できずにゲンナリなスタートになりました^^;

召し上がれ
c0172202_1936129.jpg


クリスマス用の食事の準備は午前中にバタバタとやって、少し遅めのランチになりましたが、今年のメイン(義母と夫のリクエスト)のターキーとガモン(豚もも肉の塩漬け)をローストしながら、圧力鍋とスチーマーを使ってサイドを準備。ターキーはCROWNと呼ばれる脚の部分を除いた、胸肉のみの小さ目のサイズ(と言ってもかなり大きい)の物と、ガモンも事前に塩抜きが要らないタイプの物を使ったうえ、各自好みが違うのであえて下味ナシ。オーブンに投げ込むだけだったので楽勝でした!

好きなだけ
c0172202_1937336.jpg


事前に作っていたクランベリーとアップルのソースを用意して、こちらも好みで使ってもらうことに。

英国牛
c0172202_193854.jpg


ガモンがイマイチな私はローストビーフの代わりに Tボーンステーキをいただきましたが、サーロインとフィレを同時に食べられるなんて^^ ちょっと贅沢させてもらいました。

バリエーション
c0172202_1939044.jpg


まずは素材の味を楽しむために、塩とペッパーのみで。それから、ご飯が登場して、大根おろし+ポン酢+わさび or 柚子胡椒⇔焼肉のタレ+コチュジャンと微妙に変化している肉質に合わせていただき、これぞTボーンステーキ!と感激^^ コレは病み付きになりそうです。
[PR]
by bham | 2014-12-26 19:53 | 色んな食べ物 | Trackback

英国版★冬至のスープ

本日の日の入りは午後3時55分^^; なーんと日中が、7時間40分を切るため夜明け前からゴソゴソと準備をして、クリスマス前のお墓掃除や最後の野菜の調達に日の出と共に出発~!順調に10時過ぎには、バーミンガム近郊のファームへ到着。

営業中
c0172202_6475588.jpg


自分で欲しい物を収穫するのじゃ!とばかりに、PYOの旬の野菜とお値段一覧表がお出迎え。さすがに、日も短いし冷たい風が吹く中の野菜狩り(?)は遠慮することにして、

ゔゔー
c0172202_6482385.jpg


「もうよかよ!(もういいよ)」と叫びたくなった、因縁の芽キャベツが山積みにされている一角を通り店内に入ると、収穫されたての新鮮な野菜がズラリ。

発見
c0172202_6491397.jpg


そこには、ファーム産のカボチャ(Butternut Squash/バターナッツスクワッシュ)もあってビックリ!だいたいは輸入品が多いので試してみたかったのと、ちょうど、今年の冬至が12月22日(イギリスは21日の深夜)だったので、パースニップと一緒にスープにすることにして購入。

きれい
c0172202_649462.jpg


家に帰って早速カットしてみたら、瑞々しさと適度な弾力があって◎ これは、かなり濃厚な味に違いないと好感触。

下準備
c0172202_6501815.jpg


寒い気候の中で育った野菜の逞しさを感じるアクを軽く抜くために、モルトビネガー+水の中に5分ほどさらしている間に、くり抜いた部分のタネを取り出してロースト。

元気印
c0172202_6504173.jpg


圧力鍋で加熱すること10分弱→ピューレ状にして、フレッシュクリームとローストした種で遊んでオシマイ。チキンスープストックをベースにして、リークの香ばしさと、バターナッツスクワッシュの甘味、パースニップの軽いシナモンのような香りに、クリームの円やかさ、カボチャの種のナッツのような風味+隠し味の2品(発酵系の甘味と鹹味)のケミストリーで、退屈しない味になり大成功でした。

冬の贅沢
c0172202_6511296.jpg


食べた後に体がポカポカになり、かなり気持ちよくなり、改めて旬の野菜パワーを痛感。今回は、仕上げにスキムミルクを使いましたが、チェダーやスティルトンなどのチーズを使っても面白い物ができそうです。016.gif
[PR]
by bham | 2014-12-23 06:55 | 食材の調達 | Trackback

終わらぬキャベツ

勢いで買ってしまった巨大キャベツの消費大作戦を展開中のキッチンで、月曜日は焼きピロシキ作り♪ 

完成
c0172202_1715439.jpg


人生初のピロシキは日本(しかも福岡のお店)の物で、それ以来、ピロシキ=ロシアの揚げパンだと思っていたとろこで、ベラルーシからの留学生作★酵母が効いている焼ピロシキに衝撃を受けた遠い日。何故だか、クリスマスからお正月の時期に、その名物が振る舞われるのが恒例で、仲間内では「でた~!」と盛り上がってた思い出の1品^^ 

続編
c0172202_171538100.jpg


火曜日は、油で揚げて♪ カロリーは高いけど、やっぱりこっちの方が好き!ピロシキは、ロシア版おにぎりとも言われるほど、中身も色んな物がOKなので、キャベツと他の具材を組み合わて、消費大作戦も順調に進みました。

オープン
c0172202_17165472.jpg


水曜日はともだちが来て♪ 再び揚げピロシキを作ったけど、勘が戻ったようで、生地の状態がベストに。シー(キャベツがいっぱいの野菜スープ)という、前出のベラルーシ人から教えてもらった体が温まる素朴なスープも作って、またまた大量消費大成功!こうやって、巨大キャベツも順調に消費できたところで、

懲りない
c0172202_17183451.jpg


またしても、やってもうたおバカ・・・ファームショップの戦略(どれも一律料金)に乗せられて巨大「芽キャベツ」を購入。お地蔵様のような、娘のお気に入りのDarth Vaderのフィギュア(約75cm)と比べてもご覧の通りで、かなり立派^^;ということで・・・種類は違えど、またしばらくはキャベツな日々が続きそうです。042.gif
[PR]
by bham | 2014-12-21 17:33 | キッチンにて | Trackback

美味しいベトナム料理店

先月、家族で食事に行ったベトナム料理店へ、エスニック料理好きの友人達とリピートして来ました。

いただきます
c0172202_5431871.jpg


麺料理が多いけど、単品で揚げ物や焼き物、そしてお約束の生春巻き(summer roll) もあったので、皆で少しずつ試してみたらやっぱり美味しかった!なかでも、ボーラロット(Bo La Lot) と呼ばれる大葉のような物で牛ひき肉(つくね)を巻いて、炭火で焼いた料理が大ヒット^^ 一体、この葉っぱは何だろうと気になって調べてみたら、ベトナム直送ではなく、近隣の南アジア系スーパーで売られている、彼らが噛む嗜好品として愛用しているキンマというコショウ科の植物の葉で、これまた、国が変れば使い方も違って面白いなと思いました。

サービス
c0172202_5444830.jpg


中華と比べると軽いけど、結構、お腹いっぱいになったね。なんて話していたら、お店のオーナーさんから、オリジナルヨーグルトの嬉しいサービスが^^ ベトナムのデザートに使われるある食材がヨーグルトをいっそう滑らかにしていて、なるほど~!と勉強にもなりました。

ホーチミンにて
c0172202_5453356.jpg


美味しい料理を食べながらベトナムの珍味の話をしていたら、ちょっと食べたくなったモノ・・・それは、考えるとギョっとしてしまうけど、意外と美味しかったホヴィロン。スプーンの背で、卵の殻をポンポンと叩いて穴を開けて中身をすくって食べると、茶碗蒸しのような味だった記憶が。

ズーム
c0172202_5462590.jpg


その正体は、孵化直前のアヒルの卵を茹でたスナック^^; さすがに、イギリスでは無理かなと思いつつ、もしかすると、バーミンガムだったら可能かも!なんてことを期待してしまう、人種の坩堝を体感できるエリアのテスコ(ベトナム料理店のすぐ横)で、再びエスニック食材を物色して、ブラジル版レッドブル(?)のガラナを購入。

パワーアップ
c0172202_5474745.jpg


他にも、バーミンガムで一番、色んな種類のお茶が手に入るのではないかと言う位の品揃えに感動!ケニアの紅茶を買いましたが、これまたしっかりとしていて私の好きな口当たりで◎。少しばかり、治安が気になるエリアだけど昼間だと大丈夫かな。ということで、しばらくは、このベトナム料理店テスコにハマリそうな予感です。006.gif

☆ お店の情報 ☆

Nom Nom Noodles

51-53 Spring Hill, Birmingham B18 7BH  TEL: 0121 -679-6216

月~木 12時~21時   金、土 12時~22時  日曜定休
[PR]
by bham | 2014-12-15 05:55 | 外食の記録 | Trackback
冬至まであともう少しのこの時期は、長い夜を楽しむべくお芝居やバレエ、コンサートとイベントもいっぱいで、我が家も来週はクリスマス前のお出かけラッシュ!特に、バーミンガム在住のバロックヴァイオリン奏者・高橋未希さんとご主人のアダムさん(バーミンガム市交響楽団のメンバー)のデュオ(ヴァイオリンとヴィオラ)コンサートが金曜日に迫っていて、とっても楽しみなのでお知らせしておきまーす。

ポスター
c0172202_5282567.jpg


ロンドンや東京のような大きな都市でしか、未希さんの演奏は聴けないのだろうと思っていただけに嬉しく、古楽器(古典派時代のモデル)にも興味津々001.gif 身近なところでこの様な機会を得られるのも、さすが、ヨーロッパだなと感動!ここのところ少し忙しかったので、美しい音色の中でリラックス→ →ステキな時間になりそうです♪

☆ イベントの詳細 ☆

日時:12月19日(金)19時30分~21時30分まで

未希さんによると「古典派のレパートリーから、モーツァルト、ホーフマイスター、ヘンゼルを弾く予定で、カジュアルな雰囲気なのでお子様連れでもお気軽に聴いていただけると思います。興味があれば、是非いらしてください!」とのことで、演奏は前半の1時間、後半は奏者のお2人との音楽談義の時間になるそうです。

会場 :Birmingham Buddhist Centre

11 Park Rd, Birmingham, West Midlands B13 8AB / TEL: 0121 449 5279
http://www.birminghambuddhistcentre.org.uk/

入場料:£10 
[PR]
by bham | 2014-12-14 05:41 | イベント&お得な情報 | Trackback

食の中庸

やっぱり12月だ~!!とワケが分からないうちに毎日が過ぎて行き、記憶も怪しい最近だけど、こんな時こそ落ち着いて「ボンジュ~る」とフランス人の朝ごはんを真似てみたり^^

セボ~ン
c0172202_17451539.jpg


自宅で焼き過ぎたてのクロワッサンとショコラショー。寒い朝には、体を温める飲み物は最高~♪ 実は、このクロワッサン・・・ファームショップで久しぶりに買ってきた反則品なんだけど、寝る前にオーブンの中にセットzzz

ビフォー
c0172202_17463217.jpg


アフター
c0172202_1746739.jpg


↑ 朝起きたら、既にイイ感じ。後は、オーブンを加熱して一気に焼き上げるだけというシロモノで、お気に入りのファームショップで1個30ペンスというのも◎^^


c0172202_17472642.jpg


そして、義理の父のお墓用のリースも登場。シンプルだけど気に入ってくれるといいな。

キープ
c0172202_17481065.jpg


「1日1個食べれば医者要らず」とも言われるりんご(2種)と、先月から続いている軽い咳にも効きそうな洋ナシもファームから大量買い→サンルームに保管して、家族全員、それぞれが1日1個以上を食べるようにしているけど、美味しいのでなくなるもの時間の問題かも。

ドーン
c0172202_17485528.jpg


こちらは、勢いで買った特大キャベツ!これは、ロシア系の料理かお好み焼きあたりで大量消費できるかな?と作戦を立ててはいるものの、なかなか進まず。せっかく、新鮮な物を買ったのに・・・^^;

オマケ:管理下
c0172202_17492134.jpg


この季節は、特に体を温めたり、体調を整えてくれる作用のある食べ物を摂ることが鍵になりそうなので、ジャンク系はできるだけ控えたいと思いつつ、チョコ尽くしのシーズンは既に開幕。クリスマスツリーに飾っていたチョコがいつの間にか無くなってしまっていた去年(犯人は娘&夫)を反省して、今年は、チビチビ大作戦で飾る量をコントロール中。「鬼~」という声が聞こえてきそうだけど、特に、娘が虫歯や糖尿病なんてことになってはタイヘンなので、いつも以上に目を光らせています013.gif
[PR]
by bham | 2014-12-09 17:57 | 色んな食べ物 | Trackback
近所のスーパーに小さな鮮魚コーナーができたけど、保守的な客層のためか苦戦している様子で、なかなかキレイなキハダマグロ(Tuna albacares)が半額に!加熱用とのことだけど、水揚げ後に急速冷凍保存した物のようで、まだまだ弾力も締まりも大丈夫と判断して購入。

赤身
c0172202_542595.jpg


早速、タタキにしてみるも、和風か南米風(セビチェ)にするかで散々迷ったので、2種類のソースを用意して具材も自由に合わせることに。

柔軟策
c0172202_5423095.jpg


最初は、生姜とスプリングオニオン+ポン酢&わさびで辛口の白ワインと一緒に楽しんでいたら、段々、遊びたくなって来たので、ラテン系へスイッチ^^

助っ人
c0172202_543823.jpg


アボカド、レッドオニオン、コリアンダー、にんにくにレモン&ライムを絞って、和風のタタキ(ポン酢&わさび)と合わせ、仕上げに、お土産でいただいたスペイン産の上質オリーブオイルとバルサミコ酢(しかもオーガニック。ありがたや~)を絡めて、上から挽き立てのブラックペッパーをパラッと。

完成
c0172202_5434126.jpg


これ・・・最高でした~♪ さっぱりした和の中に、ラテンのフレーバーが合わさって、あっさりでもマッタリでもなく、お酒だけじゃなくご飯とも好相性^^

保存
c0172202_544128.jpg


とは言え、食べ過ぎ警報が聞こえて来そうだったので、残りは冷蔵庫へ。翌日のお昼に柚子胡椒パウダーを加えてピリカラ丼にして食べましたが、タタキも良い感じに締まっていて、またひと味違った食感になり◎。新鮮なTuna albacaresも、使える食材に決定でーす!038.gif
[PR]
by bham | 2014-12-03 05:59 | レシピと食材(和食) | Trackback

ネパールの蒸し餃子

ハロウィンに続いて、ブラックフライデーというアメリカのイベント(お得なバーゲンの日)がイギリスでも展開され、店頭に殺到し、お目当ての商品を奪い合ったり、喧嘩をしている人達の様子がニュースの映像で流れていましたが、ナ・ン・ト!知らないうちに、私も、ちゃっかりとその恩恵を受けていました^^

レシート
c0172202_4531697.jpg


当日、何となく気が変わって向かった先はアメリカに本社のあるCOSTCOで、12月に入って混み合う前にショッピングを終わらせたかったのが動機だったので、買い物が終わってもブラックフライデーに気づかずにレシートを見ながら、今日はやたらに特売が多いなと思った程度でしたが、ちょうど欲しかったフードスチーマー♨が、ただでさえお得なのに更に£5オフ!まさに、棚ボタ(?)本当に、ラッキーでした。

下ごしらえ
c0172202_4535537.jpg


そんな経緯で嬉しい買い物となった3段蒸し器を使って、早速、大好物のネパールの蒸し餃子♥モモを作ることにしましたが、8年ぶりくらいだったので感覚が怪しく^^;

テキトー
c0172202_4543220.jpg


生地もこんな感じだったかな?とベンチタイムもそこそこに。

蒸しあがり
c0172202_4551920.jpg


生地を伸ばし1つずつ包んで行き12分ほど蒸してみたら良いニオイが~♪ こりゃ堪らんと逸る気持ちを抑えて、盛り付けを。

完成
c0172202_4572816.jpg


完熟のフレッシュトマトを使ったピリカラソースとコリアンダーを添えて、アツアツをいただきましたが、やはり、皮はもう少し滑らかな方が良いなと反省。

中身
c0172202_8112835.jpg


具材は、鶏のひき肉からの脂がほどよく皮になじみ◎ 本当は、もうちょっとスパイスを効かせたかったけど、インド料理ほど強烈ではないのがネパール料理 ^^; 我慢じゃ~
今後もこの蒸し器を使って、更に美味いモモを究めてみたいと思います006.gif
[PR]
by bham | 2014-12-01 05:17 | キッチンにて | Trackback