カテゴリ:キッチンにて( 31 )

明太トロロキヌア飯


例年より寒いこの冬は、海が大荒れで入荷が遅れてしまったものの、無事にタラコをゲット。

オオモノ

c0172202_19094461.jpg


申し分のない鮮度を100とすれば、90点の品だったけど、大寒の頃に漬け込み、熟成も順調に進んだ初物が完成。



集中

c0172202_19104054.jpg



塩漬けと違って手間がかかる辛子明太子だからこそ、とっておきのゲストをもてなしたり、お世話になっている方への贈答用にと丹念に行う作業では、 毎回、微妙に異なるコンディションの素材と対峙しながら 、本当に記憶がないほど没頭するためキッチンは戦場に・・・後から走り書きを見て「何やろか?」ってことも^^;


チェック

c0172202_19112353.jpg



さてさて、今年の出来は如何ほどかと、身近なところで手に入る粘々系の代表選手☆オクラを使ってとろろ飯を作成。


合格

c0172202_19123683.jpg



明太子の塩分だけでも十分だったけど、ちょっとだけシェリービネガーと醤油を加えたら、オクラの風味も倍増で、トロロ飯というよりはサラダのような、丼物よりも軽い仕上がりになり、ぺスカトリアンのゲストにも使えるレシピに決定




[PR]
by bham | 2018-02-01 19:17 | キッチンにて | Trackback

融合リゾット

夏の頃に、ポルトガル料理店でオーダーして、その超越した塩加減に参ってしまったArroz de Mariscos。

我慢大会

c0172202_06510145.jpg

ほんのり感じた甲殻類メインの出汁がダメになってしまうほど、
塩をたっぷりと加えて旨味と主張する手法を思い出した時には、既に遅く。


地産

c0172202_06554157.jpg


しかしながら、時間と共に、苦い記憶も薄れて行き、また食べたくなっちゃう不思議…それでも、同じことを繰り返すワケにはいかんなーと、自炊を開始して

融合

c0172202_06573436.jpg

出汁をしっかり取ろうと思ったところで、
冷蔵庫と冷凍庫から集めた材料だけではイマイチなのは明確だったので、便利なだしパックを投入。


さっぱり

c0172202_06581237.jpg

出来上がりは、ポルトガル人にひっくり返されそうな魚介雑炊になったけど、出汁文化で育った自分の口には、やっぱり合うんだなと満足^^ 好きな材料を鍋に入れて火にかけておくだけの手軽さや、独特の風味の軽めのお米とオリーブオイル×ガーリックのハーモニーも気に入ったので、この冬の一品に決定



[PR]
by bham | 2017-11-23 07:13 | キッチンにて | Trackback

夏のデザート

1ヶ月ほど前に出先でバッタリ再会した、イギリス生活の大先輩をランチに誘って、沢山の勉強になる話を聞かせてもらいました^^ お子さん達の独立後も、常に新しいことにチャレンジされていて、この夏にもまた鉄人級のことに挑む予定だとのことで、私も、彼女のようにステキに年を重ねたいなと尊敬しきりで、心身が元気になる会話は、食べ物と並ぶ大切な栄養素であることを確信し、やっぱり、ご飯は楽しく!に尽きるなと。



c0172202_15143203.jpg

お言葉に甘えてお願いした、差し入れのスイーツも美味💗で、幸せなひと時に。器の雅なデザインがステキだったので聞いてみたら、リバティの物だそうで、これまた勉強に。



c0172202_15314748.jpg


その、しっとりとした上品な餡は、どこかで食べた物に似ているなと考えてみたら、福岡から一山越えて、更に下りた所にある、佐賀県の銘菓・白玉饅頭がピン!後から、戴いた余剰分を使ってもどきを作ってみたけど、これが、なかなか難しく大苦戦😰 それでも、何とか形にして、冷やしてもツルリとした食感のまずまずの出来だったので、均等の大きさで、もう少し滑らかに作れるようになると、バーミンガムでできるかなシリーズ☆合格品の仲間入りになりそうです。


[PR]
by bham | 2017-06-24 15:24 | キッチンにて | Trackback

タコチャンジャ

本わさびを手に入れた後に、無性に食べたくなった「たこわさ」の材料を求めて、週末のマーケットへ

発見

c0172202_15235943.jpg


ベストのタコは、きっと見つからないだろうなと思いながらも、ぷらりと立ち寄った不安定供給商店で、勧められた直方体のブツをよく見てみれば、氷の塊の中に、足だけをきれいに処理して並べられたテナガダコが!あまりのことに鳥肌が立ったけど、鮮度も問題なさそうだったので少し多目に購入^^


トライ

c0172202_15285211.jpg

淡白な味で、茹でても今ひとつというタイプのタコにつき、上品な本わさびがどこまで働くのかと思いながら実験を始めたら、やっぱりマイルドすぎて、刺激の強いタイプのワサビを多目に投入して、まずまずの物が完成。足りなかった、つなぎ的な滑りは、増粘剤で調整するしかなさそう🤔


アレンジ

c0172202_15292796.jpg


不完全燃焼の感があって、もっと強烈な物が食べたい!と思うがままに韓国系の調味料で遊んで完成したのが、タコチャンジャ。結果は、これは最高!ということで、またしても、バーミンガムでできるかなシリーズ☆合格品の仲間入りに。


オマケ:郷愁

c0172202_15301219.jpg

「土曜日のお昼は空いてます?」と突然のメッセージが届いて、謎だなと思いながらも深く詮索せずにOK!と一緒にランチを取ることにして、バーミンガムまで弾丸で遊びに来てくれた友人。その行程を聞けば、2泊4日の強行ツアーだとのことで、金曜日の夕方に福岡を出て、同日の夜にロンドン着で、日曜日の夕方にはロンドン発月曜日には福岡へ到着とのこと。「そうしてでも、イギリスの空気が吸いたくなった」そうで、このチャンスを逃すと当分来れないらしく、変わらない行動力に 忙しい中、お土産のカステラまで(涙)月曜日には、福岡なんだと考えたら、心の底に閉じ込めていた望郷の念が決壊しちゃったけど、その優しさに感謝しながら、美味しく戴きたいと思います。


[PR]
by bham | 2017-06-11 15:32 | キッチンにて | Trackback

自家製イカの赤造り

たまに出かける、常時、品揃えが変わる面白いお店で、釣って直ぐに冷凍させたであろうスルメイカを発見。店主によると、仲買人がサンプルで置いて行った「謎」の物体で、値段も分からないとのことでテキトーについた値は、1杯 £2(300円弱)103.png

(まんま

c0172202_00023806.jpg

もちろん、即決で買い!ぱっと見は、なかなかの鮮度のようだったけど、解凍してみるまでは分らないなと待って用途を考えることにして、



仕込み

c0172202_00041588.jpg


決まったお題目は、イギリスに来て初めての試みになる「イカの赤造り」。肝と身に適度に塩をまぶして寝かせた後に、いよいよを作業を始めることになり、諸々の加減が気になるところだったけど、生臭さも目立たずに、まー良いんじゃないのと勘に頼ってスタート。


じっくり

c0172202_00053341.jpg

形にはなっていたので、後はうまいこと熟成してくれることを祈って冷蔵庫へ。


試食


c0172202_00063348.jpg

1日目は、まだまだ青い(?)感じの風味だったけど、3日も置くと立派な塩辛に165.pngこれは、使える食材に決定といいたいところだけど、また、ひょっこりでも良いから同じルートで手に入るものか、近々、件のお店へ出かけて、交渉してみる価値はありそうです。


[PR]
by bham | 2017-05-25 00:09 | キッチンにて | Trackback

差し入れおむすび

初めて買ったスパム缶。

英国仕様

c0172202_13243840.jpg


イギリス人向けの料理のアイディアと


丁寧
c0172202_13252654.jpg

さらには、缶の開け方の注意が書かれているところもイギリスらしく😅


もう一つ
c0172202_13260847.jpg

作り置きしていた、たらこをオーブンで焼いて下準備が終了。


パワーアップ

c0172202_13262828.jpg

純和風のタラコのおにぎりと、ハワイアンなスパムむすびの兵糧2種を持っていざ出陣!今は辛抱の時を痛感した結果だったけど、これからも凹むことなく頑張ろうと皆でどこまでも前向きになれた、おにぎりのパワー。何歳になってもどこにいても、祖国の食べ物は元気の源のようです🎌




[PR]
by bham | 2017-02-11 13:29 | キッチンにて | Trackback

腸内の善玉菌を増やすために飲み続けているケフィアを使って、カルピスを作成。

東欧製

c0172202_00264505.jpg


↑ コレにとある物を混ぜると、風味はほぼ完璧。しかしながら、あの甘味を出すには相当量の砂糖が必要で、段々とその量が恐ろしくなって途中で強制終了!カルピスライトという感じの仕上がりになったけど、子供頃は、こんな物を飲んでいたのかと思ったら虫歯にもなるはずたと改めて^^;

もどき
c0172202_00275432.jpg


幸いなことに、娘には小さい頃から、ヤクルトもカルピスも飴・ガム系もほとんど与えなていなかったので、これまでのところ虫歯はゼロ。永久歯もこのまま順調にと願いながらも、顎の大きさと歯の生え方が気になるところで、万が一、矯正が必要になったらと経済的なことを考えるとちょっと怖くなり・・・

ふと、年に数回のペースで飲みたくなるベトベト系の乳酸飲料を作りながら、子供の頃に培った嗜好の恐ろしさを思う時間になりました008.gif


[PR]
by bham | 2016-10-15 00:31 | キッチンにて | Trackback

玄米コーヒー

時々、発作のように出る激しい咳以外は、ほぼ回復というところまで来た今回の風邪は、どうやらインフルエンザの疑いが濃厚で、その時々の症状に応じて家庭でできる緩和策位しか手を打つことができずに身体中の痛みがようやく落ち着いたのが6日目。10日目にして、やっとコーヒーが飲みたくなった(体調が悪いと欲しくない)ので、解毒作用もあると言われている「玄米コーヒー」を作ってみました。

ゆっくり
c0172202_18582234.jpg



風邪もいよいよ終盤かと思っていたら、夜間の強烈な咳で寝不足になり、ちょっと心臓に負担が掛かっているかもという感じだったけどエスプレッソのような濃厚な物が飲みたく、カフェインを含まないコーヒーでは無理ということで、芳しさと苦味を求めて焙煎を開始。

試飲

c0172202_18583473.jpg



皮が弾けないよう+焦がし過ぎないよう火加減に気をつけながらやってみたけど、これがなかなか難しく、均等に煎れずに斑が・・・それでも、香りは合格ぽかったので火を止め冷ました後に細かく挽いてフィルターにお湯を注ぎ完成。

結果は、しっかりと苦味があり香りも最高で大成功!なんと、その香りに反応した娘もたいそう気に入ったようでコーヒー豆は冷蔵庫の片隅に・・・夜に思い立っても飲める嬉しい玄米コーヒーだけど、何事もほどほどにということで、飲みすぎに気をつけながら、インフルエンザの自然治癒までもう一息頑張ります042.gif


[PR]
by bham | 2016-09-20 18:51 | キッチンにて | Trackback

サンバライス

いつからか、興味が無くなってしまったオリンピック。世界中で戦火や貧困によって日々の食べ物にも困っている多くの人がいる中、巨額の予算を消費しての平和の祭典か・・・と冷めた目で見ていたけど、このイベントにちなんだ期間限定のブラジル風SAMBA RICEを試してみることに。

便乗
c0172202_231529.jpg


電子レンジでOKなクオリティに加え、開発者側の万人受けするための妥協が痛いほど伝わって来るパンチが効いてない味は、しまいには退屈しそうだなと思ったので、若干、手を加えることにして作業を開始。

平凡
c0172202_2324472.jpg


先日のアフリカンレストランへ猛烈にリピートしたくなっていた数日につき、そのルーツから生まれたバイーア風にアレンジ。数種類の豆缶と前夜の残り物のチョリソ、小エビ、トマト+スパイス&ハーブをサンバライスに混ぜ合わせ、ココナッツミルクを適量加えて3分ほど火にかけたら完成。

気分だけ
c0172202_2352742.jpg


長いこと利用してなかったALDIだったけど、これまた面白そうだと入手したもう1つは、スウェーデンのフルーツサイダー(ピーチ&ラズベリー味)で、いい感じに冷えていたのでオープン!例えるなら上品なチューハイといった感じで◎ 2種類あったうちのよく売れている方にしたのが良かったようでアタリでした^^

シーズン)
c0172202_2363683.jpg


しかしながら、やはりこの2種類の相性は×・・・それでも、爽やかな口当たりと程よい甘さだったので、デザートワイン風にいただいて〆。

不一致
c0172202_2372090.jpg


レシートを眺めながら「ALDI確かに安いな」と、もう少し品揃えに幅があれば使い勝手が良いのに、そこがちょっと残念なところで、次回はいつになるのやらと思いながら、時々、覗いてみると面白い物にまた出会えるのかなとも。023.gif
[PR]
by bham | 2016-08-10 02:40 | キッチンにて | Trackback

数週間前に初物となる栗を試してみたら、残念なことに虫食いが多くて、終いには、奥に住み着いていたであろう亡骸まで出てくる始末^^; 毎年、いい線を行っていたポルトガル産の物だっただけに、今年はあまり良くないのかなとスーパーで慎重に物色していたら、気になる物を発見!

お手軽
c0172202_9584499.jpg


180gで£1.50(約280円)のむき栗で、再び残念な結果になっても許せる範囲の出費ということで購入。

こんな感じ
c0172202_959295.jpg


早速、食べてみたら、甘さも風味もまずまずで合格。しかしながら、虫食い部分をザックリと取り除いていると思しき不揃いな形+変色した部分は、見た目重視の飾りには不適。

消費
c0172202_1001251.jpg


ちょうど、そろそろ片付けなくてはならない時期に入っていたフランス産の栗のピューレを使い切ることにして、一体何ができるのだろう?なんてこと思いつつ、テキトーに色んな物を混ぜて火にかけてみたら

完成
c0172202_101435.jpg


濃厚な栗ようかんが出来ました。砂糖の量が少なく、かき混ぜる時間も短かったので長期間日持ちするようなタイプではなく、某有名店の芋ようかんのような生っぽい仕上がりになり、逆に高級感が^^ またしてもイギリスで手に入る食材だけで、こんな物が!な実験結果になりました037.gif

[PR]
by bham | 2015-11-04 10:08 | キッチンにて | Trackback

英国人と結婚し、ほぼ永住確定の中西部・バーミンガムにて、日々の生活のあれこれを綴っています。 << Copyright c2008-2018 Oh,Brummie!. All rights reserved. >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30