バーミンガム素描 ~Oh,Brummie!~

bham.exblog.jp

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>

ブログトップ

<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

所用で南ウェールズまで、朝駆けを決行。途中で予期せぬ災難に遭遇するリスクも考えて早目に出発したら順調すぎて ^^; 近くにあったスーパーで時間調整を。

地域限定
c0172202_14403289.jpg


ASDAのロゴの横に、ウェールズの象徴である赤い竜(ウェールズ旗のデザイン)が添えられていたのが面白く、激写。

寄り道
c0172202_14411136.jpg


11時前には用事が終ったものの、そのまま最短距離のモーターウェイを通って帰るのが惜しくなり、大好きな景色を見るために少しだけ回り道をすることにして晴天のニューポートをあとに。30分位行くと、段々と山が見えてきたのは良かったけど雪が降り始めてギョっ!それでも、積もることはなさそうだったので、どんどん進んで行っているうちに涙が頬を伝って来て、「何だこりゃ?!」と我ながらビックリ。

望郷
c0172202_14413694.jpg


どうやら、封印していた色んな思いが決壊してしまったようで・・・夏の日にドライブしていた阿蘇の景色と重なって、今回の熊本で起きた大地震への悲しみや、やり切れない思いが噴出したんだろうなと自己分析。

九州食
c0172202_14423182.jpg


数日前に、熊本出身のゲストを招き一緒に豚骨ラーメンを食べながら惨状を聞いていたのもあって、余計に魂が反応したらしく、そんな時は、自分の心で感じていることを素直に受け止めなくてはと山沿いの街で少しゆっくりすることにしたら、マーケットが開催されていて、その活気に癒され帰路へ。と言うことで、大好きな熊本の復興を祈って、イギリスにいながら熊本への支援ができるお知らせを。

☆お知らせ☆

[在英熊本県人会より熊本地震義援金募集のお願い]

集まった義援金は全額、英国日本人会経由で熊本県庁の[熊本地震義援金]口座宛に送金されるとのことで、詳しくはコチラをご覧ください。
[PR]
by bham | 2016-04-27 14:48 | 時事・雑記 | Trackback

野草を使った春の食卓

油断していると、たちまち娘の就寝時間になり慌てふためくこの頃。我が家の庭のプラムも花が咲きました。

開花
c0172202_501827.jpg


同じく、ここに来てぐっと伸び出した娘の習い事も2つ目が確定。本人のポテンシャルも考慮しながら時が来るのを待っていただけに、喜んで通ってくれているのも嬉しく、こちらも一気に春がやって来た感じで、また忙しくなりそうな予感。


c0172202_505494.jpg


この季節に収穫して冷凍させておけば、ニラの代用品として使える便利な「wild garlicを摘みにおいでよ~」との嬉しいお誘いに、いそいそと出掛け、ちょっとだけティータイムのはずが、盛り上がり過ぎて第二弾を約束してお開きに。

成功
c0172202_544140.jpg


去年、株分けしてもらった分がしっかりと根付いていたので、今年もまたトライ。繁殖力も強そうなので、そのうち、私もお裾分けができるようになれば良いなと夢はふくらみ^^

懐かしい
c0172202_553268.jpg


大連出身の友達が作ってくれたニラ饅頭を真似て具材を作成。ニラほど香りは強くないのが夫には良かったようで大好評!

手抜き
c0172202_56770.jpg


残念ながら生地を仕込む時間が足りずに、市販の餃子の皮を使ったけど、まずまずの仕上がりでホッ。ちょうど、キッズ交流会なるお遊びの集まりのお昼の1品になりました。

オマケ:お見事
c0172202_563856.jpg


同じ食卓に並んだ、ハンガリー出身のゲスト作の編みこみパンが美しすぎて、食べるのが惜しい程だったけど、シナモンバターと一緒に供されるとあっと言う間にほぼ完食!やはり生イーストを使うとのことで、東欧のパン作りにも挑んでみたいなと、更なる時間の捻出を企み中だけど、問題は腕前かなと・・・042.gif
[PR]
by bham | 2016-04-21 05:16 | レシピと食材(エスニック) | Trackback
在英13年目にして初となる、プレミアリーグの観戦へ出かけて来ました。元々、スポーツ観戦も好きだったけど、結婚してからはなかなか出かける機会がなかったので、久しぶりにハッスル?!

応援団
c0172202_1643785.jpg


この日は、なんと、現在首位を行くレスター・シティ(Leicester City Football Club)とサウサンプトン(Southampton Football Club)のゲームで、うまく行けば、岡崎選手と吉田選手の対決を見ることができるかも!と誘ってくれた団長を中心に、駐車場から応援グッズを身にまといスタジアムまで歩いていると、熱烈なレスターのサポーターから幾度となく、クラクション攻めに合ったりして、失礼ながら、予想外の大快進撃に街全体が盛り上がっているのを実感。

ビックリ
c0172202_1685993.jpg


純粋にレスターと岡崎選手を応援したい団長の熱意が、真っ直ぐ過ぎて(笑)夜な夜な仕上げたという応援旗と青白のズラに魅かれる人達多数で、スタジアムの外に着いてからは、一緒に写真を撮らせてくれ~!と人が殺到し、なかなか前に進めず・・・^^;遂には、タイやイタリアを初めとする海外のメディアにまで取材をされ始めた団長。最後は、日本放送協会からも!

太っ腹
c0172202_1692946.jpg


場外でのウォームアップも限の良いところでと、いよいよ入場。この日は、チェアマンのお誕生日の前日ということで、特別にドーナツやビールまで振る舞っていただいて、私もニワカサポーターに^^


c0172202_16101111.jpg


満員御礼という文字がぴったりだった場内は、ほとんどがレスターのサポーターでお祭り状態。この大声援が「地震」として誤探知されたという、笑えるニュースが数週間前に新聞に載ってたことを思い出し、妙に納得してみたり。

キックオフ
c0172202_16105654.jpg


いよいよ試合が始まり、一流選手のサッカーを間近で観戦。いや~エエ体してるな!と鍛え抜かれた見事なボディから繰り出される技に見惚れながら、時折、気合の入ったサポーターのお腹の底から湧き出てくるような「ブーイング」の迫力に圧倒されたりと、非日常の空間を楽しみました。

結果
c0172202_16112341.jpg


そして、迎えたゲーム終了。再三の危機があったものの1点を死守して、この日もレスターが勝利!岡崎選手の活躍も見ることができ大満足。

歴史
c0172202_16115326.jpg


その後、岡崎選手の出待ちをするとのことだったので、子供達と一緒にのんびりとスタジアムの周りを散策していたら、球団職員のおじさんが「おお・・・隠れてるじゃないか」と、工事用のフェンスの様な物を動かし、人の名前が多数書かれたレンガが埋め込まれていたスペースを確認していたので話を聞いてみたら、随分前に数十ポンドを払って、30文字まで書き込めるサポーター制度があったので、ご自身の「愛息2人の名前を刻んでいるんだ」とのことで、仕事の度に確認するのだそうで、とても温かい気持ちになりました。それから少しだけ、その息子さん達の今を伺って、一期一会のお喋りも終了。

まさか
c0172202_16123010.jpg


ぐるりと一周したけど、相変わらずの出待ちが続いていたので、運河を見ながら遊んでいたら、何故か知らないけど急にふと振り返りたくなって見たら、な・ん・と!そこには、この日は出場の機会がなく残念だったなと思っていた吉田選手が!これはーーと急いで両脇に子供達を抱えて突進。そんな、意味不明なイノシシオバちゃんの厚かましいお願いにも、かなりお疲れなのに「おいで」って優しく子供達を招き寄せてくださって、一緒に写真を撮らせていただいた好青年♡吉田選手。本当にステキな方で、これからも、ますます応援しよう!と思いました。

継続中
c0172202_1613010.jpg


一方、出待ち組の方も岡崎選手の登場で大興奮024.gif

遂に
c0172202_16132261.jpg


団長の熱き思いに、岡崎選手も笑いが。応援旗にサインを戴いた上に記念撮影まで。この時点で既に、出待ちのファンの方への対応を30分以上もされていたようで、数日前に日本代表戦(しかも国際Aマッチ100試合出場を達成)から戻られたばかりとも聞き、いろんな意味で本当にすごい選手なんだなとその人気の高さが分かりました。

オマケ:豪華
c0172202_1614645.jpg


そんな中「オレは帰るぜ~」とばかりに、爆音を轟かせてバットマンのような車で快走して帰る選手も^^ おお!この派手感も面白いなと、私の若かりし頃に発足したJリーグとその花形選手達の雰囲気を思い出したりして、遠くイギリスの地で活躍されている岡崎、吉田両選手を見ることができた幸運に感謝でした。
[PR]
by bham | 2016-04-06 16:24 | サッカー | Trackback

2部制の誕生会

気づけば、サマータイムも始まって4月に突入。何かと忙しかったのに加え、花粉症か風邪なのかよく分からない咳や喉の違和感と格闘していたこの半月でしたが、無事に娘の7歳のバースデーパーティーを終えることができひと安心。

第一部
c0172202_4374420.jpg


社交性が飛躍的に伸びたこの1年だったのもあり、招待したいお友達の年齢も下は2歳から上は10歳までと幅があり、2部制にしてできるだけゲストの皆さんに楽しんでもらえる作戦にし、その①をボーリング場+カフェにて開催。

子供仕様
c0172202_438615.jpg


ボーリング初体験の娘は、ガターの手前に用意してもらった柵のおかげで、ストライクやスペアを連発してスコアも120を越え絶好調^^

お初
c0172202_4383975.jpg


ゲストはイギリス人家庭の子供達ばかりだったので、ケーキも無難なところで市販品を初めて使ってみましたが、お気に入りのスパイダーマンのデザインで、アイシングを除けば味もまずまずでその手軽さも◎。意外と使えることが判明。

第二部
c0172202_4394541.jpg


そして、誕生会とイースターサンデーを兼ねたその②では、日頃、家族ぐるみで仲良くしてもらっている日本人家庭の4家族をご招待。寒い日だったので、午前中はインドアプレーで思い切り遊んでもらいました。

任せて
c0172202_440825.jpg


一人っ子の娘には、年上や年下の子供達と接する機会もよい学びになり、小さな子を後ろに乗せ四輪バギーを運転している頼もしい姿に成長を感じました。

今年の作品
c0172202_441275.jpg


少し暖かくなった午後からは、子供10人+大人10人のフルハウス状態になりながらも、我が家での楽しい会食と庭遊びを。途中で、毎年恒例の子供達による誕生日のケーキのデコレーションも完成!今年もステキな仕上がりで大成功024.gif

協力
c0172202_4412889.jpg


そして、もう1つの目玉だったのが、いつも、その感性に感動してしまう、演出上手な友人が持って来てくれたピニャータで、これには皆、大興奮でかなりの盛り上がりに。目隠し無しで挑むも、なかなか割れなかったけど、力を合わせて遂に陥落。

残がい
c0172202_4415039.jpg


中からは球状のチョコレートがコロコロと転がって来て、それを拾う子供達の黄色い声も愛しく、娘がとても幸せで平和な7歳の誕生日を迎えられたことに感謝する時間になりました。

ここに来て、自己主張も激しくなり、親としての立場から譲れない事を納得させるのに時間がかかったりと、段々と難しくなって来ている子育てを痛感中で、こんな賑やかなパーティーも、もしかすると今年が最後になるのかもと寂しくもありましたが、子供の成長に合わせての祝い方も変って来るのは当然なことなので、仕方ないなとも。いずれにしても、これからも健やかに育ってくれることを祈って、1年に1度のお祝いの機会を、出来る限り続けてあげられたらなと思います。
[PR]
by bham | 2016-04-03 04:52 | 子育て | Trackback