<   2017年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

少人数制の水泳教室

何ごとも不器用で、覚えるのもマスターするのもかなりの時間を要する娘に、最低限のスキルは身に着けて欲しいと願っているものの1つが水泳で、ある年齢までは、インストラクターも水中に入り指導してくれた行政主催のクラスで良かったのだけれど、年齢が上がった後は、プールサイドからのみの指導となり、危なっかしく要領を得ることもできずに、時間とお金の無駄を感じて終了。それ以降、ちょっと極端な価格帯の個人レッスンもどうなのかなと、決断に至らずに過ごしていたところに、少人数制のグループレッスンを発見。


会場

c0172202_03344548.png



毎週日曜日の9時から元気に参加すること4ヶ月にして、段々と色んな泳ぎの基本とコツを得て来ていていい感じに。 何より、先生たちの子供への接し方や教え方のレベルも高く、もう少し娘が小さい頃から、この教室がオープンしていたら良かったのに!と思うほどお薦めなので、情報を載っけておきます。


Aqua Jems  HP: http://www.aquajems.co.uk/


[PR]
by bham | 2017-02-21 03:38 | 子育て | Trackback

刺身と海鮮親子丼

所用で卸市場へ行き、刺身に挑みたくなった絶品サーモンを発見

立派

c0172202_08265974.jpg

スコットランド産の美味しそうな半身を思い切って購入。


実験

c0172202_08275358.jpg

鮮度が命!と、家に戻って直ぐに解体作業をスタートし、小出しに食べられるようブロックにして急速冷凍で一晩おいて、いよいよ試食の時が。


贅沢

c0172202_08282368.jpg


まるで、トロのような腹身(ハラス)をはじめ、全体的にしっかりと脂が乗っていて、血合いも全く気にならない鮮度で、日本に入ってきている一般的な物よりも遥かに格上の合格品


召集

c0172202_08292434.jpg


1人で楽しむのはもったいなかったので、急遽、フットワークの軽いゲストを招いてにわか寿司祭を開催。


そのまま

c0172202_08304914.jpg


のはずが、刺身フェスティバルになってしまった^^; ボテっとした厚切りを乗せて、シャリが見えないニギリも良いなと思ってのことだったけど、直球勝負→唸り声続出で、とりあえずは、バーミンガムの家庭でも、このレベルの刺身が食べられることが判明したとの結論に。


手前味噌

c0172202_08313299.jpg

もう一丁と、ノリで作ってしまった「海鮮親子丼」は、原価計算をしてビックリ!もちろん、プロの作品とは比べ物にならないレベルだけど、魚の鮮度に助けられて大満足で、この手の外食はもうできないほどのお得感が。後は、もう少し冷凍保存の時間と鮮度を観察すれば、使える食材として、活躍できそうな刺身級サーモン^^ 

オマケ:ターゲット

c0172202_08322438.jpg


今回は見送ったもう一つの気になる魚は、なかなかの鮮度だったけど、生食ギリギリのようだったので、チャンスがあればと密かに狙って、更なる食卓の楽しみに繋がればと次のお題目も決定。暖かくなる前に、是非ともゲット!を目標に、また、卸市場へ出かけることになりそうです。




[PR]
by bham | 2017-02-20 08:37 | 食材の調達 | Trackback

運を手繰り寄せる人

何があっても行動あるのみ!と、数年前に、知っている人がほとんどいなかったバーミンガムで、ストレスと戦いながら頑張っていたお嬢さんから、結婚の吉報が届いて1年ちょっとで、今度はベビーちゃん誕生の嬉しいニュースが!この地を去る前に、ずっと張りつめていた物がプチンと切れてしまったのか「愚痴ってごめんなさい」と、色んな思いを話してくれて、ちょっとだけ長く生きているおばたんの意見として、「不本意な結果の確率とそれに対する覚悟(心の準備)」さえあれば大丈夫だと背中を押した時のことを思い出し、ガッツポーズ✊ あの日から、また色々とあったようだけど、一切の愚痴もなく、挫けずに運を手繰り寄せたんだなと、その潔さに感服。

詰め合わせ

c0172202_07501178.jpg

そんなこともあって、喜びもひとしお🎉 張り切りすぎて、赤ちゃんと彼女へ思いつくバラバラ感満載のプレゼントになってしまったけど、今更、カッコつける関係でもないし^^ 心から「おめでとう~」を表現してもーた。


健闘


c0172202_07512200.jpg


が…ラッピングのテクニックはおろか、センスも最悪につき、クリスマスが終わってホッとしていたところに、どーしようかと…苦し紛れに閃いた風呂敷大作戦を決行!ちょうど、彼女の雰囲気にぴったりなティータオルがあったので、これでクルリと包み込んで何とかなった?ことにして郵便局へ。明日の午前中には届くとのことで、大好物のお餅も大丈夫そう。産後の体に良いという説と逆説の両方があるようだけど、これも、人によって違うようだから、そのあたりの判断はお任せして、カワイイベビーちゃん&優しいご主人と幸せな時間を過ごしてね~と私達家族からのエールを💞

ふと、親しい人達からは、ほとんど愚痴を聞くことがないなと思い、逆に、愚痴の多い人とは縁がないだけなんだなと。愚痴が過ぎると悪愚痴になり、毒ガスレベルの気が発生するから、もちろん全力で逃げるわーー それでもストーカーまがいのしつこさで追いかけられたら? もちろん、重厚な扉を閉めて、更に遠いところへ行っちゃうに決まってるでしょう!って、何があっても自分次第なんだと、覚悟もあって明確な答えを持っている人達は、その判断力や行動力に共通点があるから運も味方するんだろうなと、幸せの法則のようなものを漠然と考えるひと時でした。



[PR]
by bham | 2017-02-16 08:46 | 時事・雑記 | Trackback

レゴバットマン ザ・ムービー

レゴとバットマンが好きな娘のリクエストに応えて「The Lego Batman Movie」を観に、バーミンガム郊外にある Empire Cinemas Birmingham へ。周辺の交通量や駐車場も楽勝で、気軽に行けるのが良いのと、毎週火曜日は大人も子供も一律£4(約570円)ということで、更に

ヒーロー
c0172202_04495142.jpg

主人公と記念撮影ができるコーナーも楽しみで、毎回、面白い写真が撮れ良い思い出にも。

ホームシアター?

c0172202_04504130.jpg


「面白かった!」と大喜びだった娘は、家に戻るとレゴを取り出して印象深かった物を作っていたようで、登場したキャラクターの話や映画はどうやって作られるのかと質問をしてきたりで、かなり刺激を受けたよう。

ストーリーは、アンパンマン的な要素もちょっと入ってるかなと思えたけど、ツンデレなバットマンの成長が面白く、微笑ましいハッピーエンド。レゴ好きな大人も童心に返って楽しめる作品で、私も、久しぶりに寢らずに 最後まで観ることができました


[PR]
by bham | 2017-02-15 04:57 | 子育て | Trackback

頭脳と体を鍛えるインドアクライミング

バーミンガムも遂に積雪!外で遊びたがった娘だったけど、既に予約を入れてもらっていたインドアクライミングへ。

カラフル

c0172202_17153570.jpg


以前より、その評判は耳にしていて、いつか行こうねと言ってただけに娘の興奮度もMAXに!中に入ると、その色彩の鮮やかさとデザインの可愛さは、ただ見ているだけでも楽しく、外のドンヨリした景色を忘れてしまいそうなステキな空間が。


スタート

c0172202_17164738.jpg

事前に15分ほどの説明を受けた後に、各々が好きなように遊べるようになっていて、その自由度もいい感じ^^ 大好きな友達(珍しく女の子!)と一緒に、声を掛け合いながら登って行く2人の姿が可愛く激写。聡明で、いつも娘をリードしてくれるお友達は、慎重に一歩一歩進んでいたのに対し、またもや突進する娘…登るだけ登って、後から下りられなくなって高い所で鳴いているネコみたいにならなきゃ良いけどと不安が過る中、やっぱりな展開に しかし、「誰も助けられないから自力で下りるのだ!」と皆でアドバイスや励ましていたら悟ったのか、時間がかかりながらも着陸。(ホッ)


マリオ?

c0172202_17180967.jpg

その後は自信がついたようで、ちょっと厳しいんじゃなかと思えるような物にもチャレンジしまくって、失敗と成功を繰り返していたけど、少しずつ学びながら楽しめていたので良しとして、次回は私も一緒にやって運動不足の解消ができればと密かに 約1時間のセッションもちょうど良く、曇天続きのこの時期に、パッと明るい彩りの中で過ごす点も含めて、リピート確定になりました。


【施設の情報】

ROCK UP BIRMINGHAM

Broadway Plaza B16 8LP
https://www.rock-up.co.uk/birmingham/

[PR]
by bham | 2017-02-13 17:23 | バーミンガム市内と周辺 | Trackback

ヨーロッパヘダイの鯛茶漬け

鯵茶漬けに味をしめ、刺身にできる魚を探しにまた市場に行くも、曜日が悪かったのか収穫ゼロで、諦めきれずに大手のスーパーの Morrisons を覗いてみたら、あった!


熟成中

c0172202_06493038.jpg



湯引きできるほどの鮮度ではなかったけど、ちょうどいい感じに旨味が増していそうで👍 (参考価格:一尾(約30cm) £3 [約 425円])

準備中

c0172202_06504685.jpg


刺身にして、前回の鯵に同じく、急速冷凍でちょっとだけ休ませて翌日の楽しみに。

融合

c0172202_06551135.jpg


調べてみたら、Gilt-head bream ヨーロッパヘダイ)という、近年、イタリアでも鯛のカルパッチョに使われている種類だそう^^ それも捨てがたかったけど、やっぱりお茶漬けにしたくなって、ちょっぴり辛子系のピリっと来る刺激があるサラダクレス、すり胡麻、刻み海苔、ワサビの薬味と鯛の程よいの脂が合わさって、日本の物に劣らず感動!イタリア産のお米・はるかとの相性もバッチリで、もう一息の試行錯誤で、おもてなしの一品確定になりそうです。




[PR]
by bham | 2017-02-12 07:07 | 食材の調達 | Trackback

差し入れおむすび

初めて買ったスパム缶。

英国仕様

c0172202_13243840.jpg


イギリス人向けの料理のアイディアと


丁寧
c0172202_13252654.jpg

さらには、缶の開け方の注意が書かれているところもイギリスらしく😅


もう一つ
c0172202_13260847.jpg

作り置きしていた、たらこをオーブンで焼いて下準備が終了。


パワーアップ

c0172202_13262828.jpg

純和風のタラコのおにぎりと、ハワイアンなスパムむすびの兵糧2種を持っていざ出陣!今は辛抱の時を痛感した結果だったけど、これからも凹むことなく頑張ろうと皆でどこまでも前向きになれた、おにぎりのパワー。何歳になってもどこにいても、祖国の食べ物は元気の源のようです🎌




[PR]
by bham | 2017-02-11 13:29 | キッチンにて | Trackback

エクアドル料理(後編)

対岸の超ポッシュなエリアから橋を渡ってバスで10分もかからない所にある、下町のかおり漂う辺りで下車してエクアドル料理第2ラウンドへ。

駄洒落?

c0172202_09180301.jpg


街の名前(Elephant and Castleに同じく、象の背中にお城が載っているオブジェがショッピングセンターの入り口にあり、ちょっとウケた😂 けど、その歴史は古く、刃や剣の職人さんの街だったことから、当時使われていた象牙から派生したシンボルが紆余曲折を経て地名になったそう。


郷に入る

c0172202_09191930.jpg

前日と反対側の高架下に2軒あったエクアドル料理店に迷っていると、中から出てきたお姉さんがいい感じだったので、そのお店に入ったらメニューはすべてスペイン語表記 ^^;

比較
c0172202_09203919.jpg


知っている料理や食材の単語でだいたいの物を想像して、前菜のスープは、鶏のモツ系を避けて魚介を選択。量は、前夜のお店と比べると可愛くもあったけど、それでも結構なボリュームに違いなく、やはりエクアドル人もよく食べるんだろうなと勝手に納得。

ズーム

c0172202_09213600.jpg


せっかくなので、
トウモロコシのペーストを蒸したウミタス(humitas) も試すと、コーンの風味はしっかりながら、シンプルな味付けに段々と飽きてきたのでサルサでパンチを効かせ👍


魚料理
c0172202_09222257.jpg


メインその①は、塩味の効いたメルルーサのフライに、ライスと大量の豆とバナナの煮込みの組み合わせ+微妙な色彩の緑とピンク(ビーツ+マヨ)のサラダを添えたpescado frito (揚げ魚)。一見、ミスマッチな感じの組み合わせだけど、なんとなく入ってしまう不思議な料理。

臓物

c0172202_09232152.jpg


その②は、牛タンのピーナツソース煮Lengua en salsa de maníで、ちょっと中華料理の影響も入っているような料理で、マイルドながら、時折鼻に抜けるスパイスやハーブの香がアクセントとなり面白い味。

一切れ

c0172202_09242599.jpg


せっかくなので、牛タンをズーム!こんな感じのものが4枚も入っていて、これまたすごいボリュームで、まずまずの食欲である2人で挑んだものの完食できず・・・また悪いなと思っていたら、周りのエクアドル人達にドギーバッグが続出で、ここも量が多いお店であることが判明。よく食べる文化に加えて、やはり競争が激化しているんじゃないかなと思いながら会計をすると、定食は£8で飲み物は含まずで、昨夜のお店よりも少し割高だったけど、寂しいエリアよりもテナント代がかかるんだろうなとも。

未踏の地のエクアドルの料理は、周辺国と似ているようでちょっと違う面白いもので大満足!面白いと言えば、一生懸命に接客をしてくれたお兄さんが英語でのコミュニケーションに限界を感じた時に、屋内に間仕切りをして営業している美容室のお姉さん(前出の感じの良い人)が緊急出動でサポートしていたことで、たしか、以前、queensway のマーケットで見かけたブラジル人コミュでもそっくりな互助システムが機能していたなと、南米からの移民の人達が作り出しているロンドンの下町情緒を楽しみながら、今回の旅の食べ歩きも終了。2時間足らずで行ける南米は楽しく、またいつかリピートすることになりそうです😋


[PR]
by bham | 2017-02-09 09:33 | 外食の記録 | Trackback

エクアドル料理(前編)

よもや賊の出没などはあり得ないだろうと思いつつも、アンテナの感度を高めて向かったガード下のエクアドル料理激戦区まずは、高架橋を境に分かれた、寂れている方に1軒だけあるお店で早目の夕食を取ることにして扉を開けると、平日なのに人がいっぱい!これは、良い兆しと期待が高まる中、メニューが運ばれてきて「ごめんなさい。魚介系は終了したので、肉料理のみになります」とのことで、ちょっと残念‥それでも気を取り直して、本日の定食から好きなスープとメインを選んで待つこと数分で

ぎょっ!
c0172202_20294679.jpg


たーんと召し上がれ!と出された Sancosho (スープ)に、一瞬固まってしまったのが、その量。「ああっ・・」とすっかり忘れていた、ラテンの食事の量を思い出した時には既に遅く、目の前のラーメンの丼一杯ほどもあるスープ+具沢山に覚悟を決めスタート。

ズーム
c0172202_20315735.jpg


近隣のペルーやコロンビアの料理に同じく、バラエティに富んだイモ類がゴロゴロしていて、たまに大きな肉塊やコーンが、アナトーで色付けされた黄色いスープの中から出てきてため息に変わるほど^^; やはり、これだけで十分な量だったが、


メイン

c0172202_20323419.jpg


ラテンの洗礼は容赦なく続きメインの皿が目の前に到着。いやはや・・・食事の際に、精神力を以て臨むというのは何ごとかという展開になり、頑張ってはみたものの不本意ながらギブアップ。

(明朗

c0172202_20333756.jpg

お店の人に詫びながら会計を頼んだら、計算間違いじゃないかと思わず確認したほどの低料金で、大量の定食+飲み物が£8(約1,130円)のセットらしく、他にもう一品のドリンク代が含まれていて誤りはないのだと。恐るべしエクアドル食堂😵 外に出ると薄暗くなっていたので、確実に1kgは重くなったであろう身体で、足早に宿に戻ることにして第一弾が終了。翌日、懲りずに求めたエクアドルの魚介料理は次回に。


オマケ〈お店の情報〉

Costa Azul 102A Rockingham St, London SE1 6PG





[PR]
by bham | 2017-02-06 20:41 | 外食の記録 | Trackback

テムズ川とロンドン橋

金融の街・シティの中心地からテクテクと歩いて南下し、テムズ川を往来する客船のターミナルから、いつ見ても絵になるタワーブリッジを臨みロンドンにいるのを実感

風情

c0172202_03401879.jpg


河岸の桟橋を見ていると、お江戸の川下りを思い出して、何とも言えない下町臭(?)に勝手に親しみを覚えたり^^ ちょうど干潮の頃だったようで、河畔に干潟が現れていて北海の潮汐に感動!

学び


c0172202_03410830.jpg

いつぞやの教科書に出てきたテムズ川をマジマジと見る機会がこれまでに無かったけど、こうやってじっくり観察すると面白いなと地理女の血が騒ぎ出し、源流を訪ねてみたくなりながら、この水辺の生態系が書かれたボードを見ていると、さすが河口域だと思える水中の生き物にまた興味がわき、もう少し掘り下げたくなったところで、肝心の娘は停泊中のボートの方が興味深かったようで…生物の課外授業はあっと言う間に終了^^;

要約

c0172202_03445352.jpg

何もしないでのんびりも良かったけど、日が短いのに加え夕飯の会場として狙っているレストランのエリアは、できるだけ明るいうちに移動を終わらせた方が良さそうだったので先を急ぐことにして、ロンドン橋を渡るための階段を上っていたら、これまた面白い案内板に足止めを食うことに。それらには、もっと知りたいなと思っていた水中の生き物についても書かれていて、代表格のヨーロッパウナギが大きく描かれているのも面白く、そういえば、少し下流に行った辺りの名物料理はウナギの煮こごりだったなと、いつか勇気を持ってご当地の老舗で食べてみようかとも。

真相

c0172202_03460008.jpg


他にも、あの有名な曲「ロンドン橋」の歌詞と一緒に、この橋が辿ってきた壮絶な過去(天災や戦火で崩壊すること数回)の一部が紹介されていて、その歴史は2000年近くも前に遡るそう。何度も何度も作り直したのは、一番橋が架けやすかった地形だったのかもしれないなと思いながら、ロンドン塔にも負けない怖すぎる歴史のある橋を渡っている途中で、通称のトランシーバー(Walkie-Talkie)の意味が分かったビルの全貌にも感動しながら、いよいよ晩御飯へ。

どっしり

c0172202_04023295.jpg



怪怪

c0172202_03475545.jpg


ロンドン橋の駅から、地下鉄に乗って数駅で着いたエリアに南米の某国のレストラン激戦区があると知り訪れた場所は、ナ・ン・ト!ガード下で、バー民も真っ青な位の雰囲気。されど、怯むことなかれと突撃異国の晩ご飯 in ロンドンは続きにて。



[PR]
by bham | 2017-02-03 04:08 | ロンドン~南東部 | Trackback