<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

スコットランド南西部の旅

バーミンガムの自宅から301マイル(約485キロ)の移動の末に到着したのは、グラスゴーよりちょっとだけ南西にあるAyr(エア)という、海辺の美しい都市。

とこしえ
c0172202_01201362.jpg


家屋、橋、歩道といたるところが石造りになっていて、ああ、スコットランドに来たんだなと感慨深く、ずっと封印していた「会いたい」という気持ちを素直に全開にして✨向かった先には懐かしい笑顔が^^

気骨
c0172202_01210573.jpg


瞬く間に2年ちょいの空白の時間は一蹴されて色んな話が弾み、また一段と加わったであろう逞しさと共に、ナイスミディへの道を相変わらずの芯の強さで突き進んでいる友達の姿も良い刺激になり、海から吹き付けてくる冷たい風にも負けずに、青空に堂々と翻るスコットランド国旗を眺めながら、どんな困難にも立ち向かうタフさって大事だなと改めて。

郷土食
c0172202_01235629.jpg


ひとしきり話した後は、いい具合にお腹も空いてきたのでお薦めのカフェへ行き、伝統食のScotch broth (大麦〈押し麦〉スープ)をメインに野菜や肉類もしっかりと摂取。外食が多くなる旅先でも家庭料理風はありがたく、あとで気づいたのは、肥満率が高いとされるイングランド中西部と比べて、アエでは健康に大きな影響を及ぼすレベルとされる人がほとんど目につかずブロスやオートなどの食物繊維を上手に使った食事の伝統も影響しているんだろうなと、健康的な料理も興味深く。

英国紙幣

c0172202_01254005.jpg

ただ一緒にいるだけでも嬉しく^^、ほっこりしながら気が向いたら買い物をしたりの街歩き中にスコットランドの新5ポンド札が登場したので、持ち合わせのイングランド&ウェールズ版と並べて記念撮影しイギリスが連合王国であることを実感。

力作
c0172202_01261892.jpg


翌日、きれいな公園を散歩中に見かけた大きな木を使った彫刻は、大胆にチェーンソーで施されたものだそうで、傍には美術館もあり近郊の優雅なスポットでのんびりして、詰め込みがちなスケジュール満載の旅とは一味違った贅沢な時間に。

名士
c0172202_01270144.jpg


その後は、あの名曲「Auld Lang Syne (蛍の光の原曲)」の作詞を手掛けたスコットランドの国民的詩人と言われるロバート・バーンズの生誕エリアへ行き、博物館にも足を伸ばしてスコットランドの民俗的な文化に触れ前回のエディンバラ&グラスゴーとはまた違った印象を受けながら、日本の卒業式や閉店時間に流れることが多いこの曲がイギリスでは年越しで流れる点も面白く、その原曲の歌詞にはどんな意味があるのかも初めて知ることに^^;


またいつか
c0172202_01275163.jpg


2年前の夏、人生の大転機に向かって大きな舵取りに挑んだ友人夫妻も、今では安定した幸せな生活を送っていて、子供達も仲良く遊んでくれて両家のこれからの青写真を語り合い、名残惜しかったけど1年以内の再会を目標にしてお別れのハグを(涙) 帰り道に広がる荘厳なスコットランドの自然の中をドライブしながら、Auld Lang Syneの歌詞にあるような過ぎ去った時間を思い出しながらも、まだまだ途中であり、いつの日か今回の旅も懐かしの一コマになるんだろうな。なんてことを考えていたら、カーナビから流れる「この先、180キロメートル直進です」のアナウンスで現実の世界に引き戻され^^; 薄暗くなり始めた道を気をつけながらひたすら南下し、いよいよスコットランドともお別れに。029.gif


[PR]
by bham | 2016-11-25 02:14 | ヨークシャー~北部 | Trackback

晩秋の湖水地方

例年よりも紅葉が美しいこの秋は、絶景を拝みへ少し遠出をしたくなって夜明け前(朝6時)に出発~♪ ひたすら北に車を走らせて10時頃に着いたのは、

こだわり
c0172202_23583330.jpg


小さな村のチーズ屋さん^^ 製造&直売と思いきや、セレクトショップのようでイギリス国内だけではなくヨーロッパの有名どころの物がずらり!

熟成中
c0172202_23592605.jpg

途中で乳牛の群を幾度となく見かけて、酪農が盛んなエリアであることを認識していたけど、こんな↑どっしりとしたチーズが作られているんだなと感動。

土産
c0172202_00035325.jpg

せっかくなので、近場で作られているという地チーズの St James cheese を購入。低温殺菌されていない羊のミルクから作られているとのことだったけど、独特の臭みはあまり強くなく、同系の大陸産に比べると全体的にマイルドで食べやすい印象。

静寂
c0172202_00253009.jpg

雨が多いエリアとは聞いていたけど、本当に・・・とあいにくの天気の中を更に進み、これまた名物(?)の霧雨にも遭遇しながら到着したウインダミア湖では、段々と幻想的な景色が現れて来て、晩秋の幽寂な湖畔でひと休み。

魅惑
c0172202_00202184.jpg

特に先を急ぐこともなく、湖の周辺に広がる絢爛なる紅葉のトンネルを抜けたり車窓に飛び込んでくる雄大な高原に感動しながら、ぷらりと立ち寄った街では山岳用のショップの多さに、それだけ需要があるんだなと思うと、ふと山に登りたくなったけど今回は諦めて次回の楽しみに。

甘党
c0172202_00291597.jpg


新鮮な乳製品が豊富に手に入るエリアであるためかチョコレートやファッジのお店も多く、せっかくだから試食をさせてもらった(もちろん美味💗)お店で、色んなフレーバーを少しずつ選んで街歩きを終了。

c0172202_00305624.jpg

再び大自然の中を走行し、遂に本日一番の目的地に到着!見事な紅葉に日本の秋と錯覚しそうになったりしながら、トコトコと歩いて向かった先は

素朴
c0172202_00315322.jpg


著名な詩人・ワーズワースが眠るお墓の横辺りにあるGrasmere gingerbread shop(笑)文学より食文化ということで、その甘く芳しい香りに吸い込まれて行くと、お店の入り口付近で入場待ちの人が数名→どんだけ繁盛してるんだ?!と想像していたら・・お店がめちゃコンパクトで、ゆっくり並べられている商品を品定めすることも厳しいほど^^; それでも、ピンと来た物をささっとオーダーし30秒でショッピングが終了。

特製
c0172202_00330358.jpg

早速、19世紀の貴族達をも唸らせたという名物のジンジャーブレッドを試してみると、少しばかり日本の生姜風味のおこしを思わせる食感は、これまで食べた同名の物が別モノに感じられるほどオリジナリティがあり斬新で、全体的なバランスも良く世界中に多くのファンがいるとの説にも納得。

恩恵
c0172202_00341877.jpg

秘伝のレシピを以て、今なお伝わる銘菓にはこの土地の歴史とともに人々の郷土愛もいっぱい詰まってて、1630年に建てられた小さな建物は今も変わることなく店舗として使われている辺りも、創業者のセーラ・ネルソンさんの志が受け継がれているような気がして、それが、こよなく湖水地方を愛したとされるワーズワースの足あとを訪ね来る人達の心に響き「赤福」的な存在であり続けているのかもと^^

満足
c0172202_00351825.jpg

入念な下調べもせずに気の向くままに立ち寄った場所はどこも素晴らしく、日の長い頃にまた訪ねることにして、きれいな景色と美味しいものを満喫した湖水地方ともお別れ。更に北上すること3時間で、カーナビ入力の際に「国名」の変更が必要だった、今回の目的地☆スコットランドに到着した頃にはすっかり日が暮れていたけど、か~なり充実した初日になりました。006.gif

[PR]
by bham | 2016-11-20 23:59 | ヨークシャー~北部 | Trackback

コロンビアのカフェ

外気温3℃でも元気な白鳥たちを眺めながら、寒さに負けずに街歩きを開始。

c0172202_10005749.jpg

ところが、一大観光名所であるウスター大聖堂には行かずに、向かった先は美味しいコロンビアのコーヒーが飲めるというFRANCINI CAFE DE COLOMBIA

c0172202_10033401.jpg

インカ文明を彷彿させるロゴに、興奮しながら扉を開けると


c0172202_10042593.jpg


そこには、鉛色の空もぶっ飛ぶコロンビア~ン?!な眩しい空間と、堪らないコーヒーのアロマが広がっていました^^


c0172202_10045996.jpg


ちょうどお昼時だったので、コロンビア名物アレパ(コーンミールの薄焼きパン)とフィルターコーヒーをオーダーして待っていると、何やら大そうな物が運ばれてきて、自分でコーヒーを淹れるところから楽しむのじゃ!とのことで作業開始。

c0172202_10061426.jpg


香ばしい豆の匂いと交わるように漂ってくるクローブの香りに加え、苦味と酸味のバランスも面白いなと、久しぶりのしっかりとした質のコーヒーをまずはブラックで味わい、後にミルクを加えたら甘味とコクが出てまた一味違った物に。アレパのチーズやハムの鹹味との相性もバッチリで本当に美味しかった♥

c0172202_10090497.jpg

水の関係もあってか、イギリスに来てからは紅茶が優勢になっていたけど、やっぱりコーヒー好きであることを再認識。鼻や口の中に残る芳香の余韻も心地よく、コロンビアにある自家農園で作られたというオリジナルブレンドをお土産に買ってお店を後にし、街中の歴史的な建造物を少しだけ眺めて小路に入ったら、狩猟関連の物を扱う老舗の趣のあるディスプレイに一瞬、祖父を思い出し、その延長線でとある食べ物が浮かんできて…徒然なるままに、食欲の秋はまだまだ続きそうです012.gif


[PR]
by bham | 2016-11-10 10:32 | 外食の記録 | Trackback

ラーメン研究会の成長

メンバーの帰国が続いたりで、この数ヶ月は内容を変えての開催が続いたバーミンガムラーメン研究会が久しぶりに盛り上がりました。

上達
c0172202_19180156.jpg


c0172202_19191118.jpg

製麺担当の子供達も大いに腕をあげていて、1つのことをじっくりと習得して行くことや物づくりの楽しさを学んでいるよう^^


オリジナル
c0172202_19202137.jpg


今回は、最近、バーミンガムにも本格的なラーメンを食べられるお店ができたので、そこでも食べられない物を作ろう!と多種に及ぶ具が登場。


ベース

c0172202_19212107.jpg

立派なタコも手に入ったので、大西洋と北海のシーフードを惜しみなく使った海鮮スープも準備。


完成品①
c0172202_19215638.jpg

コラーゲンがたっぷり過ぎた^^;牛すじラーメンが完成。徐々に溶け出す煮凝りによって段々と変わりゆく味が面白く、やや薄めに調整したスープや他の具材とのコンビネーションも抜群。

完成品②
c0172202_19224027.jpg


日本じゃかなりの高級品になるムール貝の出汁がきいた欧州海鮮ラーメンも、さっぱりした中にコクがあり新鮮な味わいが堪らず。

完成品③

c0172202_19232764.jpg

豚骨鶏ガラベースのスープをより長く寝かし、牛すじを加えた豚骨牛すじ味噌ラーメン。こちらは、超~濃厚で麺との絡みが最高でした049.gif

完成品④

c0172202_19243434.jpg

寝かした豚骨鶏ガラ+海鮮スープに薄味のたらこを加えた豚骨海鮮タラコラーメンは、今回の全ての味を集結したような最強の仕上がりで〆に。


考察中

c0172202_19271904.jpg


日本のラーメンがお店で食べられないなら作っちゃおう!と軽く始めた研究会も、段々と本気度が増してきて、麺やスープ、それに具材の熟成期間のデータを取りベストな状態を把握しつつあるところまで成長^^ 逆にイギリスならではのラーメンを作り出すのが面白くなってきて、何処へ向かって行くのかわからないけど、休日に心置きなく母国の文化と言語で過ごす時間は元気の源!ということで、次なるコラボのお題目として目下、冬の食材を探索中です。



[PR]
by bham | 2016-11-05 19:33 | 鍋料理と麺類 | Trackback

レスター散策(後編)

レスターのインド人街で見つけた面白いものその①は、

(謎)
c0172202_07524274.jpg


消し炭のような真っ黒な物体。かなり気になり、買い物中のインド系の老夫婦に尋ねてみたら「栗みたいな感じで美味しいから、しっかり茹でるんだよ」とアドバイスをもらい少量購入。

オープン
c0172202_07543108.jpg

家に帰り早速試してみたら、子供の頃に1度だけ食べたことがあった「菱の実」であることが判明^^ 見かけに反して、栗よりもナッツに近い感じで美味!もう少し買っておけば良かった…

南方系
c0172202_07553881.jpg

そして、バーミガムにはたぶん皆無と思われるスリランカ食材の専門店にて、充実していたスナックを数種類購入。青魚系のパンチが効いたカレーが詰められていたパンや、ベジタリアン用の豆を使った揚げ物に使われているスパイスに、コレコレ!と感激。

ドーン
c0172202_07562025.jpg


辛口で薫り高いスリランカのカレーを家でも作りたいなとスパイスを探していたら、粉ミルクの缶と同じような大きな容器に入ったカレーパウダーを発見^^ 900gも入っていたけど、缶を揺すった時に広がる香りがしっかりとしていたので、質もまずまずだろうと判断して即決。ラーメンに続いて、カレー研究会も密かに企画してみようかと。

誘惑
c0172202_07570687.jpg

辛いもの好きとしては、こんな↑表示も堪らず ^^;

大当たり
c0172202_07574294.jpg

脇役用にと思って買ったココナッツサンバルも最高で、既にキッチンで大活躍!これは、かなり使える食材に決定。

スイーツ
c0172202_07585760.jpg

お菓子部門は、見た目が羊羹に似ているBLACK THOTHOLに挑戦。南スリランカ特産とされ、ココナッツミルク、米粉、黒糖を主原料にしたベースにカシュナッツやカルダモンが練り込まれている、かなりの手間と時間を要するお菓子だそうで、緑茶にも合うアジア系の練菓子風でマレーシアやインドネシアが起源とも。

お土産
c0172202_07593277.jpg

そして、これは食べ物ではないけど、インドの著名宗教家(サイ・ババ)の写真入りお香が面白かったので、記念に購入^^ それにしても、すごいインパクト!

オマケ①
c0172202_08002750.jpg

インパクトと言えば、すっかり「レスターの顔」として壁画に登場していた岡崎選手。すごい!とその迫力に感動。(壁画の所在地

オマケ②
c0172202_08014123.jpg


実は、その壁画から徒歩2分のところに、昨シーズンの最終戦でノリすぎた私と友達の応援姿も壁に!特徴を上手く捉えた作品を前に、似てるなとちょっと恥ずかしくなりながらも、光栄なことだと。時間の関係で、エリア限定だったけど楽しかったレスターの街歩きは、またチャンスがあれば、今度は中心部を散策してみたくなりました006.gif

[PR]
by bham | 2016-11-03 08:09 | ミッドランズ(東) | Trackback


英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
事件簿・治安情報
イベント&お得な情報
医療と健康
食材の調達
色んな食べ物
レシピと食材(和食)
レシピと食材(エスニック)
レシピと食材(欧州系)
レシピと食材(スイーツ系)
キッチンにて
鍋料理と麺類
日本各地の食
おもてなし
外食の記録
バルチ
バーミンガム市内と周辺
ミッドランズ(西)
ミッドランズ(東)
コッツウォルズ
ロンドン~南東部
ヨークシャー~北部
南西部
ウェールズ
オランダ
ラトビア
鉄子系
サッカー
子育て
ホームエデュケーション
私ごと&里帰り
多文化見聞
時事・雑記
ガンとの闘い
おしらせ
ラトビア
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

記事ランキング

お気に入りブログ

地政学を英国で学んだ
*たぬき一家・陽だまり日記*
One Tennis ...

リンク(友達&お役立)

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧