人気ブログランキング |

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2019 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>

by bham

ポートワインの思い出

月日の流れと共に色んなことが変って行くのと同じく、自分自身の感覚や嗜好も然りというのを実感するのが、ほとんど飲むことがなくなったアルコール類。特に、その独特の口当たりと風味に魅せられて「生産現場」にまで押し掛けて行ったポートワインも、今となっては料理に使う位になってしまい、なかなか減らずにラベルが劣化する有り様^^;

クタクタ
c0172202_1663564.jpg


そんなポートを使って、ちょうど良い量のクランベリーが手に入ったので、クリスマス前にはソースを作成しました。

フレッシュ
c0172202_1671359.jpg


ジャムを作るような感じで、火加減に注意しながら煮詰めてオシマイ。

完成
c0172202_168071.jpg


肝心の味は、仄かなえぐみに酸味と甘味がうまい事合わさり、2~3日後にはポートの効果がより発揮されてフレッシュさがコクへと変わり、ターキーのみならず、チーズともかなり相性が良く気に入りました。

乾杯
c0172202_1695077.jpg


こちら↑は、秋に仕込んでいたダムソン酒。久しぶりにちょっと一杯^^ 梅酒そっくりに仕上がり、その優しい口当たりに騙されてもうた・・・

ジャンプ
c0172202_16112097.jpg


夢か現か・・・ポートの蔵を目指し、夜の9時にバルセロナを出て大西洋側の街・ビーゴへ。その際に利用した恐怖の夜通し宴会バス(コーチ)内では、真夜中のトイレ休憩で一杯引っ掛け充電したスペイン人達がヒートアップ^^; 朝まで通路で踊ったり座席で歌ったりで、ほどんど眠れなかったけど、勢いで翌日のお昼にはポルトガルに入国→更に下ってオポルト入りした情熱(?)を思い出しながら、あんなやかましいバスは後にも先にもなかったなとか、ポートワインと関係の深いイギリスに暮らしている不思議な縁を思っていたら、いつの間にかzzz。

目が覚めたらテレビの画面がスノーノイズになっていた時のような、ちょい情けない感覚の中ベッドに入ったような記憶も怪しく、いよいよお酒が遠くなりそうだけど、これからも懲りずに、機会があればちょっぴり楽しんでみようかなと思います。012.gif
by bham | 2014-12-27 16:30 | 色んな食べ物 | Trackback
トラックバックURL : https://bham.exblog.jp/tb/23262325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。