バーミンガム素描 ~Oh,Brummie!~

bham.exblog.jp

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2017 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>

ブログトップ

Win-Win

学期の中間休み(ハーフターム)だった先週は、天気にも恵まれて夏のような日が続いていたので、我が家の庭でも連日、水祭りを開催^^

秘密兵器


c0172202_07560325.jpg


「お友達が遊びに来る時用に」と、娘からリクエストされた、Buncho Balloons なる水ヨーヨーみたいな物をトランポリンの中で当てっこしながら、破裂させ水を浴びるという遊びを、少し年上の子達とルールを決めてやるのが楽しいらしく


無邪気

c0172202_07571072.jpg

もちろん、ずぶ濡れに もう着替えはいらない年齢なのに、保護者への連絡は「着替え持参でお願いします」なんてことに・・・


円満

c0172202_07575377.jpg

それでも、お腹いっぱい遊べるのは今のうちだけ!と、そんな方針の母さん達は、コンサバトリーから元気過ぎる子供達をチェックしながら、持ち寄りランチでのんびり。定例化してきた長期休暇の集まりは、またまた、子供も 大人もWin-Win(笑) で充実の時間となり、お呼ばれ先でも、新しい友達ができた娘と、懐かしい再会を楽しんだ私101.png バタバタの1週間だったけど、改めて良きご縁に感謝でした。



[PR]
# by bham | 2017-06-06 08:41 | 子育て | Trackback

アルゼンチンの食

ほんのり青臭くてほろ苦いお茶が飲みたくなって、南米専門の食材店から取り寄せることにしたら、それだけでは終わらず・・結構、買っちゃいました^^;

暴走

c0172202_21042095.jpg

お菓子はまったりと甘い物が多いけど、なかなか手に入らない珍しい系として、時々、遊びに来てくれる食の冒険家の皆さんと一緒に楽しむも良し^^ ということで、久しぶりにラテンアメリカの文化に浸ることに

代表格

c0172202_03054186.jpg

スペイン語圏の羊羹・メンブリージョは、マルメロとサツマイモの2種類が売られていたので、フルーティーな方を選んで

英国産

c0172202_03063952.jpg

ぷらり旅で買っておいた、何かの賞を取ったという、滑らかなダービーチーズと合わせ

のほほん

c0172202_03070373.jpg

自警団のデザート呼ばれるアルゼンチン風に。ブラジルでは、ゴイアバーダというグアバ版があって、その名は、ロミオとジュリエット❤お隣同士の国なのに、ネーミングが違いすぎて国民性もあるのかななんてことを考えながら、気持ちだけパンパへジャンプ!


c0172202_03074296.jpg

期待を裏切らない良質のマテ茶で、のんびりとティータイムを楽しみながら、色んな国の食材が簡単に手に入る環境と、遠い旅路を経て、我が家へやって来たイェルバマテの恩恵に感謝!これからの季節は、なおさらこのお茶で、しっかりとビタミン&ミネラルを補給しなくては😉

オマケ:驚

c0172202_03092830.jpg


奇遇にも、先日、お土産にいただいたワインは、アルゼンチンのシャンドン!残念ながら、開けるチャンスがなかったので、次回、是非とも一緒に飲みたいなと仕切り直しを画策中です。🍾


[PR]
# by bham | 2017-06-05 03:15 | 色んな食べ物 | Trackback

スイートジンジャー豆腐

真夏のような暑い日が続いていたので、ずっと気になっていた sweet ginger tofuを使って、体が元気になりそうな1品を作成。

お初

c0172202_18321962.jpg

ちょうど、インド商店で買ってきた苦瓜があったので、さっと茹でて合わせてみたら好相性。甘く味付けされた、お稲荷さんのような風味の豆腐に練り込まれている生姜がアクセントなって、苦味とマッチ。そのさっぱり具合は、冷たいスッキリ系の酒の肴に👍 酢醤油と合わせても、鹹味、甘味、苦味、酸味が絶妙に混じり合い面白い物に128.png

夏仕様

c0172202_18344311.jpg

身近な所に溢れているベジタリアンの食材は、原料をはじめ面白い発見が多く、たまーに微妙な物に遭遇することもあるけど、恐れず、怯まず(笑)これからも、もっともっと冒険してみようと思います。

[PR]
# by bham | 2017-06-03 18:39 | 色んな食べ物 | Trackback

井戸のお祭り

イベント盛りだくさんの季節に突入したなと思っていたところに、出先で、お祭りにひょっこり遭遇!せっかくのチャンスだったので、地元民の皆さんと一緒に楽しんで来ました。

伝統

c0172202_18233775.jpg

何だか分かんないけど、とにかく賑わっている所へ行ってみようとメイン会場へ進むと、美しい絵画キルトのような作品が飾られていて、その鮮やかな色彩に魅せられて急接近。

ズーム

c0172202_18243812.jpg

装飾のすべてが、身近なところにある自然の産物を使っているようで興味深く、近くにいたボランティアの方に話を聞いてみると「ウェルドレッシング(well dressing)」と呼ばれる貴重な水源(主に井戸)への感謝祭といった主旨で、昔から清水が湧き出るエリアであるピークディストリクト一帯で行われている伝統行事とのこと。日本式に考えるのなら、水神様への感謝といったところかと思い、また、キリスト教が根付く前のイングランドに存在していたであろうペイガニズムのエッセンスを感じながら凝視。

融合

c0172202_18253192.jpg

作品には、何が使われているんだろうとチェックすると、旬の草花や土砂の他に、この土地では生産不可能な乾物(豆やスパイス)も施されていて、テーマもハリーポッター20周年を祝ったものや難民救済のアピールなど現代的な物がほとんど。


スタート

c0172202_18271706.jpg

見事な作品の前でのんびりしていたら、「そろそろかな」と、周辺がにわかに慌ただしくなり、ハイストリートに向かう人がいっぱいいたのでついて行くと、間もなくパレードが始まり、消防車が一団を先導。程よく日焼けし鍛えられた腕を運転席から振るお兄さんが絵になるなと、住人が主役の手作り感いっぱいな村祭りにしばし陶酔。

愛嬌

c0172202_18280254.jpg

まずは子供の心を掴むべし!とばかりに登場したのがペッパピッグで、サポートする団体への募金箱と共に、お礼の駄菓子入りバケツを振る舞いつつ記念撮影に応じるサービスを展開。初めての被写体につき、アングルが悪く「鼻の穴」がメインになってしまった・・娘よスマン。

アイコン

c0172202_18285121.jpg

続いて、ザ☆英国という感じのロンドンタクシーが登場。ユニオンフラッグも
絵になると、親しみを込めて手を振っていると


豪華?

c0172202_18303468.jpg

チャールズ皇太子の運転で、後ろにはキャサリン妃にクイーン、おまけにピッパ(ミドルトン)まで乗っているドサクサにウケていると、全員によるロイヤルウェイビングまで飛び出し、その成り切り具合に沿道も盛り上がり👏

後続

c0172202_18330022.jpg

その後も、色んな趣向を凝らしたグループや正統派のマーチングバンドが続いて

カラフル

c0172202_18341615.jpg
多くの笑顔の中に、ノリノリの両親に引っ張り出されたであろう、やる気ゼロな思春期の子や

自家用

c0172202_18350980.jpg

被り物をした息子さん運転のトラクターを山車状態にして鎮座中の、ついてきた風お母ちゃんも登場!そんな、無理のないところで手軽に楽しむイギリス流のパレードは何とも心地よく、その素朴さも好きだなと思ったところで、1時間だけの交通規制も解除となりハイストリートでの大騒ぎも終了。後は、分散されている会場で各々が楽しんで!みたいなテキトーさこそが、住民参加型のイベントの成功の鍵なのかもと感じながら、柔軟に受け継がれている、ウェルドレッシングの伝統の一片を垣間見れ幸運な休日になりました。


オマケ

美しい作品を見ることができるエリアと時期の一覧のHP(ココをクリック)


[PR]
# by bham | 2017-06-01 18:48 | ミッドランズ(東) | Trackback

自家製イカの赤造り

たまに出かける、常時、品揃えが変わる面白いお店で、釣って直ぐに冷凍させたであろうスルメイカを発見。店主によると、仲買人がサンプルで置いて行った「謎」の物体で、値段も分からないとのことでテキトーについた値は、1杯 £2(300円弱)103.png

(まんま

c0172202_00023806.jpg

もちろん、即決で買い!ぱっと見は、なかなかの鮮度のようだったけど、解凍してみるまでは分らないなと待って用途を考えることにして、



仕込み

c0172202_00041588.jpg


決まったお題目は、イギリスに来て初めての試みになる「イカの赤造り」。肝と身に適度に塩をまぶして寝かせた後に、いよいよを作業を始めることになり、諸々の加減が気になるところだったけど、生臭さも目立たずに、まー良いんじゃないのと勘に頼ってスタート。


じっくり

c0172202_00053341.jpg

形にはなっていたので、後はうまいこと熟成してくれることを祈って冷蔵庫へ。


試食


c0172202_00063348.jpg

1日目は、まだまだ青い(?)感じの風味だったけど、3日も置くと立派な塩辛に165.pngこれは、使える食材に決定といいたいところだけど、また、ひょっこりでも良いから同じルートで手に入るものか、近々、件のお店へ出かけて、交渉してみる価値はありそうです。


[PR]
# by bham | 2017-05-25 00:09 | キッチンにて | Trackback

野草研究会

ちょっと油断すると、庭がジャングルのようになってしまうこの時期は、バタバタと芝刈りをしたりして、とりあえずの体裁を保つのが精一杯で雑草のことを詳しく知ろうとする余裕もなかったけど、思いがけない所から声がかかり、「野草研究会」へ参加して来ました。


宝庫

c0172202_18104234.jpg


家から車で20分という距離もありがたく、ほとんどの草が食用であるという主催者のご婦人のガーデンにて、実物を見せてもらったりしながらの会は楽しく、その場での試食(笑)もOK。噛むことによって、オクラのような粘りが出て来る物もあり、みじん切りにしてネバネバ補助系として使えそう!と、早速、我が家の庭でも育てる候補が見つかり


実習

c0172202_18121842.jpg


その後、メジャーなハーブと旬の雑草をいく種類か摘み取り、ハーブオイルの作成へ。


基礎

c0172202_18125925.jpg


限られた時間だったので、事前に作られていた物と合わせる方法として登場したのが、鮮やかなルビー色のセント ジョーンズ ワート(St.Jphm's wort)オイルで、妙薬のベースとしての質は申し分なく、香もパーフェクト!主に、抗うつ効果があるとされるハーブなので、ハイな状態が多い私には、薬効より色素としての方が魅力的で、これまでほとんど縁がなく、参加者からの体験談は興味深く。いずれにしても、感受性の差などもかなり考慮しなくてはならない系のハーブであることは間違いなさそうなので、そのカテゴリーへ。

作業中

c0172202_18170431.jpg

中級レベルにポーンと混ぜていただいたので、日本名と英語名がマッチしない植物の多さに「ちょっと待ってくださーい」と混乱しそうになったけど、そこは癒し系の集まり^^ 皆さん、本当に親切で沢山の知識を惜しみなく与えてくださって感謝。私も、自分にできることをと微力ながら協力を。


作品

c0172202_18184243.jpg


参加者が、その緩やかな薬効に期待して作りたいと思う物を提案して、知識と経験が豊富な主催マダムがハーブを含む野草のブレンドを示し、皆で確認するという流れは楽しく、打ち身と虫刺されに良さそうな軟膏2種+保湿用のオイル2種が完成。写真を撮り忘れてしまったけど、持ち寄りのランチは、寸前に庭から摘んできた野草尽くしのサラダ(芝も混在^^;)成るものも登場して、ちょっとした薬膳のようで心身ともにスッキリし、改めて、野草パワーの凄さを実感。


感謝

c0172202_18211396.jpg


実は、この半年ほどの間にちょっとキテるなというレベルの更年期障害で、体の色んなところからブーイングが発せられていて、「えぃ、ヤカマシイ!」ととりあえずは寝ることにして、エネルギーを回復させては極限まで行くみたいなことを繰り返してたら、当然のことながら時間の使い方が厳しくなってジワジワと日課が崩壊しだして軽い危機に 何かと抱える物がある上、日々、楽しみたいと欲張りな自分と向かい合って、どうしたものかと考えて行き着いたのは、やっぱり健康第一!ということで、遂に専門家の先生に助けを求めてドンピシャなお薬をいただき、危機を脱することができた数ヶ月前。

日頃は、余程のことがない限り市販薬を飲まずに、変化に応じてハーブや食べ物の力を拝借することで間に合う生活だったけど、今回の更年期障害第一幕では、しっかりと凝縮された物により改善したので、そのあたりのバランスも上手に取りながら、イギリスの民間に根付いている remedy も活用して行ければと、更なる野草狩りにハマりそうな予感です。


[PR]
# by bham | 2017-05-20 18:33 | 医療と健康 | Trackback