お彼岸

雨と風の強い日が段々と増えて来て、あの暑かった夏の日は、はるか彼方へ😢 そして、また1つ年を取りました。

巡り合わせ

c0172202_08494208.jpg

と言っても、大台まであと1年の実感もなく平凡な誕生日と思いきや、出張で来られていた懐かしいお客さんと共通の友達カップル×2と家族で、のんびりとした週末の午後の食事会を開催。


えへっ

c0172202_08502445.jpg

同世代が集まるとついつい盛り上がり、楽しい時間に。で・・49才2日目の朝は、結構、だらしなく・・・ボチボチと片付けながらも、未だ余韻を楽しんでいるタワケ者😝


偲ぶ

c0172202_08513973.jpg

いつだったか、9歳の坂という話を聞いたことがあって、
大台に乗る前の坂を上れない人もいて天に召されると。いやいや‥やり残していることがいっぱいなので、この坂を上りきって越さなくてはと、そろそろ初彼岸になる、春先に旅立った祖母へおはぎを作り「ばあちゃん、また帰ってくるけん元気でね」「(イギリスからは)遠いけん、無理せんでいい。それより、おかあ(義母)さんにしっかりと仕えなさい」という最後の会話を思い出し合掌。


変遷


c0172202_08530640.jpg

日本が遠い・・50才の節目を前に、同窓会の案内も届き、家族や友達と会うことも計画していたけど、この秋の里帰りは見送ることにして、イギリスの家族にとって、一番厳しい時間を乗り切る事に徹すれば後悔もないだろうと、まさか5年以上も日本へ帰らないことになろうとは・・人生はホント、何がおこるか分からんなと思いながら試行錯誤で作った皮に、残った餡を詰め完成した最中の味はまずまずだったけど、食感と不細工な見かけは改良の余地ありで、段々と自分が作る食べ物が「日系」になっているような気がしてならぬ最近😂10年後の還暦を迎える頃にはどうなっていることやら。


[PR]
# by bham | 2018-09-21 09:02 | 私ごと&里帰り | Trackback

感動のスケート観戦

夏の終わりにシェフィールドで行われた、フィギュアスケートの全国大会にでかけてきました。


会場

c0172202_20144515.jpg

もちろん、出場じゃなく^^;


差し入れ


c0172202_20153165.jpg

お餅が大好きなカワイイ女の子の応援へ。


緊張

c0172202_20205745.jpg

レベル別に分けられたグループでの競技会につき、年齢もまちまちで、私達が応援する友達のお嬢さんは最年少(8歳)+昇格した一つ上のレベルのグループでの初試合とのことで、自己ベストが出れば良しという目標の中、転倒者が相次いだ後でも飄々と滑走^^ 心臓強し! 得点が出るまではドキドキでしたが、並み居る強豪を抑えてみごと2位に




c0172202_20220577.jpg

スケートの環境が充実しているスコットランドで、主に母親のコーチングの下、週に5日の練習をこなし、二人三脚で頑張っている姿を知っているだけに感無量 メダルを胸にニッコリとほほ笑んだ姿に涙が。


お洒落

c0172202_20230196.jpg

試合後には、更なるレベルの向上を目指しての合同強化練習会があり、ようやく終了となった夕方に食事へ。中心部にあるレストラン近くの立体駐車場へ車を停めようと上って行くと、すごすぎるループ線で、運転しながら目が回りそうに しかしながら、この駐車場の外観はなかなかイケてて、人に例えるならば曲者系?!


平和

c0172202_20245139.jpg

氷上では、失敗を恐れないアグレッシブなスケートを披露してくれた友達の娘さんも、いつもの穏やかな女の子に戻って、皆でほのぼの。なかなか会えないのもあって、積もる話が終わらずホテルへ戻ってもしばらくお喋り。華やかな世界の舞台裏アルアル話も聞き、古今東西、仕方のない人はいるもんだとまた思いながら、それでも、惑わされることなく真っ直ぐに進んで行くことに集中していると、不思議なことに、いつの間にか過去の話になってるのよね~。と一笑に付してお開きに。来年は、もしかしたらコベントリーでの大会に参加するかもとのことで、ほぼ地元という近さなので、楽しみにして吉報を待つことにします。


[PR]
# by bham | 2018-09-12 20:39 | 時事・雑記 | Trackback

多様なルービックキューブ

大学の年度が終了する夏は、今年も例外なく寂しいお別れが続き、娘はかつてないほど号泣し、大好きだったお友達を乗せた車を見送りました。父親の転勤で、小学校を5回変わった私も、そんなこともあったなと遠い昔を思い出したり😢 そんな中、娘の憧れの師匠とも最後の時がやって来て、思い存分、色んな形のルービックキューブに挑む一風変わったお別れ会を開催し、直々に指導を受けることに。


ラストチャンス

c0172202_08150711.jpg

名人の手元に目が釘付けになること数分で


お見事


c0172202_08155054.jpg

6面攻略!

軽々

c0172202_08164674.jpg

ついでにもう1つ。

戦い

c0172202_08140373.jpg

見てると簡単そうだけど、どうしても3面以上を揃えることができない娘は、ちょっとイライラしていたみたいだけど、継続することで分かってくるコツを得ることが大事だと諭され何度もトライ。

論外

c0172202_08194045.jpg

「お母さんもできないから大丈夫」と励ますつもりが、やっているうちに真剣になってしまい、2つの変形タイプを6面制覇😰 あちゃっ‥と思っていたら「それじゃない」とあくまでもオリジナルの6面攻略が目標で、パターンを覚えるまでもう少しなんだと。

集合

c0172202_08204640.jpg

それにしても、いつの間にこんなに集まったんだろうと思うほど多様なルービックキューブを見ながら、イマドキの物も面白そうだなと、私もハマりそうな予感が。

幸せ

c0172202_08213331.jpg

2年ほど前には子供好きの優しいお兄さんとお姉さんだったお2人にも、カワイイお子さんが誕生し、大切に子育てをされている姿を見ていたら、娘の小さい頃を思い出して色々と反省^^; 何事も初心を忘れてはいけないなと、思い出させてもらいました。今度会える時はいつかなと思いながら、次回までには軽く6面攻略!との目標を掲げ燃える娘。世代を超えて遊べるルービックキューブって、やっぱりすごいなと、また感心でした。


[PR]
# by bham | 2018-09-04 08:31 | 時事・雑記 | Trackback

水疱瘡

張り切って参加していたサマーキャンプの帰りに、娘から「今日は、とても疲れて昼寝をさせてもらった」と聞き、いくら体育会系満載プログラムであっても変だなと思っていたら、首のつけ根やおでこにポツポツと発疹があり、微熱もあったので、もしやウイルスをもらったのかもと疑いながら翌朝まで待つと、更に増えていたので確信し、念のためWalk in centreで診てもらうと、やはり「水疱瘡」との診断が。


遂に

c0172202_22404840.jpg

大人になって罹ると重症化するともいわれているだけに、あと数年たっても罹らなかったら、ワクチンの接種を考えていたところだったので、数日は辛いだろうけど、少し涼しくなったこのタイミングで良かったと思い、医師にサマーキャンプへの参加の見合わせを確認すると「うーーん。ほとんどの子が既に経験していて免疫があるので、本人の体調や体力に問題が無かったら、引き続き行かせても大丈夫だよ」との返事に、えええ???となってしまったけど、議論するより「はい」と収めて、後から調べることにして処方箋をもらい終了。


安静

c0172202_22421051.jpg

水疱瘡については、予防接種が必須でない点や、できるだけ幼少期に発症させて免疫の獲得を目論むお母さん達が、そのウイルスを貰うために子供を連れて行く「Chickenpox party」なる物の存在の話を聞いたりしていたので、イギリスでは日本ほど重大視されていないのは承知していたけど、「さすがにあり得んやろう!」と突っ込みながら、NHSのアドバイスのページを読んだり、友達の子供さんのケースを聞いたりして再確認してみると「最短でも、発疹が始まってからの5日間は自宅療養は揺るぎない点のようで納得し、一番の戦いとなった痒みには、ティートリーとウイッチ・ヘーゼルのクリーム(teangiを併用してみたら、とても効いたようで、引っ掻くこともなく無事に峠を越せました。


常備

c0172202_22454698.jpg

それにしても・・・大らかな先生だったけど、凄すぎるーー😱😰😱😰 と久しぶりにビックリ!日本以上に、色んな思想や方針の医師に会う確率が高いと感じるイギリスなので、多様なバックグラウンド由来と思える点を尊重しつつも、疑問を感じることは鵜呑みにしないことが大切だなと、また考えさせられた一件でした。


[PR]
# by bham | 2018-08-19 22:59 | 医療と健康 | Trackback

バーミンガム科学博物館

就学年齢に達した時には、もっと顕著だった発達の凸凹も随分と和らいできて、グレーゾーンを疑う所以であるポイントがより明確になって来たこの1年は、オリジナルの教育がベストの選択であることをより確信しながら、更なる興味の幅に対応中。

お値打ち

c0172202_05102590.jpg

なかでも、娘の将来の夢(エンジニア)の道に向かっての感覚を鍛えるには打ってつけの場所である、科学博物館のThinktankは立地も便利で、子供同士の年が離れすぎていて、一緒に遊ばせるにはちょっと難しい友達親子との、プレイデートにも利用できる有用な場所ということで、市内にある幾らかの文化的施設の入場料も網羅している、お得な年パスを入手。


朝駆け

c0172202_05125596.jpg

自然科学のみならず、産業革命の中心地となったバーミンガムならではの工学系も充実していて子供から大人まで楽しめるため、週末は長蛇の列ができるほどの人気につき、毎回、10時の開館を狙って、空いている年パス用ゲートから入り「本日のターゲット」を中心に3時間ほど過ごし、混雑する前に帰路へ着く作戦で時間も有効に使えて


好奇心

c0172202_05134628.jpg

今回は、映像が作られるまでの流れを体験できるコーナーで、皆で作品を見せ合っこしたり、思いついた被写体やアングルが、想像通りだったのかを確認したりして、イマドキの子供ぶりを発揮したり、


勇気


c0172202_05145744.jpg

ちょうど、ワスプ(スズメバチ類)が庭に出没して、刺されないように気をつけている時期なので、蜂についてのコーナーでは、恐る恐る女王蜂の扉をオープン そこには、カワイイぬいぐるみが入っていて、あららと拍子抜けしたり。



一石二鳥


c0172202_05153974.jpg

いつもは混み合う、屋外にある物理の応用を学べる遊具も、ホリデーに行っている家族が多かったのかガラガラだったので、気が済むまで遊べて,大満足^^


お気に入り


c0172202_05162865.jpg

最後は、屋内でのイベントに参加の予定が、大好きなImagination Playground Blocksというレゴの巨大版のような物のコーナーで引っかかってしまい予定変更^^; 色んなパーツを組み合わせたり、バランスを取りながら構築していくのが病みつきになるそうで、家にも欲しいと・・そりゃ無理だと即答したものの、有ったらマインダーとして活躍するかも なーんてことを思い、検討してみようかなとも。


オマケ:情報


Thinktank (バーミンガム科学博物館)







[PR]
# by bham | 2018-08-16 05:19 | 文化的施設 | Trackback

夏休みのチャンス

夏休みも残すところ3週間を切り疲労もピークに。特に、前半は家族ぐるみで親しくさせてもらっている家庭のお子さん達と、我が家で合宿さながらの毎日を送り、ホームスクール+1人っ子の娘も、かなり濃厚な時間を過ごす新しい体験をしました。

鍛錬

c0172202_06122857.jpg


午前中にそれぞれの勉強を終わらせ、その後は思いっきり体を動かしても、まだまだ有り余る体力の子供達には暑さもなんのその。でも、トンボが怖かったり(笑)


風物


c0172202_06374560.jpg

c0172202_06133637.png

c0172202_06142347.jpg

ポイントだけを教えて、あとは自由にやってもらった実験やお菓子作り、それに、使わなくなった滑りのよいテーブルクロスを使っての自家製ウォータースライダーなど、自分達でそこそこの物を考え出す子供の力って、ある程度、放置しておくのが良いんだなと改めて。

昭和風

c0172202_06152283.jpg

いかんせん高齢母につきヘロヘロで、3人の子供を育てている親御さんって、体力、気力、それに経済力が✖3どころじゃないんだよなと模擬状態で痛感したところで、ちょっと逃げに走って、近くの教会や公立小学校で開催されていた、サマーキャンプへ3人を送り届けて数時間の休息を取ってみたりして何とか前半戦が終了^^; 

順路


c0172202_06161532.jpg

日頃は学校へ行かないホームエデュケーションの娘は、夏休みのキャンプ(コース)には張り切って参加するという天邪鬼で、今年は、4か所を梯子することになり、その①は2日(1日4時間)で£6、その②は週5日(1日6時間)で£55、その③は週5日(1日8時間)✖2で£388 、その④は週4日 (1日6時間30分)£170 というピンキリで、この差は何だろうと思いつつ、どの企画が一番しっくりくるのか樂 夏休みが終わったら娘と一緒にまとめてコスパを比較し、来年の参考にしてみようと思います。


[PR]
# by bham | 2018-08-15 06:26 | 子育て | Trackback


英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2018 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>


by bham

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
事件簿・治安情報
イベント&お得な情報
医療と健康
食材の調達
色んな食べ物
レシピと食材(和食)
レシピと食材(エスニック)
レシピと食材(欧州系)
レシピと食材(スイーツ系)
キッチンにて
鍋料理と麺類
日本各地の食
おもてなし
外食の記録
バルチ
バーミンガム市内と周辺
ミッドランズ(西)
ミッドランズ(東)
コッツウォルズ
ロンドン~南東部
ヨークシャー~北部
南西部
ウェールズ
オランダ
ラトビア
鉄子系
サッカー
子育て
ホームエデュケーション
文化的施設
多文化見聞
時事・雑記
私ごと&里帰り
ガンとの闘い
おしらせ
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
more...

記事ランキング

お気に入りブログ

地政学を英国で学んだ
*たぬき一家・陽だまり日記*
One Tennis ...

リンク(友達&お役立)

ブログジャンル

海外生活
料理・レシピ

画像一覧