バーミンガム素描 ~Oh,Brummie!~

bham.exblog.jp

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>

ブログトップ

<   2016年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

PM2.5の恐怖

煙霧がちょっと気になったものの快晴だったので、色んなことを一気に片付けたくて
庭仕事に励んだ日曜日の朝でしたが、判断が甘かった。

ギョっ
c0172202_4233238.jpg


1週間位前から喉がイガイガし始めて風邪かなと思ったけど、強い痛みも熱も無く、もしかすると花粉症になってしまったのかもと様子を見ていたら、実家に里帰りした数年前の春先の症状に酷似。思い当る原因のPM2.5の数値を調べてみたら、ガーーン(涙)ちょうどその時間帯は真っ赤(High:周囲の誰かが目の痛み、咳やのどの痛みなどの不快感を訴えるような場合、特に屋外で、激しい活動を減らすことを検討する必要がある。)で、数日中で最高値の165の表示が!そう言えば、車の窓にも黄砂ならぬSaharan dustと思しき物があったなと、拭きとってみたら真っ黒・・これが、気管支や肺に入り込んで来るのかと思ったら、いよいよ気をつけなくてはと反省。

秘薬
c0172202_424693.jpg


6年前に受けたガンの手術後、一応は転移と再発のリスクが随分と少なくなる時期に入ったものの、肺への転移も起こりやすいとタイプと聞いていて、特に、咽頭や気管支、肺の調子には気をつけて来ていたので、今回も、時々、咽喉の調子が悪い時に行う自然療法を開始。インチキだ!という意見もあってネット上でも賛否両論だったので、効けば儲けものという軽い気持ちで試してみたメープル重曹療法ですが、私には意外と効いているようで1週間ほど続けると喉がスッキリして、扁桃腺が腫れることや咳が続くなどの喉のトラブルが激減。しかしながら・・その味は「メチャ不味」の一言に尽き、毎回、我慢大会の様相^^;

品質
c0172202_424371.jpg


作り方が詳しく書かれているサイトには、アルミニウムが入っていない重曹や純度の高いメープルシロップをはじめ、使用する鍋の材質なども細かく指定されていて、いつもテキトーな私も真摯に取り組んでいます。なんと言っても、こんな楽しい人生♪まだ終りたくない。それに尽きるワケですが、皆さんも、猛毒が飛び交う日にはご注意ください042.gif

オマケ

空気質指数のサイト
http://aqicn.org/city/united-kingdom/birmingham-tyburn-roadside/
[PR]
by bham | 2016-03-15 04:36 | 医療と健康 | Trackback

奇矯なティールーム

いよいよ春の到来かと思えるほどの陽気だったので気分転換を兼ねて、もうちょっとでコッツウォルズというエリアまでドライブ。

目的地
c0172202_73156100.jpg


実は、過去に2回とも(1度目は定休日、2度目は出張パーティーで臨時休業)入れなかった、ちょっと気になるティールームも狙って。

3度目の正直
c0172202_7323192.jpg


薔薇戦争の古戦場を近くに擁する関係で、甲冑姿のナイトがお出迎え=開いている^^ 遂に、気になって仕方なかった店内へ♪

ファンシー
c0172202_7332574.jpg


「まぁ~カワイイ♥」という声もあれば、「ガチャガチャとやかましいー!」という意見もありそうな空間だけど、ここまで徹底的に色んな物を吊り下げたり、貼り付けたりくっ付けているお店もそうそう無いなと感心。娘が「ウチのダイニングもこんな感じにしたいよ」と・・ それは、カンベン^^;

ティータイム
c0172202_734333.jpg


サンドイッチもスコーンも美味しかったけど、紅茶が一番印象に残るほど、口当たりの良いブレンドでした。

もう1つ
c0172202_7344376.jpg


裏庭へ続く空間もびっしり!ティールームでありながら、近代雑貨博物館のようなレイアウトも面白く、飾られている物のデザインを楽しむこともできました。

ティールームの向いにはTewkesbury abbeyもあり、バーミンガムからぷらっと出掛ける先としては程よい距離ですが、おりしも年度末・・イギリスも日本に同じく、色んな所で突貫工事をやってて、モーターウェイでも「いい加減にしろ~」というほどの渋滞に遭ってしまい、気分転換のはずが大失敗・・・夕方からの稽古ごとにはギリギリ間に合ったけど、この時期の道路状況には特に注意が必要なようです。013.gif
[PR]
by bham | 2016-03-13 07:49 | コッツウォルズ | Trackback

お金アレルギーの話

「腹が減っては戦ができぬ」ということで、ちょっとばかり早目の夕食を摂ることにして、引っ張り出したたこ焼き器。恐れ多くも、大阪人の友達に自家製生地+ソース、マヨを出して、ちょっとだけキンチョー^^;

エエ感じ?!
c0172202_454714.jpg


昔、近所のお兄さんが突然たこ焼き屋をオープンして、初日は、その慣れない手つきに皆で心配してたんやけど、その翌日から「クルっ」と返す事ができてて云々。と、人情味のある話を聞きながら1回目が終了。

サイド
c0172202_4545444.jpg


消化を助けるのにも良さそうだなと大根と明太子で作ったサラダが、ちょっとした箸休めになって2回目へ。合計36個のたこ焼きで、皆のお腹もいい感じに満たされて「それでは、行きますか」と向かった先は

嬉しい
c0172202_4553563.jpg


macで開催されているのThe Japan Foundation Touring Film の出展映画鑑賞で、コメディー&ちょっとB級なテイストが好きな面々は、久しぶりの母国語の映画にワクワク。


c0172202_4562398.jpg


タイトルは「ジヌよさらば~かむろば村へ~」という漫画が原作の、突っ込みどころ点在+時々、妙にリアルなタッチありという、日本の田舎が恋しくなる映画でしたが、なにより、この「ジヌ(東北の方言で銭)」の響きが可愛くて、ちょうど東北出身の友達もいたので発音してもらって喜ぶ九州人(私)・・・しかも、途中で東北弁が聞き取れなくて英語の字幕に助けられるという椿事も発生して、笑いすぎてしまいました。

お客さんの入りは2~3割程度という、私の好きな系統の映画館ではよくある光景で、西洋人と思しき人達がほとんどだったのもあり、話の中に登場する「神」については、よく解らない人もいるだろうなと字幕を見ながら思ったりしましたが、この神様が言っていた「必ずなんとかなる。思い通りではないかもしれないけど」の台詞には、なんだか妙に親しみを覚えたり、色んな人に助けられて少しずつ移住先に慣れて行き、最後はしっかりと根を下ろすことになった主人公の、ドッキリ♡発言に皆が吹き出し、そのドサクサで閉幕というやや強引な〆もツボに041.gif 

この数年は、ゆっくりと映画を楽しむチャンスがなかったけど、また、これを機に、家から10分で行けるmacの超短期間上映作を楽しめるよう、時間繰りを頑張ってみたくなりました。
[PR]
by bham | 2016-03-09 05:17 | バーミンガム市内と周辺 | Trackback
間もなく7歳になる娘にも、遂に人間関係の試練がやって来ました。いつも親と一緒で学校にも通っていない、兄弟もいないという環境なので、誰しも多少は体験するようなトラブルに遭う機会が圧倒的に少ないのもあり、早い時点では介入せずに黙って見守っていました。

気分転換
c0172202_18513490.jpg


週2~3日で一緒に学んだり、遊んだりしているホームエデュケーションの子供達とも年齢が上がって行くにしたがって、ちょっとした衝突が起こったりして、段々と自我の確立へ向かっての成長を遂げているのを実感。特に、友達から受ける影響が強くなって来て、自分の知らない事や物への好奇心もいっぱいの様子で、タブレットで遊んでいる子供にベタベタと付きまとったり、面白いと感じた時には、守らなければならないルールである順番を待つということを忘れて飛びつこうとしたりと、これでは、トラブルに遭っても仕方ないという場面も増えてきて、その度に私は教育的指導を行うわけですが、時には、逆に娘への割り込みや妨害もあり、それが故意だったりすると小競り合い勃発となり、傷つくことを言われたり小突かれたりも。

夫も私も、娘に手を上げたことは1度も無く、これからもその方針は変わりないため、可愛い我が子がよその子に手を出されての怒りというものは当然あるけど、大人が介入するに至らない程度と判断して、娘が毅然とした態度を示し自力で解決できるよう促すことに徹していました。

そんなある日「もう、○○とは会いたくない」と、その数日前に頭を本で強く打たれて泣いてしまった娘が吐露。それから、彼女なりに頑張って接して来たこれまでのことや、今の感情などを話してくれて、これはしばらく距離を置いたほうが良さそうだなと判断したので、どうしても顔を合わせてしまうことになる集まりには行かずに、混乱している頭や心の整理をさせることにして、こんな時には大自然を拝もう!と寒かったけど、野歩き+お父さんの仕事体験へ出掛けました。

ワクワク
c0172202_1852826.jpg


まるで、パパラッチ?!お父さんの使わなくなったカメラを構えて、自分もその被写体の到着を待つ娘。小さすぎて欄干の上からは撮影できないからとベストな位置を探し当て、逆光にならないアングルも調整していたよう。

通過中
c0172202_18525256.jpg


何が特別なのか分からなかったけど、夫曰く「ロケーション」なんだとかで、ちょっぴり政治とも関係しているとのこと。小さい時から鉄一筋で、今ではその関連の月刊誌を作っている、まさに筋金入りなダディの特殊な仕事現場を体験できた娘は、自分もその道に進みたいんだとか・・・立て続けに王室や政府関係の要人、はたまた、企業による秘密厳守の事前公開への取材と緊張の現場が続いていた夫も、良いリフレッシュになったようで◎049.gif

寒かったけど、春が近づいているのを随所で感じることができた野原を歩きながら、娘や夫と色んなことを話して改めて感じた丁寧な子育ての重要さ。大人になっても人づきあいで苦しんでいる人が多い現実を踏まえて、一番身近な親が、しっかりと健全な精神を築いてゆく手筈を整えてあげることができれば、随分と違うのではないかと思いながら、娘の身の上に起こった暴言や暴力によるショックを分析。まさかと思うような一撃により起こっていたパニックを治め、しっかりと自分と向い合ってその要因をどうやって回避するかを一緒に考え行動に移し、悲しさや惨めな思いを引きずってのトラウマによる、怒りや恐怖といった負の感情に支配されないようしっかりと慰めました。

常々「皆と仲良くしなさい」ではなく「できるだけ、誰ともトラブルにならない様に」と教えているので、今回も必要であれば、問題のない距離で接するような結論に至ってしまうかもしれないけど、それもまた生きていく上での大切な知恵なので仕方のないこと。残念ながらこの先は、「右の頬をぶたれたら、左の頬はぶたれないように気をつけよ!」と自衛をすることが、いっそう必要な時代になることは避けられそうにもないので、これからも、娘の身の上に起こる様々なことを通して、励ましながら一緒に学んで行きたいものです。
[PR]
by bham | 2016-03-07 00:00 | ホームエデュケーション | Trackback
若い頃に比べると肉を食べる機会が少なくなってしまったけど、面白そうな部位を見つけるとついつい試したくなり購入。

立派
c0172202_3423938.jpg


スープ用とあったけど、これはカルビではないか!と大興奮。一般的なイギリス人には人気の無い部位なのかキロあたり£3.07の表示に目を疑いながら、とりあえずは1キロ分ほど試してみることにして、家に帰って焼いてみたならば・・んま~い♥なんと、↑の2本で£1.40(約227円)也^^ 

居酒屋風
c0172202_344953.jpg


調子に乗って、前から気になっていた鶏の心臓と砂肝にもトライ。見た目では、鮮度も良さそうだったけど、ニオイのチェックができなかったので失敗しても問題ない程度に200g弱を軽く下準備して甘露煮にしたらば、全く臭みもなく大成功。お値段も72ペンス(約117円)なので、これまた焼鳥@自宅の品書きに新加入決定!

人種の坩堝、バーミンガムの市場に出回る安くて美味しい物はまだまだ有りそうだなと、更なる探索と料理に意欲が湧いて来て、勢いに乗って、ここのところずっと食べたかった和菓子の赤福もどきを作るつもりが、また遊んでしまってできた物は↓↓↓

OK)
c0172202_3451833.jpg


これまた、簡単に手に入る栗の加工品と豆を使った栗福餅。餡の仕込みも餅も簡単な上、お財布にも優しく、10切れ(一口大強)のコストは約£1.50(約243円)。特に、春先のおもてなし&手土産として活躍しそうです001.gif
[PR]
by bham | 2016-03-06 04:00 | 食材の調達 | Trackback

食卓の縁起物

和食が大好きというわけでもない娘につき、ひな祭りの料理に力を入れることがなかった数年でしたが、今年は色んな偶然が重なり、ちょっぴり華やかな節句になりました。

初挑戦
c0172202_5395473.jpg


「是非、ランチに来てください」とお招きを受けて、娘共々伺った友人宅では、イギリスで食べた手作り納豆では最高!という逸品(友人作)をはじめ、美味しい巻物をいただき感激。私も、気持ちばかりの菱餅を作ってみました^^

緑は抹茶、白はココナッツ、ピンクはビーツを使って、それぞれに色と風味を加えてみたら、日本のお餅というよりも、マレーシア銘菓・Lapis Saguのような仕上がりに^^; それでも、子供達が喜んで食べてくれたので良しとして。

差し入れ
c0172202_5401964.jpg


2ヶ月ほど前に戴いた甘酒もタイムリーだ!と思っていたら、話に花が咲きすぎてすっかり忘れてしまった・・・

やり直し
c0172202_5412395.jpg


それならばと、夕食でもう1度、お祝い膳をやってみようと思ったところに、これまた偶然にも数日前にお土産で戴いたちらし寿司の素が大活躍。初めて使ってみましたが、味つけも具材も申し分のない質でした。

お祝い膳
c0172202_5414143.jpg


仕上げの盛り付けをしていたら、娘がひょっこり横にやって来て手伝いたいと。7年にしてようやくの申し出に感激しながら、色合に気をつけながらのポイントを教えてなんとか完成。

辛抱
c0172202_5421170.jpg


やっと、女の子らしい振る舞いをしてくれるようになったなと喜んだのも束の間、お気入りのスパイダーマンのコスチュームを身に着け、家の中を飛び跳ねるいつもの姿に・・・^^;これはまだしばらく続きそうだと、気長に娘の成長を見守ることにして、雛人形だけは安全な場所に確保。かくして、お転婆娘の7回目のひな祭りも無事に終了しました。042.gif
[PR]
by bham | 2016-03-04 05:48 | レシピと食材(和食) | Trackback