人気ブログランキング |

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2019 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>

by bham

短い夏の楽しみ

7月は家の近くの地域で、いくつかのお祭りが開催されていたので、その様子をちょっとばかり。会場は、バーミンガム南部にあるKings Nortonという街の中心で、11世紀頃から少しずつ作られて、現在に至るSt. Nicolas' Churchをはじめ、チューダー様式の商人の館、旧グラマースクールなどの古い建物が、今なお使われている歴史を感じる一帯でして、アングロサクソン時代のキング(9~10世紀)の領土にある北(North)の町(town)がNortonとなって付いた地名なんだそうです。なので、たぶん、隣接するNorth field(バーミンガム南部)やKings Heathも同じ王様が治めていた土地だった?と勝手に納得して、お祭り会場へ潜入。またしても、軽くカルチャーショックを受ける場面にも遭遇したりと盛りだくさんの一日になりました。


不謹慎(?)
c0172202_2312178.gif


お祭り自体は、納涼☆村祭りといった感じの規模で、地域の人達や○○少年団による素人っぽいブースが出ていて、何だか懐かしい気分で微笑ましかったのですが、メイン会場がナント・・お墓の上だったのです^^; しかも、その上で、メイポールダンスやら何やら・・これでは、お墓の中で眠っている人は、さぞかし煩かろうと思ったり、バチが当たらんかと心配したり・・なので、できるだけ正規の通路になっている所を歩くようにしながら俳諧しましたが、ちょっとビックリでした。

英国版・パチンコ
c0172202_2251330.jpg


レトロな遊具も登場。「5回で50ペンス。お得だよ!」と勧められましたが、遊んでいる人が「何だこりゃ。玉が詰まるぞー(怒)」と騒いでいたので、ドサクサに紛れて、退散&激写した、祭りにはつきもの(?)の怪しさ満点のパチンコ台↑

祭りの風物詩
c0172202_2253295.jpg


その後、豪快な豚の丸焼き肉を使ったバーガー「ホグ ロースト(Hog Roast)」をちょっとだけ頂きましたが、ホクホクでジューシーなポークに、アップルソース、セージと玉ねぎを使った詰め物が絶妙。他にも、友達が作ってきてくれた美味しいキッシュやスコーンを頬張りながら芝生の上でランチを楽しんでいたら、モリスダンスやらバンドの演奏が始まったようですが、一旦、のんびりモードになった体は、お祭りどころではなくなって、皆でまったり。これも、また楽しい思い出になりました^^

オマケ①:旬の果実
c0172202_2324155.gif


こちらは、先日、バーミンガムで一番賑わう、モーズリーのファーマーズマーケットで売られていたグースベリー(gooseberry)。実は、これまであまり、真剣に向かい合おうとしなかった食材のひとつでしたが、試食したら、いい感じに熟していて程よい甘さと爽やかな酸味が気に入ったので1ポンド(約450g)を£2.2で購入。手持ちの食材の本には「フランス人はソース以外には使う道がないと、名前すら覚えようとしないスグリの一種」と酷評されていましたが、私は、そのままの味(やっぱりスグリ系の味ですが)が結構、気に入りました。ちなみに、ソースは鴨肉や豚肉、または、青魚に使われるようです。

オマケ②:応用編
c0172202_234558.gif


それでも、さすがに飽きてしまったので、ほとんど手を加えずに食べられる方法はないかと考えて、大好きなスコットランドのバニラアイスMACKIE'Sと合わせてみたら、これまた大成功。イギリスのアイスとしては甘さ控えめなので、グースベリーの酸味が際立つこともなく、それでも、適度に甘味、酸味が生きていて、ミルクの味もしっかり。この組み合わせは、短い夏の楽しみになりそうです。001.gif
by bham | 2010-07-27 23:35 | バーミンガム市内と周辺 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://bham.exblog.jp/tb/14850203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by トモ at 2010-07-28 06:20 x
Mackie'sのアイス懐かしい〜。濃厚な味とすっぱいベリーは相性が良さそうですね。 イングランドでも買えるんですね。グースベリーはまだ試したことないんで今度試してみます:)
Commented by daisythepoodle at 2010-07-28 16:55
メイン会場がお墓の上。。17世紀頃のお墓ですよね。あんまりこっちでは古いお墓は気にしないのかな。私も仕事で時々古い墓地の中を散歩しますが、時々、今お墓の上歩いてしまったかな?などよくあります。墓石を見ていると、いい石で作ったものは古くても違いますね。こうやって差が出るのかと納得したり。墓地といえばキンバーにドッグセメタリーがあります。これも(私には)興味深かったです。
グズベリー、母がこっちにいたときに「これなに、これなに?」というのりで、買ったものの、一口食べて、冷蔵庫に放置。。母帰国後、私がソースを作って鯖と一緒に食べました。酸味が鯖の余計な油を消してくれて、今までにない食べ方が出来ました。義母がグズベリーファンなので時々グズべりーシラバブも作ります。生で食べたことないのですが、生でもいけそうですねー。
Commented by watahiro-aya-s-m at 2010-07-29 16:17
グズベリーは、お友達から頂いて、そのまま食べてみましたが、ちょっぴり酸っぱくて私は好きでした♪

お墓の上でのお祭り・・・。楽しみつつも気になるますよね・・・。(笑)
Commented by bham at 2010-07-29 16:21
>トモさん
ホント、Mackie'sのバニラは最高ですね!この味を知ったら、
他が食べられなくなりました^^
家の近くでは、Sainsbury'sとコープ(The Co-operative )
で買えるんですが、トモさんのお宅の近くにもあればいいですね。
グースベリーは、今ぐらいの季節の物が熟して美味しいみたいですよ。
Commented by bham at 2010-07-29 16:30
>がえるさん
お墓は、17世紀頃から50年位前のまでありましたが、
仰るとおり、良質の墓石は今なお、どっしりしていて
すごいですよね。
ドッグセメタリーですか!えっ。それは、興味深いです。
どれ位の規模なんですか?一度、行ってみたいです。
早生のグースベリーは、加工しないととてもじゃないけど、
食べられませんよね。
私も、一番最初に食べたのが、酸っぱすぎて・・
生食は、時期を見計らってのようですね。次回は、
ソース作りもやってみたいと思いますので、アドバイスお願いします!
Commented by bham at 2010-07-29 16:44
>わたぽんさん
ちょうど、いい時期の物で良かったですね!
私の「初」グースベリーは、早生の物だった様で、
渋味も手伝って、「すっぱムーチョ」のお婆さん状態でした^^;

ホント・・お墓で祭り。ごめんなさいって感じでした。
Commented by とおる at 2010-07-31 21:26 x
なんやねん。笑ってしまった。どこが、って言われたら困るけど、文章の暖かさ、面白さ。もちろん地名も懐かしくてあそこやっっっっっっっぁっちゅうのもあります。

死生観というか、お墓に関する概念は日本と西洋ではかなりちゃいますね。日本でお墓を暴いてまでDNS鑑定するなんてあり得ませんからね。西洋の方がねちっこいのかな。
Commented by bham at 2010-08-01 08:38
>とおるさん
いつも、ヘンテコブログにお付き合いいただき、ありがとうございます。
そうです!「北野」の謎が解けましたよ。と言っても、
たぶんなんですが^^

お墓については、ホントびっくり仰天話が続々ですよね。
これも「契約」らしくて、埋葬する場所が無くなった墓地は、
最後の埋葬から75年後に土地が再利用されることがあるそうで、
実際にロンドンの某駅の工事の時には、ゾッとする光景が・・と歴史の本にありました。